【2021年最新】海外FX業者のゴールデンウィーク予定まとめ

日本がゴールデンウィークだったとしても、世界では通常通りなので相場は動いています。
そのため、基本的にFX取引が可能です。

しかし、ゴールデンウィークによって日本の金融機関が休みになっていたり、FX業者のサポートが休みになっていることがあります。問い合わせや入出金の対応が遅くなるなどを考慮しておく必要があります。

今回は、海外FX業者のゴールデンウィーク予定をまとめました。

  • 各FX業者の予定は?
  • ゴールデンウィークでも取引できる?
  • ゴールデンウィーク中にできることは?
  • ゴールデンウィーク中にできないことは?

今回はこのような点をまとめた記事になっています。
さらにゴールデンウィーク中の取引の注意点も解説しています。

一部で株価指数CFDの取引時間の変更、入出金の対応が普段と違う場合もあるので、ぜひ確認しておきましょう。

目次

海外FX業者のゴールデンウィーク予定一覧

ゴールデンウィークの予定や取引時間に関する情報がない業者も多かったので、特に記載されていない場合は通常通りと判断しましょう。

FX業者からのメールでゴールデンウィークに関する情報が届くこともあります。その際は必ず確認しておきましょう。

XM 取引は通常通り

4/29:メール対応のみ、日本語ライブチャット休業

5/1〜5/2:日本語サポート休業

5/3〜5/5:メール対応のみ、日本語ライブチャット休業

GEMFOREX 取引は通常通り

入金:銀行振り込みの場合、4/30までは同日内に反映

   それ以降は5/6以降に反映

出金:4/30 15時以降に出金申請すると5/6以降に着金

AXIORY 取引は通常通り

国内銀行送金:4/29〜5/5まで休業

株価指数CFDとHK50が通常より1時間早く閉場

IS6FX 通常通り
Tradeview 通常通り
TradeTrust 通常通り
TITANFX 通常通り
iFOREX 通常通り
IronFX 通常通り
easyMarkets 通常通り
Hotforex 通常通り
BIGBOOS 通常通り
Exness 通常通り
FXGT 通常通り
LandFX 通常通り
miltonmarkets 通常通り
VirtueForex 通常通り

詳しく確認できたのは上からXM・GEMFOREX・AXIORYの3社のみです。

その他のFX業者でも、ゴールデンウィークに関する情報が記載されている可能性があります。

FX業者の公式サイトに「お知らせ」などがある場合は確認してください。
下の画像はGEMFOREXの公式サイトです。

GEMFOREXからのお知らせの画像

業者によっては、このように取引時間の変更などがあると情報が記載されています。
自分が利用しているFX業者を確認しておきましょう。

基本的に、取引は通常通りです。
ただし「通常通り」と表記している業者でも、入出金の対応は遅くなる可能性が高いので、理解しておきましょう。

ゴールデンウィーク中にできること

ゴールデンウィーク中でも、以下のことはできます。

  • 取引ができる(一部、取引時間変更あり)
  • 入金(銀行振り込み以外は通常)

上記は基本的にできますが、業者による違いなどもあるので注意しましょう。
それでは早速、詳しく解説していきます。

通常通りに取引可能(一部変更あり)

ゴールデンウィークは日本と中国で休みですが、世界では平日です。
相場は動いているので、取引できます。

ただし以下の点に注意です。

  • 流動性の低下
  • スプレッドの拡大
  • 経済指標

ゴールデンウィークによって日本と中国のヘッジファンドなどの機関投資家が休みになっています。
日本の大口が相場にどの程度影響を与えているのかは分かりませんが、通常よりも流動性が低下することが考えられます。

流動性が低下するということは、価格の急変動が起きやすいということです。
いきなり窓を開けることもあるかもしれないので、十分に注意しましょう。

ストップロスを設定していても、約定されずに損失が大きくなる場合もあります。

また、世界では通常通り経済指標も発表されます。急激な値動きによってスプレッドが拡大する可能性があります。

いつも以上に慎重になりましょう。このようなときは特にメジャー通貨を取引しておきましょう。

為替通貨ペア以外の取引銘柄がある業者は、株価指数CFDの取引時間が変更している場合があります。

XMの株価指数CFD

XMからは「5月の取引時間変更」というメールが届きました。
この中に、ゴールデンウィーク中の記載があります。

XM取引時間変更メールの画像

  • UK100Cash
  • UK100-JUN21

上記(ロンドン証券取引所の株価指数)の取引時間については、5月3日は閉場、それ以降は通常通りとなっています。

AXIORYの株価指数CFD

AXIORYでは、HK50(香港株価指数50)が5月1日の午前1時に閉場になっています。

通常よりも閉場時間が1時間だけ早くなっています。

このように取引時間の変更になっている業者もあるので、注意しておきましょう。

入金(銀行振り込み以外)

ゴールデンウィーク中でも、銀行振り込み以外では基本的に入金可能です。

また、銀行振り込みであっても利用している銀行が営業している場合は、入金できる可能性があります。

FX業者・銀行などの金融機関によって、それぞれ違うので入金する際は情報を確認してください。

  • クレジットカード
  • 仮想通貨

FX業者によって対応している・対応していないの違いもありますが、上記2点の入金方法はほぼ確実に入金できます。

入金ができないという場合は、複数口座を保有している方限定となりますが、口座間の資金移動も選択肢としてあります。

ゴールデンウィーク中にできないこと

業者によって異なりますが、ゴールデンウィーク中は以下のことができません。

  • 銀行振り込みでの入金
  • 出金
  • 日本語サポート

上記はできない、または対応が遅い場合があります。
海外FX業者の公式サイト、FX業者からのメールなどの情報を確認してください。

銀行振り込みでの入金はできないとしましたが、これはFX業者がどうかよりも利用している銀行が営業しているかが重要です。
銀行が営業していれば、銀行振り込みによる入金も可能です。

基本的に、銀行からゴールデンウィーク期間についての情報が発表されていると思います。
各銀行の公式サイトを調べると表示されますので、確認してください。

銀行振り込みでの入金

海外FXが通常通り運営していたとしても、金融機関が休業になっています。

そのため、銀行振り込みでの入金はゴールデンウィーク明けまで使えないと考えておきましょう。

クレジットカードや仮想通貨による入金は、通常通りできます。
※ただし各業者によって異なる場合があるので、必ず確認しましょう。

<一例としてAXIORYの入金を説明します。>

ご利用の銀行によっては、入金・出金の反映が遅くなって、実際の反映が5月6日以降となる可能性があります。

AXIORYでは、Curfexという入金方法があります。このCurfexはゴールデンウィーク中でも営業しているので、営業している銀行があればCurfex経由でPayPay銀行もしくは楽天銀行に入金すれば反映されます。

という感じになっています。Curfexはオンライン送金サービスで手数料が安く、反映が早いのでAXIORYを利用している方にはおすすめです。

出金申請しても着金が遅くなる

出金申請をしても、ゴールデンウィーク以降に着金する可能性が高いです。

利用している銀行によっても違うかもしれませんが、「着金が遅くなるかもしれない」と理解しておきましょう。

日本語サポート

FX業者によっては、日本語のサポートが停止していう場合もあります。

たとえばXMでは以下のようになっています。

4月29日(木) メール対応のみ営業・日本語ライブチャットサービス休業
4月30日(金) 通常営業
5月1日(土) 日本語サポート休業
5月2日(日) 日本語サポート休業
5月3日(月) メール対応のみ営業・日本語ライブチャットサービス休業
5月4日(火) メール対応のみ営業・日本語ライブチャットサービス休業
5月5日(水) メール対応のみ営業・日本語ライブチャットサービス休業
5月6日(木) 通常営業

このようになっています。

ライブチャットサービスが使えないので、メールによる問い合わせしかできません。

メールだと返信が届くまでに時間が掛かる可能性もあるので、覚えておきましょう。

海外FX業者のゴールデンウィーク予定まとめ

今回は、『海外FX業者のゴールデンウィーク予定』と『ゴールデンウィーク中にできること・できないこと』を紹介しました。

ゴールデンウィークであっても世界は通常通りなので相場も動き、取引も可能です。

ただし、国内銀行などの金融機関は休業している場合があるので、銀行による入金が遅れる可能性があります。

公式サイトにゴールデンウィークに関しての記載を確認できたのは、XM・GEMFOREX・AXIORYでした。
この3社を再度、まとめておきます。

XM 取引は通常通り(CFDなどの取引時間は変更)

4/29:メール対応のみ、日本語ライブチャット休業

5/1〜5/2:日本語サポート休業

5/3〜5/5:メール対応のみ、日本語ライブチャット休業

GEMFOREX 取引は通常通り

入金:銀行振り込みの場合、4/30までは同日内に反映

   それ以降は5/6以降に反映

出金:4/30 15時以降に出金申請すると5/6以降に着金

AXIORY 取引は通常通り

国内銀行送金:4/29〜5/5まで休業

株価指数CFDとHK50が通常より1時間早く閉場

上記3社以外でもメールで取引時間の変更などを記載している可能性があるので、自分で確認してください。

どこのFX業者も取引は可能ですが、銀行振り込みによる入金は難しいです。出金申請しても着金は5月6日以降になる可能性があるので覚えておきましょう。

ゴールデンウィーク中は、為替の通貨ペアは基本的に通常通りですが、株価指数CFDの一部で取引時間が変更になっている業者もあります。
また、流動性が低下してスプレッドの拡大することや経済指標の急変動に注意しつつ取引しましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる