AXIORYの口座タイプは4種類!おすすめの口座タイプはどれ?

「AXIORYで口座を開きたいのですが、どの口座にしようか迷っています。」

「口座の違いを考えていましたが、AXIORYにしようか迷ってきました。」

このような悩みはありませんか?

この記事ではAXIORYの口座の違いについて、ナノスプレッド口座とテラ口座を中心に説明します。

この記事を読めば、AXIORYの強みがわかり、あなたの口座開設の一助となるでしょう。

目次

AXIORYはナノスプレッド口座とテラ口座がおすすめ

AXIORYで口座を作るならナノ・テラ口座がオススメです。

その理由は、手数料の安さです。

ナノスプレッド口座とテラ口座では、1取引毎に、手数料がかかりますが、その手数料が他の業者と比較した際に非常に安いのが特徴です。

たとえば、ドル円を1ロット、購入します。購入時の手数料は3ドルです。

有名なXMの、スプレッドの狭いゼロ口座は5ドルのため、比較すると2ドルも安くなります。

AXIORYの一番の強みが、この手数料の安さなのです。では具体的にAXIORYの口座の特徴を詳しく説明していきます。

AXIORYは2021年になって新しくテラ口座アルファ口座が加わったんや。それぞれ違いがあるからしっかり覚えときや。

AXIORY(アキシオリー)の口座は4種類

まずは、AXIORYの口座の種類と内容を簡単に理解しましょう。

投資スタンスに応じて、4種類の口座が用意されています。

  • スタンダード口座
  • ナノスプレッド口座
  • テラ口座
  • アルファ口座

の4つがあります。

AXIORYの口座タイプの比較表

まず各口座の概要を説明します。

口座スタンダード口座ナノスプレッド口座テラ口座アルファ口座
特徴初心者向けおすすめ!
初心者~上級者向け
現物株式・ETF用
プラットフォームMT4
cTrader
MT5
取引方式STP方式ECN方式
1ロットあたり10万通貨
最小ロット0.01(1,000通貨)1株
最大ロット1,000(1億通貨)10万株
レバレッジ証拠金10万ドル未満:1倍~400倍
証拠金10万~20万ドル:1倍~300倍
証拠金20万ドル以上:1倍~200倍
1倍(現物)
スプレッド標準的狭い
取引手数料無し往復6ドル(0.6pips相当)あり
取扱銘柄FX通貨ペア 61種
株式指数CFD 10種
貴金属CFD 4種
原油CFD 2種
個別株 124種類
ETF 70種類
追証無し
ゼロカットあり
ロスカット水準20%以下
初回最低入金額200ドル (20,000円)
2回目以降5,000円
信託保全ユニオン銀行(Union Bank AG)での全額信託保全
ボーナス期間限定ボーナスありなし

スタンダード口座は、平均的なスペックの初心者向けの口座です。平均的とはいっても約定力は他業者と比較してかなりいいのでそこはいい面でしょう。

一方で、ナノスプレッド口座は約定力に加えスプレッドの狭さが特徴です。手数料を支払うことで、狭いスプレッドで取引できます。

テラ口座は、ナノスプレッド口座と同等のスペックでMT5を使えるようにしたものです。MT5が使いたい!という場合にテラ口座を選択しましょう。

アルファ口座は現物株式・ETF用の口座です。FXをはじめたい方向けではありませんが、現物株式・ETFをしたい場合に使います。

ではつづいてナノスプレッド口座とテラ口座のオススメ理由を、詳細に説明していきます。

ナノスプレッド口座・テラ口座がおすすめの理由

ナノスプレッド口座とテラ口座の特徴からおすすめしたい理由をご紹介します。

スプレッドが狭い

スプレッドが狭いのは大きな武器です。取引を有利な状況で進められます。

ポジションを保有した直後に、必ず損益がマイナスではじまるのは不思議に思いませんか。

これは買値と売値に、はじめから差があるためです。スプレッドが狭いことでこの不利を少なくでき、

「ローソク足の値動きだけで見ると、勝っているはずなのに、スプレッド差で負けてしまった」という現象を減らせます。

短期トレードに向いている

特に、短期的なトレードスタイルの人にメリットのある口座と言えます。

なぜなら、長期トレードでは大きな値動きを待ちますが、短期トレードでは少ない値動きを扱うからです。

少ない値動きではちょっとしたスプレッドの価格差で、結果が違ってきます。スプレッドが大きければ、ロスカットラインに触れていた物が、乗り切って利確になる可能性もあります。

スプレッドの狭い海外業者が気になる場合は、次の記事で触れていますのでご覧ください。

取引手数料が往復6ドルと安い

スプレッドが狭い業者は他にもありますが、狭くて手数料が安い業者は少ないです。

しかし、AXIORYではスプレッドが狭いのに加えて手数料も往復6ドルと非常にやすいのが特徴です。

もちろん、AXIORYよりも手数料の安い口座は存在します。

たとえば、TradeviewのILC口座は、1ロットあたり2.5$でAXIORYの3$より0.5$安いです。しかし、最小取引ロット数が0.1からなので、資金力がない人には使いづらいでしょう。

他にも、GEMFOREXのノースプレッド口座は低スプレッド口座にもかかわらず取引手数料が0ドルです。しかし、スプレッド0.0pipsのタイミングを狙った取引は禁止されており、短期取引で気をつかいます。

そういったバランス面を考慮すると、AXIORYは手数料が安く、制限も少ないためよいと考えられます。

そのため、ナノスプレッド口座・テラ口座をオススメするのです。

ナノスプレッド口座とテラ口座はわずか3分で簡単に口座開設することができます。
【公式】AXIORYの簡単口座開設はこちら>

AXIORYの口座ごとの違いと比較

AXIORYの他の口座とナノ・テラ口座の違いを理解しましょう。

スタンダード口座との比較

スタンダード口座はナノスプレッド口座とテラ口座に比べて以下の特徴があります。

  • スプレッドが広い
  • その代わりに「手数料」が無料

上記の特徴をみて分かる通り、スプレッドの狭くないスタンダード口座ではメリットがあまりありません。

なぜなら、他社の口座でも似た口座が多く存在するからです。たとえば、AXIORYのレバレッジは400倍ですが、XMは888倍です。

レバレッジが大きいほど多額の資金を投入でき、大きいに超したことはありません。

他の内容に大きく差がなければ、レバレッジの大きい方を選択すべきでしょう。レバレッジは自身であとから小さく設定はできますが、最大レバレッジ以上に設定することはできません。

口座とは別の「会社が信頼できる」などの理由がない限りは、オススメする理由がないでしょう。

アルファ口座との比較

アルファ口座との差は、2つあります。

  • 使えるプラットフォームがMT5であること
  • 選択可能な銘柄が違うこと

FXの取引は行えず、ETFと現物株式が取引可能です。

そのためFXをやりたい人には、オススメできません。

ナノスプレッド口座とテラ口座の違い

ナノ口座とテラ口座の違いは使えるプラットフォームです。

  • MT5を使えるテラ口座
  • MT4、cTraderを使えるナノ口座

MT5を使いたければテラ口座を、MT4・cTraderを使いたければナノスプレッド口座を選択しましょう。

MT4とMT5、cTraderの違い

プラットフォームの違いがわからない場合は、それぞれの特徴を踏まえた上で好みで選びましょう。

cTraderMT4MT5
取引方式ECNSTP・ECN
操作性わかりやすい慣れるまでに時間が掛かる
リクオートなし業者によってあり
取引制限なし業者によってあり
板情報閲覧可能閲覧不可能閲覧可能
ポジションの
同時決済
可能不可能可能
インジケーター・
EAの種類
少ない多いやや少ない

cTraderが利用できるFX業者は少ない。もしcTraderで口座開設するならAXIORY以外のcTraderが利用できるFX業者を調べておいて損はないで。

迷う場合はMT4

考えるのが面倒で決めて欲しいと思うのであれば、MT4にしておきましょう。

なぜなら、対応しているカスタムインジケーターなどが多く、汎用性があるからです。

また後から口座を変えることもできますので、あまり考えずに選んでも支障はありません。

MT4とMT5の詳しい特徴については、こちらで詳しく触れています。ぜひご参照ください。

その他のAXIORY口座特徴

AXIORY口座全体の解説をしていきます。

他社と比べる際に便利です。

項目内容備考
レバレッジ400倍アルファ口座のみ1倍
ゼロカット保証20%
EA対応
両建て可能
最低取引ロット0.01アルファ口座のみ1
最大保有ポジション無制限

最大レバレッジは400倍とやや低め

レバレッジは400倍で、海外業者としては少ない方です。

XMは888倍、GEMFOREXは1000倍と、海外FX業者の魅力の一つはレバレッジの高さであります。

レバレッジが高いと、大きな賭けをしたくなります。ついつい高ロットをかけてしまう方には、少ないレバレッジはよい制限になるでしょう。

逆にいうと、一発逆転したい人には向いていない会社になります。尚、アルファ口座のレバレッジは1倍です。

ゼロカットシステムの保証がある

海外FX口座を作る理由のうち、もっとも多いのは、ゼロカット保証が挙げられます。

AXIORYの口座では、ゼロカットが保証されており、証拠金20%を下回った場合にロスカットが発生します。

これは、他の海外FX会社よりも低い基準です。

たとえば、同じ取引手数料も安く、スプレッドも狭いTradeviewは100%です。ロスカット水準が高いと、多少の値動きでもロスカットが発動してしまうため、ゼロカット保証の部分だけみると、AXIORYの方が安全に運用できると言えます。

EAに完全対応

自動売買をしたい人にとって気になるのが、EAに対応しているかです。

AXIORYはEAで自動売買ができます

EAとは、プログラムによる自動売買を行う機能のことです。

規約で禁止している業者もあるので、自動売買をしたい人にとっては重要なポイントになります。

他口座間・他業者間の両建てが可能

AXIORYは、両建て取引も可能です。

投資戦略に両建て手法を入れている人には、重要な項目です。

たとえば、ロングで0.01ロット購入後に、ロングの決済をしないまま、ショートで0.01ロット購入することが可能になります。

業者によっては、規約で禁止されているところもありますが、AXIORYでは制限がないので、安心してトレードできます。

最低取引ロットは0.01ロットから

アルファ口座を除いて、0.01ロットから注文が可能です。(アルファ口座は1ロットから注文できます。)

少額の注文をしたい場合は、0.01ロットから注文できる必要があります。

たとえば、Tradeviewでは0.1ロットからしか注文できない口座があり、資金力がない人には向いていません。

AXIORYは、資金力の少ない人に優しいと言えるでしょう。

最大保有ポジションの制限がない

最大でもてるポジション数の制限がないです。

たとえば、GEMFOREXでは30ポジションまでしかもてません。

問題になるケースとして、たとえば、細かく資金を投資する戦略がやりづらくなります。

AXIORYでは制限がないので、安心して取引できます。

AXIORYの口座タイプまとめ

AXIORYでオススメのナノ・テラ口座は

  • スプレッドが狭く取引手数料も安い
  • 短期トレード向き

とお伝えしました。

スプレッドの狭さを求めている方にはぴったりです。

他の口座を検討中の場合は、AXIORY自体に魅力があるのか検討してみてくださいね。

こちらの記事で評判も書いてありますので参考にしてください。

目次
閉じる