easyMarkets(イージーマーケッツ)の評判・口コミ最新まとめ!安全性と信頼性は問題なし?

海外FX業者の使用を考える方の多くは、レバレッジやゼロカットなどの取引条件に魅力を感じているのではないでしょうか。そんな海外FX業者のなかでもeasyMarkets(イージーマーケッツ)は、取引条件のほかに、独自ツールを使ったユニークなサービスが魅力です。

この記事ではeasyMarkets(イージーマーケッツ)の評判やメリット・デメリット、口コミはもちろんのこと、独自ツールについての解説も行っています。

海外FX業者を使用してお得に取引したい方、easyMarkets(イージーマーケッツ)の独自ツールに興味を持っている方などの参考になる内容です。良かったら読んでみてくださいね。

目次

easyMarketsとは

easyMarketsは2001年に設立された海外FX業者で、20年もの運営実績と経験があります。 日本のアカウントの運営はEF Worldwide Ltdによって行われています。

運営会社 EF Worldwide Limited
設立 2001年
ライセンス
Easy Forex Tradin Ltd:キプロス証券取引委員会(CySEC、ライセンス番号079/07)
Easy Markets Pty Ltd:オーストラリア証券取引委員会(ASICライセンス番号246566)
EF Worldwide Ltd:英領バージン諸島金融サービス委員会(ライセンス番号SIBA/L/20/1135)
EF Worldwide Ltd:セーシェルの金融サービス局 – ライセンス番号SD056

また、上の表からもわかるとおりeasyMarketsではグループ企業内で多くの金融ライセンスを取得しています。 次はeasyMarketsの良い評判メリット・良い口コミをご紹介していきます。

あわせて読みたい
【3500円入金不要ボーナス】easyMarketsの口座開設方法 easyMarketsは独自ツールの提供や固定スプレッド制を採用するなど、他社とは異なった独自の運営方針をしているFX会社です。 口座開設するだけで3500円のボーナスが付与...
秒速のFXトレーダーからeasymarketsに登録すれば、3,500円の入金不要ボーナスが貰えるで!

easyMarketsの良い評判やメリット・良い口コミ

easyMarketsは海外FX業者特有の高レバレッジ、ゼロカットはもちろんのこと、魅力的な独自ツールも提供しています。この章では、easyMarketsで取引するメリットを評判や口コミをまじえて解説していきます。

信頼性の高いライセンスを取得している

easyMarketsではグループ企業内で信頼性の高いライセンスを取得しています。 中でも特に信頼性が高いといわれているのが以下の2つのライセンスです。

  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)

以前のキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスは安全性を備えていたものの、チェック機能などが緩いものでした。
しかし、2010年代後半には規制強化され、さらに2016年あたりからはより厳格な規制が施されました。

次に、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、金融サービスを行う企業活動を監督するための独立機関です。
ASICでは企業の情報開示や投資家への信頼性を強固にするための積極的規制を施しています。
したがって、ASICの認可を受けた企業は認可を維持するためにも、高品質なサービス提供を行う必要が生じてくるのです。

このようにライセンスによって厳格な規制が施されてれいれば、取引する上での安心感にもつながります。

日本語に対応しているので安心

海外FX業者の使用を躊躇させるのが言葉の壁です。 しかし、easyMarketsでは日本語対応を着々と進め、2019年には公式サイトが日本語に対応しました。
日本語対応に加えて、日本語によるサポートも充実しています。

  • コールバック
  • メール
  • 問い合わせフォーム
  • ライブチャット

以上のサポートが日本語に対応しています。 ライブチャットは急な要件があるときに非常に嬉しい連絡方法のひとつです。
また、文字ベースの情報のやり取りを保存しておけば、後々忘れてしまっても見返すことが可能です。

口座タイプは3種類

easyMarketsの口座タイプはスタンダード口座・プレミアム口座・VIP口座の3種類です。

スタンダード口座 プレミアム口座 VIP口座
注文方式 DD方式 DD方式 DD方式
最大レバレッジ 独自ツール:200倍
MT4:400倍
独自ツール:200倍
MT4:400倍
独自ツール:200倍
MT4:400倍
取引手数料 無料 無料 無料
1ロットの単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最低取引単位 独自ツール:0.05ロット
MT4:0.01ロット
独自ツール:0.5ロット
MT4:0.01ロット
独自ツール:0.05ロット
MT4:1ロット
スキャルピング 可能 可能 可能
自動売買 独自ツール:不可
MT4:可能
独自ツール:不可
MT4:可能
独自ツール:不可
MT4:可能
マージンコール 70% 70% 70%
ロスカット 30% 30% 30%
ゼロカット あり あり あり
取引ツール 独自ツール
MT4
独自ツール
MT4
独自ツール
MT4
最低入金額 25米ドル(2500円相当) 2,000米ドル(20万円相当)
10,000米ドル(100万円相当)

取引プラットフォームによって

  • レバレッジ
  • 最低取引単位
  • 自動売買の可否
  • 最低入金額

以上のような違いがあるので注意してくださいね。

レバレッジは最大400倍でゼロカットを採用

easyMarketsのレバレッジは最大400倍と比較的高く設定されています。
しかし、 高レバレッジを利用して運用をする場合は「ゼロカット」の採用の有無を確認する必要があります。

なぜなら、高レバレッジ運用では大きな利益額が期待できる一方で、損失額も大きくなるからです。
ですから、高レバレッジ運用を行う場合は損失額が大きくなることも考慮し、ゼロカットが採用されているのかどうかの確認が必要になるのです。

レバレッジが最大25倍の日本国内の口座であっても、ロスカットが遅れた場合に、口座資金以上のマイナスが発生する可能性があります。
ましてや、レバレッジが400倍もあるeasyMarketsの口座で運用するのなら、なおのことリスクに対して敏感にならなければなりません。
もちろん、easyMarketsではゼロカットが採用されています。

独自のツールのメリット

easyMarketsのメリットを解説する上で欠かせないのが、easyMarketsの提供する独自ツールです。
まずは、easyMarketsの独自ツールが提供してくれるメリットを4つご紹介します。

  • easyTrade
  • dealCancellation
  • フリーズレート
  • スリッページなし

easyTrade

easyTradeとは、払い戻しに制限のないバイナリーオプションのようなもので、 easyTradeの取引手順は以下のとおりです。

  1. 注文したい銘柄の選択
  2. easyTradeのリスクとなる支払額を決める
  3. 取引終了までの時間を決める
  4. 現在レートから上がるか下がるかを予想

easyTradeでは途中で取引をクローズすることも可能です。
また、easyTradeには以下のようなメリットもあります。

  • スプレッドがない
  • 損失額が限定される
  • 払い戻し(利益)に制限がない

dealCancellation

dealCancellationとは、dealCancellationの設定時間内(1時間、3時間、6時間)であれば、手数料を支払うことで注文をキャンセルすることができるというサービスです。

easyMarkets reputation-3

dealCancellationの手数料はボラティリティーによって自動計算されるので、選択した銘柄によって手数料は異なります。
急激な値動きが予想される場合に、上手に使うことでチャンスの幅を広げることができます。

例えば、大きな値動きが想定される指標発表前にあらかじめポジションを取っておいて、指標発表時後に予想が外れれば手数料を支払ってポジションをキャンセルします。
しかし、予想が当たれば手数料分の利益は減ってしまうものの、大きな値動きによって得られる利益は大きくなります。

ただし、手数料がボラティリティによって計算されるためリスク把握が難しく、通常の取引のように事前に損益比の計算などがしにくいというデメリットもあります。

フリーズレート

フリーズレートとは、easyMarkets独自のとてもユニークなサービスのことで、その言葉どおりレートが3秒間停止します。
レートが3秒間停止するだけでなく、その間に売買注文や決済注文を行うことができます。

easyMarkets reputation-2

しかもフリーズレートの手数料は無料で、いつでも使用できます。フリーズレートを上手に使えば、スキャルピングトレードで大きなアドバンテージを得ることができます。
例えば、重要指標発表時や要人発言時など激しい値動きが予測される時に数秒でもレートの停止ができれば、レートの動きを確認してからエントリーするなんていうことも可能でしょう。

スリッページなし

スリッページとは、注文レートと約定価格にズレが生じることで、トレードにおいて価格のズレが不利な方向へ働けばそのズレの分だけコストアップにつながってしまいます。
しかし、easyMarketsの独自ツールではスリッページが発生しません。

短期トレードでは複数回のトレード行うため、スリッページ幅が小さくとも積み重なれば大きなコストとして利益を圧迫してしまいます。
したがって、スリッページが発生しない独自ツールを使うことでコスト削減効果が期待できます。

市場環境に左右されにくい固定スプレッド

easyMarketsでは、固定スプレッドが採用されています。
そして、 easyMarketsの公式ホームページ上でも固定スプレッドを固く約束しています。

easyMarkets reputation-1

VIP プレミアム スタンダード
プラットフォーム 独自ツール MT4 独自ツール MT4 独自ツール MT4
固定スプレッド
EUR/USD 1.2 pips EUR/USD 0.9 pips EUR/USD 1.5 pips EUR/USD 1.4 pips EUR/USD 2.0 pips EUR/USD 1.9 pips
GBP/USD 1.7 pips GBP/USD 1.3 pips GBP/USD 1.9 pips GBP/USD 1.8 pips GBP/USD 2.4 pips GBP/USD 2.3 pips
GBP/JPY 4 pips GBP/JPY 2.5 pips GBP/JPY 4.5 pips GBP/JPY 3.5 pips GBP/JPY 5 pips GBP/JPY 4 pips
USD/JPY 1.5 pips USD/JPY 1.0 pips USD/JPY 2.2 pips USD/JPY 1.8 pips USD/JPY 2.4 pips USD/JPY 2.0 pips
  • 市場環境
  • 市場の流動性
  • ボラティリティ

以上のような状況下では、通常スプレッドは広がりやすくなる傾向にあります。
しかし、easyMarketsでは安定的なスプレッドが提供されるため、市場環境に左右されずにチャンスをつかむことができるでしょう。

ボーナスキャンペーン

easyMarketsでは、2つのボーナスキャンペーンが用意されています。

  • 初回証拠金入金ボーナス
  • 友人紹介プログラム

初回証拠金入金ボーナス

easyMarketsの初回証拠金入金ボーナスでもらえるボーナス額は以下のとおりです。

入金額 付与されるボーナス割合 受取可能な最大額
50,000円まで 100% 50,000円
50,001円~ 650,000円 25% 150,000円
  • 50,000円までは最大50,000円の100%ボーナスの受け取りが可能
  • 50,000円を超える額については650,000円までの入金額に対して、最大150,000円までの25%ボーナスの受け取りが可能

つまり、ボーナスの最大額は200,000円になります。
初回証拠金入金ボーナスには以下のような制限があるので注意が必要です。

  • ボーナスの出金はできない
  • ボーナス取得後30日以内に取引がない場合は、ボーナスは取り消される
  • 入金した額を出金する場合は、その割合に応じてボーナスも減額される

例えば10,000円の証拠金を入金して10,000円分の100%入金ボーナスが付与された場合。
取引前に証拠金10,000円の半額である5,000円を出金すると、ボーナスも半分の5,000円分だけ差し引かれることになります。

友達紹介プログラム

友達の入金額 30日間の取引量 自分の受け取りボーナス 友達の受け取りボーナス
5,000米ドル以上の入金 2,000,000米ドル 375米ドル 375米ドル
2,500米ドル以上の入金 800,000米ドル 200米ドル 200米ドル
1,000米ドル以上の入金 400,000米ドル 100米ドル 100米ドル
500米ドル以上の入金 200,000米ドル 50米ドル 50米ドル

easyMarketsでは友達を紹介することで、最大375米ドルのボーナスがもらえます。
友達の入金額と取引量によってボーナス額が異なります。
ボーナスは自分だけでなく友達にも同額発生するので、Win-Winの関係が築けますね。

以上、easyMarketsの良い評判やメリット・良い口コミをご紹介してきました。
しかし、口座選びの際は良い面だけでなく、リスク対策として悪い面も見ておく必要があります。

次は、easyMarketsの悪い評判やデメリット・悪い口コミをご紹介していきます。

easyMarketsの悪い評判やデメリット・悪い口コミ

トレードにおいてリスク把握はとても重要です。リスクについて把握していなければ最悪の事態を想定できません。
ですから、easyMarketsの悪い面も見ておき、事前に対処できるものについては対策を考えておきましょう。

リスクを認識して対策を施しておけば、リスクを想定の範囲内に抑えることも可能です。

DD方式を採用

easyMarketsではDD方式を採用しています。DD方式とはディーリングデスク(Dealing Desk)の略で相対取引のことを指し、トレーダーとFX業者間で利益相反関係が生じてしまいます。

取引における高い透明性を希望する方にはデメリットとなるでしょう。
一方でDD方式を採用しているからこそ独自ツールでユニークなサービスが提供できるというのも事実です。

ですから、取引の透明性かユニークなサービスかのどちらを重視するかによって、easyMarketsが選択肢に入るかどうかは変わってきます。

信託保全はなく分別管理のみ

easyMarketsでは分別管理が行われているので、顧客資産とFX業者の資産を明確に分けて管理しています。
しかし、信託保全は採用されていないので、easyMarketsが万が一にも破綻した場合、口座資金が全額返還される保証はありません。

ですから、資金を全額easyMarketsに預け入れるのではなく、他の口座に分散させるなどのリスク対策を施しておくことが必要となるでしょう。

スプレッドが広い

easyMarketsでは固定スプレッドのほか、独自サービスを提供しているためか、DD方式を採用するFX業者にしてはスプレッドが広い傾向にあります。
ですから、通常のスキャルピングトレードをする方には向かないFX業者といえるでしょう。

しかし、独自ツールを使いそのユニークなサービスを使いこなすことができれば、有利にトレードを進めていくことも可能です。
とはいうものの、普通にスキャルピングトレードをしたい方にとっては、他のFX業者を選択する方が無難といえるでしょう。

easyMarketsの悪い評判やデメリット・悪い口コミをご紹介してきました。
easyMarketsの良い評判やメリット・良い口コミでご紹介してきたように、easyMarketsの独自ツールを使いこなせるかどうかによってeasyMarketsのメリットを享受できるかどうかが決まってくるのではないでしょうか。

ですから、まずは少額資金でeasyMarketsの独自ツールを体験してみるのも良いかもしれませんね。

コメント

コメントする

目次
閉じる