タイタンFXって何がすごいの?特徴と始め方をまとめてみました

タイタンFXについての画像

タイタンFXは、バヌアツ共和国金融当局のライセンスを持ち、2014年に営業を開始しました。新興業者ではありますが、トレーダーからの信頼を集めており、注目されている海外FX業者です。

ボーナスキャンペーンを一切行わない代わり、業界最高レベルの取引環境を提供する、という姿勢を一貫しており、口座スペックも玄人好みの仕様になっています。

タイタンFXの公式サイトを見る

「なんだ、ボーナスがないのか…」と思われるかもしれませんが、最後まで読めば、タイタンFXがボーナスがなくてもブランド力を築けている理由を、知っていただけるでしょう。

今回は、タイタンFXの魅力と口座開設方法までを、画像付きで詳しく解説します。

タイタンFXとは

タイタンFXでは、「スタンダード口座」と「ブレード口座」という2種類の口座を提供しています。まずは基本的な口座スペックを、一覧表で確認しましょう。

スタンダード口座 ブレード口座
取引手数料 無料 取引手数料$3.5(10万通貨)
スプレッド 機関グレードSTPスプレッド ECNスプレッド0.0 pips/0.0銭~
取引可能な銘柄 70+ 通貨ペア/コモディティ/CFD 70+ 通貨ペア/コモディティ/CFD
最低入金額 初回最小入金額$200 初回最小入金額$200
最小ロット 0.01(1ロット=10万通貨) 0.01(1ロット=10万通貨)
最大ロット 100ロット 100ロット
1つの口座で一度に保有できるポジション数 200ポジション 200ポジション
レバレッジ 最大500倍 最大500倍
取引制限 両建て、スキャルピング、EAなどに制限なし 両建て、スキャルピング、EAなどに制限なし
ゼロカットシステム あり あり
プラットフォーム MT4またはMT5 MT4またはMT5
口座通貨 JPY / USD / AUD / SGD /EUR JPY / USD / AUD / SGD /EUR
対象トレーダー 一般トレーダー/裁量トレーダー 上級トレーダー/EAトレーダー

続いて、それぞれの口座の特徴を見ていきましょう。

スタンダード口座

スタンド口座のロゴ画像

取引手数料がかからない口座タイプで、一般トレーダーや裁量トレーダー向きとされています。メタトレーダーを通してインターバンクへアクセスし、リクオートのない、完全NDD取引を行えます。また、新Zero Pointテクノロジーにより、超高速約定、狭いスプレッド、安定した取引環境が提供されています。

ブレード口座

ブレード口座のロゴ画像

業界最狭のスプレッド(0pips~)、ミリ秒単位の約定スピードを、少ない取引手数料で利用できる口座タイプです。取引ロット数の大きい上級トレーダーや、スキャルピングトレーダー、EAトレーダー向きとされています。タイタンFXのECNネットワークと、超高速処理能力を備えたAIにより、高速約定と限りなくゼロに近いスプレッドが実現されています。

ここまでは、タイタンFXの口座タイプとスペックの基本情報を確認してきました。
次からは、Zero Pointテクノロジーとは何か、どうして高速約定や狭いスプレッドを実現できているのかなどを、さらに詳しく見ていきましょう。

タイタンFXのココがすごい!

タイタンFXの魅力は、最新技術に裏付けられたトレード環境にあります。ここからは、タイタンFXが多くのトレーダーに支持されている理由に迫っていきます。

Equinix NY4データセンター使用

タイタンFXの取引サーバーとECNは、世界の金融の中心地であるニューヨークのNY4内にある、Equinix(エクイニクス)社のデータセンターを使用しています。Equinix社は、NASDAQ一部上場企業であり、高い信頼性と市場におけるリーダーシップを有しています。

Equinix NY4データセンターのメリットは以下の通りです。

  • ウォール街からの距離が近く、極めて少ないレイテンシで接続が可能である
  • 世界のトップ金融機関も利用しているため、中立した相互接続の場が提供されている
  • Equinix社は一部上場企業であり、信頼性が高い

Zero Pointテクノロジー

Zero Pointとは、長年の経験や知識、そして最新のIT技術から生み出されたテクノロジーのことです。Zero Pointテクノロジーにより、これまで一部の有力なトレーダーや専門家のみが使えた金融インフラを、一般のトレーダーに提供することを実現しています。Zero Pointにより、よりゼロに近いレイテンシやスプレッドを達成しており、業界最高レベルの取引環境でのトレードが可能になっています。

