XMは888倍がお得なの?メリットと注意点をまとめてみました

人気海外FX業者『XM』では、最大888倍のレバレッジをかけることができます。

この記事は、XMで888倍のレバレッジをかけるメリットや、注意点をまとめてみました。

888倍にするメリット

国内では25倍までのレバレッジの取引所が多いですが、XMは最大888倍のレバレッジをかけた取引が可能です。

レバレッジをかけることにはリスクも伴いますが、一方でメリットも多くあります。888倍で取引をするメリットをまとめてみました。

少ない投資資金で高いリターンを目指せる

888倍のレバレッジをかけることの最大のメリットとしては、少ない投資資金で多くのポジション量を持った取引ができるため利益を大きくすることができることです。

最初から資金が多いトレーダーはあまり高いレバレッジをかけることはありません。投資資金が少ないトレーダーは888倍というレバレッジをかけることで資金力の差を埋めることができるます。

リスクを減らすことができる

一般的なイメージですと、高いレバレッジを用いた信用取引は危険なので儲かるかもしれない一方で、リスクが高いイメージはありますが、実はこれは正しくはありません。

トレードを始めたての人が1回目のトレードで高レバレッジをかけるのは危険ですが、リスクを十分に管理した上でレバレッジをかけることでリスクを下げることも出来ます。

例えば、50万円を保有するAさん(レバレッジ5倍)とBさん(レバレッジ500倍)が1ドル=100円で1万通貨(1万ドル)買ったとします。どちらが強制ロスカットに合いやすいか考えてみましょう。

Aさんは必要証拠金が20万円、Bさんは2000円となります。実際に値動きで下がった場合にAさんは60円で強制ロスカット、Bさんは50.05円で強制ロスカットになります。

このようにレバレッジをかけることで強制ロスカットを免れることができます。

幅広い戦略をとることができる

高いレバレッジをかけることで複数ポジションを持つことができるため、買いでエントリーした場合は売りポジションのような逆側のポジションを先物やオプション取引で持つことができます。

こうすることでリスクをヘッジして損失を限定しつつ、実際に思惑通り価格が動けば大きなリターンを得ることも可能です。幅広い投資戦略をとることができるのも888倍のレバレッジをかける魅力の1つです。

888倍にする時の注意点

先ほどリスクも存在すると書きましたが、リターンが大きい分損する可能性も高まります。
いくつかの項目に分けて注意する点やそれらの対策を説明していきたいと思います。

ゼロカットシステムを採用している取引所を選ぶべき

XMではゼロカットシステムを採用しているのですが、もしXM以外の業者を選ぶ時にも、ゼロカットがある業者を選ぶことを念頭に置いておきましょう。

ゼロカットがなくとも、通常は必要証拠金に対して投資資金が一定値になると強制ロスカットが執行され、最悪でも投資資金は0になりますが、それ以上の損失はありません。

しかし,リーマンショックやトルコリラショックなどの非常事態には、取引所の機能が麻痺して、損失が0よりも割り込んだ位置でロスカットが執行されることがあります。ロスカットされた後でも追証の不足金額は必要になり、規約上はトレーダー側が払わなければいけないお金になります。

しかしゼロカットシステムを採用している取引所は不足金額の補填は取引所が行うため、最初の投資資金の投入額以上のお金を払う必要がなくなるのでトレーダーにとって嬉しいシステムとなっています。

今回紹介しているXMはゼロカットシステムを採用しており、過去の大きなショックの時のもすべて取引所側が不足分を補填したとして話題になった取引所なので安心して使っていただけます。

高いレバレッジ・高ロットの取引は危険

先ほどレバレッジをかけることでリスクを回避することができると書きましたが、これにはポイントがあります。
いわゆる証拠金にすべてレバレッジをかけて取引をするフルレバ取引はリスクもリターンも大きくなります。

レバレッジをかけることで余剰資金ができるためリスク軽減になりますが、余剰資金までレバレッジをかけてしまっては逆にリスクが高まります。

どの程度レバレッジをかけるかに加え、どれくらいポジション量を持つかを過去のボラティリティを元に計算する必要があります。

相場の予測を立てるのが難しい時はトレードを控えよう

レバレッジをかける以上、価格変動が激しい時や相場の予測が難しい時に瞬間的にでも強制ロスカットラインを越えてしまえばロスカットにあってしまいます。

もちろんボラティリティがあるときは利益を出す機会なので、方向性が見えた後にエントリーする分には問題ありませんが、どちらに動くか分からない状態ではポジションを持つのは控えたほうがいいでしょう。

具体的には以下の3点です。

  1. 直近の価格変動に比べて明らかに価格変動が大きくなった
  2. 土日祝などの休日にポジションを持ち越す場合
  3. 重要な指標の発表前(米雇用統計・FRB政策金利など)

③に関して、アメリカの例を載せましたが、取引している通貨や株価指数の国に関係する雇用統計や政策金利も同じように影響します。

しかしアメリカは米ドルが基軸通貨なのもあり、その他の経済への影響が大きいと考えるトレーダーが多く特に重要な指標になります。

まとめ

一般にレバレッジは危険というイメージがありますが、正しく使えばリスクをコントロールしやすくなり、戦略を幅広く取ることができます。

記事で触れたように高レバレッジ・高ロットでの取引をはじめとしたレバレッジを使う時の注意点で触れたような必要以上にリスクを取りすぎてしまうのは危険ですが、有事の時には意図せずともリスクを取りすぎてしまうかもしれません。

もちろんロスカットには合わないことがベストです。しかし,過去の歴史を見ても数年に一度ではありますが大きなショックは起こっています。

もちろんそれを過剰に対策して収益を減らしてしまっては本末転倒ですが、資金として使うのは余裕資金のみで、ゼロカットシステムを採用している取引所を使うなどの対策だけでも、仮にショックがきて吹き飛ばしたとしても損失を最小限に抑えることはできます。

またこれらの対策をすることで普段のトレードで安心してポジションを取れるようになるので、対策しておく方が良いかと思います。