海外FXの 最新情報 や 相場予測 を最速でゲットする >

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)は安全じゃない?評判と口コミを徹底調査

メカックス

MiltonMarketsの親会社って昔オーナーが逮捕されたって聞いたことがあるんですが本当ですか?

ロボックス師匠

よく知っとるな。確かに2017年4月に当時の親会社が経営破綻したり、オーナーが詐欺容疑で逮捕されとる。

メカックス

ボーナスがあるから利用したいなと思ったんですが、やめた方がよさそうですね…トホホ

ロボックス師匠

そんな昔のことは気にするんやない。今は当時の親会社と離れて独立して経営しとるし、ノミ業者の疑いも一切ないから安心や。

MiltonMarkets(ミルトンマーケット)は2015年に設立された海外FX業者であり、日本での知名度はまだ低い海外FX業者です。

それに加え親会社であるGCMが経営破綻したことや、オーナーが逮捕されたという経歴があるため、安全性が気になってしまうという人は多いのではないでしょうか。

この記事では、MiltonMarketsの安全性や口コミ評判についてお話しますので、ミルトンマーケッツに興味をお持ちの方、ミルトンマーケッツの評判やメリット・デメリットを総合的に判断したい方の参考になる内容となっています。

ぜひ当記事の内容をお役立てください。

ミルトンマーケッツのボーナス情報
  • スリッページの心配なし
  • レバレッジ最大1000倍
  • 取引手数料がすべて無料

魅力満載のMiltonMarketsでは、現在期間限定のお得なボーナスキャンペーンを開催しています。公式サイトから最新のキャンペーン情報がチェックできるのでこの機会をお見逃しなく!

目次

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の安全性

海外FX業者であるMiltonMarketsの安全性を確認するためには、次のような内容を確認してみましょう。

MiltonMarketsに限らず、海外FXは日本のFXとは違うため、どの業者でも安全に利用できるとは限りません。

少しでも安心して利用できるよう、自分自身でも調べて納得した上で利用する必要があります。

安全性を確かめるのに必要な情報
  • 信頼性の高い金融ライセンスを取得しているか否か
  • 顧客資産管理をどのようにしているか
  • 出金拒否はないか
  • 日本語でのサポートの有無
  • 業者の透明性が高いかどうか

信頼性の高い金融ライセンスを取得しているか否か

MiltonMarketsだけにいえることではありませんが、海外FX業者の安全性が高いのか低いのか知りたいという場合、利用を検討している海外FX業者が信頼性の高い金融ライセンスを取得しているか否かということが一つの基準となります。

金融ライセンスとは

金融ライセンスとは、投資を事業として行う場合、業者に対して発行される許可証で、投資家を保護することが目的です。金融ライセンスを取得する国の基準によりますが、厳しい規制をクリアしての金融ライセンス取得ですので、安全性と信頼性がある程度担保された業者という目安になります。

結論から申し上げるとMiltonMarketsは金融ライセンスを取得しています。

一言で金融ライセンスと言っても、規制が緩くどの業者でも取れるような金融ライセンスでは信頼性もないですが、MiltonMarketsはどうなのでしょうか。

MiltonMarketsの金融ライセンスは、南太平洋にあるバヌアツ共和国で取得していますが、もともと規制が緩く信頼性が低いとされていた金融ライセンスでした。

ですが2019年に規制を強化したことにより、信頼できる業者のみがバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得できるようにしたため、安全性の低い信頼できない業者は撤退せざる負えなくなりました。

MiltonMarketsは規制が厳しくなった現在もこのバヌアツ金融ライセンスを取得していることから、ある安全性が担保された海外FX業者とみて問題ないでしょう。

このバヌアツ共和国の金融ライセンスは、他の有名な海外FX業者も取得しています。

メカックス

このバヌアツ金融ライセンスって他にはどんな海外FX業者が登録されているんですか?

ロボックス師匠

ええ質問や。ほかにはTitanFXやFBSなんかの老舗のFX業者が取得しとるで。どこも人気の業者やから安心やろ。

顧客の資産は完全分別管理している

海外FXを利用するにあたって、安全性を確認する指標として確認したいのが、顧客資産管理です。

海外FXは国内FXと違い、万が一倒産してしまったとき、FX業者に預けた資金を返金する義務がありません。そこで自分の預けた資産がどういう形で管理されるのか、万が一経営破綻したときどうなるのかというのは、しっかり把握しておくべき項目です。

ここで理想的な顧客資金の管理方法は分別管理です。

分別管理とは、顧客から預かったお金や企業の運営資金を、別の銀行で管理していることを指します。

MiltonMarketsの顧客資金管理は、この分別管理を採用しています。そのため、顧客の資金をMiltonMarketの運営費用として使われる心配がありません。

ですが、MiltonMarketsは信託保全と言われる、保証にようなものに入っていないので、万が一倒産したときに預けた資金が必ず全額返還される保証はないことだけは覚えておきましょう。

実際にどうなるのかは分かりませんので、あまり多くの金額を口座に残さないなど対策を取りつつ利用をするのがおすすめです。

ミルトンマーケッツが詐欺業者ではないと言える理由

ここまでMiltonMarketsがどんな経営をしている会社なのか解説しましたが、やはり気になるには実際の利用者の声ではないでしょうか。

筆者は実際に2019年からMiltonMarketsを利用していますが、詐欺の疑いや経営に不安を感じたことは一切ありません。

ではなぜなのか、そう言い切れる理由をご紹介します。

出金拒否がない

MiltonMarketsは、これまでに出金拒否があったという報告はないようです。海外FXの口コミサイトや評判が記載されているサイトを探してみましょう。例えば、FPA(Forex Peace Army)はFXの口コミサイトですが、世界中の人が評価しています。まだMiltonMarketsに対してのレビューは少ないですが、こうした口コミ評価を参考にするのも一案です。

海外FXの口コミを見る際、英語で記載されているものもあるため、読み込むのは難しいケースもあります。見やすい口コミサイトを見つけて利用するようにしましょう。また、口コミサイトには逆恨みのようなことを綴る人も中にはいますので、全てを信じてしまうのは早計です。色んな口コミや評価を見て総合的に判断しましょう。

懇切丁寧な日本語でのサポートがある

海外のFX業者は、英語ばかりが並んで良く分からないまま利用するうちにトラブルに巻き込まれるということをイメージされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、MiltonMarketsは日本語でのサポートがあるため、書かれている内容を理解しながら進められるという点で、安全性がある程度確保出来ているといえます。

公式サイトも日本語表記がされますし、分からないことに関しても、サポートセンターに問い合わせると日本語で対応してもらえます。ですから手軽に利用しやすいです。

取引方式がNDD方式で透明性が高い

透明性のないFX業者は、実際に運営をしているのかも分かりませんし、資金が不正に流用されてしまっている可能性もあります。また、突然倒産するということも十分あり得ます。ですから、海外のFX業者の利用を検討しているのであれば、金融ライセンスはどんな種類を取得しているのか、資金の管理など明確に公開されているかというのはとても重要です。

その点で、MiltonMarketsは、透明性の高いFX業者と言えます。

ミルトンマーケッツの良い評判・口コミ

ミルトンマーケッツの良い評判やメリット・良い口コミを押さえることで、ミルトンマーケッツという口座の特徴を捉えることができます。
ミルトンマーケッツの口座の特徴を押えておけば、その口座に合ったトレードのやり方も把握することができます。

ですから、今からご紹介する8つの良い評判やメリット・良い口コミを踏まえて、ご自身の運用の参考にしていただけると嬉しいです。

丁寧な日本語対応サポート

海外FX業者で取引を行う際に躊躇する主な原因に言葉の壁があるのではないでしょうか。

ミルトンマーケッツでは日本語によるサポートにも対応しているので、もし口座開設前であっても疑問点があれば積極的に問い合わせを活用してみることをおすすめします。
実際に使ってみることで言語の不安は解消されるでしょう。

ミルトンマーケッツでの日本語によるサポート対応は

  1. メール
  2. チャット
  3. お問合せフォーム

以上の3種類です。電話でのお問い合わせには対応していませんが、上記サポートは営業日であれば24時間対応しているので、早急に解決したい問題が生じた場合はチャットでのお問合せが可能です。

また、以前はLINEでのお問合せも可能でしたが、現在ではアカウントは残っているもののサービスは廃止されています。

ちなみに、ミルトンマーケッツでは公式ツイッターでお得な情報なども配信しています。

口座タイプは3種類

ミルトンマーケッツの口座タイプは3種類用意されています。

口座タイプ スマート口座 エリート口座 エリートプラス口座
取引手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8pips~ 0.5pips~ 0.2pips~
注文方式 NDD NDD NDD
最大レバレッジ 1,000倍 200倍 200倍
マージンコール 100% 100% 100%
ロスカット 50% 50% 50%
最低入金額 30,000 円 1,000,000 円 10,000,000 円
最低取引単位 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨)
最大取引単位 50ロット(500万通貨) 50ロット(500万通貨) 50ロット(500万通貨)
プラットフォーム MT4 MT4 MT4

3種類の口座でNDD方式が採用されているため、取引の透明性が確保されています。
NDD方式では、トレーダーとFX業者の間に利益相反関係が生じないので、FX業者はトレーダーに取引しやすい環境整備に力を注いでくれます。

取引制限なし!スキャルピングトレードOK

ミルトンマーケッツではスキャルピングトレード、EAの使用が可能です。
スキャルピングトレードの定義はあいまいでありFX業者で明確に定義していなければ、1日の取引回数が何回以上ならアウトで何回以下ならOKなのかのがわかりません。

ミルトンマーケッツのように明確にスキャルピングトレードを認めているFX業者であれば、心置きなくスキャルピングトレードが行えます。

無料でトレードできるお得なボーナス

ミルトンマーケッツではボーナスが2種類用意されています。

  • 口座開設後に5,000のウェルカムボーナス
  • 入金ボーナス50%+20%

口座開設後に5,000円のウェルカムボーナス

ミルトンマーケッツは口座開設後に5,000円のウェルカムボーナスを受け取ることが可能です。

  • 新規の口座開設者が対象
  • 出金可能なボーナス
  • 入金せずにもらえるボーナス
  • 口座開設後自動で口座に反映

ミルトンマーケッツに口座開設をした直後に無料でトレードすることができるのは大きなメリットといえます。
しかし、ウェルカムボーナスの出金にはいくつか条件もあるので注意が必要です。

  • 口座開設後30日以内に30,000円以上の入金
  • 入金後90日以内に最低10ロット(100万通貨)以上の取引

5,000円のウェルカムボーナスを出金するためには、以上のような条件をクリアする必要があります。
5,000円のボーナスを出金するためだけの条件としては厳しいので、ボーナスは取引するために使用したほうが有効といえるでしょう。

入金ボーナス50%+20%

ミルトンマーケッツの「入金ボーナス50%+20%」は、以下の特徴のボーナスです。

  • 入金時に反映される
  • 証拠金として利用可能
  • 最低入金金額の30,000から適用される
  • スマート口座のみ対象

ボーナスは証拠金に利用できるので、ボーナス分だけ大きな取引額の運用が行えます。
また、ミルトンマーケッツの入金ボーナスは2段階システムになっています。

入金額 適用されるボーナス率 ボーナス額 証拠金合計
30,000円 30,000円に対して50% 15,000円 45,000円
200,000円 100,000円に対して50%
+100,000円に対して20%
50,000円 + 20,000円= 70,000円 270,000円
2,350,000円 100,000円に対して50%
+2,250,000円に対して20%
50,000円 + 450,000円= 500,000円 2,850,000円

以上のように、最大50,000円に達するまでは50%ボーナスが適用され、次の段階では最大450,000円に達するまでは20%のボーナスが適用され、最大500,000円までのボーナスが発生します。

低スプレッドでコスト削減

ミルトンマーケッツでは低スプレッドでレートが提供されています。
また、口座の種類によってスプレッドは変更され、エリートプラス口座ではスプレッドがかなり狭く設定されています。

スマート口座 エリート口座 エリートプラス口座
USD/JPY 1.0pips 0.8pips 0.4pips
EUR/JPY 0.9pips 0.7pips 0.4pips
EUR/USD 1.0pips 0.6pips 0.4pips
GBP/JPY 1.9pips 1.2pips 1.0pips
GBP/USD 1.6pips 1.2pips 1.1pips
AUD/JPY 1.4pips 1.0pips 0.7pips

以上のように口座の種類によってスプレッドの狭さは異なります。
スキャルピングトレードにおいて、スプレッドはコストとして重視すべき要素です。

もし、ミルトンマーケッツで腰を据えて取引を行うのであれば、エリートプラス口座がおすすめになりますが、最低入金額が10,000,000円と高額であるため、まずはエリート口座で様子をみる必要があるでしょう。

平均約定スピード0.1秒!高速約定の秘密

ミルトンマーケッツの平均約定スピードは0.1秒です。
0.1秒の高速約定を実現させている秘密は取引サーバーにあります。

ミルトンマーケッツの取引サーバーは世界中の大手金融機関も利用しているEQUINIX(エクイニクス)社のロンドンデータセンター(LD4)内に設置されているため高速約定を可能にしています。

約定スピードとはトレーダーが発注してから約定処理されるまでの速さのことで、この約定スピードが遅ければ狙ったタイミングでの注文や決済は難しくなります。
特に相場変動の激しい時間帯では約定スピードの遅れは、1秒以内であったとしても数pipsの差になることもあります。

1回ならまだしもスキャルピングトレードのように複数回のトレードを行う場合は、数pipsの差が積み重なることで大きな差となります。
したがって、スキャルピングトレードにおいて約定スピードが速いということは、コスト削減にもつながるのです。

少額資金でも問題なし!最大1,000倍のレバレッジ

ミルトンマーケッツのレバレッジは最大1,000倍と海外FX業者の中でも高いレバレッジを提供しています。
高いレバレッジは特に資金が少額である時にその威力を発揮します。

なぜなら、高いレバレッジをかけてトレードするメリットは短期間で資金を増加させることにあるからです。
ですから、高レバレッジの恩恵をより多く受けられるのは資金が少額の間です。

ミルトンマーケッツのレバレッジは口座資金が多くなるたびに段階的に引き下げられるので、理にかなった仕組みともいえるでしょう。なお1,000倍のレバレッジが適用されるのはスマート口座のみです。

余計なコストを回避!スリッページ保証

ミルトンマーケッツでは「スリッページ保証制度」という独自のサービスを提供しています。
スリッページとは、注文したときのレートと実際に約定したときのレートのズレのことです。

買注文時のレートより高いレートで約定した場合や、売注文時のレートより低いレートで約定した場合は、トレーダーにとって不利な約定となってしまいます。
注文時よりも不利な約定があった場合に、条件はあるもののミルトンマーケッツでは注文レートと約定レートとの差額分の払い戻しをしてくれます。

  • スリッページ幅が1pips以上
  • 約定時間が500ms以上
  • 約定時間がマーケットオープン・クローズ時前後60分以外
  • 約定時間が指標発表・ニュース等の前後30分以外

以上の条件を満たした場合は、ミルトンマーケッツがスリッページ分を払い戻してくれます。
トレーダーの不利益になったスリッページが払い戻されるので、余計なコストを回避することができます。

スキャルピングトレードでは、このような小さなコストが積み重なると大きなコストになってしまうので、嬉しいサービスといえます。

以上ミルトンマーケッツの8つの良い評判やメリット・良い口コミをご紹介してきました。
続いてミルトンマーケッツの悪い評判やデメリット・悪い口コミをご紹介します。

ミルトンマーケッツの悪い評判・口コミ

ミルトンマーケッツの悪い評判やデメリット・悪い口コミを知っておくことでリスクに備えることができます。
これから5つの悪い評判やデメリット・悪い口コミをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

過去に経営破綻している

ミルトンマーケッツの悪い評判といえば、2017年4月に運営母体のGCM(Gallant Capital Markets)が経営破綻したという大きな事件ではないでしょうか。 そ
れに加えてオーナーがマネーロンダリングの容疑で逮捕されるなどの事件も発生しているのでご存じの方もいらっしゃると思います。

しかし、親会社の経営破綻時にミルトンマーケッツは迅速に対応し

  • 「親会社の破綻はミルトンマーケッツには影響ないこと」
  • 「顧客資産への影響もないこと」

などを公式HP上で発表しました。

最低入金額が高めの3万円

ミルトンマーケッツの最低入金額は他の海外FX業者と比べると高く、スマート口座で3万円に設定されています。
エリート口座では最低100万円、エリートプラス口座では最低でも1,000万円の入金が必要です。

したがって、とにかく少額資金でトレードを開始したい方には、ミルトンマーケッツは不向きなFX業者といえるでしょう。
操作方法の確認や実際の約定スピードなど、取引環境の確認でしたらデモ口座や5,000円のボーナスを使ったライブトレードから始めてみるのも良いでしょう。

信託保全はなく分別管理のみ

ミルトンマーケッツでは信託保全の採用はなく、分別管理のみです。
2017年に発生した親会社の経営破綻時に顧客資金保護を優先したという事実は顧客第一主義を示したことになり評価に値しますが、制度として信託保全は採用されていません。

ですから、万が一ミルトンマーケッツが破綻した場合など資金の保証がされているわけではないことに注意が必要です。

マージンコールやロスカットの水準が高い

ミルトンマーケッツのマージンコールの水準は100%と高く設定されています。
また、ロスカット水準も50%と比較的高い水準に設定されています。
ミルトンマーケッツのような高レバレッジFX業者を選択する主な理由として、少額資金での高レバレッジ運用をお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、高レバレッジを使う際には特にロスカット水準の値には注意しなければなりません。
ロスカット水準が50 %ということは必要証拠金の半額以上の資金が評価損も含めて口座内に入っている必要があります。

そして、高レバレッジでトレードを行っているときはちょっとした値動きのブレでも評価損が大きくなり、ロスカットが発動してしまう可能性が高くなります。
ですから、資金とレバレッジとロスカット水準のバランスとりながらトレードする必要があります。

入出金方法が少ない

ミルトンマーケッツの入出金方法には、bitwalletと海外銀行送金の2種類しかありません。
海外FX業者の中でも珍しくクレジットカードに対応していないFX業者です。

入金手数料は基本的に無料ですが、海外銀行送金ではリフティングチャージなどの手数料がかかります。
また、クレジットカードの利用ができないため、利便性を考えるとbitwalletの導入は必須といえるでしょう。

MiltonMarketsの安全性・評判まとめ

以上、ミルトンマーケッツの安全性や悪い評判やデメリット・悪い口コミを見てきました。
海外FX口座は、国内FX口座に比べると情報も少なく不安に感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、ミルトンマーケッツを含めた海外FX口座には、国内FX口座にはないメリットが数多く存在しています。
ですから、不安に感じる点を明確にしてリスクに備えることができれば、上手に海外FX口座のメリットを享受しつつ利用することがきるのではないでしょうか。

また、MiltonMarketsでは次の2つの保障制度があります。

  1. ゼロカットシステムがある
  2. スリッページへの払い戻し

このような補償が充実しているため、負けたらどうしよう、サーバーエラーがあったらどうしようといった不安はある程度解決することができます。

昔は、親会社の影響で悪い噂がありましたが、今はかなり評判も良くなっているのでまだ開設していない方はぜひ開設してください。

コメント

コメントする

目次