海外FXの 最新情報 や 相場予測 を最速でゲットする >

GEMFOREXが信託保全をしてないワケが衝撃!顧客の資金管理は大丈夫?

海外FX業者のなかでも人気を誇るGEMFOREX(ゲムフォレックス)はハイレバレッジの取引が可能な、日本人トレーダーにも人気な業者です。

これから口座開設を考えている人や、既にGEMFOREXで利益を出している人にとって、「自身の資産がどのように管理されているのか」は気になるポイントではないでしょうか。

安全に資金を管理する方法として「信託保全」や「分別管理」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。現在GEMFOREXでは信託保全は行っておらず「分別管理」のみを行っています。

信託保全とは?

信託保全とは、顧客から預かった証拠金や取引の損益、スワップの損益などの資産を、FX業者の資産とは完全に区別し、銀行と信託契約を結んで管理する方法です。万が一FX業者が破綻した場合でも、資産は信託銀行ならびに第三者機関を通して全額返還されます

お客さまからお預かりした証拠金(注)と当社の資産を分けて管理するために、信託銀行等と信託契約を締結し、お客さまからお預かりした証拠金(注)をその信託口座にて管理することをいいます。

引用:信託保全について|PayPay銀行
分別管理とは?

一方で分別管理の場合は、外部金融機関または自社内で顧客の資産を「分けて」管理する方法です。仕組み上は信託管理と似ていますが、外部金融機関とは信託契約を結んでいるわけではないため、破綻時に資金が返還される保証はありません

本記事では、GEMFOREXで信託保全が行われていない理由や資産管理に問題はないのかといった点について詳しく解説していきます。

目次

GEMFOREXは信託保全をしていない

GEMFOREXでは資産管理の方法として信託保全を採用していません。ではどのような方法で資産管理を行っているのでしょうか。

信託保全と分別管理の違いについて

FX業者が顧客の資産を管理する方法には、大きく分けて「信託保全」と「分別管理」の2種類があります。

主な違いは顧客(トレーダー)の資金をどこの銀行が管理しているかです。

信託保全の仕組み
スクロールできます
信託保全分別管理
トレーダーの資金の管理方法信託銀行にて別管理銀行にて別管理
会社の運営資金の管理方法トレーダーの口座と別管理トレーダーの口座と別管理
第三者機関によるチェック
破綻したときの資産保障
信託保全と分別管理の違い

信託保全をしているFX業者の場合、トレーダーから預かった資金を「信託銀行」に預けるパターンと、普通の「銀行」に預けるパターンに分かれます。

信託銀行とは、「銀行業務」のほかに「信託業務」と「併営業務」を行っている銀行のこと
普通の銀行では、預金や貸付などの銀行業務を行っているのに対し、信託銀行では、銀行業務に加えて信託業務と併営業務を行っています。
(中略)
信託業務とは、信託銀行等の信託兼営金融機関や信託会社が、個人や企業などの法人が持つ財産を信託の設定により受託者に移転させて、その財産を管理・運用することを指します

引用:信託協会

国内FXは信託保全が必須だが海外FXは取得する義務がない

日本のFX業者は必ず信託保全を採用しています。

というのも日本で金融業者としてのライセンス登録を行い運営している場合は、金融商品取引法に基づき信託保全が義務付けられているためです。

業者やカバー取引先の破たん時においても顧客から預かった証拠金が保全されるように、金融商品取引業等に関する内閣府令(以下、このページにおいて「金商業等府令」といいます。)が改正され、金融商品取引業者又は登録金融機関(以下「業者等」といいます。)がFX取引に係る証拠金の預託を受けた場合の区分管理方法が信託会社又は信託業務を営む金融機関(以下、このページにおいて「信託銀行等」といいます。)への金銭信託に一本化されました。

引用:金融先物業取引協会 区分管理方法の信託一本化

海外のFX業者については対応が分かれており、分別管理のみを行う業者や、分別管理をメインとしながらも一部信託保全を行っている業者などがあります。

分別管理は複数の会社で共同口座を作り、外部の会社が常に資金をチェックするという方法もあるため、一概にリスクが高い方法とはいえませんが、自社内で管理されている場合には、流用や横領が行われるリスクもあります。

2015年にはスイスフランショックにより大きな損失を被ったイギリスのアルパリ社が破綻した例もあるため、FX業者が破綻するリスクはゼロではありません。

ロボックス師匠

万が一に備えてどのような補償がされるのかは重要なポイントや。

メカックス

まるで保険みたいですね。

GEMFOREXでは分別管理のみをしている

GEMFOREXで採用されているのは「分別管理」です。

公式HPにも以下のように記載があります。

GEMFOREXの分別管理説明
GEMFOREX公式サイト

GEMFOREXは分別管理をしているので、万が一破綻したときには顧客の資金が返還される保証がありません

世界的に有名なプロボクサーのマニー・パッキャオ選手や元プロサッカー選手のデビットベッカム選手とスポンサー契約を結び資金力の高さをアピールしているGEMFOREXですが、なぜ信託保全をしていないのでしょうか。

メカックス

絶対に信託保全をした方が会社のイメージも上がりますよね。なんで信託保全をGEMFOREXはしていないんですか?

ロボックス師匠

GEMFOREX以外にも人気のXMtrading(エックスエム)でもこの信託保全はしとらんけど、それには理由があるんやで。ほな理由を解説してこか。

GEMFOREXはなぜ信託保全をしていないのか

信託保全は分別管理と比べて安全性の高い方法です。

顧客からの信頼が高まるため、FX業者にとっても信託保全の導入はメリットが大きいと考えられます。なぜGEMFOREXでは信託保全をおこなっていないのか、理由について説明します。

契約に審査が必要でハードルが高い

信託保全を行う場合には、信託銀行と信託契約を結ばなければなりません。信託契約をする場合は審査が必要となります。

FX業者の場合、保全する資金額がかなり多くなるため、万が一破綻した場合の手続きが煩雑になることが予想されます。GEMFOREXのような人気のFX業者であればなおさらでしょう。

銀行も引き受けに慎重になり、厳しく審査が行われる可能性が高いです。審査に必要な書類や資金の準備などFX業者の負担も大きくなると考えられます。

FX業者にとってメリットが少ない

信託契約を結ぶと口座の維持費や手数料が発生します。

信託契約にかかるコストが大きくなれば、採算上ハイレバレッジの取引やゼロカットシステムのようなトレーダーに人気のサービスが提供できなくなる可能性もあるでしょう。

もちろん信託保全を行うことで顧客からの信頼が高まるというメリットはあります。

しかし、FX業者を選ぶ際に一般のトレーダーが資産管理方法を重視しているとはいえないため、デメリットの方が大きいと判断するFX業者は多いでしょう

決してGEMFOREXが、信託保全の審査に通らないからというのではなく時間もお金も労力もかかる信託保全をするよりは、その分トレーダーにとってよりよい取引環境に力を入れた方がいいと考えて現在は分別管理しているのです。

GEMFOREXの資金管理は大丈夫なのか

顧客の資産を保護する方法として、GEMFOREXでは分別管理しか行っていません。しかし現状では取引に大きく影響する心配は少ないでしょう。

資金面に関しては現状問題なし

GEMFOREXは2021年8月にモーリシャス共和国の金融ライセンスを取得しています。

一般的に金融ライセンスを取得するためには厳しい審査をクリアする必要があり、ライセンス取得後も監督機関による定期的な監査が行われます。また分別管理が義務付けられていることも多いです。

GEMFOREXは現在運営状況が安定しており、顧客の資産も安全に管理されていると判断されたため金融ライセンスを取得ししたことが読み取れます。また出金ができないといった評判もないため、現状資金面に問題もありません。

これらを踏まえると現在のGEMFOREXでは破綻してトレーダーの資金が返ってこないという心配はないでしょう。

ほかの海外FX業者もほとんど信託保全なし

GEMFOREX以外の海外FX業者に目を向けてみると、信託保全を行っている業者の方が少ないため、資金管理についてはさほど心配しなくてもよいかもしれません。

以下の業者では信託保全を行っています。

信託保全をしている海外FX業者

なおTradeviewではサンタンデール銀行で分別管理がされており、最大35,000ドルまで投資家の資産が補償される「一部信託保全」の方法を採用しています。

そして分別管理を実施している海外FX業者は以下の通りです。

分別管理をしている海外FX業者

海外FX業者として最大手ともいえるXMtrading(エックスエム)では、「分別管理」と記載があるものの、内容を見ると信託保全に近い形での資金管理がされているようです。

XM信託保全に関して
XMtrading

お客様のご資金を当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社決済時に債権者への支払いに充当されることはありません。

引用:XMtrading

また、XMの親会社であるXM.comでは日本語で資金管理補償について下記のように言及しています。

XM親会社の信託保全に関して
XM.com

会社が破綻した場合に投資家補償基金を通じて小売顧客に追加の補償を提供する

引用:XM.com

投資家補償基金(ICF)はキプロスの金融ライセンスを持つ全ての金融機関が信託保全への加入を義務付けられており、加盟企業の出資によって運営されています。

万が一破綻や支払不能となった場合には、顧客に対して最大で2万ユーロの保証がされる仕組みとなっています。(ただしこれはXMの親会社なので日本在住者の方は非対応です。)

GEMFOREXはXMのように具体的な補償額について記載がありませんが、「お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束しています」とあります。

当社は、お客様が安心してトレードライフをお送り頂く為、お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束しております。

引用*よくあるご質問|GEMFOREX

もちろん破綻することが無いに越したことはないのですがもし債務不履行などがあれば何かしらの補償があるのかもしれません。

まとめ

GEMFOREXのおける顧客資産の管理方法について説明しました。

GEMFOREXでは信託保全を導入しておらず、分別管理で顧客の資産を保護しています。

信託保全を実施する場合、信託銀行の契約審査に通過するための準備やコストが発生するため、現状では導入するメリットは少ないと判断している可能性が高いです。

金融ライセンスを取得していることや、信託保全を行う業者が少数派であることを踏まえると、資金管理について過度に心配する必要はないといえます。

特にGEMFOREXのような多くのユーザーを抱えるFX業者は影響力も大きいため、資産の流出や出金拒否が相次ぐといった事態は考えにくいでしょう。

しかし分別管理は、万が一の破綻時に資産が完全に補償される方法ではなく、一定のリスクが伴うことは理解しておくべきです。資金を使える分だけ入金するのではなくある程度余裕を残した資金管理を心得ましょう

目次