AXIORYのナノスプレッド口座とは!?スタンダード口座の違いは何?

AXIORYには2種類の口座があります。
「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」です。
この記事では、ナノスプレッド口座をメインにご紹介し、スタンダード口座との違いを解説していきます。

また、AXIORYナノスプレッド口座のスプレッド一覧やナノスプレッド口座を利用すべき人の特徴もご紹介しています。

AXIORYに興味をお持ちの方や、AXIORYナノスプレッド口座を利用してみたいとお考えの方の参考になれば、幸いです。

目次

AXIORYのナノスプレッド口座とは

まずは、AXIORYナノスプレッド口座の概要一覧をご覧ください。

口座 ナノスプレッド口座
プラットフォーム MT4・cTrader
注文方式 ECN方式
最大レバレッジ 400倍
両建て 可能
最小Lot 0.01Lot(1,000通貨)
最大Lot 1,000Lot(1憶通貨)
取引単位 1Lot=100,000通貨
1Lotあたりの手数料 往復6米ドル
マージンコール 証拠金維持率50%下回った場合
ロスカット 証拠金維持率20%下回った場合
ゼロカット 往復6ドル(0.6pips相当)
最低入金額 50USD/50EUR(5,000円)※

※手数料がかかるため、最低2万円以上の入金がおすすめです。

AXIORYナノスプレッド口座の4つの特徴をピックアップして解説していきます。

ナノスプレッド口座の特徴
  • MT4とcTraderの利用が可能
  • 高い公平性と透明性を備えている
  • スプレッドがとにかく狭い
  • 注文方式はECN方式を採用

1つずつ解説していきます。

MT4とcTraderの利用が可能

AXIORYナノスプレッド口座の、プラットフォームは、MT4とcTraderの2種類が提供されています。
FX取引のプラットフォームとして有名なMT4をご存じの方も多いと思いますが、AXIORYナノスプレッド口座では、cTraderの利用も可能です。

cTraderは、ECN方式専用のプラットフォームとして開発され、「Finance Magnates 2018 Awards」にて、FXトレードプラットフォーム部門の最優秀賞を獲得しています。

したがって、ECN方式を採用するAXIORYナノスプレッド口座にマッチした取引プラットフォームであり、トレードにおける満足度も実感できることと思います。

高い公平性と透明性を備えている

AXIORYナノスプレッド口座では、NDD方式が採用されています。

NDD方式とは、ノン・ディーリングデスク(None Dealing Desk)のことで、トレーダーの注文はインターバンクに送信されるため、ブローカーの介在する余地がありません。

インターバンクのレートがそのまま提示されるので、公平性と透明性が確保されています。

スプレッドがとにかく狭い

AXIORYのナノスプレッド口座では、非常に狭いスプレッドで取引が可能です。

ECN方式という、注文方式の仕組み自体がナノスプレッド口座のスプレッドを狭くしています。ECN方式については後述します。

注文方式はECN方式を採用

AXIORYナノスプレッド口座の注文方式は、ECN方式を採用しています。 ECN方式とは、Electronic Communications Networkの略で電子取引所取引と訳されます。

直接インターバンクへと注文が流されるので、ブローカーを介しません。ですので、ECN方式では、透明性が高く、狭いスプレッドで取引することができるというメリットがあります。

取引手数料がかかる

AXIORYナノスプレッド口座では、非常に狭いスプレッドで取引できる一方で、取引手数料がかかります。具体的な手数料として、1ロット(10万通貨)取引する度に、往復で6米ドルかかります。

pipsにすると0.6pipsですので、実際のコストを把握するには、スプレッドに取引手数料を上乗せする必要があります。

AXIORYナノスプレッド口座とAXIORYスタンダード口座との違い

AXIORYナノスプレッド口座とAXIORYスタンダード口座の違いは以下の2点です。

  • 注文方式の違い
  • 取引手数料があるかどうかの違い

1つずつ解説していきます。

注文方式の違い

AXIORYナノスプレッド口座では、ECN方式が採用されています。一方でスタンダード口座では、STP方式が採用されています。

STP方式とは、Straight Through Processingの略で、トレーダーの注文はブローカーを経由して、リクイディティプロバイダー(銀行などの金融機関)が提示するレートのなかでトレーダーにとって、最も有利なものとマッチングされます。

STP方式では、リクイディティプロバイダーの提示するレートにブローカーがスプレッドを上乗せしているので、スプレッドが広くなってしまいます。しかし、手数料が発生しないというメリットもあります。

取引手数料があるかどうかの違い

前述の通り、AXIORYナノスプレッド口座のECN方式では、直接インターバンクへと注文が流されるので、ブローカーが介在ぜず、スプレッドを極めて狭く抑えることができます。

しかし、これではブローカーの利益がなくなってしまうので、ブローカーが利益を確保するために取引手数料が発生します。

一方で、スタンダード口座では、STP方式を採用するしているため、リクイディティプロバイダーの提示するレートにスプレッドを上乗せしてブローカーの利益が確保されているので、手数料が発生しません。

AXIORYナノスプレッド口座のスプレッド一覧

AXIORYナノスプレッド口座のスプレッドをAXIORYスタンダード口座と比べながら見てきましょう。

通貨ペア スタンダード口座 ナノスプレッド口座
平均スプレッド 実質スプレッド
米ドル/円 1.1pips 0.3 pips 0.9pips
ユーロ/円 1.4pips 0.4 pips 1.0pips
ポンド/円 1.8pips 1.3 pips 1.9pips
豪ドル/円 1.8pips 0.7 pips 1.3pips
NZドル/円 2.0pips 0.8 pips 1.4pips
ユーロ/米ドル 1.2pips 0.2 pips 0.8pips
ポンド/米ドル 1.6pips 0.4 pips 1.0pips
豪ドル/米ドル 1.7pips 0.4 pips 1.0pips
NZドル/米ドル 2.0pips 0.7 pips 1.3pips

上の表からわかる通り、AXIORYスタンダード口座に比べて、AXIORYナノスプレッド口座では、手数料を加味した実質スプレッドであったとしても、狭いスプレッドで取引することが可能です。

AXIORYナノスプレッド口座を利用すべき人の特徴とは?

AXIORYナノスプレッド口座を利用すべき人の特徴は以下の2点です。

  • スキャルピングトレードなどの短期トレードをする人
  • ある程度のトレード経験がある人

スキャルピングトレードなどの短期トレードをする人

スキャルピングトレードなどの短期トレードをする人には、 AXIORYナノスプレッド口座がおすすめです。

スキャルピングトレードでは、小さな利益を複数回にわたって積み重ねなければなりません。
スプレッドが広ければ、広がった分だけ取引する度にコストとして、利益を圧迫してきます。

ですので、狭いスプレッド幅で取引できるということは、スキャルピングトレードなどの短期トレードにおいて、最も重視すべき点だと言えます。

AXIORYのナノスプレッド口座では、取引手数料を加味した実質スプレッドでも、コストを低く抑えることが可能です。

ある程度のトレード経験がある人

スキャルピングトレード自体が高度な判断力を要するトレードスタイルですので、初心者にはあまり向いていません。
また、スキャルピングトレードでは、リアルタイムでAXIORYナノスプレッド口座のスプレッドと取引手数料を加味したコストを考えなければなりません。

それに加えて、利益と損失のバランスもとる必要があります。
このように複数事項を考慮しながらトレードすると、トレード経験の浅い人では、トレード中に迷いや混乱が生じ、ミスの原因となってしまうでしょう。

ですから、ある程度のトレード経験がある人に向いている口座と言えます。

2021年におすすめの海外FX業者は!?

海外FXに興味のある人が一番最初に悩むことは、【どのFX業者を利用したらいいかわからない】ことだそうです。

ややこしいことに、海外FX業者はボーナスやスプレッド等条件のバラつきが大きいんや…。

当サイトでは、効率的に海外FXで稼ぐために、海外FXおすすめランキングを公開しています。

海外FXおすすめランキングの画像

条件の良い海外FX業者を選べば、それだけで他のトレーダーよりも有利なワケや!
FX選びの参考にしてや~

初心者から上級者まで選んで損のないFX業者をわかりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

GEMFOREXが期間限定キャンペーン開催中!

ゲムフォレックスの画像
先着100口座限定で、ゲムフォレックスが含み損を全額ボーナス補填してくれるで!

※キャンペーンページから新規口座開設が必要となります。

キャンペーンページが表示されへんかったら、満員で締め切りや。早めに決断するんやで!

コメント

コメントする

目次
閉じる