海外FXのメリットとデメリット総まとめ!国内FXとどっちがおすすめ?

海外FXと聞くと、『リスクが高い』『危険』という印象を持つ方も多いかもしれません。
海外ではなく、国内FX業者を利用している方もいるかと思います。

しかし、 海外DXは国内FXより多くのメリットがあり、海外FXの方が国内FXより人気が高いと聞くと驚く人もいるかも知れませんね。

このページでは、海外FXのメリットとデメリットをわかりやすくまとめてみました。

  • 国内FXしか知らなくて損をしている方
  • 海外FXに興味はあるけど国内FXで取引をしている方
  • 海外FXをもっと深く知りたい方

一つでも当てはまる方は、ぜひ最後まで読んでください。

目次

海外FXのメリット

海外FXとはその名の通り海外に拠点があるFX業者で、同じFXとは言えど国内のFX業者とは大きな違いがあります。

海外FXのメリットを知ることができれば、国内FXよりも海外FXが優れている点が多くあるということをわかっていただけるはずです。

初心者に優しいボーナスキャンペーンがある

海外FXでは口座開設をしただけで2万円のボーナスをもらえたり、入金をすると上乗せで2倍、10倍のボーナスをもらえるといったキャンペーンを開催しています。

海外FXでよくあるボーナスキャンペーンは以下のようなものがあります。

  • 新規口座開設ボーナス 
    → 未入金で貰えるボーナス
  • 入金ボーナス
    → 入金額の○倍が貰えるボーナス
  • 取引ボーナス
    → 取引量に応じて貰えるボーナス

具体例をあげると、人気のFXボーナス業者であるXMGEMFOREXのボーナス制度は非常に有用です。

開催中のボーナスキャンペーン
XM・新規口座開設ボーナス
・100%+20%入金ボーナス
・リセット入金ボーナス
・ロイヤルティプログラム
ボーナス詳細
GEMFOREX・新規口座開設ボーナス
・100%入金ボーナス
・最大1000%入金ボーナスジャックポッド
・他社乗り換えボーナス
ボーナス詳細

XMのロイヤルティプログラムとは取引ボーナスのことです。トレードすればするほどボーナスポイントが貯まるので、海外FX業者のほうが稼ぎやすいと言えるでしょう。

ボーナスはかなりお得やで!各FX業者の新規口座開設ボーナスのことも詳しく紹介しとるからチェックしときや。

レバレッジの高さ

レバレッジとは、手元にある資産の何倍もの金額を運用することができる制度のことです。

レバレッジと言われても実際に数字で見なきゃわからない!という方向けに、簡単な計算でどれだけ運用できる金額が違うのか見ていただきましょう。

例)自分の資産が1万円の場合

レバレッジの計算式は、自分の資産額×レバレッジの倍率=運用額となります。

国内FXの最大レバレッジは25倍なので
1万円×25倍=25万円

海外FXの最大レバレッジが1000倍なら、
1万円×1000倍=1000万円

つまり海外FXの場合1万円の入金で1000万円を運用可能なのです。

1万円で25万円運用するのか、1万円で1000万円運用するのか選ぶのは自由です。しかし、大きく稼ぎたい方は後者を選ぶ方が最適です。

国内FX業者やと、日本の金融庁から25倍のレバレッジ規制がかかっとるんや。

海外FXの最大レバレッジ一覧

XMTrading888倍GAMFOREX1000倍
LAND-FX500倍TitanFX500倍
iFOREX400倍FBS3000倍
BigBoss555倍Tradeview200倍
AXIORY400倍HotForex1000倍
is6com1000倍FxPro500倍
IFC Markets400倍FXDD500倍

海外のFX業者は1000倍、2000倍というレバレッジをかけられるFX業者もザラにありますが、そのなかでもずば抜けて高いレバレッジを誇るのはexnessです。

  • 999ドルまで(10万円程度) :無制限
  • 4999ドルまで(50万円程度) :最大2000倍
  • 14999ドルまで(150万円程度):最大1000倍
  • 29999ドルまで(300万円程度):最大600倍
  • 59999ドルまで(600万円程度):最大400倍
  • 199999ドルまで(2000万円程度):最大200倍
  • 200000ドルまで(2000万円程度):最大100倍

exnessでは上記のレバレッジ制限が設けられています。最大レバレッジだけを見て決めずに、制限までチェックしておきましょう。

無制限レバレッジとかすごすぎるやろexness

追証なしゼロカットシステム

レバレッジについて海外FXのメリットを知っていただけたと思いますが、

『レバレッジが高いと負けたら一気に借金になるよね?』

という考え方を持っている方もいるはずです。そんな不安を解消してくれる海外FXならではのシステムが追証なしゼロカットシステムです。

追証なしゼロカットシステムとは取引で負けて資産を超えて損失をした場合、その損失分をFX業者が負担してくれるというものです。

追証は非常に恐ろしく、最悪の場合資産をすべて失ってしまう可能性もありますが、この追証なしゼロカットシステムにより海外FXでは負債を抱える心配はありません。

国内FXよりはるかにリスクを減らしてトレードをすることができるのです。

海外FXの一番の特徴やな。
万が一のときも借金を背負うことがない。コレは大きいで!

少額資金で始められる

先ほどのボーナスやレバレッジにも繋がりますが、海外FXは少額から始められます。

例えば、国内FXだったら最低でも5万円ほど資金がないと始めることすらできないですが、 海外FXでは1万円もあれば十分に稼ぐことが可能です。

初回入金額
XM500円
GEMFOREX100円
FBS100円
easyMarkets3000円

このように海外FXなら100円から始めることができ、ハイレバレッジで取引することができるので、海外FXは国内FXに比べ非常に始めやすくなっています。

ネットでも、海外FXにしてから3000円で稼げた!という記事をよく目にすることから少額で稼ぐのは夢ではありません。

ただし、しっかりとした技術を持っているプロが言っているだけであって初心者の方は正直無理ゲーなところがあります。

ワイの感覚では1万円あったら問題ないと思うで。

FXは多額の資金を投資しないと稼げないという考えがやっぱり多いです。しかしそれは国内FXの話です。

実際に稼いでいるトレーダーの多くは海外FX業者を利用しています。

ロスカット水準が狭い

ロスカットとは、自分が所有しているポジションの損失を未然に防ぐためにポジションを強制的に決済することです。

日本国内の会社ではロスカット水準が50%が最低ですが、海外FX業者では20%が最低となっています。
(0%の会社もありますが、資金を枯渇させる可能性があるので20%からが一般的です。)

数字で表した方がわかりやすいので計算していきます。

例)証拠金が5万円の場合

ロスカットされる金額の計算式は必要証拠金×ロスカット水準で表せます。

国内FXでロスカット水準が50%だと
5万円×50%=2.5万円

海外FXでロスカット水準が20%だと
5万円×20%=1万円

このように国内FXでは有効証拠金が2.5万円を切ると強制ロスカットされてしまいますが、海外FXでは有効証拠金が1万円を切るまで強制ロスカットされません

このことから、海外FXの方がロスカットの金額がかなり低く、長くポジションを持つことができます。

指標発表時や、週明けは値動きが激しいから多少の変動にも耐えられる海外FXは負けにくい口座とも言えるで!

MT4、MT5が使える

界で標準に使われている取引プラットフォームがMT4とMT5です。

正式名称はMetaTrder4、MetaTrder5です。非常に人気の高いツールで、億トレーダーは絶対にMT4かMT5を利用しています。

FXで稼ぐ人間ならチャートにも固執していくべきなのは当たり前です。MT4やMT5はかなり高性能のプラットフォームです。

最初は使い方にかなり戸惑いますが慣れてしまえば間違いなく最強のプラットフォームです。

FXはパソコンで運用するのが基本ですが、MT4とMT5はスマホにも対応しています。

億トレーダーはパソコンで取引していますが、副業で取引している方はスマホの方も多くなってきていることから、MT4とMT5は初心者から上級者まで幅広い層に利用されている最強ツールということがわかります。

そんな最強ツールを利用できるのは海外FXがほとんどです。

国内FXは自社開発のツールが一般的や。使い方がツールによって違うから覚えるのも一苦労やで。

当サイトでは、MT4が利用できる海外FX業者MT5が利用できる海外FX業者をおすすめ順に紹介しています。こちらもぜひご参照下さい。

決済力と約定力が最高峰

決済力とは注文を決済するときの速度、約定力とは注文を確定するときの速度です。FXで稼ぐ時の一番重要とも言える要素です。

FXの基本は注文と決済を繰り返していきますが、注文と決済には速度が深く関係しています。

オンラインゲームで遅延が発生することがあるように、FXでも注文したいポジションで決済できないことがあるのです。

FXもサーバーを経由していますので当然といえば当然なのですが、FXの世界は1分1秒の世界なので遅延なんて許されません

約定力が悪い業者はやめときや!

国内FXでは遅延がたまに起き、クリスマスや年末のような人が集中するときは特に遅延が起こります。これは国内FXは国内向けにしかサーバーを作っていないので想定以上のアクセスがあると使えなくなるからです。

また注文方式が違うのも原因のひとつです。国内FXでは注文を一旦国内FX業者に流すDD方式が採用されています。一旦国内FX業者に流れることで、意図的に注文を遅らせたりすることができるのです。

一方海外FXでは注文をそのままインターバンク市場に流すNDD方式を採用しています。そのまま注文を流すためFX業者に操作されることなくスピーディーに注文を通すことができるのです。

海外FXのデメリット

かなり長めに海外FXのメリットだけを紹介しましたが、当然デメリットもあります。

海外FXのデメリットもしっかりと目を通しておきましょう。

日本の金融庁に認められていない

金融庁から『海外FX業者の勧誘に気をつけて』という警告文が発表されています。日本の金融庁からは、海外FXは危険であると判断されているのです。

金融庁が言ってるなら海外FXは危ない会社と思うかもしれません。

しかし、海外FXが日本の金融庁に登録していないのはしっかりとした理由があります。

もし海外FXが国内金融庁に登録すると、国内FXと同様の運営をしなければなくなるのです。

つまり、 日本の金融庁に登録するとレバレッジは下がり追証ありになってしまいます。

例)海外FXのXMが日本の金融庁に登録した場合

レバレッジ → 888倍から25倍
追証    → 払わなければならない
ボーナス  → 条件が厳しくなる

そのためあえて日本の金融庁に登録しないことで海外FX業者は私達トレーダーを守っています。

認可を受けていないから日本在住の方が利用できないということは絶対にありませんし、使って法律に触れることもないのでご安心ください

そのかわり海外FX業者では、日本在住のトレーダーに向けて安全性をアピールするため日本以外の金融庁の登録をしています。いわゆる金融ライセンスというものです。

この金融ライセンスは国によって取得する難易度が異なるのですが、XMの会社では世界最難関と言われているイギリスの金融ライセンスを取得しています。

FX業者の安全性を比べるのにライセンスは重要な指標や。安全性の高い海外FX業者ランキングもチェックしとき。

詐欺会社がある

これは海外FX業者、国内FX業者どちらにも言えることです。お金が関わるジャンルには絶対に詐欺をする人も出てきます。
金融庁はこのような詐欺について警告文を出していると私は考えています。

詐欺に引っかかると、入金したのは良いが出金ができないというのが多い例です。

利益が出るように作られたツールで何度も入金させて最終的には出金させないで自分たちのお金にしてしまう非常に卑劣なことをしてお金を稼いでいる集団は、悲しいことですが存在します。

引っかからないようにしっかりとリサーチしてから海外FXを利用すると安心して取引できます。

出金拒否なんてされたら最悪や。海外FXで出金拒否の噂がある業者は要チェックやで!

スプレッドが広い

海外FXでは市場の動きや時間などによって変動するスプレッドが採用されています。一部では固定スプレッドの業者もありますが少数派です。

取引の仕組みでご説明したNDD方式のSTP・ECNのどちらの口座を利用するかによって、取引手数料が変わってきます。

★STP口座(スタンダード口座)
スプレッドに手数料が含まれているので取引手数料が無料
★ECN口座(ゼロ口座)
スプレッドごとに取引手数料がかかる

もしスキャルピングトレードがしたい!と希望している人がいるなら、海外FXの口座の中でもスプレッドの広がりが少なく約定力も高いECN口座がおすすめです。

海外FX業者のスプレッドの参考値

FX業者名ユーロ/米ドルポンド/米ドル米ドル/円ポンド/円米ドル/カナダドルユーロ/豪ドルユーロ/円ユーロ/ポンド
xm1.72.31.82.12.12.02.61.8
Titan FX0.81.21.22.21.62.41.61.2
Axiory1.61.91.53.01.93.32.31.6
LAND-FX0.81.20.81.81.62.21.51.6
GAMFOREX0.00.80.01.00.31.50.50.3
iFOREX1.83.01.85.04.09.01.83.0
FBS0.90.81.52.52.0
BigBoss1.61.91.42.32.43.12.42.1
Tradeview0.30.30.20.70.50.80.50.5
HotForex0.71.00.82.01.4
is6com1.93.12.03.92.73.43.72.0
FxPro1.41.81.43.01.93.21.91.2
IFC Markets1.82.01.85.53.04.02.51.8
FXDD0.51.01.01.01.01.52.71.0
Traders Trust1.21.60.71.53.03.51.12.5
ThinkForex0.81.21.01.11.21.81.11.3
MyfxMarkets1.21.71.12.21.72.11.51.6
LMAXExchange0.20.40.20.70.40.40.30.6
MGKGLOBAL0.20.41.00.71.42.00.41.2
InstaForex3.03.03.07.03.07.03.03.0
FXOpen0.40.90.51.30.80.90.60.8
FXPrimus1.52.12.03.32.42.52.12.0
MiltonMarkets1.21.41.22.11.11.5
GCIFinancial1.03.02.05.03.05.03.03.0
FinFX1.61.91.52.42.02.01.71.9
eToro3.04.02.06.03.07.04.04.0
DirectFX1.82.31.83.02.43.12.42.1
AxiTrader1.51.21.01.71.61.71.51.5
Turnkey Forex0.50.50.61.90.91.91.01.0
OANDA1.31.91.63.01.43.22.31.8
FXCC2.02.72.03.62.33.32.82.5
AAAFx0.10.60.51.50.41.50.80.6
FXCM1.21.41.21.22.01.01.82.1
AvaTrade3.04.03.07.04.08.04.03.0

変動制の海外FXに対して国内FXでは基本的に固定になっています。ただほとんどの業者が例外として変動スプレッドにする時間帯を設けています。

午前9時~翌午前3時まで

固定スプレッドの場合は圧倒的に手数料が安く低コストでトレードができるのですが、相場が急変した時や重要指標発表時には約定しないという欠点があります。

そんなデメリットを解消するために時間によって変動スプレッドにしておいて、約定力を落とさずにトレードができるようになっています。

国内FXのスプレッドの参考値

業者名ドル/円ユーロ/ドルユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
SBI FXトレード0.270.380.30.70.40.9
Money Partnors0.30.30.40.90.41.0
DMM FX0.30.40.51.00.71.2
GMOクリック証券0.30.40.51.00.71.2
ヒロセ通商0.30.40.51.00.71.0
JFX株式会社0.30.40.51.00.71.2
OANDA0.40.50.71.41.01.9
楽天証券0.30.40.51.00.73.9
外為どっとコム0.30.40.51.00.71.2

税金が高い

海外FXの弱点は税率が高いことです。所得が雑所得となり、累進課税制度を採用していることから税金計算が複雑で面倒くさいと感じる方も多いです。

累進課税は稼げば稼ぐほど税率が高くなる仕組みや!給料と一緒の課税制度やな。

海外FXの場合、年間の合計所得(会社などの給料含む)によって税率が変わりますが、国内FXの場合どれだけFXで稼いでも税率は一律20%となっています。

海外FXの税率

合計所得所得税控除額住民税
~195万円5%0円10%
~330万10%9万7,500円10%
~695万20%42万7,500円10%
~900万23%63万6,000円10%
~1,800万33%153万6,000円10%
~4,000万40%279万6,000円10%
4,000万~45%479万6,000円10%

この表を見て分かる通り海外FXで稼ぐとなると会社などの給料を含む年間330万円までが20%の税率のボーダーラインになり、それ以上稼ぐとなると国内FXよりも高い税率を収めなければなりません

海外だからお金の流れとかわかんないから申請しなくてもいいんじゃない?

と考える方もいるかもしれません。しかし、税務署はしっかりとお金の流れを見ています。FXで年間20万円を超えると確定申告をする決まりとなっているので包み隠さず申告しましょう

数年後には海外FXでもマイナンバーが必須になる可能性もあるから覚えとき!

日本語が通じない心配がある

日本人で英語がわかる方は少ないですし、何を書いているかわからないのは当然です。しかし現在の海外FX業者ではすべて日本語表記のサイトにシフトしており、日本人サポーターが常駐している業者がほとんどです。

24時間対応の日本語サポートチャットもあるので、トラブル時にはすぐに解決できるツールが備わっているのでご安心下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は海外FXを紹介しました。これであなたも海外FXのメリットとデメリットをわかっていただけたはずです。

今回の海外FXのメリットポイントは以下の4つです。

  1. 海外FXは国内FXよりメリットが多い。
  2. 国内FXはよりデメリットが少なく、使いやすい。
  3. FXは世界の人と戦っていくので同じものを使った方が稼ぎやすい。
  4. 稼ぎは青天井である。

海外FXは自分の現在の収入に満足していない方や老後に不安を持っている方にはおすすめです。すぐに成果が出るわけではないのでコツコツと積み立てながら慎重に取引をしていきましょう

海外FXは魅力満載や!おすすめの海外FX業者も必見やで。

コメント

コメントする

目次
閉じる