FXGTの評判&口コミまとめ【FXと仮想通貨のハイブリット取引所】

FXGTは為替だけでなく、株式や仮想通貨もトレードできることで人気です。

サービス開始は2019年12月で、つい最近できたばかりのFX業者です。

まだ新しいFX業者ですが、ボーナスやキャンペーンなどが豊富で、特に仮想通貨トレーダーから高い評価を得ています。

今回はそんなFXGTについて、安全性や特徴、評判などを詳しくまとめました。

本当に大丈夫なの?と気になっている方はぜひ参考にしてください。

目次

FXGTの運営会社

FXGT

FXGTは2019年12月にサービスを開始しました。

運営は『360 Degrees Markets Ltd』によって行われています。

FXGT

公式サイトに記載されている情報です。見にくいので表を確認してください。

会社名 360 Degrees Markets Ltd
設立 2019年12月16日
住所 セーシェル共和国
Suite C, Orion Mall , Palm Street,Victoria , Mahe , Seychelles
金融ライセンス FSA:セーシェル金融サービス庁
(ライセンス番号:SD019)

金融ライセンスは、セーシェル共和国で取得しています。

FXGTの安全性は?

海外FXとしての安全性は、普通〜やや高めというレベルです。

理由は4つあります。

  1. 金融ライセンス取得済
  2. 分別管理あり・1億ユーロの賠償責任保険
  3. 実力がある創立メンバー
  4. 仮想通貨取引所「CryptoGT」も運営

