海外FXで複利運用!単利との違い・シュミレーションやおすすめ業者まで

海外fxの単利と複利運用について

ハイレバレッジな海外FXなら少額資金でも資産の運用をすることができますが、その中のひとつに複利運用があります。

海外FXで複利運用をする方法をご紹介する前に、そもそも複利の計算はできますか?

    10万円の借入れがあり、借入金利は複利で年率20%です。返済をしないとこの金利では何年で残高は倍になるでしょうか。

①2年未満
②2年以上5年未満
③5年以上10年未満
④10年以上

答えは②の2年以上5年未満です。72の法則を用いて計算するので72÷20=3.6となるのですが、 日本人の正解率はたったの40%でほとんどの人が 複利について理解していないことが分かっています。

このテストは金融広報中央委員会が行った金融リテラシー調査です。

アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスよりも正答率が下回っている状況なのに、知識のない日本人が海外FXで複利運用をするのは無茶な話です。

まずはしっかり複利について理解してシュミレーションをしたうえで、複利運用を始めましょう。複利運用におすすめできる海外FX業者もご紹介します。

複利は利息の計算方法のひとつ

複利とは

複利は海外FX専門のものではなく、金融関係全般で使われている利息の計算方法のひとつです。

簡単に言うと元本に利息を組み込み計算を行います。

  • 元金100万を年利2%で1年間預ける
  • 1年後に預金が102万円になる
  • 102万円をさらに1年預ける
  • 1年後に預金が104万400円になる

このように利子にも利子がつくので400円が発生し複利と呼びます。

利子をどんどん元本に組み込んでいくことで複利も膨らんでいくのでうまく運用すれば大きな利益を出すことができますが、 借金の返済ができない時も複利はつくので利子に利子がつき雪だるま式に膨らんでいきます。

単利と複利の違いは?

単利は複利とは反対で元本に利子を組み込まないで資金の運用するので、単利運用と呼ばれています。単利は元金にだけつく利子のことです。

  • 元金100万を年利2%で1年間預ける
  • 1年後に預金が102万円になる
  • 利子を含まず再び100万円だけを預ける
  • 1年後に預金が102万円になる

複利運用のように利益を大きくしていく訳ではなく、一定の利益を積み重ねていくコツコツ型です。100万円を金利2%で運用する時、単利運用と複利運用でどんな違いがでるのかシュミレーションをしてみます。

単利運用(元本にのみ金利がつく)

預入期間 資産合計 金利
1年 102万円 20,000円
3年 106万円 20,000円
5年 110万円 20,000円
7年 114万円 20,000円
10年 120万円 20,000円

複利運用(元本と金利に利子がつく)

預入期間 資産合計 金利
1年 102万円 20,000円
2年 104万400円 40,400円
3年 106万1208円 61,208円
5年 110万4081円 104,081円
10年 121万8994円 218,994円

複利運用なら元本に金利が組み込まれていくので単利運用よりもお金が増えていることが分かります。

実質金利は1年目は単利運用と同じく2%ですが、2年目は4.04%・3年目は6.1208%と増えていき10年後には21.8994%にまで膨らんでいます。

複利運用は短期間で行うのではなく、長い期間をかけて行うのが理想です。

複利運用の計算はツールを使う

自分で計算することもできますがサッと複利運用のシュミレーションをするなら複利計算ツールがおすすめです。

複利計算シュミレーター

複利運用計算シュミレーター

通貨ペア・資金・レバレッジ・1日の獲得pips・枚数上限・通貨単位を設定するだけで、300日分の複利運用シュミレーションが可能です。

無料で利用することができるので複利運用を始める前にチェックすることをおすすめします。

海外FXで複利を利用したトレードをする方法

預金をするのと同じように海外FXでも複利を利用してトレードをすることができます。

取引で利益が出たらそのお金を利益として回収せずに次の取引に使うことでさらに利益を大きくしていく手法です。

海外FXの複利トレードは難しいというトレーダーもいますが、実際はルールさえきちんと守って取引を行っていれば多大な損失が出ることはありません。

  • 取引通貨量の増減など資金管理を徹底して行う
  • 損失が出たとしても元本の2~5%で抑えるようにする
  • 複数の通貨に投資をしてリスクヘッジを行う

まずは自分が今持っている資金に対して複利運用でどの程度の利益が欲しいのかを考えて目標を決めることから始めます。

何も考えずに取引をすると許容範囲以上の損失が発生するリスクが高くなるので、目標を明確にしておくことはとても重要です。

複利トレードのエントリーポイント

いよいよエントリーをすることになるのですが、海外FXで複利トレードをする時はエントリーポイントをしっかり見極めて損失のリスクを限界まで下げることが利益への近道です。

◇押し目買い
押し目買い

チャートを見た時に移動平均線が上昇していてレートが一時的に下抜けをした後、再度上昇しているのであればそれはエントリーポイントです。

◇戻り売り
戻り売り

反対に移動平均線が下降していてレートが一時的に上抜けをした後、再度下降しているのであれば戻り売りのエントリーポイントです。

◇ゴールデンクロス
ゴールデンクロス

中期や長期の移動平均線を短期の移動平均線が下→上に向かって突き抜けることです。クロスした後にどちらの移動平均線も上昇していれば強気トレンドになっていることを表しています。

◇デッドクロス
デッドクロス

反対に中期や長期の移動平均線を短期の移動平均線が上→下に向かって突き抜けることです。クロスした後にどちらの移動平均線も下降していれば弱気トレンドになっていることを表しています。

◇ブレイクアウト
ブレイクアウト

長期間レンジ相場が続いていて、レジスタンスラインやサポートラインからレンジブレイクをした時がエントリーポイントです。

10pips~15pipsの獲得を狙う

海外FXの複利トレードでは1日に10~15pipsの獲得を狙うのがベストだと言われています。

では実際に複利トレードのシュミレーションをして利益がどのくらい大きくなるのか確認してみましょう。

シュミレーション内容

  • 投資資金:100,000円
  • レバレッジ:500倍
  • 最大枚数:500枚
  • 取引通貨:ドル円
  • レート:108円

10pipsを狙った場合の複利シュミレーション

運用日数 枚数 利益 総資金
1日 46枚 46,000円 146,000円
2日 67枚 67,000円 213,000円
3日 98枚 98,000円 311,000円
4日 143枚 143,000円 454,000円
5日 209枚 209,000円 663,000円
6日 305枚 305,000円 968,000円

15pipsを狙った場合の複利シュミレーション

運用日数 枚数 利益 総資金
1日 46枚 69,000円 169,000円
2日 77枚 115,500円 284,500円
3日 131枚 196,500円 481,000円
4日 221枚 331,500円 812,500円
5日 374枚 561,000円 1,373,500円
6日 500枚 750,000円 2,123,500円

10pipsを狙った複利トレードでは1ヵ月で総資金は7,914,000円に、15pipsなら12,623,500円という結果になりました。

海外FXで複利トレードをする時は一発で大きな勝負をするというよりも、保有している資金の状況や取引の状況に応じて10pips~15pipsの小さな稼ぎでの複利を狙い長期運用する方法がおすすめです。

複利運用の注意点

海外FXで複利運用をしているトレーダーはたくさんいますが、勝率に注意して取引をするようにしてください。

勝率は勝ちトレードの回数÷総トレード数で計算して求めることができます。もし50%以下だった場合は複利運用は向いていません。

勝率が50%以下の状態で複利運用をするよりも単利運用をした方が利益が大きくなるからです。

勝率40%での複利と単位の違いを見てください。

    資金100,000円で分かりやすいように買ったら資金額の10%増える・負けたら資金額の10%減るという条件で比べてみます。
取引回数 複利運用の総資金 単利運用の総資金
1回【負け】 90,000円 90,000円
2回【負け】 81,000円 80,000円
3回【負け】 73,000円 70,000円
4回【負け】 66,000円 60,000円
5回【負け】 59,000円 50,000円
6回【勝ち】 65,000円 60,000円
7回【勝ち】 72,000円 70,000円
8回【勝ち】 79,000円 80,000円
9回【勝ち】 86,000円 90,000円
10回【負け】 77,000円 80,000円

このように勝率が50%以下の時は複利運用は単利運用よりも利益が小さくなってしまうのでもったいないです。

自分のトレードの実績から勝率を計算してみて、勝率が50%以上ある場合に複利運用を活用するようにしましょう。

複利運用におすすめな海外FX業者はXM

複利運用におすすめな業者はxm

海外FX業者トップに君臨するXMは多くのトレーダーから選ばれ長く利用されている有名業者です。

XMのおすすめポイント

  • 最大レバレッジが888倍
  • 口座開設や入金ボーナス、ロイヤルティプログラムなどが豊富
  • 詐欺や違法行為などの心配がないクリアな海外FX業者である

ではXMで複利運用を始めるとしてシュミレーションをしていきます。

まずはレバレッジ888倍が使えるスタンダード口座で1万円を投資し、1日10pipsの利益を狙った取引がうまくいった場合です。

複利運用の日数 枚数 利益 総資金
1日 8枚 8,000円 18,000円
2日 14 14,000円 32,000円
3日 26枚 26,000円 58,000円
4日 47枚 47,000円 105,000円
5日 85枚 85,000円 190,000円
6日 155枚 155,000円 345,000円
7日 282枚 282,000円 627,000円
1ヵ月 500枚 500,000円 7,127,000円

うまくいけば1日10pips狙いでもハイレバレッジのおかげでたった1万円が712万円にまで増えることだって可能になるんです。

ただ複利運用をするための自分なりのルールや目標がしっかり定まっていることや、エントリーポイントが掴めていることが前提となります。

では次にXMで1日15pipsを狙って複利運用をした時のシュミレーションです。

複利運用の日数 枚数 利益 総資金
1日 8枚 12,000円 22,000円
2日 18 27,000円 49,000円
3日 40枚 60,000円 109,000円
4日 89枚 133,500円 242,500円
5日 198枚 297,000円 539,500円
6日 441枚 661,500円 1,201,000円
7日 500枚 750,000円 1,951,000円
1ヵ月 500枚 750,000円 11,701,000円

15pipsになると複利も大きくなるので1ヵ月運用した時の総資金はかなり増えている状態になります。

ただ毎回うまくいって勝てるとは限らないので、あくまでも参考程度にして自分の資金量やトレードのレベルに応じてレバレッジや目標pipsを決めることをおすすめします。

海外FXでの複利運用のまとめ

海外FXで複利運用をする時は基本的にまずは単利で利益が出せるようになってからが安心です。

複利運用は

  • 利益が出るスピードが速い
  • 損失が出るスピードが速い

とプラスもマイナスも兼ね備えているので知識がほとんどない初心者が手を出してしまうと、テクニックをうまく駆使できずに損失になってしまう可能性が高いです。

複利運用に興味がある初心者のトレーダーはまずは長く保有することで複利運用と同じ効果があると言われている個別株で実践してみるのがおすすめです。

海外FXの複利運用で利益を出したいなら

・徹底した資金管理
・目標設定
・的確なエントリーポイントの把握

をしっかり行い着実に資金を増やせるように取引をしてみてください。