Zero Pointテクノロジーのメリットは以下の通りです。

メリット

  • 北米、アジア、シンガポールの、複数のデータセンターを使用
  • Equinix NY4データセンターに複数のサーバーを配置
  • きわめてレイテンシの低いネットワークの構築
  • 追証、リクオートなし
  • 全通貨ペア共通で、500倍の高レバレッジを実現
  • ブレード口座では、業界最狭のスプレッド(0pips~)を提供

超高速約定

Equinix NY4データセンターを使用したレイテンシの低いネットワークにより、超高速約定と決済が可能になっています。

スタンダード口座では、タイタンFX STPテクノロジーにより、Equinix NY4データセンターからリクイディティプロバイダーに直接データ接続されています。

さらにブレード口座では、タイタンFX ECNテクノロジーにより、リクイディティプロバイダーとサーバー間を高速光ファイバーで接続し、安定した超光速通信を提供しています。

業界最狭レベルのスプレッド

タイタンFXでは、およそ50の主要銀行や、リクイディティプロバイダー(提携している金融機関のことで、メタトレーダーに実際に示される価格の元を提示している所)との幅広いネットワークにより、最も良いレート、そして業界最狭レベルのスプレッドをトレーダーに提供しています。

主要通貨ペアの平均スプレッドは、以下の通りです。

スタンダード口座 ブレード口座
EURUSD 1.2 pips 0.2 pips
GBPUSD 1.57 pips 0.57 pips
USDJPY 1.33 pips 0.33 pips

完全NDD取引

タイタンFXの取引は、ディーリングディスクを介さない、ノンディーリングディスク方式(NDD方式)です。インターバンク市場と直結し、不正な価格操作とは無縁な、透明性の高い環境でトレードができます。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、急な値動きのために顧客の口座残高がマイナスになった場合でも、追証を求めず業者側が負担するシステムです。海外FX業者では一般なシステムですが、タイタンFXでも取り入れられています。

FX通貨ペア以外に、株価指数、エネルギー、貴金属の取引も可

タイタンFXでは、以下の銘柄の取引が可能です。FX以外の取引をするトレーダーのニーズにも応えることができます。

  • 70種類以上のFX通貨ペア
  • 株価指数CFD
  • 原油(WTI原油、ブレント原油)
  • 貴金属(ゴールド、シルバー、プラチナ、パラジウム)

ソーシャルトレード、シグナルトレードができる

ソーシャルトレード、シグナルトレードは、IT技術の進歩により登場した比較的新しいトレードスタイルです。

ソーシャルトレード

メタトレーダーから他のトレーダーのスタイルに相乗りして自動売買する方法です。タイタンFXではZuluTrade(ズールトレード)が提供されています。

シグナルトレード

ソーシャルトレードは他のトレーダーをフォローする方法ですが、シグナルトレードではシグナルをフォローするという点で違いがあります。それぞれのシグナルの成績からお好みのものを選択し、タイタンFXの自分の口座にコピーして運用することができます。

利点

  • プロトレーダー、または成績の良いトレーダーの取引を、自分の口座で行うことができる
  • 24時間システムに運用を任せるため、常にチャートを見ている必要がない

注意点

  • 成績の良いスタイルを、自分で見極める必要がある
  • 各所から様々なシグナルの配信があるが、サポート体制や信頼性を確認する必要がある

公式サイト、カスタマーサポートともに日本語対応

海外FX業者によっては、公式サイトの日本語にやや怪しさを感じるところもありますが、タイタンFXの公式サイトは違和感のない日本語で、とても読みやすいページ作りがされています。
また、月曜日~金曜日の24時間体制で、日本語でのサポートを受けられます。経験が少ない方でも、安心して口座開設ができます。

ここまでは、タイタンFXの魅力を見てきました。
次は、反対にデメリットといえる部分を確認しましょう。

タイタンFXのココがいまいち

タイタンFXは優れた取引インフラを売りにしていますが、そのためにあるデメリットもあります。ここでは、タイタンFXの知っておきたい欠点部分を見ていきます。

ボーナスは一切なし

多くの海外FX業者が入金ボーナスなどのプロモーションを行っていますが、タイタンFXはボーナスは一切ありません。その代わりに、取引するインフラ整備の充実に力を入れるというスタイルです。

ボーナスがないことは、特にトレードを始めたばかりの方にとっては、デメリットとして大きく感じるかもしれません。
しかし、ボーナスがあることで発生しうる取引制限(両建て禁止など)がないとうメリットもあり、ボーナスに関しては賛否が分かれるところです。

入金方法は少なめ

現在タイタンFXでは以下の5つの入金方法が使えます。

  • Visaカード、Visaデビットカード、Masterカード
  • ビットウォレット
  • NETELLER
  • SKRILL
  • 電信送金

5つありますが、NETELLERとSKRILLは日本では使えない方法になっています。そして電信送金は、現在は使用することができません。現状はクレジット/デビットカードとビットウォレットの2種類しか入金方法がありません。ただし使用可能な入金方法では、手数料無料で即時入金が可能です。

運営年数は短め

タイタンFXは、2014年に運営を開始した比較的新しい海外FX業者です。先進の取引環境を提供していても、実績の少なさは否めません。

しかし顧客の資金管理では、150年以上の歴史があり上場企業でもあるナショナルオーストラリア銀行を信託銀行としていて、信頼性が高いです。万一の際に、資金が返ってこないという可能性は低いと言えるでしょう。

ここまでは、タイタンFXのデメリットと言える部分を確認しました。
次は、タイタンFXでの口座開設方法を、画像を交えながら見ていきましょう。

タイタンFXを始めてみよう

ここからは、実際の口座開設方法を画像で確認していきます。
タイタンFXの口座開設からトレード開始までの流れは、以下の通りです。

口座開設方法

  1. 公式ページを開き、「ライブ口座開設」を選択
  2. 個人情報などの必要事項を入力し、開設申込みをする
  3. 登録メールアドレスあてにIDやパスワードが記載されたメールが届き、口座開設が完了する
  4. 身分証明書類、現住所確認書類をアップロードする
  5. 本人確認が完了した時点で、口座がアクティブになり入金可能になる

口座開設をする時は、以下のことを気をつけると良いでしょう。

  • 入力は基本的にはローマ字入力
  • 開設申込みの際に入力する住所は、現住所確認書類と同じ住所を入力する

それでは早速、口座開設の流れを見ていきましょう。

口座開設の流れを画像で確認

最初に、タイタンFX公式ページのトップページにある「口座開設申込」から、「ライブ口座開設」を選択します。

タイタンFXの公式サイトに行く

口座申し込み画面の画像

「ライブ口座を開設する」という口座開設ページに移動しますので、まずは「クライアントキャビネット情報」を入力します。

口座開設ページの画像

例:Taro
例:Yamada
メールアドレス ご使用のメールアドレスを入力します。
生年月日 例えば1980年1月22日生まれなら、22/01/1980のように日月年の順で入力します。
TitanFXをどこで知りましたか? この項目は日本語入力可です。
クライアントキャビネットのパスワード 会員ページへのログインパスワードを決めます。7文字以上で、大文字、小文字、数字をそれぞれ1つ以上入れてください。「@」や「-」などの記号も使えます。

続いて、「連絡先情報」の入力です。

連絡先情報入力画面の画像

Japanが入力されているので、基本的に変更不要です。
国番号 (+81)という日本の国番号が選択されているので、基本的に変更不要です。
電話番号 ハイフンを入れずに入力します。
(例:09012345678)
市区町村以降の住所 お住いの町名、番地、建物名を入力します。入力は日本とは反対に「番地→町名」の順で書きます。
(例:赤坂1-2-3 → 1-2-3, Akasaka)
市区町村 お住いの市区町村を入力します。
(例:横浜市→Yokohama または Yokohama-shi)
都道府県 お住いの都道府県を入力します。
(例:神奈川県→Kanagawa または Kanagawa-ken)
郵便番号 ハイフンを入れずに入力します。
(例:1231234)

続いて、「取引口座」の入力です。

取引口座の入力画面の画像

プラットフォームタイプ MT4とMT5が選択できます。公式サイトではMT4のみ紹介されていますが、MT5でも快適な取引ができることを確認済みです。
口座タイプ 「スタンダード」「ブレード」から選択できます。以下の目安で選択すると良いでしょう。
スタンダード口座:一般トレーダー、裁量トレーダー
ブレード口座:取引量の多い上級トレーダー、スキャルピングトレーダー、自動売買をするトレーダー
レバレッジ 基本的には、最大の口座レバレッジである500倍(1:500)がおすすめです。
基本通貨 JPY / USD / AUD / SGD /EURから選択できます。基本的には、入出金の際の為替手数料がない「JPY口座」を選択すると良いでしょう。

すべての項目を入力したら、間違いがないことを確かめて、「口座開設」をクリックします。
クリックすると、「ご登録ありがとうございます。」という画面が表示されます。

口座開設最終ページの画像

「口座開設」ボタンクリックすると、ほぼ同時に、「【重要】口座開設の最終ステップ:Eメール確認ボタンを押してください」という件名のメールが届きます。

メール送信後の画像

メールの中の「確認」ボタンをクリックし、メールアドレスの確認を完了します。

メールアドレスの確認を終えると、「メールアドレスの確認が完了しました」というページが開きます。

メール確認後の画像

メールアドレスの確認が終わると同時に、「【重要】TitanFX : MT4口座ログイン情報」というメールが届き、メタトレーダーのログイン情報が送られてきます。このメールは後で必要になりますので、破棄せずに保存しておいてください。

ログイン情報画面の画像

ここまでが口座開設の手順になります。

次からは、クライアントキャビネットにログインして本人確認をし、口座を取引可能な状態にするまでの方法を、画像で詳しく見ていきます。

口座開設の後にすることは?

タイタンFXでは、口座開設後に本人確認をする流れになります。そして、マネーロンダリング防止等の理由から、本人確認をしていない状態では、口座へ入金することができません。ここからは、本人確認の方法を確認していきましょう。

本人確認時の注意点

本人確認では、身分証明書類と現住所証明書類の2種類の書類をアップロードします。証明に使える書類は、以下の通りです。

身分証明書類(以下のうち、いずれか1つ)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

現住所証明書類(以下のうち、いずれか1つ)

  • 住民票
  • 公共料金の請求書(ガス、電気、水道)
  • 銀行、カードの利用明細書

身分証明書類の確認は、基本的に動画を撮影してアップロードします。多くの海外FX業者では、画像ファイルのアップロードで大丈夫なので、少し注意が必要です。
ログインする端末がパソコンの場合は、カメラがついていない場合がありますので、以下の2つの動画を、あらかじめ用意しておきましょう。

  • 名前、生年月日、有効期限、書類番号が明確に写っている、身分証明書類を写した動画
  • あなたの顔の動画

現住所証明書類は、動画ではなく画像のアップロードになります。3か月以内に発行されていて、発行元、お名前、住所、発行日が鮮明にわかる画像を用意しておくと、スムーズに作業を進められます。

それでは、本人確認の手順を見ていきましょう。

本人確認の手順

クライアントキャビネットへ最初にログインすると、下のような画面が表示されます。

「ご本人様確認を開始する」をクリックして、次のページへ進めましょう。

「セキュリティ情報と設定」の画面が開くので、必要事項を入力していきます。

セキュリティ情報と設定の画像

秘密の質問 あらかじめ質問が用意されているので、プルダウンメニューから選択します。
秘密の質問の答え 質問に対する回答を入力します。入力は日本語で大丈夫です。
雇用業種 プルダウンメニューから雇用業種を選択します。
雇用形態 プルダウンメニューから雇用形態を選択します。
今後12ヶ月の間にTitan FXへの投資額はどのくらいになると想定しますか? タイタンFXでのおおまかな投資予定額を、プルダウンメニューから選択します。
Titan FXへの投資額をどのくらいの期間維持する予定ですか? タイタンFXでの大まかな投資予定期間を、プルダウンメニューから選択します。

すべて入力し終えたら、「次へ」をクリックします。

次のページは「身分証明書の確認」です。

身分証明書の確認の画像

身分証明書の確認では、写真付き身分証明書を1点もしくは複数アップロードする必要があります。

写真付き身分証明書として使える書類は、以下の3つです。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

提出する書類を選択して、「次へ」をクリックします。

次のページは、「身分証明書の確認」の続きです。
選択した身分証明書の情報を入力する画面に変わります。

入力フォームの画像

上の画像では運転免許証ですが、パスポートやマイナンバーカードを選択した場合も、同様の画面が表示されます。
発行国、姓名、書類番号(運転免許証番号、旅券番号、個人番号)、有効期限を、書面に記載されている通りに入力します。

すべて入力し終えたら、「次へ」をクリックします。

タイタンFXでは、身分証明書はShuftiProという自動認証システムを使用します。次の画面では、自動認証にあたって、注意事項が説明されます。

自動認証システムの画像

パソコンなどではカメラがない場合もありますが、すでに用意した動画ファイルをアップロードすることも可能です。確認の上、「次へ」をクリックします。

次の画面で、自動認証システムのShuftiProに切り替わります。

ShuftiProの画像

年齢確認などの利用規約を読み、「同意する」をクリックします。

次の画面は、書類のアップロード画面になります。

アップロード画面の画像

カメラがついている端末の場合は、「キャプチャする」をクリックして、動画を撮影します。
カメラがついていない端末でも、「キャプチャする」をクリックするとファイルを選択できますので、証明書類の動画を選択し、アップロードします。

アップロードする身分証明書類の動画は、明るく鮮明であることを確認してください。

ファイルを選択したら、「次に」と表示されますので、クリックして進めます。

次の画面は、アップロードした書類の確認画面です。

確認画面の画像

確認したら「はい」をクリックします。

動画のため、アップロードには少し時間がかかります。
しばらくお待ちください。

身分証明書のアップロードが完了すると、次はあなたの顔の認証です。

顔の認証の画像

以下の2つが守られていることを確認してください。

  • 一部が隠れず、顔の全体像が見えている
  • 眼鏡、帽子などのアクセサリーは外して撮影する(推奨)

カメラがついている端末の場合は、「キャプチャする」をクリックして、動画を撮影します。
カメラがついていない端末でも、「キャプチャする」をクリックするとファイルを選択できますので、あらかじめ撮影したあなたの顔の動画を選択し、アップロードします。

次の画面は、アップロードした書類の確認画面です。

書類の確認画面の画像

注意事項を確認し、「次に」をクリックして先に進めます。

身分証明書とあなたの顔の動画をアップロードすると、その場でチェック作業が行われます。この作業は数分間がかかるので、ゆっくりとお待ちください。

作業が完了すると、「認証が完了しました」と表示されます。

表示後の画像

ただし、動画の画像が不鮮明などの理由で、自動認証に失敗する場合があります。

失敗後の画像

この場合は、写真付き身分証明書を手に持った状態のセルフィー画像を撮って、アップロードし直すことになります。セルフィー画像の場合は動画ではなく、jpgなどの画像ファイルで大丈夫です。

アップロードフォームの画像

ファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

アップロードフォームの画像

アップロードが完了すると、完了画面が表示されます。

ここまでが、身分証明書類のアップロードです。
「次へ」をクリックして、現住所確認書類のアップロードへ進みましょう。

「現住所証明書類 – 書類のアップロード」という画面が表示されます。

書類アップロードフォームの画像

  • 住民票
  • 公共料金の請求書(ガス、電気、水道)
  • 銀行、カードの利用明細書

のうち、いずれか1点をアップロードします。
アップロードする書類は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 登録者本人名義である
  • 3か月以内の発行である
  • 書面上の情報(お名前、住所、発行日)が鮮明に写っている

アップロードしたら、「次へ」を選択します。

「現住所証明書類のアップロード完了」という画面が表示されます。

 

書類アップロードフォームの画像

「次へ」をクリックすると、「承認手続き完了までしばらくお待ちくださいませ」という画面が表示されます。

完了画面の画像

この画面が表示されると、本人確認手続きはすべて終了です。確認作業に最大1営業日かかるので、気長に待ちましょう。

本人確認が完了すると、「証明書類確認の手続きが完了しました」という件名のメールが届きます。

メール送信後の画像

このメールが届いた段階で、取引口座の認証が完了となります。口座へ入金し、取引を始められます。

タイタンFXのポイントと始め方のまとめ

タイタンFXは、ボーナスなどのキャンペーンではなく、取引環境のインフラ整備に力を入れている海外FX業者です。初心者のうちはボーナスを利用したトレードは有力ですが、自分の技術で勝てるようになると、約定力などの口座スペックを重視したい場合もあるでしょう。最先端のテクノロジーに裏付けされた取引環境は、とても魅力的です。

口座開設をする時は、動画による本人確認の自動認証を取り入れているのが面白いところです。ShuftiProによる自動認証は、クレジットカードを登録する時も使われるので、カメラがついた端末を使うか、あらかじめ動画を準備しておくとスムーズに登録ができます。