【初心者向け】MT4とMT5の違いは?どちらを使うのがおすすめか徹底比較

MetaTrader4(MT4)とMetaTrader5(MT5)は、メタクォーツ社が開発した、トレード専用の無料アプリです。
国内FX業者では比較的マイナーですが、海外FXの多くではこのMT4とMT5を採用しています。

読み方はMT4はエムティーフォー、MT5はエムティーファイブやで!

基本的にMT5を使っておけば間違いないですが、MT4とMT5は用途によっては得手不得手があり、結論から申し上げると以下のとおりです。

  • EAをなどを利用したシステムトレードをするなら、EAの数が多いMT4がおすすめ
  • 裁量トレードならMT4、MT5どちらを使っても大丈夫だが、現行版のMT5の方が使いやすくておすすめ

今回は、 MT4とMT5の違いやそれぞれの特徴を詳しく解説し、XMでのトレードスタイルに合わせたおすすめの選び方をご紹介します。

MT4とMT5のどちらを使おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

MT4とMT5とは?

MT4とMT5は世界各国さまざまなデバイスで無料で利用できる取引プラットフォームのことです。

MT4とは|MetaTrader4

MT4

MT4は、2005年に発表されたトレードアプリで、無料で使えて日本語対応もしているので、現在でも高い人気があります。
MT4の特徴をかんたんに説明すると、以下のとおりです。

  • 一度に複数のチャートを表示できる
  • ライン等のオブジェクトを、チャート上に自由に配置できる
  • デフォルトで入っているインジケーター、オシレーターの種類が豊富
  • チャートのカスタマイズが自由(ローソク足かバーチャートの選択をはじめ、色なども変更可能)
  • カスタムインジケーターの数がとても多い
  • EA(エキスパートアドバイザー、自動売買システムのこと)の数がとても多い

上記のように、挙げたらキリがありません。 テクニカル分析のためにすべきことでMT4にできないことはない、といって良いでしょう。
本格的にテクニカル分析でのトレードをしたいなら、または自動売買に興味があるなら、使ってみて損がないアプリです。

非常に優れたアプリではありますが、対応OSという点では、やや弱点があります。

MT4対応デバイス

Windows PCMac PCLinux PCブラウザiPad/iPhoneAndroid スマートフォン/タブレット
Windows版MT4×××××
Mac版MT4×××××
Web版MT4
iOS版MT4×××××
Android版MT4×××××

MT4の対応OSは、基本的にはWindowsです。XMではmac版も提供していますが、macOSのバージョンによっては、動作が不安定な場合があるので、気をつけないといけません。

また、モバイル環境でもMT4は活躍します。Android版とiOS版がリリースされており、スマホやタブレットに入れておけば、いつもトレードしている口座へアクセスして、空いた時間にチャートの確認や売買が可能です。

MT5とは|MetaTrader5

MT5

MT5は、2011年に発表された、MT4の後継版です。多くの点でMT4と共通していますが、改善点も多くあります。

MT4と比べた時のMT5の特徴を見ていきましょう。

  • MT4より軽量化した動作
  • MT4より細かい時間足の表示が可能
  • 板情報の表示に対応でワンクリック注文も簡単
  • カスタムインジケーターやEAの数は、MT4よりも少ない

MT4と同じく、 テクニカル分析のためにすべきことは、MT5ですべて行うことができる、といって良いでしょう。

またMT5では、MT4ユーザーなら「こんなこともできるようになったんだ〜!」と思えるような、細かい改良がいろいろな所にあり、MT5は後継版だけあって、使いやすくなっています。

個人的な感想やけど、 XMのmac版に限ればMT4よりもMT5の方が後継版だけあって安定していて使いやすいで。

非常に優れたアプリではありますが、MT5も対応OSという点では、やや弱点があります。

MT5対応デバイス

Windows PCMac PCLinux PCブラウザiPad/iPhoneAndroid スマートフォン/タブレット
Windows版MT4×××××
Mac版MT4×××××
Web版MT4
iOS版MT4×××××
Android版MT4×××××

MT5の対応OSは、基本的にはWindowsです。
XMではmac版も提供していますが、macOSのバージョンによっては、文字化けしているなど、動作が不安定な場合があります。

MT5にも、Android版と、iOS版がリリースされており、モバイル環境でもMT5は活躍します。
特にAndroid版では、MT4ではできなかったチャートの複数表示ができるようになっていて、利便性が上がっています。

ちなみに、XMのアプリを使いたいならMT5のほうができることが段違いに多いんやで。

ここまで、MT4とMT5の特徴を見てきました。次は、MT4とMT5を比較して、どこに違いがあるかを見ていきましょう。

MT4とMT5を比較

MT4とMT5には、共通する部分もあれば、違う部分もあります。早速MT4とMT5を一覧表で比較してみましょう。

MT4MT5
日本語対応対応している対応している
複数チャート表示対応対応
ライン等のオブジェクト自由に配置できる自由に配置できる
両建可能可能
板情報なしあり
ワンクリック注文可能可能
動作速度普通快適
時間足9種類21種類
標準機能のインジケーター30種類38種類
カスタムインジケーターの数とても多い普通
EAの数とても多い普通
ストラテジーテスターの利用可能可能
対応海外FX業者多い少ない

表からも分かる通り、XMで使う場合のMT4とMT5の大きな違いは、以下のとおりです。

  • 動作速度
  • 時間足の種類
  • カスタムインジケーターやEAの数

それぞれの違いを、詳しく見ていきましょう。

MT4とMT5の共通点

まずは、MT4とMT5の共通点を見ていきましょう。

  • 無料で使える
  • 日本語対応している
  • 一度に複数のチャートを表示できる
  • ライン等のオブジェクトを、チャート上に自由に配置できる
  • 両建て可能
  • ワンクリック注文可能
  • ストラテジーテスター使用可能

MT4とMT5ともに、両建てが可能です。
ただし、XMを含む多くの海外FX業者では同一口座内での両建ては可能ですが、他口座間での両建ては規約違反になるので、ご注意ください。

そして、ワンクリック注文や、ストラテジーテスターも使用可能となっています。

ワンクリック注文とは、文字通りワンクリックで手早く成行注文を出せる機能です。
ストラテジーテスターとは、指定した期間の値動きを自動再生させるような機能で、バックテストや値動きの観察力を鍛えるために使ったりします。

動作速度はMT5が圧倒的に速い

MT4とMT5で1番わかりやすい違いはこの動作スピードではないでしょうか。

MT4も決して重くて使いにくい訳ではありませんが、MT5はさらに起動や動作が快適です。快適さの理由は、MT5の方がメモリの使用量が多いことなどが挙げられます。

そのため多くの通貨ペアを取引するトレーダーは、動作スピードの速いMT5が断然おすすめです。

パソコンのスペックが高い方が良いといわれることがありますが、 よほど古いパソコンでない限り、MT5のほうがスムーズに動きます。

フリーズが頻繁に発生する場合は、再インストールすると改善するっちゅう口コミもあるで。

時間足の種類はMT5が豊富

時間足(読み方:じかんあし)とは、時間単位の始値・高値・安値・終値で1本のローソク足を描いているものを言い、1分足は1分間、5分足は5分間のうちにつけた始値・高値・安値・終値を表します。

MT4とMT5で表示できる時間足は、それぞれ異なり、MT5のほうがより細かく分析することが可能です。

対応している時間足は以下のとおりです。

MT4(9種類)MT5(21種類)
1分足
5分足
15分足
30分足
1時間足
4時間足
日足
週足
月足
1分足
2分足
3分足
4分足

5分足
6分足
10分足
12分足

15分足
20分足
30分足
1時間足
2時間足
3時間足

4時間足
6時間足
8時間足
12時間足

日足
週足
月足

MT4は9種類なのに対して、MT5は21種類もあるんや!

ご覧の通り、 MT5はかなり細かい時間足の区分があり、MT4では見られない時間足を表示させることが可能です。

ただしこの時間足はPC版のみで、スマホ版のMT5はMT4と同じ時間足になっているのでご注意ください

トレードスタイルによって表示する時間足は変わり、例えばスキャルピングなら1分足や5分足、スイングトレードなら4時間足や日足というようにメインが違います。

MT5の方がより、自分に合った時間足を設定できるので、裁量トレーダーにはおすすめです。

PC版MT5のローソク足の時間足を追加する方法は、時間足の数字の部分で右クリックをして、カスタマイズをクリックすることで時間足の追加・削除をすることができます。

MT5の時間足変更方法・カスタマイズ方法

表示させられる時間足が増えること自体が、トレードの勝ちやすさに直結するとはいえません。
しかし選択肢が増えて柔軟性が上がっているという点では、MT5の方がアプリとしてのスペックが高いといえます。

板情報(DOM)はMT5のみに対応

板情報(DOM)とは、裁量トレーダーが重宝している、相場の勢いを見るために用いるツールです。

真ん中の値段をはさんで「売り」「買い」それぞれの注文数が値段ごとに表示さるため、その値段での指値注文がどれだけ出ているかかが一目瞭然です。

売りたい人と買いたい人がともにいる値段で 、注文が早い順に取引が成立していきます。

デイトレードにおいてはこの板情報は分足チャートよりも重要ですが、MT4の場合、板情報に対応していません

板情報(DOM)は取引所注文モードで取引される銘柄のみで利用できます。取引操作は外部取引システム(証券取引所)に送られます。金融商品の市場深度ウィンドウを開くには、[気配値]画面のコンテクストメニューをタップします。DOM で表示される売気配と買気配の数は証券会社が設定した銘柄のパラメータによって決められます。

引用元:MetaTrader5

カスタムインジケーターの種類はMT4が多い

カスタムインジケーターとは、標準装備で入っているインジケーター、すなわちチャートが示す意味をわかりやすく表示するアプリのようなものです。

エントリーのサインが出るようなものもあれば、チャートウインドウの枠を消したり、時間表記を変更したりなど、設定を変更したりするものもあり、いろいろな種類があります。

カスタムインジケーターはもちろんMT5にもあります。しかし、 リリースされてからの年数が長いMT4の方がカスタムインジケーターの種類は豊富です。

インジケーターを作るにはMT4とは違うプログラミング言語が必要になるため、リリースが遅かったMT5は必然的にカスタムインジケーターの種類が少なくなっています。

EAの種類は圧倒的にMT4が多い

EA(エキスパートアドバイザー、いわゆる自動売買システムのこと)でも、リリース年が先輩のMT4の方が、圧倒的に種類が豊富です。

自動売買をしたいなら、MT4は入れておくべきでしょう。

自動売買をするならGEMFOREXのMT4がおすすめや!種類も豊富ですべて無料やで。

MT5のiPad版はチャートの分割表示が不可

iPad版のMT4ではチャートを複数表示する「分割表示」ができるのに対して、MT5では分割表示ができなくなりました

MT4のiPad版は画像のように、チャートを複数表示できます。

MT4のiPad版の表示

しかしこれが、MT5では利用できなくなりました。

問題なのは、もともと分割表示が可能だったのにアップデートによって不可になって改悪したという点です。さらに、開発元としては、分割表示を復活させることはないという考えを出しています。

iPad版でMT5を利用する方にとって、分割表示ができないという点はかなり大きなデメリットです。

MT4はMACとの相性が良くない

メタトレーダーは、基本的にWindows用のアプリです。XMではmac用も提供していますが、macのバージョンが新しいと、MT4はそもそも起動できない場合があるようです。

筆者の環境ではありますが、macOS10.14では、MT4はインストールできても起動はできませんでしたが、MT5は動作を確認しています。
現在macしか持っていない人は、MT5口座を開き、MT5でトレードした方が良いかもしれません。

開発元はMT5を主流にしようとしている

MT4・MT5の開発元のメタクオーツ社は、既にMT4よりもMT5を普及させていこうと力を入れています

もともとMT4自体が2005年にリリースと、既に15年以上経過しています。さらにMT4の後継版MT5をリリースしたことによって、MT4のアップデート回数が徐々に少なくなってきました。

MQLのコミュニティサイトも以前まではMQL4のサイトがありましたが、現在はMQL5のサイトと統合されています。

今後は、MT4よりもMT5が主流になってきそうなので、なるべく早いうちにMT5に慣れていく必要があるかもしれません

MT4の利用がおすすめな人

基本的に、MT4を選ぶべき人は以下のとおりです。

  • 自動売買に興味のある方
  • MT4でしか使えないインジケーターを利用する方

なぜこのような方はMT4を利用するべきなのか、詳しく解説します。

EAが豊富でシステムト自動売買に興味のある方

MT5と比べた時のMT4の最大のメリットは、歴史の長さといえます。2005年にリリースされてから今日まで、多くのトレーダーによって、MT4用のEAが開発されてきました。

現在でもEAの数はMT4の方が豊富なので、 自動売買に興味がある方は、MT4をまずは使ってみることをおすすめします。
XMでは、MT4とMT5では口座が分けられているので、MT4を使う場合は、MT4用の口座を開設しましょう。

MT4でしか使えないインジケーターを利用する方

カスタムインジケーターの豊富さも、MT4の大きなメリットです。
使い慣れたカスタムインジケーターがあるためにMT5に移行できない、というトレーダーも少なくありません。

しかし、これからトレードを始める人にとっては、ご自身の中に比較対象がないので、ないことの不便さを感じるということは少ないのかもしれません。

MT4を利用できる海外FX業者はぎょーさんあるから選びやすいな!

MT5がおすすめな人

MT5は、開発元のメタクォーツ社が、現在もっとも力を入れているプラットフォームです。
メタクォーツ社の公式ウェブページでは、MT5しか紹介されていないことからも、MT5を推していることがわかります。

基本的には、以下の方はMT5を利用しましょう。

  • FX初心者の方
  • 裁量トレーダーの方
  • MACユーザーの方

基本的には、MT4を使わなければならない理由がないなら、MT5を利用すべきです。

  • FX初心者の方
  • 今からトレードを始める人、XMなどの海外FXの経験はなく、メタトレーダーを使うのが初めてという人はMT5を利用しましょう。

    あえて古いバージョンのMT4ではなく、最新のMT5を選択することに何も問題もありません。
    裁量トレードをする場合は、なおさらです。

    裁量トレーダーの方

    MT4にはまだ敵いませんが、MT5にはデフォルトでインジケーターやオシレーターが豊富に入っていて、有名なものは網羅されています。
    またMT5は、時間足の種類が大幅に増やされているので、上手に使えば、裁量トレーダーにとってはメリットが多いことは間違いありません。

    またMT5は動作の軽さも魅力のひとつです。MT5はMT4よりも、立ち上がりや動作全般が、軽くて使いやすいといわれています。アプリの性能にもこだわりたい人は、MT5を選択すべきでしょう。

    MACユーザーの方

    先程、MT4とMT5の違いでお伝えしたとおり、MT4とMACの相性は対応していないバージョンもあるため、MACユーザーの方は、MT5にしておけば間違いないでしょう。

    ここからはMT4とMT5両方利用できるFX業者を紹介するで

    AXIORY

    AXIORYは元々MT4とcTraderというMT5に似た取引プラットフォームがありましたが、2021年5月からMT5に対応しているテラ口座が登場し話題になりました。

    AXIORYは約定力が高くスプレッドが狭いことから裁量トレードにおすすめのFX業者でしたが、MT5が利用可能になったことでさらに利用者の幅が広がりました。

    TitanFX

    TitanFXはスタンダード口座・ブレード口座のどちらもMT4とMT5を選択することができます。

    特徴としてTitanFXではZuluTradeというミラートレードのサービスを利用できます。ストラテジーの種類も豊富なのでZuluTradeを目当てに利用する価値は十分にあるでしょう。

    ZuluTradeを利用すると初心者でもプロトレードをすることが出来るで。

    XM

    XMはすべての口座でMT4とMT5が利用できるFX業者です。

    マイクロ口座は名前の通り、少額通しで済むため自動売買用にMT4を、裁量トレード用にスタンダード口座やZERO口座はMT5と使い分けるのもおすすめです。

    口座開設するならXMの口座の種類は把握しとき。

    上記の他にも下記の海外FX業者はMT5に対応しています。

    • FBS
    • LAND-FX
    • HOTForex
    • TradeView
    • FXPro
    • IFCMarkets
    • ACEForex
    目次
    閉じる