FSAの金融ライセンス取得済

まず1つ目に、金融ライセンスを取得していることです。

FXGTが取得しているFSA(セーシェル金融サービス庁)は、決して権威性が高いわけではなく、緩い部類のライセンスになります。

しかし、金融ライセンスを取得しているという点では、最低限の信頼性があるということです。

同じ金融ライセンスを取得している業者は、XMやHotForexなどがあります。

分別管理あり・1億ユーロの賠償責任保険

資金は、徹底した分別管理を行っています。

また、「FXブローカー向け損害賠償責任保険」に加入しています。

この保険では、最大1億ユーロ(約130億円)まで補償されるので、FXGTに万が一のことがあってもある程度、安心できます。

信託保全制度はなしですが、多くの海外FXは信託保全なしです。

信託保全制度がない点はマイナス部分ですが、分別管理と保険に加入していることは評価ポイントです。

海外FXでは資金管理が怪しいところや保険などの記載がない業者もあります。その点を考えると、FXGTの一定の安全性や信頼性はあると判断できます。

FXGT創立メンバーの高い実力

安全性を判断した理由の3つ目は、創立メンバーです。

実はFXGTは、XMやAxioryの創立メンバーをはじめ、業界大手の役員クラスのメンバーが創立しています。

つまり、他の業界から新規参入したのではなく、業界トップクラスの人員によって運営されています。

創立メンバーという点で見ても、安全性・信頼性はかなり高いと判断しても大丈夫そうです。

実際、FXGTはまだ新しいですが、どんどんユーザーが増えているのも実力がある証拠です。

仮想通貨取引所「CryptoGT」も運営

FXGT

FXGTを運営している『360 Degrees Markets Ltd』は、『CryptoGT』という仮想通貨取引所も運営しています。

日本でも人気があり、実績のある取引所です。

複数のサービス展開で、会社として利益を上げやすく経営も安定しやすいため、安心につながります。

上記の内容を総合的にみて、FXGTの安全性は普通〜やや高めと判断しました。

安全性という点での懸念材料は、信託保全制度がないということ。そしてFXGTのサービス運営歴が短いという2つくらいしかないように思います。

繰り返しになりますが、信託保全制度なしは多くの海外FXでも同じです。

これらを考慮して、FXGTの安全性・信頼性は特に問題ないという認識で大丈夫です。

それでは、FXGTの良い点を実際の評判・クチコミも含めながら解説していきます。

FXGTの良い評判

まずはFXGTの特徴とメリットなどを確認していきます。

大きな特徴として、FXGTは口座タイプが1つのみで、一般的な『スタンダード口座』という感じになっています。

口座タイプは1種類しかありませんが、口座数は最大5つまで増やせます。また、取引プラットフォームはMT5に対応しています。

FXGTの大きなメリットとしては下記のとおりです。

  1. 金融ライセンス取得済
  2. 資金を分割管理していて保険に加入
  3. NDD方式を採用
  4. 最大レバレッジ500倍&ゼロカット採用
  5. ロスカット水準50%
  6. ボーナスキャンペーンが豊富
  7. 取扱銘柄が多い
  8. 仮想通貨の取引環境がとても良い
  9. 自動売買(EA)が可能
  10. 入出金の方法は5種類(手数料も無料)
  11. 出金拒否・出金トラブルがない

それでは各メリットを詳しく解説していきます。

メリットの1と2は既にFXGTの安全性という部分で説明しているので省きます。

NDD方式の採用で透明性が高い

FXGTはNDD方式を採用しています。

NDD方式はFX会社が間に入ることなく、トレーダーの注文をそのままインターバンクに流します。そのため価格レートの透明性や信憑性が担保されています。

国内FX業者はDD方式を採用していることが多いです。DD方式はスプレッドが狭いという特徴がありますが、価格の信頼性という点ではNDD方式が良いです。

最大レバレッジ500倍&ゼロカット採用

FXGTの最大レバレッジは500倍です。

海外FX大手のXMやGAMFOREXに比べるとレバレッジは低いですが、それでも国内FXよりは圧倒的に高いです。

さらにゼロカットシステムを採用しているので、追証(追加証拠金)が発生することはありません。高いレバレッジでトレードできて、もし損失があっても入金した資金以上の損失はありません。

まさに海外FXの強みの部分です。

ロスカットの水準50%

強制ロスカットの水準は50%になっています。

ロスカット水準は低く設定されているほど、より有利になります。

低い業者だとロスカット水準20%などがありますが、逆に100%の業者もいくつかあります。

FXGTでは海外FXとして平均的な50%となっており、含み損をギリギリまで耐えることができます。

ボーナスキャンペーンが豊富

FXGTはボーナスキャンペーンを行っています。

  • 口座開設ボーナス(2020年1月末に終了)
  • 入金ボーナス
  • キャッシュバック

キャンペーンの内容や付与率などは時期によって変わっていますが、入金ボーナスが常に開催されています。

FXGT

写真は、2021年4月2日現在に行わているボーナスです。

常に入金ボーナス、不定期で取引毎にキャッシュバックがもらえるキャンペーンが開催されます。

口座開設ボーナスは残念ながら2020年1月末に終了してしまい、最近は開催されていません。しかし、また再開する可能性もあります。

こちらの方は、入金ボーナスキャンペーン50%のときにボーナスを利用して有効証拠金を増やしつつ、トレード勝って資金を増やしています。

ボーナスキャンペーンが一切ない業者もあるので、FXGTのボーナスキャンペーンはかなり嬉しいポイントです。

取扱銘柄が多い

FXGTの取扱銘柄は132種類で、とても多いです。

内容はこのようになっています。

  • 為替通貨ペア:48通貨
  • 株:53種類
  • 株価指数:8種類
  • 貴金属・エネルギー:5種類
  • 仮想通貨:18種類

他社と比較すると、株と仮想通貨の銘柄がとても多いのが強みです。

なんと仮想通貨の銘柄数は、海外FX業者でNo.1です。

株や仮想通貨が取引できるFX業者は非常に少ないので、口座開設をしておいて損はないです。

場合によっては、株や仮想通貨をトレードするためだけにFXGTを使うのも良さそうです。

また、FXGTは仮想通貨が取引できるので、土日もトレードをして資金を増やすことができます。

取引の機械が多くなるので、より効率的に利益を上げることが可能です。

仮想通貨の取引環境がとても良い

FXGTは他社に比べて、特に仮想通貨の取引環境がダントツで良いです。

もともと、FXGTを運営している会社が『CryptoGT』という仮想通貨取引所を運営していることもあり、仮想通貨の取引環境が強いです。

仮想通貨が取引できる海外FXとスプレッドの比較をしてみます。

海外FX業者 BTC/USD BTC/JPY ETH/USD
FXGT 1.75 210 0.08
HotForex 26.0 × 3.7
iFOREX 42.43 4563 1.54
Exness 58.2 90.8 10.6

