学生(未成年)でも海外FXは利用可能!高校生の利用や税金に関する知識

学生の海外fxについて


海外FXは学生でも口座開設をしてトレードをすることは可能です。

ただ学生だからと言って中学生・高校生から利用できるわけでもなく年齢制限があります。

また学生の利用が可能な海外FX業者も決まっているので、どの業者でも口座開設ができるわけではありません。
海外FXに挑戦したい学生さんがスムーズに口座開設からトレード開始まで進められるように、利用可能な海外FX業者のピックアップと注意事項をまとめました。

他にも海外FXで利益を出すことで発生する税金についても学生のうちはどうしたらいいのか教えておきますね。

海外FXは学生でも年齢をクリアすれば口座開設できる

学生でも年齢をクリアすれば口座開設できる

学生でも海外FXに挑戦したい人もいると思いますが、未成年でも利用できる業者はちゃんとあります。

基本的に18~20歳以上に年齢制限を設定してある海外FX業者が多いので、中学生では利用ができませんが高校生や大学生からは可能です。

また 18歳以上なら口座開設ができると書かれていても、高校生の18歳の場合は不可とする業者もあるので条件はよく見ておく必要があります。

補足解説成人年齢の引き下げにあたり、2018年6月に民法改正の法律が成立しています。
実際に適応されるのは2022年4月1日からなので、その日以降は満18歳からは成人とみなされます。
よって同意書が必要だったスマホの契約やクレジットカードの作成なども、ひとりで契約できるようになると言われているので海外FXにも適応される可能性が高くなっています。

学生でも利用できる海外FX業者一覧と条件

海外FX業者 年齢制限 高校生 親の同意
XMTrading 18歳以上80歳未満 不要
AXIORY 18歳以上 不要
LAND-FX 21歳以上 ×
TitanFX 18歳以上 不要
FBS 18歳以上 不要
GAMFOREX 制限なし 不要
iFOREX 18歳以上 不要
BigBoss 18歳以上 不要
Tradeview 18歳以上 リスク同意書が必要
is6com 18歳以上 × 不要
FxPro 年齢制限なし 不要
IFC Markets 年齢制限なし 不要
Traders Trust 20歳以上80歳未満 ×
FXDD 18歳以上 不要

学生が取引できる海外FX業者ベスト3

学生が取引可能な海外FX業者

学生・未成年・高校生でも利用できる海外FX業者はいくつもあり、基本的に同意書が必要ないので条件をクリアできる業者であればどこを利用しても同じと思ったら大間違いです!

利用する海外FX業者を選ぶ時は

・ライセンスの有無
・口座開設ボーナスや入金ボーナス、ロイヤリティプログラムの有無
・取引可能な通貨の種類
・最大レバレッジや最小取引単位
・手数料などのコスト
・利用しているトレーダーの口コミ

などをチェックしてお得に海外FXデビューができて、安全に利用できるところを選ぶべきです。

年齢や性別問わず、学生や主婦にも人気の高いおすすめの海外FX業者3社をピックアップするので比較してみてください。

XMTrading

XMTrading

海外FXの中で1番人気が高く日本人トレーダーの多くが利用している業者です。

おすすめポイントは口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤリティプログラムとすべてのボーナスを受け取ることができるという豪華特典がついていること。

ライセンスも複数保有していて保証もついているので、学生でも安心してトレードができます。

XMTradingの基本情報

スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
取引手数料 無料 無料 1ロット取引(片道)5ドル
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル
1ロットの単位 1000通貨 10万通貨 10万通貨
最大取引量 100ロット 50ロット 50ロット
最低取引量 MT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット 0.01ロット
平均スプレッド 1.7pips 1.7pips 0.1pips
通貨ペア 57通貨 57通貨 56通貨
CFD取引 33銘柄 33銘柄 利用不可
貴金属取引 4銘柄 4銘柄 2銘柄
ボーナス対応 取得可能 取得可能 取得不可
マージンコール 50% 50% 50%
ロスカット率 20%以下 20%以下 20%以下
追証 なし なし なし
自動売買 利用可能 利用可能 利用可能

その他のXMTradingのおすすめポイント

  • 入出金手数料や口座維持手数料が発生しない
  • 3つの口座すべてで複数口座開設が可能
  • 両建てやスキャルピングがすべての口座で可能
  • すべての口座でMT4とMT5が利用できる

xmで海外FXを始めてみる>>

AXIORY

AXIORY

海外FX業者のなかでも対応している業者が少ないcTraderの提供をしているのがAXIORYです。

約定速度がめちゃくちゃ早く、取引制限もないので手動でスキャルピングをしようと思っている学生には最適の取引ツールになっています。

ライセンスは所有しているのですがマイナーなところがデメリットですが、7年の運営実績がありトラブル報告もないことから学生でも安心して利用できるFX業者となっています。

AXIORYの基本情報

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
最大レバレッジ 400倍 400倍
取引手数料 無料 1ロット取引(片道)5ドル
最低入金額 20,000円 20,000円
1ロットの単位 10万通貨 10万通貨
最大取引量 100,000,000通貨 100,000,000通貨
最低取引量 1,000通貨 1,000通貨
平均スプレッド 1.6pips 0.6pips
通貨ペア 61通貨 61通貨
CFD取引 12銘柄 12銘柄
貴金属取引 4銘柄 4銘柄
ボーナス対応 現在開催なし 現在開催なし
マージンコール 50% 50%
ロスカット率 20%以下 20%以下
追証 なし なし
自動売買 利用可能 利用可能

その他のAXIORYのおすすめポイント

  • 両建てやスキャルピングがすべての口座で可能
  • ECN口座のスプレッドの狭さは業界トップレベル
  • NDD方式採用で取引の透明性が高い
  • 信託保全に対応している
  • 入金方法が多く、国内銀行送金での出金が可能

AXIORYで海外FXを始めてみる>>

GAMFOREX

GEMFOREX

最大レバレッジがどこよりも高く、ボーナス特典が豪華なことで人気となっている海外FX業者です。

6年の運営実績があり、運営会社のGEM-TRADE Co.,Ltdの社長はなんと日本人です。英語が苦手な人でも日本時への対応が手厚いので使いやすくなっています。

信頼性が高いニュージーランドライセンスを所有していて、損失補てんなどの保証も充実していることから学生にもおすすめできる海外FX業者と言えます。

GEMFOREXの基本情報

オールインワン口座 ノースプレッド口座
最大レバレッジ 1000倍 1000倍
取引手数料 無料 無料
最低入金額 5,000円 5,000円
1ロットの単位 10万通貨 10万通貨
最大取引量 300万通貨 300万通貨
最低取引量 1,000通貨 10,000通貨
平均スプレッド 1.2pips 0.3pips
通貨ペア 33通貨 33通貨
CFD取引 12銘柄 12銘柄
貴金属取引 2銘柄 2銘柄
ボーナス対応 取得可能 取得可能
マージンコール 50% 50%
ロスカット率 20%以下 20%以下
追証 なし なし
自動売買 利用可能 利用可能

その他のGEMFOREXのおすすめポイント

  • 200種類以上の自動売買システムが無料で利用できる
  • ミラートレードが可能
  • 口座残高が50万円以上になると無料でVPSが使える
  • 入出金手数料が無料
  • 国内銀行送金も手数料無料

AXIORYで海外FXを始めてみる>>

学生や未成年の海外FX口座開設の必要書類

学生や未成年者が口座開設をするときに必要な書類

次に学生や未成年が海外FX口座を開設する時に用意しなければいけない書類の一覧です。

XMTradingの必要書類

★本人確認書類(有効期限が切れていないもの)
運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど

★住所の証明書(3ヵ月以内に発行されたもの)
公共料金の請求書・銀行の明細書など

AXIORYの必要書類

★本人確認書類(有効期限が切れていないもの)
運転免許証・パスポート・写真ありの住基カード・マイナンバーカード

★住所の証明書(3ヵ月以内に発行されたもの)
公共料金の請求書・クレジットカードの請求書・銀行の利用明細・健康保険証など

※国内銀行送金を利用する時は本人確認書類と本人が一緒に写っている写真が必要です。またマイナンバーの入力も必須になっています。

GEMFOREXの必要書類

★本人確認書類(有効期限が切れていないもの)
運転免許証・パスポートなど

★住所の証明書(3ヵ月以内に発行されたもの)
公共料金の請求書・クレジットカードの請求書・携帯会社からの請求書・健康保険証など

★写真
本人確認書類と本人が一緒に写っているもの

本人確認書類には運転免許証またはパスポートがあれば申請が通らないということはないはずです。

写真がついていないタイプの住基カードは本人確認書類として認められていないので、その他の書類の用意が必要となります。

なぜ海外FXの口座開設に写真が必要なの?と疑問に思った人もいると思います。

これは本人確認書類と本人が同一人物であり、他人の本人確認書類を使用して口座開設をしようとしていないか確認するための作業です。

もし入金方法にクレジットカードを選んでいたら、クレジットカードの写真やクレジットカードと本人が一緒に写っている写真を請求されることもあります。

海外FX業者によって用意する書類は異なるので、学生や未成年なら特に最初に確認しておくことをおすすめします。

税金はどうなる?学生の海外FXの税金の計算

学生の税金計算

学生が海外FXで利益を出した時も納税をする義務はあるので忘れてはいけません。

    • 海外FXの課税対象:為替差益・スワップポイント
    海外FXの課税対象外:含み益(確定した利益ではないため)

基本的に含み益には課税されませんが、海外FX業者によっては課税対象としている場合もあるので事前に確認が必要です。

国内FXは利益にたいして20.315%の固定された税金が発生します。

20.315%の内訳

  • 所得税15%
  • 住民税5%
  • 復興特別所得税0.315%

でも海外FXの利益にかかる税金は少し異なります。

まずアルバイトなどで収入がある学生と海外FXの利益のみの収入の学生では、確定申告が必要になるラインがちがいます。

    • アルバイトをしている学生:年間130万円以上の収入になった時
    • アルバイトをしていない学生:年間38万円以上の収入にな
    った時

国内FXは申告分離課税といってFXの利益と所得を別々で計算しますが、海外FXは総合課税になるのでアルバイトなどの給料とFXの利益をまとめて所得とみなします。

さらに税率は累進課税なので利益が出れば出るほど払う税金も多くなっていきます。

アルバイトをしている学生の例

  • 年間のバイト代:960,000円
  • 年間の海外FX収益:1,000,000円

年間の所得である1,960,000円が課税対象となります。

所得にかかる税率

年間利益額 税率 内訳 控除額
4,000万以上 55% 所得税45%・住民税10% 4,796,000円
1,800万以上4,000万以下 50% 所得税40%・住民税10% 2,796,000円
900万以上1,800万以下 43% 所得税33%・住民税10% 1,536,000円
695万以上900万以下 33% 所得税23%・住民税10% 636,000円
330万以上695万以下 30% 所得税20%・住民税10% 427,500円
195万以上330万以下 20% 所得税10%・住民税10% 97,500円
195万円以下 15% 所得税5%・住民税10% 0円

アルバイトをしている学生の例では195万以上330万以下に該当するので、所得税10%と住民税10%が課税されるということになります。

1,960,000円の20%=392,000円ですが、納税額の計算はまた別です。

課税所得額×税率-控除額+復興特別所得税で算出できます。

例の学生の場合

  • (1,960,000×20)-97,500=294,500円
  • 294,500円×2.1%=6,185円←復興特別所得税の金額
  • 294,500円+6,185円=300,685円

例に挙げた学生の 納税額は300,685円という計算になります。

学生の海外FXの税金対策

先ほど例に挙げた学生は海外FXの利益が年間196万円に対して、300,685円の税金がかかっていました。

せっかく200万円近い利益を出したなら節税したいのが本音ですよね!

海外FXで学生に教えたい税金対策は、経費で節税をするということです。

・海外FXに関する参考書の代金やセミナーの参加料
・取引を行っているPCの購入費
・取引に使用しているスマホやタブレットの使用量
・インターネット回線料金
・プロバイダーの使用料
・海外FXをしているトレーダーとの交流会などの費用

海外FXで取引をするために必要になった物や参加や会食にかかった費用は経費にすることができます。

ただ 税務署の担当者が必要経費として認定してくれなければいけないので、質問されたときにはっきり使用用途を答えられるものでないといけません。

「利益を出すために外出先でも値動きを見る必要がありタブレットを買いました」
「プロトレーダーから知識を学ぶために会食をしました」
「FXのセミナーに参加するためにタクシーを利用しました」

など会社に経費を請求する時のような感じで、ちゃんとFXに関連した理由があれば大丈夫です。

利益がですぎてしまうと扶養からは外れる?

生計を共にしている16歳以上の扶養親族がいる人は扶養控除を受けています。

扶養控除額

  • 19歳以上23歳未満の扶養親族:63万円
  • 16歳以上の扶養親族:38万円
  • 同居する70歳以上の扶養親族:58万円
  • 同居しない70歳以上の扶養親族:48万円

学生の場合の控除額は38万円~63万円に該当しますよね。

海外FXの利益が大きくなり扶養から外れると親はこの控除が受けられなくなり、納税の負担が大きくなるのです。

学生は海外FXの利益が年間38万円以上あると、アルバイトをしている・していないに関わらず扶養からは外れてしまいます。

勤労学生控除は使える?

学生に使える控除には勤労学生控除もあります。

適応対象者

(1) 学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など

(2) 国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の過程を履修させるもの

(3) 職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの

国税庁公式HP

勤労学生所得控除の学生とは純粋な学生だけではなく、職業訓練などに通う大人も含みます。

勤労学生控除の条件

  • 指定された学校に通っている学生であること
  • 合計所得金額が65万円以下であること
  • 勤労所得以外の所得が10万円以下であること

もし自分が勤労学生控除の適応者であって、条件に該当したとすると受けられる所得控除が

基礎控除38万円+給与所得控除65万円+勤労学生控除27万円で年間130万円

となり通常よりも27万円多く控除が受けられるようになります。

ただ条件の3つ目に注目してみると、勤労所得以外の所得が10万円以下となっていますよね。

海外FXの利益はこの勤労所得以外の所得とみなされることになっています。

ハイレバレッジで少額投資で大きな利益が出やすいため学生でも大金を手にする可能性が高い海外FXで、勤労学生控除を使える可能性はほとんどありません。

海外FXのボーナスやキャッシュバックには税金はかかる?

海外FXには口座開設ボーナスや入金ボーナスなどお得なキャッシュバック制度がありますよね。

少額投資で取引をしたい学生や、資金を使わずお試しで取引をしてみたい学生から好評な特典になっています。

例:新規で口座開設をすると口座開設ボーナスとして証拠金がもらえる場合

10,000円の口座開設ボーナスをもらって取引をして5,000円の利益を出したとします。

  • 口座開設ボーナス:10,000円←所得にはならない
  • 利益5,000円←所得になる

海外FXは口座開設ボーナスや入金ボーナスは取引には使えるものの、出金することができません。

利益だけを出金することになるので、ボーナス自体は所得にはならないのです。

ただこれもグレーゾーンであると言われているため、今後所得に含まれるようになる可能性もあります。

海外FXをしたいけど税金が気になり節税を重要視している学生には、入金ボーナスがある業者がおすすめです。

入金ボーナスの有無で税金に差が出てくるからです。

入金ボーナスなしの海外FX業者

  • A社:50万円入金して100万円の利益となり150万円となった
  • B社:50万円を入金して50万円の損失を出し0円になった

この場合2つの海外FX業者での損益を計算すると、50万円の利益になっています。

A社とB社は海外FX業者同士なので損益通算が可能になり50万円が雑所得となるのです。

学生バイトで所得が他に300万円あったとすると

300万+50万円=350万円で330万以上695万以下に該当し20%の課税となります。

350万×20%-控除額472,000円=228,000円

50万円の海外FXの利益に対して20%の課税で10万円の税金がかかる計算になります。

入金ボーナスありの海外FX業者

  • A社:50万円入金+50万円の入金ボーナスで100万円の利益となり150万円となった
  • B社:50万円入金+50万円の入金ボーナスで100万円の損失を出し0円になった

ここで重要なのは入金ボーナスは損をして0になった場合に損失として計上することができるということです。

A社で100万円の利益が出ているが、B社での100万円の損失を損益通算して利益が出ていない計算にすることができます。

学生や未成年の海外FXの利用や税金に関するまとめ

海外FXはほとんどの業者が親の同意がなくても学生でも口座開設をすることができますが、一部の年齢制限がある業者では未成年は利用ができないことがあります。

必要書類がしっかりそろっていれば口座開設ができるので、事前に調べて用意してから手続きを始めましょう。

学生が海外FXで利益を出す時に気を付けることは、

・扶養からはずれてしまう可能性があること
・バイトでの所得と合算されること
・勤労学生控除はほとんどの人が使えないこと
・利益が出れば出るほど税金が高くなること

です。ただ海外FXに関して発生した経費は税務署に申告することができるので忘れないようにしましょう。

学生や未成年におすすめできるハイスペックで安全な海外FX業者として【XMTrading・AXIORY・GAMFOREX】の3社をピックアップしてご紹介しましたが、他にも利用できる業者はたくさんあるので気になるところは比較してみてください。

ライセンスや保証の有無などは必ず確認して、時間に余裕があればトレーダーの口コミを参考にするのもおすすめです。

学生や未成年でも利用できる海外FX業者はありますが、やみくもに取引をするのではなく知識をつけ自分の資産の範囲内で利用するようにしましょう。