自動売買システム(EA)とは?かんたんな設定方法やリスク・安全に活用する方法を解説

海外FXで自動売買を使えばスムーズに取引ができて、初心者でも利益が出しやすいというメリットがあります。

しかし自動売買のシステムをよく知らないまま導入してしまうと、 予期せぬ大損に直結してしまう可能性もあることを知っておかなければなりません。

自動売買ツールを使う時は、自分の持っている海外FXの取引のスキルレベルに合わせた自動売買ツールを選ぶ必要性があります。

そして活用し利益を出すために、自動売買のシステムに関する基礎知識からリスク・安全に活用する方法まで徹底解説します。

目次

自動売買システム(EA)とは?

そもそも自動売買とは何?という人のために自動売買の基礎知識について解説するで。

トレードの方法は、大きく分けて2つあります。

裁量トレードトレーダー自身がチャートを分析し、売買もすべて手動で行うトレード方法
システムトレードあらかじめ組み上げた売買プログラムがチャートを分析し、エントリーから決済までを自動で行うトレード方法

システムトレードがズバリ今回解説する自動売買のことや。

自動売買システム(EA)の意味と仕組み

まず自動売買とは言葉の通りの意味で自動で取引の売買を行ってくれるツールのことです。この自動売買のことを別名、EA「Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)」とも呼びます。

この自動売買ツールは海外FX業者の他に、取引ツール専門の業者個人で作成して販売している自動売買ツールなど沢山の種類が存在します。また有料のものから無料のものまでさまざまです。

  • 相場の動きを見て取引銘柄を決める
  • 新規ポジションを保有する
  • 状況を見て保有ポジションを決済する

トレーダーはポジションを取ったら相場の動きを見て利益が出るタイミングで決済、損失を最小限に抑えるタイミングで損切りを自分でして資産を運用する必要があります。

自動売買ツール(EA)の必要性

海外FXだけで生計をたてている人は別ですが、その他の人はずっとパソコンの前に張り付いて値動きを見ている訳にはいかないはずです。

・本業があり日中は仕事で取引ができない
・家事や育児で手が離せない時間帯がある
・学校やバイトの時間帯は取引ができない

そんな人のために海外FXの取引の一連の流れを自動売買が引き受けてくれるということです。

仕事・家事や育児・学校やバイトの間に大きな利益が出るような値動きがあったとしても、売り逃し・買い逃しを回避することができるのが自動売買です。

FXは基本平日のみやから、自動売買ツールが取引してくれるのは有り難いな。

ちなみに自動売買とミラートレードの違いがわからないと言われる方もいらっしゃいます。

簡単に違いを申し上げると自動売買はシステムの設定、ミラートレードはプロのトレードをリアルタイムで反映させるものです。

ミラートレードの詳細はこっちで紹介してるで。

自動売買(EA)の設定方法

実際にMT4にEAをセットアップする方法を確認していきましょう。

機械音痴でも簡単にできるで!

まずは、MT4にEAのファイルをセットアップする作業です。

MT4を開いたら、左上のメニューにある「ファイル」から「データフォルダを開く」を開きます。

さらに開いたフォルダの中から、「MQL4」そして「Experts」と進みましょう。

「Experts」フォルダに、ドラッグ&ドロップなどでEAのファイル(.ex4ファイルまたは.mq4ファイル)を移動させます。

移動させたら、一旦フォルダを閉じ、MT4も閉じて再起動しましょう。

「ナビゲーター」を開き、その中の「エキスパートアドバイザー」内に、今入れたEAのファイルが入っていれば、インストール成功です。

次に、MT4で自動売買を行うことを許可する設定をします。

MT4の左上のメニューから、「ツール」を選択し「オプション」を開きます。

いくつかのタブの中に「エキスパートアドバイザ」がありますので、それを開き、「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する」にチェックをいれて「OK」をクリックします。

最後は、チャートへのEAの設定です。

EAを設定したい通貨ペアを開き、設定する時間足を表示します。
そして「ナビゲーター」内の「エキスパートアドバイザー」から、設定したいEAを、開いたチャートへドラッグ&ドロップします。このやり方は、インジケーターの設定と同じですね。

ドラッグ&ドロップすると、設定項目が開きますので、「全般」タブ内にある「アラームを有効化」「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」「外部エキスパートの使用を許可する」にチェックを入れて、最後に「OK」をクリックします。

EAが稼働すると、設定しているチャートの右上に、EAの名前と、稼働中を意味するスマイルマークが表示されます。

以上が、EAの基本的なセットアップと開始方法です。

初心者にも自動売買がおすすめされている理由

海外FXでは慣れたトレーダー以外に初心者への自動売買の利用もおすすめされているのには4つ理由があります。

時間に縛られず取引ができる

先ほども少し説明しましたが、自動売買があれば取引を自動で行ってくれるのでパソコンやスマホでずっと相場の動きを見ておく必要がありません。

仕事や家事・学校があったとしても時間に縛られることなく資産運用をすることができるので、慣れた人でも初心者でも活用がおすすめされているのです。

タイミングの判断が楽になる

自動売買をしていれば損切りのタイミングや売買注文のタイミングの見極めまで自分でしなくてもよくなります。

損切りのタイミングを迷いがちで損失を出してしまいがちな人や、初心者でうまくタイミングがつかめない人にも安心です。

手動ではできない取引が可能になる

超高速取引とも呼ばれている自動売買を使い1秒に約1,000回の取引をする手法は、数ミリ秒単位での取引になります。

そんな高速取引は手動で行うのは難しいため、自動売買を使いより複雑で高速な取引ができるようにしているのです。

トレード手法の併用が可能

海外FXでは1つのMT4につき1つの自動売買ツールを使うことができるため、パソコンのメモリの許容範囲内であれば複数の自動売買を同時に行うことができます。

売買ロジックがちがう自動売買を同時に複数立ち上げておけば、トレード手法の併用もできるようになるのです。

自動売買のメリットとデメリット

海外FXで自動売買がおすすめされる理由からメリットは見えてきたと思います。

自動売買のメリット

  • 仕事や家事・睡眠などによって取引チャンスを逃すことがなくなる
  • 損をする不安を軽減しストレスが減ることで精神的に落ち着いて取引ができる
  • 自動売買ならレベルが高い取引の再現性が高いので初心者にも安心
  • 自動売買なら損切りもしてくれるのでムダに損をするリスクを軽減できる

ライフスタイルに合わせて無理せずトレード出来るのがメリットやな

自動売買のデメリット

自動売買があれば海外FX初心者でも利益を出すのは難しくないように感じますが、デメリットもあることを忘れてはいけません。

  • プログラムの詳細(取引条件など)が公開されていないことが多い
  • 相場の急減などの予期せぬ事態への対応が苦手
  • 短期的にドカンと資産を増やすような利益を出すことは難しい

ちゃんとしたEAを選択するのが勝敗のカギなや。

自動売買のデメリットを回避する方法

デメリットを見ると自動売買を使うのはちょっと怖いと不安になるトレーダーもいると思いますが、回避する方法がいくつかあります。

バックテストを活用する

自動売買のプログラムを使うときは、まずバックテストを行うことができます。

バックテストとは
自動売買のプログラムを過去の相場データを用いて運用した場合、一定期間にどんな結果が出るのかを検証すること

海外FXの自動売買はバックテストを行い決められた水準以上の結果が出ているものが使われていますが、自分の目で見て確認をしたい時は専用ソフトを使う・自分で行うの2つの方法でチェックが可能です。

バックテストでは色々な数値が導き出されますが、特に注目して見るべき数値は以下の5つです。

計算式
勝率:プラスのトレードの回数÷合計トレード回数×100%
ペイオフレシオ:勝ちトレード平均利益金額÷負けトレード平均損失金額
最大ドローダウン:口座内の証拠金が最も増えた時から、口座内の証拠金が減った時の最大の下落金額
最大相対ドローダウン:口座内の証拠金が最も増えた時から、口座内の証拠金が減った比率の最大下落比率
プロフィットファクター:総利益÷総損失

自動売買のバックテストができるソフトを使った方が早く済みますが、海外FXで利益を出すトレーダーになるためには最初に行うバックテストは手動で自分で行うことがおすすめされています。

自動売買の種類について

自動売買の種類は大きく分けると5種類あります。

  • 選択型
  • リピート型
  • ミラートレーダー
  • 設定型
  • MT4

海外FXの初心者であるか、取引スタイルによっての向き不向きなどで自動売買の種類を選ぶことになります。

ここで間違うた自動売買プログラムを選んでまい自分の取引スタイルと違うと、せっかくの便利なツールを使いこなすことできへんで損失を出してまうことになるんや

自動売買の種類と特徴

種類難易度特徴おすすめ
選択型初級海外FX業者のプラットフォームでプログラムを選ぶ・トレード手法が定まっていない
・相場を読む力にまだ自信がない
リピート系初級売買や決済・損切の条件を設定し繰り返し売買を繰り返す・少し相場を読む力がある
ミラートレーダー初・中級選んだプログラムで継続的に取引を行う・トレード手法が定まっていない
・相場を読む力にまだ自信がない
MT4中級自身で無料・有料のシステムをダウンロードし
プラットフォームで稼働させる
・ハイレバレッジで大きな取引をする
・資産を大量投資して運用する
設定型上級自分で売買ロジックをプログラムして運用する・プログラミングができる
・自分の売買ロジックが確立している

どの種類の自動売買を選んだとしても、短期的に利益を出そうとしてはいけません。自動売買は基本的に長期的に運用して総合的な利益をみる取引法です。

特にリピート系の自動売買はレンジ相場での運用を狙うため、長期運用とかなり相性がよくなっています。

初心者がどの自動売買を使うか迷った時は、

  • 設定が難しくなく理解しやすい
  • 操作がシンプルですぐにでも使い始められる
  • 自動売買に関する学習ツールが豊富

なものを選ぶことをおすすめします。実際に使っているトレーダーの情報を参考にするのもおすすめです。

自動売買の落とし穴・注意点

メリットが多く初心者でも使うことができる海外FXの自動売買は、飛びつきたくなるシステムです。

でも メリットの陰に落とし穴もあるので引っかかってしまわないように頭に入れておくことが重要です。

今回は自動売買の落とし穴として

・自動売買詐欺
・ロット数とロスカット
・サポート体制

に重点をおいて解説していきたいと思います。

自動売買詐欺

海外FXで自動売買を使おうとするトレーダーが多く需要があるということは、 詐欺を働く悪徳業者も出てくるリスクが高いということです。

自動売買で詐欺を行っている業者はTwitter・Instagram・youtubeなどで大々的に儲け話を宣伝したり、セミナーを開きあたかも本当の自動売買プログラムであるかのように思い込ませるケースもあります。

札幌市の投資関連会社「オール・イン(Allin)」が、金融庁に無登録で「外国為替証拠金取引(FX取引)」を行った上で、「月30~40%」の高配当をうたって全国約2万人の会員から総額100億円超の巨額資金を集めていた疑いがあることが18日、関係者への取材でわかった。

元会員らによると、オール・インは2007年夏頃から会員を募集。会員は、月額1万8000円を払えば、自宅などのパソコンでインターネットを通じて自動的にFX取引ができる専用ソフトウエアを利用でき、キプロスの電子マネー会社名義で開設されたオール・イン指定の都内の銀行口座に、1口10万~300万円を出資するという仕組みだった。

FX取引を行うには金融庁に営業登録を行わなくてはならないが、北海道財務局によると、オール・インは登録されていないという。

道警では、会員にFX取引ができるソフトウエアを有償提供することが、金融商品取引法で制限している投資助言などの行為に当たると判断。週内にも、オール・インの札幌本社のほか、東京、大阪、宮城など少なくとも8都道府県のオール・イン関連施設の捜索を実施、取引の実態解明を進める。
読売新聞

FX業者でもなく、金融庁登録もない業者が起こしたとても有名な詐欺事件で、記憶にある人も多いはずです。

最近ではSNS上で誘導する詐欺業者が多いようやさかい、決まり文句に引っかからへんように気ぃ付けてな

絶対に儲かる自動売買を無料でプレゼント
通常価格〇〇万円のEAが今なら無料
先着〇名様限定!EAを無料で差し上げます
EAのモニター募集中
無料EAを使うだけで儲かります!

さらにアカウントをセクシーなお姉さんのアイコンにしていたり、イケメンなお兄さんのアイコンにして異性の目にとまるようにしている業者もあります。

資金は全部回収され、利益も出ない 負け続ける自動売買プログラムを売りつけられることになってしまいます。

こんなセクシーな・イケメンなお兄さんがおすすめするなら~とつられたらあかんで!

ロット数とロスカット

海外FXでは有効証拠金÷必要証拠金×100で証拠金維持率を求めることができます。

証拠金維持率が20%~30%(業者によって設定がちがう)を切ってしまうとロスカットになってしまいますが、海外FXではハイレバレッジをかけることができるのでその分損失も大きくなってしまいます。