このように、仮想通貨のスプレッドの狭さは他社を圧倒しています。

高いレバレッジで、スプレッドの狭い仮想通貨トレードができる点は多くのトレーダーに評価されています。

仮想通貨のトレード用にFXGTを開設している人も多いようです。

他社でトレードしていて仮想通貨のスプレッドが気になる方は、ぜひ検討してみてください。

自動売買(EA)が可能

FXGTは自動売買(EA)が許可されています。

FXGT

取引プラットフォームもMT5なので、ほとんどの自動売買システムは導入できます。

さらにFXGTの魅力は、仮想通貨の自動売買もできることです。

仮想通貨を取引する場合、取引所の独自プラットフォームが多いです。そのため、自動売買システムを導入できなかったりします。

しかしFXGTはMT5で簡単に自動売買を導入できます。自動売買で仮想通貨をトレードしたい方は、ぜひFXGTを利用してください。

入出金の方法は5種類(手数料も無料)

FXGTは入金・出金ともに5種類の方法が可能です。

  • 銀行送金
  • bitwallet
  • 仮想通貨(BTC,ETH,XRP,USDT)
  • クレジットカード(JCB,MasterCard)
  • STICPAY

一般的な銀行送金やクレジットカードだけでなく、bitwallet、仮想通貨、STICPAYが利用できます。

FXGTは仮想通貨トレーダーに人気ですが、その理由のひとつに仮想通貨で入金・出金ができることが挙げられます。

さらにFXGTの凄いところは、入金・出金の手数料が無料という点です。

海外FXの中には、2万円以下の入金に手数料1,500円がかかるという業者もあります。

手数料のような無駄な支払いは、なるべく避けたいところです。FXGTは入金・出金ともに手数料が無料なので安心して使えます。

入出金のために利用した銀行や中継銀行によっては発生する場合もあるので注意です。

出金拒否・出金トラブルがない

FXGTはサービスを開始したばかりですが、今のところ出金拒否・出金トラブルがありません。

この方は、入金ボーナスを利用して得た利益を出金して、bitwalletに無事に着金したようです。ボーナスを利用しつつ、しっかりと利益を出して出金しているので良い活用例になりますね。

どうしても新しい海外FX業者は、「怪しい」や「出金できない」という声を聞くことがありますが、FXGTは特にそのような声はないので安心です。

FXGTの悪い評判

FXGTのメリットや良い評判について解説してきました。

次は、悪い点や評判などを解説していきます。

FXGTのデメリットはこちら。

  • 信託保全なし
  • 口座開設ボーナスが無くなった
  • MT4に対応していない
  • 口座タイプがひとつのみ
  • 仮想通貨以外のスプレッドは平均的
  • 90日間取引がないと口座維持費が掛かる

