AXIORYの入金方法!Curfexの登録方法から入金手数料まで画像つきで解説

いざ、AXIORYでトレードを始めようとした時にぶつかる最初の壁が入金方法です。どの方法で入金すればよいのか、どの方法が自分にとって便利なのか悩みますよね。

海外FXの入出金の仕組みやルールは若干ややこしくて業者ごとに異なりますので、わかりづらいことが特徴です。

この機会に、AXIORYの入金方法の仕組みや使い方を理解しておけば安心です。

AXIORYではどんな入金方法があるのか、入金方法の手順・やり方など、今回はAXIORYの入金方法を徹底的に解説していきます。ぜひご参照ください。

目次

AXIORY(アキシオリー)で利用できる入金方法

AXIORYで利用できる入金方法は5種類あります。

  1. 国内銀行送金(Curfex)
  2. 国際銀行送金(海外送金)
  3. デビット・クレジットカード(VISA/JCB)
  4. STICPAY(国際ウォレットサービス)
  5. VLoad(国際ウォレットサービス)

AXIORYで利用できる入金方法をまずは一覧表で見てみましょう。

AXIORY入金方法一覧

入出金方法入金手数料最低入金額反映時間利用対象・備考
国内銀行送金(Curfex)無料
・2万円未満は1,000円/回
1,100円~1-2営業日フルステージ
国際銀行送金(海外送金)無料
・2万円未満は1,000円/回
1万円~3-20営業日フルステージ
デビット
クレジットカード(VISA・JCB)
無料
・2万円未満は1,000円/回
5,000円~即時ライトステージ
フルステージ
STICPAY
(国際決済サービス)
無料
・2万円未満は1,000円/回
5,000円~即時ライトステージ
フルステージ
VLoad
(国際決済サービス)
無料
・2万円未満は1,000円/回
5,000円~即時フルステージ

※入金最大額は、国内銀行送金・国際銀行送金は規定なし、それ以外は50万円までとなっています。

※bitpayは以前は使えていましたが、2021年9月時点の現在は利用できなくなっています。

ライトステージとフルステージ

ライトステージ・フルステージは2020年9月から試験導入されたAXIORY独自の新しい会員ランクです。

ライトステージは、身分証明書の提出のみで即トレードが開始できるステージのこと。利用できる入出金方法が制限され、入金額の上限が総額12万円までとなります。法人口座では適用されません。

フルステージは、身分証明書、住所確認書、セルフィーとすべての必要書類が提出済みとなっているステージのこと。入出金方法や入金額の制限を受けない本来の会員ランクとなります。

アキシオリーで口座開設するときにフルステージまでの設定を踏んだほうが後々ラクやで

AXIORYで入金する手順・やり方

それでは、それぞれの入金方法の手順・やり方をわかりやすく解説していきます。

まずは、どの入金方法を使う場合でもAXIORYの会員用サイト「MyAxiory」にログインして入金画面にアクセスすることが必要です。

マイページにログインしてから入金するっちゅうことやな

入金画面にアクセスする方法

AXIORYの公式サイト、トップページの右上にある「MyAxiory」をクリックします。

ログイン画面が出てきますので、メールアドレス・パスワードを入力して「MyAxiory」にログインします。

MyAxioryのトップページが表示されますので、メニューから「入金」を選択します。

「入金」を選択すると、利用可能な入金方法一覧が表示されます。

国内銀行送金の入金手順・やり方

一番おすすめなのが、国内銀行入金や!最初に決済サービスのCurfexに登録する必要はあるけど、手数料が圧倒的に安いから早めに登録しときや!

最初の登録に手間や時間がかかるものの、一旦登録しておけば、あとあと便利なのが国内銀行送金です。

国内銀行送金での入金は、決済サービス「Curfex」を介して行います。最初に「Curfex」の登録をしてから、入金手続きへと進みます

Curfexの登録方法

Curfexの公式サイト、トップページの右上「会員登録」をクリックします。または中央にある「今すぐ始める」からも登録可能です。

会員登録画面が出てきますので、「個人アカウント」「JPY」を選択して「次へ」をクリックします。

次の画面に、メールアドレスとパスワードを入力、ロボットではありませんにチェックを入れて、「登録する」をクリックします。これで登録の申請は完了。

この後、メールアドレスあてに正式な申し込みのリンクが送付されます。

リンクをクリックして申し込みに進みます。個人情報を入力する画面が出てきますので、必要事項をローマ字ですべて入力して下さい。

入力が完了したら、利用規約にチェックを入れて、「次へ」を押します。これで申し込みは完了です。

この後、メールアドレスあてに申し込み完了のお知らせと認証リンクが送付されます。

認証リンクをクリックして、今度は本人確認証明書をアップロードします。登録に必要な書類は3種類あります。

  • マイナンバーカード(通知カードOK)
  • 運転免許証などの写真つき身分証明書
  • セルフィーによる自撮り画像

セルフィーによる自撮り画像の撮影がCurfex登録の一番の山場や。ここさえクリアすれば、後は簡単やで

Curfexの指示通りに、カメラ画像に顔を合わせて上手に写真を撮ります。写真の撮り方はアップロード画面にて詳しく解説してあります。顔と身分証、登録の日付がすべてきれいに映っているのを確認してアップロードして下さい。

本人確認書類・セルフィーがアップロードされると承認メールがしばらくしてから届きます。

承認メールにて「アクティベーションコード」が記載されています。このコードでCurfexアカウントの有効化を行い、入出金が行えるようになります。

これで、ようやくCurfex登録完了です。登録が完了したら、入出金で利用したい銀行口座を登録しておきましょう。

登録完了まで済ませるのは結構大変かもしれん。やけど一回登録したら今後めちゃくちゃラクやで。

Curfexから国内銀行送金で入金する方法

Curfexの登録が完了したら、MyAxioryの入金方法一覧から「国内銀行送金 By Curfex」を選択します。

※Curfexの登録を行っていない場合は登録画面にアクセスできるようになっています。

Curfexで登録が完了している場合は、「国内銀行送金 By Curfex」 をクリックすると、Curfexのアカウントに直接アクセスして入金先が選択できます。あとは入金額を入力して手続き完了です。24時間以内に口座に反映されます。

AXIORYの振り込み先がメールで届きますので、以下の3社のいずれかをCurfexに登録して入金を行う方法もあります。

Curfexではジャパンネット銀行(Paypay銀行)みずほ銀行楽天銀行と3つの銀行口座が用意されています。

ですので、例えば楽天銀行口座を持っている方であれば、銀行手数料が無料で入金する事ができます。大手銀行3つに対応しているので、入金できないという心配もありません。

さらに、通常Curfexは送金するたび手数料として送金額の1%が手数料として差し引かれますが、この手数料はAXIORYが負担してくれるため、2万円以上の入金は完全無料もしくは数百円の銀行手数料のみで完結します。

AXIORYの入金先をCurfexに登録しておけば、以後はCufexの画面からも簡単に入金手続きるで

国際銀行送金の入金手順・やり方

正直、国内銀行送金がある以上、国際銀行送金は手数料が高いからおすすめせんで。

最後の手段としたいのが国際銀行送金(海外送金)です。国際銀行送金による入金はAXIORYへの手数料はかかりませんが、各自で利用する銀行への手数料が4,000円~5,000円程度と、さらに日数がかかります。

クレジットカードが使えない、決済サービスは利用したくないなど他に方法がない時は、国際銀行送金を使って入金します。

1.入金画面から「国際銀行送金」を選択

MyAxioryにログイン、入金画面から「国際銀行送金」を選択します。

2.通貨・送金先の銀行を選択

海外送金の通貨を選択します。円口座の場合はJPYです。

次に、AXIORYの振り込み先を選択します。「Union Bank AG」か「Doha Bank」が選択可能です。

振り込み先を選択すると、振り込み先の情報が表示されます。

AXIORYでは、「Doha Bank」の方が反映が速いと推奨しています。

3.振り込み先に各自で入金手続きを行う

AXIORYの振り込み先が表示されますので、その情報をもとに各自の銀行口座から海外送金の手続きを行います。

予備欄には、入金するAXIORYの口座番号を記載します。

入金額の反映には数日~2週間程度かかります。

デビット・クレジットカードの入金手順・やり方

入金額までしか出金はできんけど、お試しではじめる人には丁度いいな

一番簡単でスピーディな入金方法がデビットカード・クレジットカードを使った入金です。

AXIORYでは、VISAかJCBが利用できます。手数料はAXIORYには無料ですが、各カード会社への手数料がかかる場合があります。

1.入金画面から「カード」を選択

MyAxioryの入金画面から「カード」を選択します。

VISAかJCBか選択する画面が出てきますので、利用したいブランドを選択します。

2.カード情報を入力して支払う

カード情報を入力して「支払う」ボタンを押します。

支払い手続きが完了すると以下のおような画面が表示されます。

3.即入金が反映される

手続きが完了すると即時(数分)で口座に入金額が反映されます。

STICPAYの入金手順・やり方

STICPAYは国際決済サービス、海外で使えるウォレットのようなものです。

STICPAYは手数料が割高やから、おすすめ度は微妙や。もともと登録しとる人や、プリペイドカードを作りたい方には便利かもな。

STICPAYに入金する際に手数料が入金額の1%(銀行口座入金)~3.85%(クレジットカード入金)と割高です。ただ、他の海外FX業者でも利用できたり、プリペイドカードが発行できたりと便利な面もあります。

