海外FXのメリットとデメリット総まとめ!国内FXとどっちがいいの?

海外FXと聞くと、『リスクが高い』『危険』という印象を持つ方も多いかもしれません。海外ではなく、国内FX業者を利用している方もいるかと思います。

しかし、海外DXは国内FXより多くのメリットがあり、海外FXの方が国内FXより人気が高いと聞くと驚く人もいるかも知れませんね。

このページでは、海外FXのメリットとデメリットをわかりやすくまとめてみました。

・国内FXしか知らなくて損をしている方
・海外FXに興味はあるけど国内FXで取引をしている方
・海外FXをもっと深く知りたい方

一つでも当てはまる方は、ぜひ最後まで読んでください。

海外FXのメリット

海外FXとはその名の通り海外に拠点があるFX会社で、同じDXとは言えど国内のFX業者とは大きな違いがあります。

海外FXのメリットを知ることができれば、国内FXよりも海外FXが優れている点が多くあるということをわかっていただけるはずです。

海外FXのメリット レバレッジの高さ

レバレッジとは、手元にある資産の何倍もの金額を運用することができる制度のことです。

レバレッジは海外FXと国内FXとでは全く違います。国内のFX会社は日本の法律上、最大で25倍までしか利用できません。しかし、海外では全く違います。

海外のFX会社は1000倍、2000倍というレバレッジを書けることができる業者もザラにあります。日本で人気が高く、評判の良い『XMtrading』だと最大888倍です。

レバレッジって言われても実際に数字で見なきゃわからない!という方向けに簡単な計算でどれだけ運用できる金額が違うのか見ていただきましょう。レバレッジの計算式は、自分の資産額×レバレッジの倍率=運用額となります。例として自分の資産が1万円とします。

国内FXの最大レバレッジは25倍なので、1万円×25倍=25万円の運用が可能です。海外FXの最大レバレッジを888倍としましょう。1万円×888倍=888万円を運用可能なのです。金額から見て一目瞭然ですが、運用金額の差が段違いです。

1万円で25万円運用するのか、1万円で888円運用するのか選ぶのは自由です。しかし、大きく稼ぎたい方は後者を選ぶ方が最適です。

海外FXのメリット 追証なし

レバレッジについて海外FXのメリットを知っていただけたと思いますが、『レバレッジが高いと負けたら一気に借金になるよね?』という考え方を持っている方もいるはずです。

海外FXはその不安を解消する対策をしっかりとっています。それが『追証なし』という素晴らしい制度です。追証とは、いわゆる借金です。取引で負けて資産を超えて損失をした場合、そのマイナス分を会社に返済しなければいけないルールです。追証は非常に恐ろしく、最悪の場合資産をすべて失ってしまう可能性もあります。

海外ではXMtradingを含めほとんどの会社に追証なし制度であるゼロカット制度が導入されています。資産以上のマイナスが出た場合、会社側がその金額分を請け負ってくれるという制度です。そのため、副業でFXをやっている方が資金以上の損失を出してしまったとなっても、借金になることは一切ありません。

そのため、海外FXのほうがリスクを減らしてトレードをすることができるのです。

海外FXのメリット 少ない資金で始められる

海外FXは始めるために必要な資金は少なくてすみます。例えば、国内FXだったら最低でも5万円ほど資金がないと始めることすらできないですが、海外FXでは1万円もあれば十分に稼ぐことが可能です。

ネットでも、海外FXにしてから3000円で稼げた!という記事をよく目にします。ただし、しっかりとした技術を持っているプロが言っているだけであって初心者の方は正直無理ゲーなところがあります。なので私は海外FXとはいえど最低でも1万円は必要と考えています。

FXは多額の資金を投資しないと稼げないという考えがやっぱり多いです。しかしそれは日本国内の話です。実際に稼いでいるトレーダーの多くは海外のFX会社を利用しています。海外FXのほうが始めやすいのです。

海外FXのメリット ロスカット水準が緩い

ロスカットとは、自分が所有しているポジションの損失を未然に防ぐためにポジションを強制的に決済することです。

日本国内の会社ではロスカット水準が50%が最低ですが、海外の会社では20%が最低となっています。(0%の会社もありますが、資金を枯渇させる可能性があるので20%からが一般的です。)

数字で表した方がわかりやすいので計算していきます。ロスカットされる金額の計算式は必要証拠金×ロスカット水準で表せます。

資産を5万円だとすると、国内FXでロスカット水準が50%だと5万円×0.5=2.5万円です。つまり、2万5千円まではロスカットされません。海外FXでロスカット水準が20%だと5万円×0.2=1万円まではロスカットされません。

このことから、海外FXの方がロスカットの金額がかなり低く、長くポジションを持つことができます。ただ、いい意味では損をしていても長くポジションを持つことで損失を取り戻せる、悪い意味では資金を減らし続けるということです。なのでロスカット水準は一長一短の部分があることを忘れないようにしましょう。

海外FXのメリット MT4、MT5が使える

世界で標準に使われているトレードシステムがMT4とMT5です。正式名称はMetaTrder4、MetaTrder5です。非常に人気の高いツールで、億トレーダーは絶対にMT4かMT5を利用しています。

FXで稼ぐ人間ならチャートにも固執していくべきなのは当たり前です。MT4やMT5はかなり高性能のチャートツールです。最初は使い方にかなり戸惑いますが慣れてしまえば最強のチャートツールです。

FXはパソコンで運用するのが基本ですが、MT4とMT5はスマホにも対応しています。億トレーダーはパソコンで取引していますが、副業で取引している方はスマホの方も多くなってきています。つまり、FXのやりやすい環境が整っているのは海外の会社ということになります。

海外FXのメリット 決済力と約定力が最高峰

決済力とは注文を決済するときの速度、約定力とは注文を確定するときの速度です。FXで稼ぐ時の一番重要なポイントです。

FXの基本は注文と決済を繰り返していくというのはあなたも知っていると思います。しかし、注文と決済には速度が関係します。オンラインゲームのように遅延が発生する場合があり、注文したいポジションで注文できないことがあるんです。

FXもサーバーを経由していますので当然といえば当然なのですが、FXの世界は1分1秒の世界なので遅延なんて許されません。まず遅延があるFX会社はそもそも人気すらありません。

国内FXでは遅延がたまに起きます。クリスマスや年末のような人が集中するときは特に遅延が起こります。これは国内は国内向けにしかサーバーを作っていないので想定以上のアクセスがあると使えなくなります。サーバー落ちなんてしたらもう話になりません。

これに比べて海外FXは問題なしです。遅延は全くなしでスムーズな取引ができます。国内FX会社の決済力と約定力は海外FXを超えることは不可能といっても間違いないです。

海外FXのメリット 初心者に優しいボーナスがある

初心者に優しいボーナスがあることも海外FXの良い点の1つです。口座開設をしただけで3000円のボーナスをもらえたり、入金をすると上乗せでボーナスをもらえるといったサービスが多いです。

人気のFXボーナス業者であるXMでも、ボーナス制度は非常に有用です。トレードすればするほどポイントが貯まるので、海外FX業者のほうが稼ぎやすいと言えるでしょう。

海外FXのデメリット

かなり長めに海外FXのメリットだけを紹介しましたが、当然デメリットもあります。海外FXのデメリットもしっかりと目を通しておきましょう。

海外FXのデメリット 国内金融庁に認められていない

金融庁から『海外FX業者の勧誘に気をつけて』という警告文が発表されています。日本の金融庁からは、海外FXは危険であると判断されているのです。

金融庁が言ってるなら海外FXは危ない会社と思うかもしれません。しかし、海外FXが国内金融庁に登録していないのはしっかりとした理由があります。

国内金融庁に登録する=国内FXと同様な運営をしないといけません。つまり、レバレッジは下がり追証ありになってしまいます。

そのため登録しないことで海外FX業者は利用者を守っています。認可を受けていないから日本在住の方が利用できないということは絶対にありませんし、使って法律に触れることもないのでご安心ください。

海外FXのデメリット 詐欺会社がある

これは海外FX業者、国内FX業者どちらにも言えることです。お金が関わるジャンルには絶対に詐欺をする人も出てきます。金融庁はこのような詐欺について警告文を出していると私は考えています。

詐欺に引っかかると、入金したのは良いが出金ができないというのが多い例です。利益が出るように作られたツールで何度も入金させて最終的には出金させないで自分たちのお金にしてしまう非常に卑劣なことをしてお金を稼いでいる集団は、悲しいことですが存在します。

引っかからないようにしっかりとリサーチしてから海外FXも利用するようにした方が安全で安心して利用できます。

海外FXのデメリット 税金が高い

海外FXの弱点は税率が高いです。所得が雑所得となり、累進課税制度を採用していることから税金計算が複雑で面倒くさいと感じる方が多いです。

海外だからお金の流れとかわかんないから申請しなくてもいいんじゃない?と考える方もいるかもしれません。しかし、税務署はしっかりとお金の流れを見ています。年間20万円を超えると確定申告をする決まりとなっておりますので包み隠さず申告しましょう。

海外FXのデメリット 日本語が通じない心配がある

日本人で英語がわかる方はやっぱり少ないですし、何を書いているかわからないのは当然です。でも現在の海外FX会社では日本人サポーターが常駐している会社が多くなってきました。

海外FX業者はなので口座開設の際、登録は英語ですが、サイト内の文字は日本語になっている場合がかなり多いのでご安心ください。現代ではGoogle翻訳もありますのでなんの問題もないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は海外FXを紹介しました。これであなたも海外FXのメリットとデメリットをわかっていただけたはずです。

今回の海外FXのメリットポイントは以下の4つです。

  1. 海外FXは国内FXよりメリットが多い。
  2. 国内FXはよりデメリットが少なく、使いやすい。
  3. FXは世界の人と戦っていくので同じものを使った方が稼ぎやすい。
  4. 稼ぎは青天井である。

海外FXは自分の現在の収入に満足していない方や老後に不安を持っている方にはおすすめです。すぐに成果が出るわけではないのでコツコツと積み立てながら慎重に取引をしていきましょう。

では、最後までご覧いただきありがとうございます。本日は失礼いたします。