ボーナスのクッション機能とは?クッション機能がある海外FX業者もご紹介

海外FXでは、ご存知の方も多いように口座開設ボーナスや入金ボーナスにて証拠金を増やすことができます。

ボーナスは原則出金はできませんが、入金しなくてもトレードが始められたり、10万円の資金でも20万円の取引ができたりと重宝されています。ボーナス目当てで海外FX業者を選ぶ方は多いですよね。

ボーナスのもう1つのメリットは証拠金が増えることでロスカットまでの余裕ができる点です。ロスカット回避にボーナスが活用できることをクッション機能といいます。ボーナスをもらってもこのクッション機能が使えないこともあるので注意が必要です。

今回は、海外FXボーナスのクッション機能についてわかりやすく解説していきます。メリット・デメリットやクッション機能が使える海外FX業者、使えない海外FX業者もご紹介しますので、ぜひボーナス活用にお役立て下さい。

クッション機能の存在を知っとるだけでボーナスの見え方が変わるで。

目次

海外FX業者のボーナスのクッション機能とは?

海外FXのボーナスには、クッション機能があるものとないものがあります。

クッション機能とは、ロスカットの際にトータルの証拠金の底上げが可能なことを意味しています。

クッション機能がある場合

例えば10万円の資金で、10万円分のボーナスをもらったとして、クッション機能がある場合とない場合のロスカットの仕組みを見ていきましょう。

クッション機能がある場合は、損失が出て資金10万円がなくなったとしても、ボーナス10万円が証拠金として見なされるのでトレードが継続できます。ボーナスの証拠金が証拠金維持率20%まで低下した時にロスカットとなります。

ボーナスによる証拠金の底上げが可能 = クッション機能が使える

ロスカット後も、残ったボーナスの金額によっては取引が可能な場合もあります。

クッション機能がない場合

一方、クッション機能がないボーナスとは取引には使えても、ロスカットの際に証拠金として換算されないボーナスとなります。

つまり、もともとの資金10万円の証拠金維持率が20%まで低下した時点でロスカットされてしまうのです。

ボーナスによる証拠金の底上げができない = クッション機能がない

もちろんロスカット後には、ボーナス10万円は消滅してしまう仕組みになっています。

クッション機能なしの注意点

ここでややこしいのが、クッション機能があるボーナスなのかどうかは、取引状況を見ても判らないということです。

クッション機能なしの場合でも、「有効証拠金」「余剰証拠金」「証拠金維持率」などはボーナス込みの証拠金で計算されています。実際の資金がロスカット間近になっていたとしても、取引状況のデータには反映されないのです。

ボーナスを利用する場合は、このクッション機能が使えるのかどうかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

各自でボーナスの金額と、自分の資金額をしっかりと把握した上で、現状の証拠金残高からロスカットの危険性を察知しなければなりません。

クッション機能がなかったら不意打ちでロスカットを受ける可能性があるちゅうことや。

クッション機能の有無を調べる方法

ボーナスでもらった証拠金をロスカットへのクッション機能として使えるかどうかは、海外FX業者によって異なります。

クッション機能があるボーナスかどうかを調べる方法は、まず入金不要で口座開設ボーナスが利用できるかどうかが1つの目安となります。入金ボーナスのみが提供されている場合は、クッション機能なしとなるケースが多いです。

一概にはいえませんので、正確に調べるためにはボーナスの利用規約・詳細から確認することができます。

入金不要の口座開設ボーナスはクッション機能ありが多い

入金しなくても口座開設ボーナスでトレードができるということは、資金を入金した場合でもトータルの証拠金として底上げが可能なことを意味しています

入金不要の口座開設ボーナスを提供している海外FX業者の特徴は、証拠金残高とクレジット残高と分けて残高が表示されることです。クレジット残高がボーナスのことになり、今実際の自分の資金がいくらなのが確認できるようになっています。

証拠金残高が仮にゼロになったとしても、クレジット残高(ボーナス)で取引できる仕組みになっています。

ボーナスの取引規約を調べるのが一番正確にわかる

正確にボーナスがロスカットに対応できるかどうか、クッション機能があるかどうかを知るためには「ボーナスの利用規約・詳細」を確認するのが一番です。

ボーナスの利用規約は、大抵はボーナスが表記されているページからアクセスすることが可能です。どうしてもわからなくて不安な時は、カスタマーサービスにチャットかメールで問い合わせておくと安心です。

ただ、海外FX業者で調べても「クッション機能」という表現は使われていません。もし、自分の資金が0円になった場合にボーナスがどうなるのかを聞くことができます。

GEMFOREXのボーナス利用規約の例

出典:https://gforex.asia/campaign.php

例えばGEMFOREXでは、口座残高が−10万円になった場合でも、ボーナスにて相殺され残りのボーナスで取引が継続できる旨が表記されています。

もともとの資金が0円もしくはマイナスになったとしても、ロスカットに合わないということですね。これは、このボーナスがクッション機能があることを表しています。

HotForexのボーナス利用規約の例

出典: https://static.hotforex

HotForexの場合は、現金が無くなるとボーナスも消滅する旨が注意事項に書かれています。ということは、ボーナスのみで取引ができずロスカットの際に証拠金の底上げはできないことになります。

この入金ボーナスはクッション機能がないことを表しています。

クッション機能があるかどうかで、ボーナスの活用方法やトレード戦略も変わってくる。あらかじめ確認しとき

クッション機能のメリット・デメリット

せかっくボーナスを使うのであれば、当然ながらクッション機能があった方が安心です。ただし、クッション機能にもメリット・デメリットがあるので使い方次第だといえます。

ここではクッション機能のメリット・デメリットを見ていきましょう。

クッション機能のメリット

  • ロスカットまでに余裕ができる!
  • ぎりぎりまで相場が反転するのを待つことができる!
  • 資金がなくなってもトレード継続で挽回のチャンスがある!

「あとほんの少し資金があれば、トレントが転換していたのに!」とロスカット後に悔しい思いをした投資家は少なくないでしょう。クッション機能があれば、資金以上の証拠金にてロスカットまでの余裕を持つことができます。

相場が上昇・下降にとことん向かった後で、トレンド転換のチャンスが狙えることがクッション機能の大きなメリットです。

万が一ロスカットに合っても、残りのボーナスから敗者復活戦で見事に挽回できるケースもあるっちゅうことやな。

クッション機能のデメリット

  • 金銭感覚がマヒする
  • 油断して損切りしそびれてしまう
  • 資金を使い切ってしまう可能性がある

クッション機能のデメリットは、証拠金が一気に増えて金銭感覚がマヒしてしまうことです。本来なら精神的打撃を受ける損失額でも、ついボーナスがあるため油断してしまいがちです。

「ボーナスがあるからいいや」と気持ちが大きくなりすぎてしまうことがクッション機能のデメリットです。

最悪の場合は資金ゼロ円、ボーナスゼロ円で敗者復活戦にも臨めないこともあり得るんや

クッション機能のある海外FX業者

では、安心してボーナスのクッション機能が活用できるように、クッション機能のある海外FX業者をご紹介しておきたいと思います。

クッション機能がある海外FX業者一覧

  • GEMFOREX
  • XMtrading
  • AXIORY
  • is6FX
  • fxgt
  • iFOREX
  • LAND-FX
  • BigBoss など

上記の海外FX業者のボーナスはクッション機能対応なので、ボーナスを最大限に有効に活用することができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

クッション機能ありのボーナスで選ぶならとくにおすすめはGEMFOREXです。

  • ボーナス対象口座:オールインワン口座
  • 未入金ボーナス:最大2万円
  • 入金ボーナス:100%抽選ボーナス、1000%入金ボーナスジャックポッド
  • 最大レバレッジ:1000倍

GEMFOREXでは、今のところほぼ定着している2万円の口座開設ボーナスが入金不要でもらえます。最低入金額も100円からとハードルが低く、しかもレバレッジ1000倍にて少額でもまとまったロット数で取引できます。

100%入金ボーナスはキャンペーン・抽選型とはなるものの、頻繁に開催されていて当選する確率もかなり高めです。

クッション機能のボーナスに1000倍レバレッジと初心者でも稼ぎやすい条件が揃っとるのが嬉しいな。

XMtrading(エックスエムトレーディング)

XMもすべてのボーナスキャンペーンにクッション機能が備わっています。

  • ボーナス対象口座:すべての口座
  • 未入金ボーナス:3,000円
  • 入金ボーナス:100%+25%入金ボーナス、リセットボーナス
  • 最大レバレッジ:888倍

注目していただきたいのが、XMの未入金ボーナスはすべての口座が対象なところです。その口座でもXMを初めて登録したのであれば対象となるので、未入金ボーナスだけで取り引きすることができます。

クッション機能がない海外FX業者

ボーナスをもらいながらも慎重にトレードしていきたい方は、あえてクッション機能がない海外FX業者を選ぶ方法もあります。

クッション機能がない海外FX業者

  • HotForex
  • FBS
  • TradersTrust
  • IronFX など

クッション機能がない海外FX業者では、何かとボーナスやキャッシュバックなど特典が多いのが特徴。クッション機能がないことで早めの損切りを心がけるきっかけにもなります。

HotForex(ホットフォレックス)

クッション機能がない海外FX業者でぜひ利用したいのはHotForexです。

  • ボーナス対象口座:マイクロ/スタンダード口座
  • ボーナスの種類:100%入金ボーナス、スーパーチャージボーナス、その他
  • 最大レバレッジ:1000倍

クッション機能がないながらも、充実したボーナス豊富なキャンペーンやイベントで人気を集めているのがHotForexです。最低入金額は5ドルとハードルは低めで、ボーナスとハイレバレッジにて有利なトレードが始められます。

取引ロット数に応じてバー(ポイント)が貯まったり、キャッシュバックがあるスーパーチャージボーナスの利用も可能です。

口座の種類も多彩で、トレードコンテストなど期間限定のイベントが多いことが魅力やな。

クッション機能のまとめ

ボーナスには、クッション機能があるものとないものと2つのタイプに分かれるので注意が必要です。

100%入金ボーナスにて証拠金が2倍に増えたとしても、クッション機能がないボーナスの場合は思いがけずロスカットに合ってしまう可能性があります。あらかじめ、クッション機能の有無を確認した上でボーナスを最大限に活用するようにしましょう。

今回ご紹介してきたように、クッション機能はロスカットまでに余裕が持てる一方では、金銭感覚がマヒしてしまい損切りしそびれる原因ともなりがちです。

クッション機能が合った方がロスカット対応策としては有利ですが、資金管理やリスクマネージメントを怠らないことが大切です。資金管理の面でいけば、必ずしもクッション機能が合った方がいいとは限らないのです。

それぞれの投資スタイル・戦略に合わせて、クッション機能あり・なしを上手に活用しながらボーナスでしっかり稼いでいきましょう。

クッション機能も考慮したボーナスランキングやから必見やで。

目次
閉じる