STICPAYで入金する場合は、STICPAYへの登録が必要です。登録はSTICPAYの公式サイトからできます。

1.入金方法にSTICPAYを選択

入金画面から「STICPAY」を選択します。

2.入金額を入力して手続き

入金額を入力する画面が出てきますので、入金額を入力して「スティックペイで入金する」ボタンを押します。

入金ボタンを押すと、STICPAYのログイン画面が出てきてそのままアクセスできます。

メールアドレスとパスワードを入力してSTICPAYのアカウントにログインします。

3.金額を確認して支払う

STICPAYの画面に入金額が表示されますので、確認して「今すぐ支払う」ボタンをクリックすると完了です。即時または数分後に入金額が反映されます。

VLoadの入金手順・やり方

STICPAY同様、わざわざ新規で登録する必要性はない決済サービスやな

VLoadはクーポンを使って入出金が行える国際決済サービスです。Vloadで入金するにはVLoadへの登録が必要です。

AXIORYへの手数料は無料でも、VLoadに手数料が2%(銀行送金)~3.5%(クレジットカード)がかかり割高です。他業者への使い勝手も不明で、今のところは軽く認識しておくだけでよいでしょう。

入金方法にVLoadを選択

入金画面から「VLoad」を選択します。

そうするとVLoadにアクセスする画面が出てきますので、「VLoadで入金する」をクリックします。

まだ登録していない場合は、「アカウントを作成する」をクリックして、VLoadの登録画面にアクセスすることができます。

PINナンバーを入力して入金

PINナンバーを入力して「支払う」ボタンを押します。PINナンバーは各クーポンから取得できます。

支払い完了後に、即時または数分後に反映されます。

クーポンごとに通貨・金額が記載されとる。面白そうな決済方法やけど、手数料の割に利便性が低いで

AXIORY入金の注意点

AXIORYで入金する際の注意点確認しておきましょう。

2万円以下の入金には手数料がかかる

AXIORYでは入金方法を問わず、基本的に手数料は無料です。ただし、2万円以下の入金には手数料が1回につき1,000円かかります。

金融業者への手数料(隠れ手数料)がかかる場合がある

AXIORYへの手数料は無料でも、それぞれで利用する銀行や決済業者への手数料がかかる場合があります。

国内銀行であれば無料~数百円ですみますが、国際銀行送金の場合、4000~5000円ほどの銀行手数料や仲介手数料が発生するためおすすめできません。

STICPAYやVLoadも入金すると即反映される点はメリットですが、送金額から数%の手数料が自動で差し引かれるため、自分が何を優先するかしっかり吟味した上で入金しましょう。

出金する手間も考える

国内銀行送金・国際銀行送金以外で入金した場合は、犯罪防止の関係から、同じ方法で入金額しか出金できない仕組みになっています。入金する時は出金する時のことも考えておくことが大切です。

入出金方法に変更があることも

海外FXでは、AXIORYに限らず時期によって予告なく入出金方法が変更されることがあります。

突然変更があると、ネガティブな発想をしてしまい慌ててしまう方も少なくありません。

海外FXでは金融庁対策としてよくあることなので、そんな時は決して慌てずに業者からの報告・お知らせを公式サイトにて確認してみましょう。どうしても不安な時はカスタマーサービスに問い合わせることもできます。

AXIORYで入金する際に、あらかじめ、いくつか抑えておく点がわかっていれば安心かもな

AXIORY入金方法のまとめ

最適な入金方法はそれぞれの状況・要望にもよるので一概にはいえませんが、一般的な基準からいけばAXIORYでは、最初のうちはデビット・クレジットカードがおすすめです。

カード会社によって手数料が引かれる場合がありつつも、何よりも手続きが簡単でスピーディなのが嬉しい。そして、同様に出金も超簡単に手続きできます。

次に検討したい入金方法が、国内銀行送金です。国内銀行送金の場合でも、利用する金融機関によっては手数料がかかるかもしれません。ただ、入金以上の出金も可能で反映も比較的に早めです。時間がある時にCurfexに登録しておけば手間が省けます。

もちろん、その他の入金方法の方が、トレーダーによっては便利で使いやすいと判断する方もいるでしょう。

それぞれにとって使いやすい便利な入金方法を、ぜひ今回の記事を参考に検討してみて下さいね。

AXIORYは入金ボーナスを不定期開催しとるから、入金するならしっかり把握しときや。

目次
閉じる