それでは詳しく見ていきましょう。

信託保全なし

記事前半の安全性という部分でも書いたとおり、FXGTは信託保全なしです。

多くの海外FX業者は同じですが、やはり不安に感じる方もいます。

どうしても不安な方は、国内FXか信託保全を導入しているAXIORYなどを利用しましょう。

口座開設ボーナスが無くなった

FXGTは、2020年1月末に口座開設ボーナス(未入金ボーナス)が終了してしまいました。

口座開設ボーナスは、特にFX初心者にとって大きな魅力です。

資金があまり用意できない方からすると、口座開設ボーナスが無いのはかなりマイナスポイントです。

ただし他のキャンペーンとして、入金ボーナスは常に開催されています。ボーナスキャンペーンが一切ない業者もあるので、そのような業者よりは良いです。

MT4に対応していない

FXGTはMT5のみ対応で、MT4に対応していません。

MT5はMT4の後継なので、実際は特に問題ないことです。

もしMT4しか使ったことがないという方は安心してください。MT4とMT5はデザインや使い方はほとんど変わりません。

しかし、どうしてもMT4しか使わないという方にとってはデメリットになります。

口座タイプがひとつのみ

FXGTは口座タイプがひとつしかありません。

他社でいうところの『ノースプレッド口座』のようなECN口座などがありません。

そのため、自分の希望する口座タイプを選ぶことができません。

FXGTがまだ新しいFX業者なので、今後ユーザーの声によって新たに口座タイプを増やす可能性は十分あります。しかし、現状はひとつなので注意です。

仮想通貨以外のスプレッドは平均的

FXGTのメリットとして、仮想通貨の取引条件が良いと説明しました。

しかし、逆に仮想通貨以外のスプレッドは平均的です。

為替通貨ペアをわざわざFXGTで取引する必要は、あまりありません。このようなこともあり、FXGTは仮想通貨メインでトレードしている方が多いです。

こちらの方は、為替のスプレッドは有利性が無いので、仮想通貨メインで使っていく感じのようです。

仮想通貨のスプレッドですが、価格変動が特に激しいときは若干広くなるという声もありました。ただ、これは他の業者でも基本同じなので、そこまで大きな問題ではありません。

90日間取引がないと口座維持費用が掛かる

FXGTは90日間、取引がないと口座維持費用が、月10ドル掛かります。

注意なのは口座が複数ある場合、90日間取引がない口座に、それぞれ月10ドル掛かることです。

もし口座の資金が10ドル以上ない場合、口座が一時的に凍結されます。

凍結されたときは、カスタマーサポートに連絡をすることで解除してもらえます。

業者によっては口座維持費がかからないところもあるので、この点はマイナスポイントです。

ただし、維持費が掛かるのは90日間で取引がない場合のみです。頻繁にトレードをする方であれば、大きなデメリットにはなりません。

トレードをほとんどしない方や口座が複数ある場合は、「90日間」に気をつけておきましょう。

まとめ:FXGTは評判が良く、特に仮想通貨取引で人気

FXGT

本記事では海外FX業者のFXGTの安全性や評判などを解説しました。

FXGTの長所・短所をまとめます。

長所はこちら。

  • 金融ライセンス取得済
  • 資金を分割管理していて保険に加入
  • NDD方式を採用
  • 最大レバレッジ500倍&ゼロカット採用
  • ロスカット水準50%
  • ボーナスキャンペーンが豊富
  • 取扱銘柄が多い
  • 仮想通貨の取引環境がとても良い
  • 自動売買が可能
  • 入出金の方法は5種類(手数料も無料)
  • 出金拒否・出金トラブルがない

短所はこちら。

  • 信託保全なし
  • 口座開設ボーナスがなくなった
  • MT4に対応していない
  • 口座タイプがひとつのみ
  • 仮想通貨以外のスプレッドは平均的
  • 90日間取引がないと口座維持費が掛かる

FXGTは金融ライセンス取得済で、資金を分割管理・保険に加入しています。さらに人気があり、出金拒否・出金トラブルは特にありません。

それらを考慮して安全性は、普通〜やや高めという判断をしました。

不安材料は、サービス開始してまだ日が浅いこと、信託保全がないことです。ただし、この2点も特に問題ないと考えて良いです。

理由としては、新しいFX業者なのにすでに人気があること、多くの海外FX業者は信託保全がないからです。

FXGTは、特に仮想通貨の取引環境がトップクラスに良いです。そのため海外FXですが仮想通貨トレーダーに非常に人気があります。

残念ながら口座開設ボーナス(未入金ボーナス)は無くなってしまいましたが、入金ボーナスなどは充実しています。

ボーナスを利用して小額から、高いレバレッジとゼロカットを利用して仮想通貨が取引できます。MT5なので仮想通貨の自動売買もできます。

このように、FXGTはまだ新しいFX業者ですが、スペックが良くて評価も高めです。興味のある方はぜひ口座開設を検討してみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる