LANDFXの評判完全公開!ガチユーザーの評価はどうなの?

2020年2月10日

LANDFXを知るために1番参考になるのは、実際に利用している方から得る評判ではないでしょうか。

本記事では、LANDFXに関する良い評判と悪い評判をまとめています。LAND FXの良い評判や悪い評判ついて知りたいという方は、本記事を最後まで読めばOKです!ぜひFX業者選びの参考にしてみてくださいね。

LANDFXとは?

「LANDFX」が一体どのようなFX業者なのかわからないという方のために、概要をご説明しておきます。

LANDFX公式サイト

LANDFXはなんと2013年に創業したばかりの、非常に新しいFX業者です。本社はニュージーランドにあります。

FXブローカーとしての業務は、日本以外に本社のあるニュージーランド・イギリス・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・アメリカ・エジプト…など世界的に展開しています。

下記でもご紹介しますがLANDFXを利用するメリットはたくさんあるので、私たち日本人トレーダーのなかにもLANDFXを利用する方が年々増えているようですよ。

取得難易度が高いとされるFSAライセンスを取得しているため、金融業者としての信頼性も担保されていて安心です。

海外FX業者のなかには、金融ライセンスを取得しているという情報はあるものの事実が不透明であったり非常なマイナーなライセンスであったりする業者もあります。
LANDFXは非常に安心して利用できそうですね。

LANDFXの良い評判

次に、LANDFXに関する良い評判をご紹介していきます。

数多くの海外FX業者があるなかで、LANDFXはどのような点で評判が良いのでしょうか?
魅力的な点があるかどうか、いっしょに確認していきましょう。

最大レバレッジが500倍

LANDFXの最大レバレッジは500倍と、日本国内FX業者の最大レバレッジの20倍ものレバレッジを誇っています。
つまり、日本国内FX業者を利用する際の20分の1の証拠金で同じ規模の取引ができるということです。

海外FX業者は規制があまり厳しくない分、日本国内ユーザーに対しても、高レバレッジで効率の良い取引ができるサービスを提供することができます。

「FX取引には慣れているけど手元の投資資金が十分にない」という方であれば、1度高レバレッジの取引をおこなってみるのも良いかもしれません。

サーバーダウンしたことがある

インターネット面で強みがあるとされるLANDFXですが、 実は2019年中に2回もサーバーダウンを起こしたようなのです。

サーバーダウンは普段から取引をしている方にとっては命取りともいえるため、評判としてはかなりマイナスですね。
キャンペーン実施によるアクセス急増が原因だと考えられているのですが、トレーダーにとっては良い迷惑です。。

しかし、このサーバーダウンが起きた件に関しては対応が良かったこともあり、プラスの評判も呼びました。

というのも、 サーバーダウンによって損失被害に遭ったトレーダーに対して被害額を全額補填したのです。

それだけではなく、その被害額の一定割合をお詫びボーナスとして支給したり、普段どおり取引ができていたトレーダーに対しても利益を補填したというのです。
非常に手厚い対応ですよね。この点は、高評価ポイントです!

ボーナスプレゼントがもらえる

LANDFXでは2020年2月6日現在で「入金ボーナス」、「リカバリーボーナス」の2つのボーナスプレゼントを実施しています。
ボーナスプレゼントを実施していないFX業者もあるなかで、2つも実施しているというのはかなり好評のようです。

下記で、それぞれのボーナスについてご説明していきます。

入金ボーナス

まず入金ボーナスは、初回入金時のみ対象になるボーナスです。
3万円(300ドル)以上を入金すると、10%のボーナス(キャッシュバック)が適用されることとなっています。
ボーナス上限額は30万円(3,000ドル)です。

FX業者によっては、このようなボーナスは取引に使うことはできても、出金はできないといったことがよくあります。

しかしLANDFXで受け取る入金ボーナスは、出金することも可能です。

リカバリーボーナス

次にリカバリーボーナスは、ストップアウト(ロスカット)時にもらえるボーナスです。
ストップアウト時に、初回入金額の5%のキャッシュバックを受け取ることができます。

初回入金額は3万円(300ドル)以上で、口座残高は3,000円(30ドル)以下であるというこの2点が、ボーナスを受け取る条件となるのでご注意ください。

こちらの初回入金額を満たしていれば、必然的に上記でご紹介した入金ボーナスの条件も満たしていることになるので、ついでにリクエストしておくのがおすすめです。
ちなみに、リカバリーボーナスの受け取りは1回きりです。

追証が発生しない

LANDFXは追証が発生しない「ゼロカットシステム」を採用しているため、非常に評判が良いです。

ゼロカットシステムを採用しているLANDFXでは、 口座残高がマイナスになったとしても追証の請求がおこなわれません。
マイナス分はLANDFXが負担して0円にまで戻してくれるのです。

つまり、LANDFXを利用して取引をおこなう場合は、考えられる最大損失は口座残高とイコールになります。
思いがけない請求が来るといったことがないので、安心ですね。

取引できる金融商品が豊富

LANDFXでは取引できる通貨ペア・貴金属・資源・インデックスが非常に多く、マイナーなものまで取り揃えているので非常に評判が良いです。
メジャーな金融商品ならどのFX業者でも取引できてしまうため、このようにマイナーなものまで取り揃えて差別化しているという点は非常に魅力的ではないでしょうか?

LANDFXで取引できる珍しい通貨ペアとしては、ロシアルーブル・スウェーデンクローナ・チェココルナなどがあります。かなりマニアックですよね。
インデックスについても、日経225はもちろんGerman30やWall Street30といったものが小ロットから取引可能です。

このような豊富な金融商品がLANDFXという1つのプラットフォーム上で取引できるので、かなりおすすめできます。

約定力が高い

FX取引をおこなうにあたって1番といって良いほど重要な、約定力。LANDFXはEquinix・Amazon・RousTech・PrimeXMなどとパートナー提携しており、 約定力の要となるデータセンターの増強に力を注いでいます。

自分の利益に影響を及ぼすこともある約定力だからこそ最高水準のFX業者を選びたくなるものですが、LANDFXは世界最高水準ともいえるインターネットバックボーンが用意されています。
約定力や取引スピードに関しては問題ないでしょう。

スプレッドが狭い

LANDFXのスプレッドは、業界1位2位を争うくらいにスプレッドが狭い水準にあるという点で評判が良いです。

スプレッドは、FX取引における売値と買値の差のことです。
これはいわゆる、取引にかかるコストのようなものなので、スプレッドは狭い方がトレーダーにとって望ましいのです。

FX業者を選ぶうえでスプレッドの狭さというのは非常に大事なポイントなので、LANDFXの大きな評判に繋がっていると考えられます。

日本語に対応していて使いやすい

海外FX業者を利用するなかで心配なのが、言語の問題でしょう。

LANDFXはホームページを見るとわかるとおり完全日本語対応しているため、国内FX業者かのように利用することができます。
「英語が読めた方が良いのかな?」と思ってしまいますが、LANDFXを利用するならそのような必要はありませんよ。

なにか困ったときにサポートに連絡したとき、 電話やメール、チャットなどがすべて日本語対応となっているのも非常に魅力的です。
すぐに聞きたいことを聞けるので、初心者の方でも安心ですね。

LANDFXの悪い評判

上記では、LANDFXに関する良い評判をご紹介してきました。
ですがほかにもFX業者がたくさん存在している以上、比較してみるとLANDFXにも欠点があるかもしれません。

また、悪い評判についても知っておいた方が本当に良いFX業者というものを見つけられるはずですので、下記でしっかりと見ていきましょう。

出金手数料が発生する

LANDFXでは取引で得た利益を出金するとき、「Bank Wire TRANSFER」、「NETELLER」、「Skrill」、「Perfect Money」、「WebMoney」を利用すると出金手数料が発生します。

とくにネックなのがBank Wire TRANSFERを利用するときの出金手数料で、 出金額に問わず約45ドルがかかるのです。
出金手数料を気にしてあまり機動的に利益を出金することができないため、あまり評判が良くありません。

ちなみにほかの出金方法の場合は、出金額の一定割合が出金手数料として徴収されます。

もしBank Wire TRANSFERを利用して出金する場合は、まとまった額を1度に出金した方がコストを抑えることができるのでおすすめです。

bitwalletに対応していない

多くの海外FX業者が入出金ツールとして採用しているbitwalletですが、残念ながらLANDFXでは利用することができません。
bitwalletは基本的に使えると考えているトレードの方も多いはずなので、この点は悪い評判となってしまうでしょう。

上記でご紹介したように出金手数料の面でもネックなので、入出金は自分に合ったツールを見つけて賢くおこなっていった方がよさそうです。

ゼロカットシステム適用には連絡が必要

上記の良い評判の部分で、LANDFXはゼロカットシステムを採用しているため追証が発生しないことについてご紹介しました。

実はこれ、自動的にゼロカットシステムが適用されるわけではないので「手間がかかる」と評判が良くない点でもあります。
厳密には、口座残高がマイナスになったらトレーダー自身がサポートにその旨を連絡する必要があります。
さらに、LANDFXによる審査に通過することでゼロカットシステム適用の対象になるのです。

もしこのことを知らずに口座残高がマイナスのまま放置すると、入金をしてもマイナス分と相殺されてしまい、投資資金として有効な資金を入金することができなくなるのでご注意ください。

また「審査に落ちることってあるの?」と思ってしまうかもしれませんが、審査に落ちた前例はほとんどないようなので安心して良いでしょう。

とにかく”口座残高がマイナスになったらサポートに連絡する”が掟となりますので、LANDFXを利用する際には忘れないようにしましょう。

禁止取引のルールが厳しい

LANDFXには禁止取引のルールが定められているのですが、「厳しすぎる」とのことで取引の自由度が低くなってしまいあまり評判が良くありません。LANDFXで禁止されている取引は、具体的にいうと下記のとおりになります。

  • 複数口座間や他業者間、グループ内での両建て取引(同一口座内の両建ては可能)
  • 接続遅延、レートエラーを利用した取引
  • 裁定取引(Arbitrage)
  • ボーナスを悪用する取引
  • 高レバレッジの経済指標トレード
  • 経済指標発表時のスキャルピング
  • 証明け窓狙いのトレード
  • 大ロットでの高頻度の注文や取引

上記にような禁止されている取引をおこなうと、利益が没収されたり出金拒否されたりする可能性があるのでご注意ください。

また、大ロットでの高頻度の注文や取引が禁じられていることから、スキャルピングトレーダーの方はLANDFXでの取引をおこなう際は注意が必要かもしれませんね。
平常時のスキャルピングが禁じられているわけではないのですが、注文の頻度や規模には注意しましょう。