AXIORYの安全性は大丈夫?金融ライセンス・信託保全・ノミ業者の真相を暴露

AXIORY(アキシオリー)は、安全性が高く出金拒否がないと人気を集める海外FX業者ですが、はたして本当なのでしょうか?

当サイトのように海外FX業者を多数紹介しているサイトでは、広告収入のために信ぴょう性のない情報や詐欺まがいの海外FX業者をおすすめしている悪質なサイトも存在します。

安全性の低い海外FX業者を利用した場合、出金拒否や倒産して資金が返却されないなどさまざまなリスクが伴います。

この記事を読んでくださっている方がそんな被害にあわないためにも、AXIORYの安全性は本当に高いのか忖度なしで徹底検証していきますので是非最後までご参照ください。

AXIORYの評判については別記事でも紹介しとるから参考にしてや

目次

AXIORY(アキシオリー)の安全性は高いのか

AXIORYの会社の安全性を図るには、会社の規模や経営年数、金融ライセンス、資金の管理方法など様々な視点を総評して判断する必要があります

たとえば、経営年数が長くても金融ライセンスが未所持であったり、資金管理がおざなりであれば会社の安全性は高いと呼べません。また金融ライセンスを所持していたとしても、審査がザルであればただのお飾りになってしまいます。

そこで今回は公式サイトや実際の利用者の声をもとにAXIORYの安全性を検証していきましょう。

会社概要

AXIORY公式サイト
スクロールできます
詳細
会社名Axiory Global Ltd.
代表取締役Roberto d’Ambrosio
所在地No. 1 Corner of Hutson Street and Marine ParadeBelize City, Belize
設立日2007年
資本金非公開
従業員数非公開(日本人サポーター20~30人ほど)
金融ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会
日本語サポート平日9:00~24:00

AXIORYでは日本向けの子会社はなく親会社のみで経営しています。

設立は2007年と老舗ブローカー

AXIORYは2007年に金融システムやFXトレードインフラの開発会社として設立された海外FX業者です。

海外FX業者でいう2007年は長い創業年数といえるでしょう。たとえば、海外FX業者の中で人気の高いXMの親会社設立は2009年とAXIORYの2年後です。

設立年数が長いということはそれだけ事業を維持できているということなので、設立年数の浅い企業より信頼できる企業と言えます。

資本金・従業員数は非公開だが規模は大きめ

AXIORYでは会社の資本金や従業員数について詳細は公開していません。

ただ、日本語サポート従業員数は20~30人ほど在籍しており、すぐにライブチャットで対応できる体制が整っている点や、新たなサービスやシステムの導入を割と早いペースでアップデートしていることを考えると、会社の規模は大きいと考えられます。

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得

AXIORYのIFSC金融ライセンス証明
引用:IFSC公式サイト

AXIORYの金融ライセンスは、カリブ海諸国の1つベリーズにて取得しています。

ベリーズという国は、オフショア国(規制がゆるい・税金が安い・会社設立費用が安い)として多くの企業が法人を設立している国です。

この後詳しく解説しますが、AXIORYでは The Financial Commission というトレーダーとFX業者の紛争解決に特化した機関に自主的に加盟しトレーダーに対して真摯な姿勢を見せていることから、ベリーズより審査の難しい金融ライセンスを取得することも可能であると推測できます。

AXIORYではあえて税金や設立費用が安いベリーズの金融ライセンスを取得しているとの噂もあり、ベリーズのような審査の緩い金融ライセンスしか取得できない危険な業者というわけではないのでご安心ください。

ドーハ銀行で資金を分別管理している

AXIORYでは顧客資金をDoha Bank(ドーハ銀行)に分別管理しており、万が一AXIORYが倒産した場合でも顧客資金は資金返還規約に基づいて全額返還されます。

また入金額だけでなく確定損益や未決算の評価損益もあわせて返還されますので、安心して資金を預けることが出来ます。

The Financial Commissionに加盟し信託保全の義務がある

The Financial Commissionとは、投資家とFX業者の間にトラブルが生じた際に仲裁を行ってくれる第3者機関で、以下の3つのサービスを提供しています。

  • 紛争の無償仲裁と決定
  • 実効性のある規制
  • 損害の補償(特別保証基金)

“仲裁”や”保証”などいまいちピンとこない方も多いかと思いますが、具体的に申し上げるとAXIORYが債務不履行になったとき、20,000ドルまで The Financial Commission が中立な立場でトレーダーへの補償を行いますよということです。

AXIORYは、2016年9月に、投資家とブローカーの紛争解決に特化した機関である、The Financial Commissionに加盟しました。
The Financial Commissionの目的は、投資家とブローカー間の紛争を中立の立場で、迅速かつ専門的に解決することであり、AXIORYの投資家の皆様は、弊社の紛争において当事者同士(お客様と弊社)で解決できない問題が発生した際、お客様自身が直接、The Financial Commissionに申し立てを行うことができます。

引用:AXIORY公式サイト

海外FX業者では、信託保全をする義務がないため The Financial Commission に加盟するのは完全任意です。実際にほとんどの海外FX業者では信託保全をしていないため、AXIORYは高い健全性を誇る海外FX業者といえます。

出金拒否が一切ない

AXIORYでは、出金拒否されたという噂は聞いたことがありません

しかし、 AXIORYでは出金に関する条件があり、「入金額分は入金方法と同じ方法で出金」「利益分に関しては、銀行送金やビットコインなどで出金」するという条件があります。

このあたりを理解していない一部のトレーダーが「出金拒否された」と勘違いする場合もありますが、しっかりと出金の条件を満たしていれば問題なく出金することが出来ます。

また考えられませんが万が一AXIORYが出金拒否をした場合にも The Financial Commission が仲介して解決・保障してくれるのでご安心ください

ちなみにXMやTITANFXでもマネーロンダリングの観点から同じ出金ルールを採用しとるで

日本語対応のサポート

AXIORYでは、日本語によるメールとチャットでのサポート対応が手厚いと定評があります。

平日であれば日本時間の9:00〜24:00までメールやリアルタイムチャットでのサポートを受け付けていますので、日中は問い合わせができないトレーダーにとっても手厚いサポートといえるでしょう。

筆者は実際にAXIORYのサポートチャットを何度か利用したことがありますが、必ず30秒以内にサポート担当者とつながることができており、親切丁寧に対応していただけるので安心して取引に集中できています。

日本の金融庁から警告を受けているが無問題

AXIORYは2015年に日本の金融庁から無登録で金融商品取引業を行ったとして警告を受けています

これは日本で海外のFX業者が日本居住者を対象に勧誘行為を行うことは禁止しており、日本で勧誘行為を行う場合は日本の金融庁の登録を受けなければならないからです。

しかし実際には多くの海外FX業者が日本人向けの公式サイトを開設しており、日本人が海外のFX業者で口座開設することは違法ではなく、取引をしたからといってなにか不利益があるわけでもありません

海外のFX業者は日本の金融庁に登録した場合、トレーダーにとって様々なデメリットがあります。

  • 高額ボーナスを受け取ることができない
  • レバレッジが25倍まで規制される
  • ゼロカットシステムが適応外になる

日本の金融庁に登録する=日本の法律に沿ったルールを提供しなくてはならないので、AXIORYではあえて日本での金融庁の登録を受けていません。AXIORYが日本の金融庁から警告を受けているからといって、取引ができなくなるような心配はありませんのでご安心ください。

日本の金融庁からすると海外FX業者は日本に納税する義務がないから面白くなくてわざと警告を出しとるんや

Axioryは呑み業者?透明性を徹底調査

ここまでAXIORYの安全性についてまとめていきましたが、安全性が高くてもサーバーが不安定で約定力が低ければ取引するメリットはありません。

そこでAXIORYの取引の安全性・透明性について調べるとともに呑み業者のうわさがあるのかについても調査してみました。

すべての口座で取引の透明性が高いNDD方式を採用

結論から申し上げるとAXIORYでは、ディーラーが介入しないNDD(ノンディーリングデスク)方式を採用しているため、取引の透明性が高いFX業者です。

NDD方式の中でもさらにスタンダード口座ではSTP方式、ナノスプレッド口座・テラ口座ではECN方式を採用しており、公式サイトでも公表しています。

意図的に約定拒否をすることができないため、透明性が高いFX業者と言えるでしょう。

DD方式とNDD方式については別記事を参照してな

約定率が99.98%と高くスリッページの心配なし

さて注文方式は問題ないことがわかりましたが、サーバーのスペックはどうでしょうか。

AXIORYでは、データセンターをEQUINIX(エクイニクス)社においているため、約定率が99.98%と高く評判です。

EQUINIX社とは、世界各国で導入されている業者であり世界的に有名な業者や日本の有名企業の多くが採用しているデーターセンターです。約定率だけでなく約定スピードの速さやスリッページ幅の狭さにも定評があり、スキャルピングトレーダーにとっては安心できるFX業者の一つです。

現在はロンドン・日本・香港・ニューヨークの4拠点にサーバーを設置しており、万が一サーバートラブルがあった場合はAXIORYのサポートに問い合わせるとサーバートラブル前の証拠金に戻してくれるのでご安心ください。

ただAXIORYの評判を調べていると、サーバーが弱いという口コミも一部で見られます。最近ではサーバーの改善が進んでおり、2021年時点ではそういった口コミは少なくなっていますが、注文が集中する経済指標時などはまれに不安定な時があるようです。

約定力に定評のある海外FX業者でも市場の状況によってはそういったリスクがあるということは理解しておきましょう。

AXIORYの安全性まとめ

AXIORYは会社の規模感・経営状況・サポート体制などトータルして安全性が高く、取引も透明性があることがわかりました。

AXIORY利用者の口コミや評判も良く安心して資産を預けることができますので、開設をするか迷っている方はぜひ一度お試しください。

ただデモ口座の場合、リアル口座とサーバーが異なる点や、ボーナスを利用できない点もありますので、リアル口座を開設するのをお勧めします。

初めて口座開設するならAXIORYの口座開設方法も参考にしてな!

目次
閉じる