XMは両建てを使えばめちゃくちゃ稼げる!メリットと注意点をまとめてみました

トレードの戦略に『両建て』を組み入れたいと考えている投資家は多いのではないでしょうか。

海外FX業者であるXMTrading(以下XM)は、両建てを認めています。しかし、「してはいけない両建て」もあり、気をつけないといけません。それでは、XMでの両建ての扱いについて、詳しく見ていきましょう。

両建てとは

まずはおさらいですが、両建てとは、1つの通貨ペアで売りと買いのポジションを同時に持つことを指します。これだけを聞くと、それぞれのポジションで損益を出し合ってお金は増えないのに、何の意味があるの?と思われるかも知れません。

しかし、考え方や使い方によっては良い効果をもたらす場合があります。

両建てのメリット

一見すると効果がわかりにくい両建てですが、実はメリットもたくさんあるんです。両建ての上手な使い方の例を見てみましょう。

証拠金が0になる

XMでの両建ての場合、大きな特徴になっているのが、「同じロット数での両建てであれば、その両建てポジションでの証拠金は0になる」ということです。両建てを認めている業者でも、両建てポジションのうちの片方、または両方のポジションの証拠金が必要になる場合が一般的ですが、XMの両建てではそれがありません。両建てをしている間は証拠金に余裕ができ、証拠金不足による強制ロスカットを防いだり、効率よく資金を回すことが可能になります。

別々のトレード計画を同時進行できる

例えば1つの通貨ペアで、長期的にはロングポジションを保有し、その中の短期的な逆行でショートポジションを持った場合も、結果的に両建てとなります。XMでは基本的な両建てを認めているため、スイングトレードとデイトレードなど、ポジションの保有時間が異なるトレード計画を立てることが可能になります。

利を伸ばす時に選択肢が増える

すでにポジションを持っていてレートが思惑通りの方向に進んでいる場合、もうトレンドが終了するのか、それともまだ継続するのか、判断に迷う場合があります。できればトレンドが続く限りはポジションを保有し、利益を大きくしたいですよね。そういう時に両建てをして利益を固定し、トレンドが終了するならすべてのポジションを決済し、トレンドが継続するなら両建てのためにした反対注文のポジションのみを決済して、その後のトレンドについて行くという使い方ができます。

以上が両建ての主なメリットです。両建ては上級者向けの技術なので、使い方を誤ると、両方のポジションが損切りに終わる可能性も十分にあります。この点はよく注意しなければいけません。次からは、「してはいけないXMの両建て」について見ていきましょう。

XMの両建てで禁止されているパターン

XMでは、同一口座内、同一通貨ペアでの両建てを認めています。しかし、してはいけない両建てもあり、使い方を誤ると、口座凍結などの罰則を受ける場合があります。禁止されてる両建てのパターンは以下の通りです。

XM内の別の口座間での両建て

XMでは1つの口座から、最大8つの口座までかんたんに増やすことができます。同一口座内での両建ては認められていますが、XM内に別の口座がある場合でも、その口座間の両建ては認められていません。その理由は、XMが提供している「マイナス残高リセット」というシステムにあります。これは、万一の暴騰や暴落で口座残高を割り込む損失が発生しても、ユーザーにはマイナス分は請求されない、追証がない、というものです。

この「マイナス残高リセット」と、「別口座間での両建て」を組み合わせると、とても「ずるい」トレードができてしまいます。例えば2つの口座に少額を入金し、それぞれで売りと買いのポジションを持ちます。もしレートが大きく動いたら、一方は大きく利益がでますが、もう一方は残高分の損失で済みます。損失がでた方の口座のマイナス分はXMが負うことになるため、別口座間での両建ては禁止されています。

XMの口座と別のFXの業者の口座間での両建て

XM内の別口座間での両建てだけではなく、XMと他業者の口座を使った両建ても禁止されています。自動売買システムなどを利用している場合は、システムを使っている口座間での両建てや、システムトレードと裁量トレードの口座間での両建てを、本人が知らないうちに行ってしまう可能性があるので、気をつけて利用したいところです。

複数人による別口座間での両建て

善良な個人トレーダーであれば気にする必要はありませんが、数人が組織的に別口座間で両建てを行うことは禁止されています。

1つの通貨をヘッジするための両建て

同一口座内では可能な両建てでも、別口座間では認められません。これは同一通貨ペアに限らず、1つの通貨でも当てはまる場合があります。例えば、ユーロドルのロングポジションと、ユーロ円のショートポジションを別の口座間で持つことや、ユーロドルのロングポジションと、ドル円のロングポジションを別の口座間で持つことなども、場合によっては規約違反になる可能性があります。

窓開け狙いや、指標発表時のハイレバレッジトレード

これは両建てだけにとどまりませんが、規約違反になる可能性があるため、ここに補足しておきます。レートが急激に大きく動く可能性がある時に、「マイナス残高リセット」と「ハイレバレッジ」を利用したギャンブル的なトレードは、残高以上の損失が出た場合はXMがマイナス分を負担するため、繰り返しているとペナルティをかせられる恐れがあります。そもそも、良心的なシステムを本来の意義ではなく使うのは、トレーダーの姿勢として好ましくありません。

バレずに両建てをする方法はある?

XMの両建ては、同一口座内である場合に認められていますので、普通の両建てであれば何も問題はありません。しかし、禁止されているパターンでの両建ては、XM側にとって不利益をこうむる可能性が高いため禁止されています。隠れてこっそりすることはできませんし、行った場合は必ず見つかります。その場合はペナルティを覚悟しないといけません。

バレたらどうなるの?

もしもXMが禁止している両建てを行い、違反が見つかった場合には、口座の凍結やレバレッジの引き下げなど、重いペナルティをかせられます。たとえルールを知らなくて、悪意を持たずに行ったとしても、口座の凍結などの処置を受けた場合は、大切な資金をリスクにさらす事になりかねません。初心者のうちから両建てを試みる必要はありませんが、禁止事項を知っておくことは有益でしょう。

XMでの両建てまとめ

XMでは、同一口座内での同一通貨ペアの両建は可能である、ということを見てきました。上手に使うと、証拠金が0になり、資金の運用方法に幅ができたり、保有時間の異なるトレードの組み合わせができたりと、有効な利用方法を考えることができましたね。

しかし、XM内であれ他業者であれ、基本的に他口座間での両建ては認められていません。そして、両建てを含め「マイナス残高リセット」のシステムを悪用したトレードが見つかった場合は、最悪の場合は口座を凍結されてしまう恐れがあります。

両建ては諸刃の剣です。両建てをしたから勝てるようになる、というものではなく、反対に損失を増やしてしまうリスクもあります。ある程度経験を積んで、さらに自分のトレードの腕を上げたいという段階になった時に学ぶのが良いでしょう。しっかりとルールを知り、正しい両建てを行ってください。