証拠金:50,000円
取引ロット:5万通貨

で取引をした時のロスカットになるまでの許容pipsと含み損を比べてみましょう。

レバレッジ許容pips許容含み損
100倍50pips25,000円
500倍90pips45,000円
1000倍99pips49,500円

取引ロット数が少なければ少ないほど、許容pipsは大きくなります。

自動売買でハイレバレッジで取引ロット数も多い取引をすると、少しの為替レートの変動で含み損が大きくなりロスカットされてしまうのです。

分かりやすく説明すると、3000倍のハイレバレッジ・掛け金1000円で30,000通貨の取引をしたとします。

この場合、保有しているポジションとは逆方向に相場が0.0033pips動いただけて強制ロスカットとなり資金はなくなってしまうことになります。

自動売買のバックテストの結果、最大ドローダウンが大きいと1回の損失も大きくなるのでロスカットのリスクは高くなります。

自動売買に必要なもの

自動売買は、すぐにできるという訳ではなく、いくつか準備する必要があります。

自動売買をするために必要なことは主に3つです。

  1. 自動売買OKなFX口座を開設
  2. 自動売買システムを選ぶ
  3. VPSサーバーの契約

自動売買をすること自体は、③VPSサーバー契約がなくても可能です。
しかし、現実的にはあまりおすすめできない理由があります。理由は詳しくは後述します。

それでは必要なこと3つをそれぞれ詳しく解説していきます。

自動売買OKなFX口座の開設

まずは自動売買が可能なFX業者を探す必要があります。

もし自動売買が禁止なFX業者で、自動売買をしてしまうと規約違反になり口座の凍結や出金停止になる可能性があります。
禁止の口座では自動売買を絶対しないように注意してください。

海外FX業者の多くは自動売買が可能です。
ただし、口座タイプによって禁止されている場合があります。
必ず口座タイプの使用条件などを公式サイトで確認してください。

FX口座を開設する際は、MT4やMT5に対応するかも確認しておきましょう。
MT4やMT5に対応していれば、大抵の自動売買は使用できます。

逆に業者独自のプラットフォームしか対応していない場合、自動売買が使用できない可能性があるので注意です。

自動売買におすすめの海外FX業者は、ランキング形式で後述しています。

自動売買のシステムを選ぶ

自動売買システム(プログラム)は無料・有料とあり、数えきれないほどあります。

入手方法は、販売サイトや個人から直接入手などさまざまです。
下の画像は、システムトレードや自動売買の販売サイトで有名なテラス(terrace)です。

Automatic trading

自動売買は、下記のような点を判断しつつ選ぶ必要があります。

  • 対応している通貨ペア
  • 取引する時間足
  • トレードのルール内容
  • 収益率・実績
  • 評価やクチコミ

入手方法は、自動売買システムを販売しているサイトやフリマサイト、個人から直接入手などあります。

注意点として、必ず実績などを確認しましょう。自動売買を販売している中には、利益が出せなものを高額で販売している場合があります。

また、詐欺の被害者が少なからずいるのが現実です。
はじめての方は最低限、どのくらいの収益が出せているのか実績を掲載していて、第三者からの評価・クチコミがあるものを選んでおきましょう。

良い自動売買の見つけ方に関しては、記事後半で解説しています。ぜひ参考にしてください。

VPSサーバーの契約

MT4・MT5で自動売買を行うには、基本的にPCを常に起動させておく必要があります。
PCが起動していないと、自動売買で取引をすることができないので自動売買の意味がありません。

仕事をしている間も自動売買ができるようにしておくには平日24時間はPCを起動させておくことになります。
しかし、そうなると電気代が高くなることやPCの寿命を縮める原因になります。

この悩みを解決できるのが『VPS』です。これは、Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)の略です。

VPSは「仮装専用サーバー」の役割をもち、業者が提供してくれているサーバーを借りて、ネット上で24時間MT4・MT5を稼働させることができます。
VPSは、FX業者が提供している場合もあれば、自分で業者を見つけて契約するパターンもあります。
無料または月額数千円で利用できます。

初心者の方はFX業者が提供してくれているものを選んでおけば間違いありません。
VPS契約の経験がある方は、海外の格安サービスを契約することもおすすめです。

エターナルシステムはリスクを抑えた自動売買

海外FX初心者が一般的な自動売買をいきなり使うのはリスクが高く不安も多いと思うので、リスクを抑えた自動売買ができるエターナルシステムをご紹介しておきます。

  • システムの安全性が高い
  • 少額投資で損失を抑えたコツコツ型
  • 3つの自動売買システムが同時稼働
  • サポート体制が徹底されている

リスクを抑えるために欲しい機能がすべて備わっているのが、エターナルシステムの最大の特徴です。

エターナルシステムとは、XMで稼働することのできる自動売買システムのこと。
XMの口座に入金して、エターナルシステムを導入すれば、あとは勝手に取引をしてくれるっちゅうすぐれものや。

システムの安全性が高い

エターナルシステムの自動売買では2397回分の取引でバックテストを行っているので、現在の為替の動きに使おうとしているストラテジーがマッチするかどうかを判断しやすくなっています。

勝率も80%以上になるとバックテストの結果自体の信用性にも関わってくるので、高すぎには注意喚起されていますがエターナルシステムの勝率を2回分見てみると、

66.94%
76.47%

と一般的な勝率で偽装を疑うような数値ではありません。

最大ドローダウンは目安として10%前後と言われていますが、エターナルシステムの最大ドローダウン率は

61.33%
57.52%
57.77%

と目安からは外れてしまっています。
でもこれは2019年1月3日に起こったフラッシュクラッシュのデータが入っているからです。

3日の外国為替市場で、円相場に異変が起きた。わずか1分で1米ドルに対して4円も上がり、1ドル=104円台と約9カ月ぶりの円高・ドル安水準になったのだ。年初の薄商いで為替が動くことはよくあるが、急騰を招いたのは個人と人工知能(AI)。円安に安住した個人投資家が狙われ、それを見たAIが損切りに動いて異変に拍車をかけた。
日本経済新聞

この時に 強制ロスカットされてしまったトレーダーの多くは資産を溶かすことになってしまったのです。

せやけど少額投資を推奨して損失を抑えてるエターナルシステムは、一般のトレーダーのようなおっきな損失を回避することができたんや

フラッシュクラッシュは1回きりではなくまた起こると言われているので、これからの海外FXの取引ではリスクを抑えた投資が重要視されているのです。

少額投資で損失を抑えたコツコツ型

海外FXの自動売買では損失を抑えることに特化したものはほとんどありませんが、エターナルシステムは少額投資をすることでリスクを抑えることができるようになっています。

政治や金融に関する大きな発表や動きがあり自動売買を使っていて取り返しがつかない損失を出してしまったトレーダーがいる横で、少ない損失で済ませることができるのがエターナルシステムなんです。

もちろん損失が少ないということはその分利益も少なめではあります。だからコツコツ型の自動売買と言われているのです。

海外FX初心者で損失が怖くてなかなか取引に挑戦できないという人でも、リスクを抑えた自動売買「エターナルシステム」を使えば、安心して取引ができますね。

3つの自動売買システムが同時稼働

エターナルシステムの自動売買は3つの異なるロジックで作られたシステムが同時に稼働することができます。

もし1つの自動売買で損失が出てしまったとしても、残りの2つの自動売買で利益を出すことができればプラスになり取引の安全性を確保することもできるのです。

サポート体制の徹底

使用する自動売買によってはサポート体制がずさんなシステムもあります。

  • 問い合わせメールをしても返信がない
  • 電話での問い合わせがない
  • 日本語での問い合わせに対応していない

もし困ったことがあったらどうすることもできず解決することもできないため、その自動売買を使い続けることができません。

でもエターナルシステムの自動売買ならライン@で問い合わせをすることができるので、分からないことやトラブルなどを解決して長く利用し続けることができます。

エターナルシステムの自動売買の推奨設定

エターナルシステムの自動売買を使う時の推奨設定です。

GeniusPrimeMatrix
投資金100,000円以上100,000円以上100,000円以上
通貨ペアUSD/JPYUSD/JPYUSD/JPY
ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
時間足5分足5分足5分足
ナンピン8回8回8回
マーチン1.5倍1.5倍1.5倍

安全でリスクが低い自動売買についてのまとめ

海外FXで自動売買を利用するメリットとしては

  • 時間に縛られず取引ができ、売買注文や損切りなどのタイミングの判断が楽になる
  • 超高速取引などの手動ではできない取引も可能になる
  • 複数のトレード手法の併用が可能になる

ということでした。取引の大きなチャンスを仕事や家事などの間に逃すことがなくなります。

自動売買なら損切りへの不安からくるストレスも軽減できるので、落ち着いた精神状態で海外FXの取引が可能になり通常なら出ないはずの損失を出してしまうリスクも回避できます。

ただ自動売買はメリットばかりではなく、 短期的に資産を増やそうとするのは難しい・相場の急変に対応できないことがある・プログラムの取引条件などが非公開のこともあるというデメリットもあります。

そないな時に役に立つのがエターナルシステムのように少額投資で損失を抑えた自動売買やで

利益は一般的な自動売買よりも少ないですが、損失を抑えるため総合的に見ると利益が多くなる可能性が高くなっています。

海外FXで自動売買を使う時はスペックも大事ですがリスク回避がどの程度できていて、どのくらい安全に取引できるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

コメント

コメントする

目次
閉じる