ゲムフォレックスは詐欺業者?安全性や危険と噂される原因を調査

ゲムフォレックス(GEMFOREX)は2010年10月1日に設立した海外FX業者で、日本語対応していることで多くの日本人が取引しています

しかしゲムフォレックスは以前より詐欺業者なのではないかといったことやトラブル事例といったことなど悪い噂があるため少し疑いの目でみてしまう人が多いかもしれません。

実際にゲムフォレックスは詐欺業者なのか、トラブル事例はどのようなものがあるのか、危ない業者なのか危なくない業者なのかを噂を例に挙げて1つ1つ検証していきましょう。

GEMFOREX

xm公式サイト

最大級のボーナスをGETしよう

◆GEMFOREXの注目ポイント

  • ニュージーランドの金融事業許可取得
  • 2万円の口座開設ボーナス
  • 業界最小のスプレッド
会社名 GEMFOREX
ライセンス 未取得
ゼロカットシステム 導入済み
サポート 日本人による日本語サポートあり

目次

ゲムフォレックスは詐欺業者?

ゲムフォレックスは「長年政府管轄の金融ライセンスを取得していない」・「価格操作がある」と噂されていた海外FX業者です。
実際にゲムフォレックスはネット上で、ストップ狩りがされているのではないかという噂がよく流れています。

またゲムフォレックスは海外FX業者の間でよくある「VDP(Virtual Dealer plug-in)」という仕組みを導入しているのではないかとも言われていています。

VDPは勝ち続けているトレーダーを不正に負けさせるように動くプログラムのことで、不正を働く海外FX業者が多く利用しています。

実際にVDPが導入されているか明確ではありませんが、導入されていた場合意図的なレート操作や意図的なスリッピングといったことが起こってしまうことがありますし、これだけの理由では詐欺業者や違法業者として見分けることができません。

日本金融庁からの警告

GEMFOREXは日本の金融庁から警告をされている
出典:金融庁

ゲムフォレックスは、日本の金融庁から警告を受けたことがあります。
海外に拠点を置き日本の金融ライセンスを所持していないのに日本人向けに営業していたために出されました。

この警告はほとんどの海外FX会社に対して出されたものですが、警告されたのは事実なので、ネット上では詐欺に関することではないかということで話題になりました。

しかし、ゲムフォレックスは日本の金融ライセンスをあえて所持していないのが事実です。

日本の金融ライセンスを取得すると以下の3点のデメリットが生まれます

  1. ハイレバレッジの提供ができなくなる
  2. ゼロカットシステムの提供ができなくなる
  3. ボーナスの提供ができなくなる

日本の金融ライセンスを取得することで、トレーダーが海外FX業者を利用するメリットを無くしてしまう理由であえて日本の金融ライセンスを取得していません。

他にも有名なXMTITANFXAXIORYもあえて日本の金融ライセンスは取得してないで。

ゲムフォレックスのトラブル事例

ゲムフォレックスには、トラブルの事例がいくつかあります。
ここでは噂になったものや実際に起こったものまで1つずつ見ていきゲムフォレックスがどのような会社なのかを知っていきましょう。

【トラブル事例①】サーバーが不安定

ゲムフォレックスはサーバーが落ちることが多く、サーバーが不安定になりやすいといわれています。

ログインができないことやサーバーが落ちて復旧しないといったことは日本のFX会社ではあまり起こらない事例なので、少し不安な点です。

またログインやサーバーダウン以外にも注文や決済の約定が通らない不都合が起こるので、トレードしたいタイミングや決済したいタイミングで操作できない可能性もあります。

参考:MT4サーバー接続不良のご連絡

【トラブル事例②】出金拒否事例

こちらの事例はネット上で大きく話題になった出金拒否事例です。
ただし規約違反が原因で出金拒否に至ったことをゲムフォレックス側は声明を出しました。

通常ゲムフォレックスでは、出金申請が来た場合1営業日以内に処理を行い、利用規約違反の場合は平均3営業日以内にヒアリング調査が行われます

ゲムフォレックスで規約違反とされているトレードは以下のとおりです。

  • 5分以内に10ロット以上のスキャルピング
  • 複数口座・他業者間での両建て
  • アービトラージ など

規約違反をすれば出金拒否になる恐れがあるのはどこのFX業者でも起こりうるので、出金拒否の事例は無いに等しいでしょう。

参考:出金拒否の事例

【トラブル事例③】ボーナスがもらえない

ゲムフォレックスはボーナスが豪華なことでも有名です。

口座開設時に2万円がもらえ、さらに100%入金ボーナス1000%入金ボーナスジャックポットといった2種類の入金ボーナスがあります。

口座開設時の2万円ボーナスは誰でももらえるキャンペーンなのですが、100%入金ボーナスは抽選で当たらなければもらえません

これを知らずに多くの方が口座開設をしてボーナスがもらえないと聞くのですが、全員に付与されるものではないので詐欺ではありません。

しかしあまりにも多くの書き込みがあったので、トラブルだと勘違いしてしまう方も多いのではないでしょうか。100%入金ボーナスはよく当たっているとも聞くので、当たる可能性は十分あります。

参考:ゲムフォレックス『よくある質問』

【トラブル事例④】約定されないトラブル

ゲムフォレックスは99%以上の確率で0.87秒以内に契約が成立するというキャッチフレーズで約定力の高さを宣伝しています。

しかしトレーダーの方からは約定が遅いという評価がされていて、スリッピングが起こってしまうことが多く、思った値で決済できないとの報告が多くネット上で見掛けることが多いです。

ゲムフォレックスの公式サイトではNDD方式を採用しているとしていますがDD方式を採用しているのではないかという疑惑も浮上しています。

DD方式の場合、業者のノミ行為を行うこともでき、利益を獲得しすぎると意図的にチャートを動かしてトレーダーを不利な状況に陥らせることも可能です。

審議のほどは定かではありませんが、「約定が遅い」「スリッページが発生した」という口コミもいくつか見受けられるため、約定力があやしいと思った時には取引をやめることをおすすめします。

約定力は価格ギャップを起こさないためにも重要なポイントや。約定力が高い海外FX業者ここで紹介してるで。

ゲムフォレックスの安全性

ゲムフォレックスの会社概要から、安全性や信頼性についてみていきます。

会社概要

GEMFOREX公式サイト
出典:GEMFOREX公式サイト
会社名GEM GROUP NZ LIMITED
本社Level 1, 275 Onehunga Mall, Onehunga,Auckland
香港オフィスRoom 607, Yen Sheng Centre,64 Hoi Yuen Road, Kwun Tong,Kowloon, Hong Kong
ベトナムサポートセンターA&B Tower, 76 Le Lai Street, Ben Thanh Ward, Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
UK オフィス20-22,Wenlock Road,London,England
設立2010年6月25日
資本金$100,000,000
金融事業登録 ニュージーランド金融事業者登録 (FSP564306)
社員数52名(2021年現在)

ゲムフォレックスは2010年より創業を開始したFX業者の中では比較的長い経営年数を誇るFX業者です。

もともとはGEM-TRADE Co.,Ltdという会社でFX自動売買ソフト(EA)の無料提供サービスのみをしていましたが、2014年にGEM GROUP NZ LIMITEDに運営権が移りFX事業をメインとして再スタートしました。

もともと自動売買専門の会社やったから、いまもゲムフォレックスのEAやミラートレードは高く評価されとるんやな。

ニュージーランド金融ライセンスは取得していない

ゲムフォレックスは長年金融ライセンスをどの国からも受けていない業者として知られていました。

2019年に金融ライセンスではないもののニュージーランドのNZFSPRから金融事業許可を受けとったことで、なにも取得していない頃よりかは信頼が上がりました

NZFSPR(Financial Service Providers Register)詳細

GEMFOREXの金融ライセンス・NZ金融ライセンス
出典:https://fsp-register.companiesoffice.govt.nz/

NZFSPRは金融ライセンスではないとお伝えしましたが、ゲムフォレックスが唯一取得しているNZFSPRとは一体何なのでしょうか。

ニュージーランド証券投資委員会ニュージーランド金融市場統制局
正式名称Financial Service Providers Register
(NZFSPR)
Financial Markets Authority-New Zealand
(FMA)
設立2008年9月29日2011年5月1日
特徴金融監督組織金融規制機関
信頼性低い高い
対象者ニュージーランド居住者以外日本在住者は対象外
FX業者GEMFOREX該当なし

ゲムフォレックスが取得しているNZFSPRの正式名称は「New Zealand Financial Service Providers Register」といい、直訳すると「金融事業登録」です。

この組織はニュージーランド政府公認でニュージーランド在住者以外の方を対象とした金融事業許可証を発行する組織で、日本でいうところの金融庁ではありません。

比較的簡単に取得することが出来ますが、登録した業者の安全性を証明することが前提なのと、政府公認の事業所なのは確実なので、怪しい業者ではないのがわかります。

ニュージーランド居住者は対象外というのが少し引っかかる部分ではあるな

一方で、FMAはニュージーランドの金融規制機関であり、日本でいうところの金融庁です。審査規準は近年厳格化されており、XMの親会社が取得しているキプロスやイギリスの金融ライセンスには及びませんが、安全性の高い金融ライセンスです。

ニュージーランドには「FMA」「FSP」それぞれ2つのライセンスが存在しています。
「FMA」は、正式な金融監督機関として存在しているのに対して、「FSPR」は金融サービス提供者である事を名簿に記しているだけです。

この違いから読み取れることは、FMAの方がライセンスとしては信頼ができるものであるということです。
そのため、他のライセンスと比較をしても発行の難易度は低いです。

参考:GEMFOREX公式サイト

FMAの金融ライセンスを取得する条件の1つにゲムフォレックスが保持しているNZFSPRの取得が必須となっていますが、ゲムフォレックスはニュージーランドの金融ライセンスを取得することができません。

ニュージーランド金融ライセンス(FMA)は現状取得できない

ニュージーランドの金融ライセンスを取得できない理由の1つに、日本の金融庁が絡んでいます。

というのも、日本の金融庁は各国の金融庁に「日本人向けのサービスを提供している海外FX業者に対して、金融ライセンスを付与しないで下さい」と圧力をかけているからです。

特に圧力をかけている金融庁は

  • イギリス金融行為規制機構(FCA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
  • ニュージーランド金融市場統制局(FMA)

上記のような、信頼性の高い金融庁です。

なぜ、日本の金融庁が圧力をかけているかというと日本の金融庁の規定である最大25倍のレバレッジ規制や、ゼロカットシステム非対応などによって、多くの国内トレーダーが国内FX業者より海外FX業者に流れているのを見兼ねたからです。

日本の金融庁としては国内のFX業者を守るためにやむをえなく各国の金融庁に規制をかけたため、ゲムフォレックスも例にもれなくオーストラリアの金融ライセンスを取得できない状態になっています。

紹介した4つの金融ライセンスを所持していたXMやTITANFXは、子会社を作って日本人トレーダー用に別の金融ライセンスを取得したで。

ゲムフォレックスは危険な業者ではない

金融ライセンスを取得していないゲムフォレックスですが、ゲムフォレックスが危ない業者ではないと証明できる理由があります。

  1. マニー・パッキャオとの契約
  2. 出金拒否の事例なし
  3. 異常時にトレーダーに損失補填の経験あり

マニー・パッキャオ選手と契約

出典:GEMFOREX公式サイト

ゲムフォレックスはニュージーランドの金融事業許可を受けたと同時に、世界的プロボクサーのマニー・パッキャオ選手とスポンサー契約を結びました。

マニー・パッキャオ選手は人気と実力を兼ね備えたボクサーとして有名で、ボクシング史上初、唯一の8階級制覇世界チャンピオンを果たしています。

そんな実力のある有名な選手がスポンサー契約を結ぶには、選手のイメージが損なわれないために企業の信頼性を徹底的に審査する必要がありますがゲムフォレックスでは、その審査に見事通っていることからも信頼性の高さが伺えます。

また、スポンサー契約はかなり高額なギャランティーを支払う必要がありますが、2019年に契約以降2021年現在も契約を続行しているため経営状況も問題ないと言えるでしょう。

ちなみにGEMFOREXの経営陣にフィリピン人がおったからフィリピン代表の国民的スターであるマニー・パッキャオ選手になったんやで

出金拒否事例なし

海外悪徳FX業者では出金拒否が多くあり、出金拒否が発生する会社は印象がよくありません。

ゲムフォレックスの出金拒否事例はありません

出金申請を出してから出金完了メールまで誤差はありますが平均5時間ほどで連絡がいき、3日営業ほどで指定の口座に振り込まれています。

トラブルの損失補填経験がある

過去ゲムフォレックスでは2020年8月10日6時に市場がオープンしたにも関わらず、注文や決済できない時間が数時間続きチャートも止まってしまい取引できない状態が続きました。

ゲムフォレックスに原因があったためトレーダーに対して損失補填を行い、サポートセンターに問い合わせた方は概ね解決しました

全額戻ってきた報告をしているトレーダーが多くネット上に書き込みを行い多くのトレーダーで解決したので、もしゲムフォレックス側に問題があったときは補填してくれるので安心できます。

ゲムフォレックスが詐欺業者という噂は真実ではない

ゲムフォレックスが詐欺業者という噂は、ユーザー間で広まっただけで真実ではありません。

実際に取引をしていても、不都合なくトレードすることができ入出金も確実に行われ、入金ボーナスも抽選で当たることも多くあります。

金融ライセンスを取得していない事実はありますが、経営状態や企業の信頼度もある程度高いため不安要素として考える必要はないでしょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる