MT5が使える海外FX業者5選【MT4との違いも解説】

MT5はMT4に比べて、動作スピードが改善されたこと、時間足が追加されたこと、より自由にカスタマイズできるようになっています。

しかし、現在の海外FX業者の大半はMT4が基準となっていて、後継版のMT5を使える業者は少数派です。

今回は、『MT5の概要』と『MT5を採用している海外FX業者』の紹介、後半ではMT4との比較をしています。どんな方におすすめなのかも解説していきます。

  • MT5について知りたい
  • MT5を採用している業者を知りたい
  • MT4との違いについて知りたい

このような方は、ぜひ参考にしてください。

目次

MT5とは

MT5は、2011年にリリースされた取引プラットフォーム(取引ツール)で、ロシアの『MetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)』社によって開発されました。

2005年にリリースされて以降、世界中で愛用されているMT4の後継版として開発されました。

基本的なデザインや操作性はMT4とほとんど同じですが、動作スピード・時間足・カスタマイズ性が向上しています。

しかし、現状ではMT5を採用しているFX業者が少なく、MT4に比べるとユーザーが少ないです。

その理由は、海外FX業者の多くがMT4を基準として、そもそもMT4しか選択できない業者が多いからです。
また、MT4はMT5と大きな機能は変わらないので、わざわざMT5に切り替えるメリットがあまり感じられないという人がいます。そのためMT4を使い続ける方も多いです。

その他にも、MT4はユーザーが多いことによるメリットもあります。これについては、『MT4との比較』で解説しています。

今後は、 MT5に対応させるFX業者が多くなるにつれ、徐々にMT4からMT5へ切り替えていくユーザーが増えていくと思います。将来的には、MT5が主流になってくる可能性が高いので、今のうちにMT5への理解を深めておきましょう。

まずは、海外FX業者でMT5に対応している(使える)業者を見ていきましょう。

海外FXのMT5採用状況一覧

2021年5月17日時点での、海外FX業者のMT5採用状況を表でまとめました。
主な海外FX業者は全てまとめているので、参考にしてください。

業者名 MT5
XM
GEMFOREX
AXIORY
TITANFX
HotForex
IFCMarkets
BigBoss
TradersTrust
Tradeview
FBS
easyMarkets
Exness
FXDD
LandFX
FxPro

MT5に対応しているのは、下記の業者です。

  • XM
  • AXIORY
  • TITANFX
  • IFCMarkets
  • Tradeview
  • FBS
  • Exness
  • FXDD
  • FxPro

現段階でMT5に対応している業者は、まだ少数派です。

また、MT5に対応している業者であっても、口座タイプによってはMT4しか使えないという業者が多いので注意してください。
もしMT5に興味のある方は、上記のFX業者であっても必ず口座タイプの詳細を確認するようにしてください。

次は、MT5を採用している業者の中でもおすすめを紹介していきます。

MT5を採用している海外FX業者5選

先ほど表にまとめたMT5を利用できる業者の中でも、特におすすめの業者を紹介していきます。

説明したとおり、口座タイプによって取引プラットフォームが変わる業者があります。
口座タイプによる違いもセットでまとめているので、MT5を利用したい方は、ぜひ参考にしつつ検討してみてください。

XM

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 500倍
スプレッド 1pips〜 1pips〜 0pips〜
注文方式 STP方式 ECN方式
取引手数料 なし 片道5ドル
取引プラットフォーム MT4・MT5

MT5が利用できる海外FXの中で、XMが最も利用されている業者です。

あわせて読みたい
XM(エックスエム)の口座開設手順【新規登録ボーナス付き】
XM(エックスエム)の口座開設手順【新規登録ボーナス付き】本記事では、XM(XM tradeing)のリアル口座の開設の流れや注意点について説明します。XMは海外のFX業者のため、日本では見慣れないルールなどもあります。この記事を参...

他社と違う点は、口座タイプによる取引プラットフォームの指定がなく、どの口座タイプでもMT4・MT5を自由に選択することができることです。

また、XMではMT5をベースとした独自のアプリがあります。

このアプリは、資金の入出金や口座の管理もできて、一見便利ではありますが、チャートやカスタマイズの操作性はMT5の方が優れています。

そのためXMのアプリは評価が低く、 普通にMT5を使った方が良いという声が多いのが現状です。

スマホを倒して横画面にしなければ、移動平均線やトレンドライン、水平線などが表示されません。かなり使いにくいのでXMのアプリを使用している方は少ないです。

AXIORY

スタンダード口座 ナノスプレッド口座 テラ口座
最大レバレッジ 400倍
スプレッド 1.1pips〜 0.2pips〜
注文方式 STP方式 ECN方式
取引手数料 なし 片道3ドル
取引プラットフォーム MT4・cTrader MT5

AXIORYはこれまでMT4とcTraderしか対応していませんでしたが、2021年5月14日に、新たに「テラ口座」が追加されました。
このテラ口座がMT5に対応しているので、利用できるようになりました。

あわせて読みたい
AXIORY(アキシオリー)の口座開設の方法【2021年】
AXIORY(アキシオリー)の口座開設の方法【2021年】AXIORYは海外FXの中でもスプレッドの狭さがトップクラスです。そのため、特に短期トレーダーの方に非常に人気がある業者です。 AXIORYの口座開設をしたい 口座開設の...

AXIORYでは基本的にボーナスがなく、臨時的に開催されるボーナスは全口座が対象になっていることが多いです。そのため取引条件の優れたナノスプレッド口座かテラ口座がおすすめです。

テラ口座とナノスプレッド口座の取引条件は全く同じです。違う点は、取引プラットフォームです。

MT4またはcTraderが使いたい方は、ナノスプレッド口座。MT5が使いたい方はテラ口座というように、取引プラットフォームで判断してOKです。

FBS

セント口座 マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座
最大レバレッジ 1,000倍 3,000倍 3,000倍 3,000倍 500倍
スプレッド 1.4pips〜 0.0pips〜 1.9pips〜 0pips 0.4pips
注文方式 STP方式 ECN方式
取引手数料 なし 片道10ドル 片道3ドル
取引プラットフォーム MT4・MT5 MT4 MT4・MT5 MT4

FBSは口座タイプが沢山あるので、混乱しないように注意してください。

MT5が利用できるのは、セント口座スタンダード口座の2つのみです。

あわせて読みたい
海外FX業者【FBS】の口座開設の手順解説【2021年最新】
海外FX業者【FBS】の口座開設の手順解説【2021年最新】FBSとは2009年にFXサービスを始めた業者で、世界190ヵ国ほどでサービスを展開しています。本記事ではFBSでの口座開設を検討している方のために、口座開設の手順をわかり...

セント口座は最大レバレッジ1,000倍で、スプレッドが1.4pipsからとなっています。
スタンダード口座は、最大レバレッジ3,000倍で、レバレッジが高い代わりにスプレッドが1.9pipsと少し広くなっています。

上級者であれば、最大レバレッジよりもスプレッドの狭さを重視した方がいいのでセント口座がおすすめです。

逆に初心者であれば、取引の必要証拠金を少なくできるスタンダード口座を選んだ方が、少額でも戦えます。

Exness

スタンダード口座 プロ口座
ロースプレッド
プロ口座
ゼロ
プロ口座
プロ
最大レバレッジ MT4:無制限(21億倍)
MT5:2,000倍
スプレッド 1.1pips〜 0.0pips〜 1.9pips〜 0.6pips〜
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
取引手数料 なし 片道3.5ドル なし
取引プラットフォーム MT4・MT5

Exnessはレバレッジ無制限ということで、ハイレバ取引をしたい方におすすめの業者です。

ただしレバレッジ無制限はMT4のみで、MT5は2,000倍まで下がってしまいます。2,000倍でも他者と比べるととても高いですが、少し残念な点です。

取引条件自体は、スプレッド・取引手数料なども優秀なので、気になっている方は試しに利用してみてください。

あわせて読みたい
Exness(エクスネス)の口座開設方法まとめ【レバレッジ無制限】
Exness(エクスネス)の口座開設方法まとめ【レバレッジ無制限】本記事では、Exnessの口座開設手順を詳しく解説しています。 Exnessの口座開設方法を知りたい 口座開設に必要な種類を知りたい ボーナスを受け取りたいこのような方...

また、レバレッジ無制限では資金管理でミスしてしまうと、一瞬にして資金を溶かしてしまうリスクがあります。そのため、あえてレバレッジ2,000倍になっているMT5にするという選択もできます。

特にFX初心者は、資金管理がまだできていないことが多いので、MT5も検討してみてください。

Tradeview

X Leverage MT4 ILC MT5 cTrader Viking
最大レバレッジ 500倍 200倍 100倍 400倍 400倍
スプレッド 2.0pips〜 0.2pips〜 0.2pips〜 0.2pips 0.6pips
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
取引手数料 なし 片道2.5ドル 片道2.5ドル 片道2.5ドル 片道3ドル
取引プラットフォーム MT4 MT4 MT5 cTrader Viking
(Currenex)

Tradeviewでは、5つの口座タイプのうち「MT5口座」のみで利用できます。

あわせて読みたい
Tradeviewの口座開設方法【開設できないときの対策も解説】
Tradeviewの口座開設方法【開設できないときの対策も解説】Tradeviewはスプレッドが狭く、特にスキャルピングメインで取引するトレーダーは口座開設を検討するべき業者です。また、海外FXでは珍しい信託保全を導入している業者で...

スプレッドが0.2pipsからとなっていて、取引手数料は片道2.5ドルと業界最安の取引コストになっています。

AXIORYと比べられることが多く、取引コストはTradeviewの方が優秀ですがレバレッジはTradeviewのMT5口座は100倍で、AXIORYは400倍なので負けています。

より上級者向けの口座となっているので、もし気になっている方は検討してみてください。

MT5とMT4を比較

続いては、MT4とMT5を比較しながら違いについて確認していきます。

MT4(Meta Trader4) MT5(Meta Trader5)
時間足 9種類 21種類
カスタムインディケーター 豊富 MT4より少ない
自動売買(EA)の種類 豊富 少ない
ワンクリック注文 可能 可能
両建て取引 可能
(業者によって禁止されている場合がある)
可能
(業者によって禁止されている場合がある)
動作速度 やや遅く感じる 早い
ストラテジーテスター
(バックテスト)
可能 可能
チャートの分割表示
(iPad版)
可能 不可

MT5の方が優れている点は以下のとおりです。

  • より細かい時間足を設定できる
  • 動作速度が改善されて早くなった
  • チャートがより見やすくなった
  • 水平線などチャートへのカスタマイズ性がUP

逆にMT4に劣っている点が下記です。

  • カスタムインディケーターの種類
  • 自動売買システム(EA)の種類
  • iPad版チャートの分割表示(複数表示)

MT4に劣っているカスタムインディケーターと自動売買システムの種類は、今後MT5のユーザーが増えていくに連れ、比例して増えるので将来的には豊富になっていくと考えられます。

それではそれぞれを確認していきましょう。

MT5の時間足の設定が豊富

MT5は、MT4に比べてローソク足の表示時間の設定が多いです。

具体的には、MT4が9種類で、MT5が21種類となっています。
以下の表にまとめました。

MT4 MT5
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
  • 1分足
  • 2分足
  • 3分足
  • 4分足
  • 5分足
  • 6分足
  • 10分足
  • 12分足
  • 15分足
  • 20分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 3時間足
  • 4時間足
  • 6時間足
  • 8時間足
  • 12時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

青色がMT5で新たに追加された時間足です。
このように、MT5の方がより短時間のローソク足を設定することができます。
ただしこの時間足はPC版のみで、スマホ版のMT5はMT4と同じ時間足になっているので、注意してください。

トレードスタイルによって表示する時間足は変わり、例えばスキャルピングなら1分足や5分足、スイングトレードなら4時間足や日足というようにメインが違います。

MT5の方がより、自分に合った時間足を設定できるので、裁量トレーダーにはおすすめです。

PC版MT5のローソク足の時間足を追加する方法は、時間足の数字の部分で右クリックをして、カスタマイズをクリックすることで時間足の追加・削除をすることができます。

MT5の時間足設定画面の画像

カスタムインディーター・自動売買が少ない

MT5はMT4と比較して、カスタムインディケーターと自動売買の種類が少ないです。

カスタムインディケーターとは、MT5(MT4)に元からあるインディケーターではなく、他のトレーダーが作成したものや自作した外部から導入できるインディケーターのことです。

最近は、FX業者がMT5に対応してきているので、徐々に種類も増えてきています。しかし、ユーザーの多いMT4の方が依然としてカスタムインディケーター・自動売買が豊富です。

なかなかMT5での種類が増えない原因は、MT4のカスタムインディケーターや自動売買の互換性がないからです。

MT5はMT4と違うプログラム言語を使用しているため、新たにMT5用にプラフラムをする必要があります。

これが欠点となって、なかなかMT5の種類が増えていません。

ワンクリック注文・両建てはどちらも可能

MT5はMT4と同様に、ワンクリック注文両建てをすることが可能です。

ワンクリック注文は、あらかじめ取引量を設定しておくことで、あとは『BUY(買い注文)』か『SELL(売り注文)』を1回クリックするだけで注文できる機能です。

ただし、注意点があります。それは業者によって、通貨の両建てを禁止していることがあるからです。

ワンクリック注文では基本的に、買いポジションを保有している状態で、SELL(売り注文)をクリックしても決済されるのではなく、新規の売りポジションを保有することになります。

仮に両建てを禁止している業者であれば、うっかり規約違反になる可能性があるので注意しておきましょう。

また、仮に両建てをOKとしている業者であっても、複数の口座間での両建てを禁止していることもあります。
そのため、MT5というより業者の規約事項・ルールに依存してくるので確認してください。

MT5の方が動作速度が優れている

MT4は以前から動作速度に問題がありました。
動作に遅れがあったり、たまにフリーズするという事例がありました。

MT5でもフリーズすることは稀にありますが、動作速度が大幅に改善されて早いです。

フリーズに関しては、PCのスペックが関係してくる部分もあるので一概には言えませんが再インストールすることで改善されたという報告も多いです。

もしフリーズして困っている方は、一度削除してから再度インストールを試してみてください。

MT5でもストラテジーテスターが使える

ストラテジーテスターは、自動売買システムやインディケーターなどのバックテスト(検証)をすることができる機能です。

これは、過去の値動きデータをもとに、自動売買システムなどのロジックで勝てるかなどなどを確認することができます。

MT5のiPad版は、チャートの分割表示が不可

iPad版のMT4ではチャートを複数表示する「分割表示」ができるのに対して、MT5では分割表示ができなくなりました。

MT4のiPad版は画像のように、チャートを複数表示できます。

これがMT5ではできなくなりました。

問題なのは、もともと分割表示が可能だったのにアップデートによって不可になって改悪したという点です。さらに、開発元としては、分割表示を復活させることはないという考えを出しています。

iPad版でMT5を利用する方にとって、分割表示ができないという点はかなり大きなデメリットです。

開発元は、後継版のMT5を主流にしようとしている

MT4・MT5の開発元のメタクオーツ社は、既にMT4よりもMT5を普及させていこうと力を入れています。

もともとMT4自体が2005年にリリースと、既に15年以上経過しています。さらにMT4の後継版MT5をリリースしたことによって、MT4のアップデート回数が徐々に少なくなってきました。

MQLのコミュニティサイトも以前まではMQL4のサイトがありましたが、現在はMQL5のサイトと統合されています。

今後は、MT4よりもMT5が主流になってきそうなので、なるべく早いうちにMT5に慣れていく必要があるかもしれません。

MT5は裁量トレーダーにおすすめ

MT5はMT4に改良を加えて、より裁量トレーダーが使いやすいように開発されています。

現状では自動売買システムはMT4に比べて少ないので、自動売買をするのには、適していません。普段から裁量トレードをしている方におすすめです。

乗り換えといっても、操作が複雑で難しくなるわけではなく、基本的なデザインなどはほとんど同じです。既にMT4を利用した経験があれば、誰でも即使えます。

いまメインで利用しているFX業者でMT5が対応していない、使用できない場合でも、わざわざMT5に対応しているFX口座を開設する必要はありません。

  • 動作スピードを早くしたい
  • よりチャート分析をしたい
  • 設定できる時間足を増やしたい

このように思っている方で、もしFX口座を新たに口座開設しようとしている場合に、MT5対応の口座にしてみることを検討すればOKです。

今後、MT5が主流になっていく

今回は、取引プラットフォームMT5についてまとめました。

説明したとおり、MT5に対応している業者はまだ少ないですが、今後対応する業者が増えていきます。さらに、開発元はMT5が主流になるように力を入れています。

それらを考慮すると、MT5対応の業者が増えるにつれて、徐々にMT4からMT5に乗り換えるユーザーが多くなっていきます。
そして「FXの取引プラットフォームと言えばMT5」という感じで、MT5が主流になる可能性が高いです。

もしMT5に興味があり「すぐに利用してみたい」という方は、下記の『MT5対応おすすめ業者』を参考に口座開設してみてください。

MT5対応おすすめ業者 MT5対応の口座タイプ
XM 全口座で対応
AXIORY テラ口座
FBS セント口座・スタンダード口座
Exness 全口座で対応
Tradeview MT5口座

取引プラットフォームは、特に裁量トレードをする上で非常に重要なツールです。
少しでも勝率を高くして結果を良くするために、妥協せず最高の取引環境を構築していきましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる