XMは1万円あれば取引できる!シミュレーション付きで徹底解説

FXに興味があるけど、何十万円も準備できない、始めは少額で挑戦したい、そう考えている方はきっと多いことでしょう。
少額でFXに挑戦することは、レバレッジが25倍に規制されている国内FX業者では難しい場合が多いかも知れません。

しかし、海外FX業者のXMでは、たった1万円の自己資金からでもトレードを始めることができます。
その理由を挙げると、以下のようになるでしょう。

XMが1万円でトレードできる理由

  • 最大レバレッジが888倍
  • 最小1,000通貨から取引可能
  • 豊富なボーナスがある

今回は、XMが1万円からでもトレードが出来る理由を詳しく解説していきます。
そして、自己資金1万円の場合のトレードシミュレーションもしてみます。
是非参考にして下さい。

なぜXMでは、1万円あれば取引できるのか?

XMでは、なぜ1万円あればトレードが可能なのでしょうか。
理由を詳しく見ていきましょう。

最大レバレッジが888倍

レバレッジについてのよくある誤解として、レバレッジが大きいと勝ちやすい、または、損失が大きくなりやすくて危険、と言うものがあります。

しかし実は、トレードの損益は、レバレッジの影響を直接受けることはありません。
レバレッジが大きく影響するのは、ポジションと証拠金の関係に対してです。

一つのポジションを持つために必要な証拠金を、「必要証拠金」と言います。
必要証拠金はレバレッジの影響を大きく受け、レバレッジが大きいと必要証拠金は小さくなり、反対にレバレッジが小さいと必要証拠金は増えます。

わかりやすい例として、XMと国内FX業者で、1ドル=108円として、ドル円で1万通貨のトレードをする時にいくらの証拠金が必要かを比較してみましょう。

レバレッジ 取引数量 必要証拠金
XM 888倍 1万通貨 1,216円
国内FX業者 25倍 1万通貨 43,200円

表を見て分かる通り、XMの場合は口座に数千円入っていれば、1万通貨のポジションを持つことが可能です。
それに対して、同じ1万通貨のポジションを持つ場合でも、レバレッジ25倍の国内FXでは最低でも5万円弱の資金が口座になければいけません。

レバレッジの大きさが、少額からでもトレードが出来る理由であることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

最小1,000通貨から取引可能

さらにXMでは、最も基本的であり人気の高いスタンダード口座の最小取引ロットは、0.01ロット(=1,000通貨)となっています。

1,000通貨のトレードでは、1pipsの変動での損益は10円ほどです。
ドル円で1円の価格変動があっても、1,000通貨のトレードで起こる損益は1,000円になります。

小さい取引ロット数を設定出来ることも、XMが1万円からでもトレード出来ることの大きな理由ですね。

ボーナスを使えば自己資金以上の証拠金で取引出来る

もし1万円しかトレードのために準備できる資金がなくても、XMではボーナスを活用することで証拠金を増やすことができます。
XMが提供しているボーナスは、以下の3つです。

提供しているボーナス

  • 新規口座開設ボーナス(3,000円)
  • 100%入金ボーナス(500ドル相当額まで)
  • 20%入金ボーナス(4,500ドル相当額まで)

例えば、新規口座開設の3,000円ボーナスを受け取り、1万円を入金し、100%ボーナスで1万円を受け取れば、合計2万3,000円でトレードを始めることができます。

マイクロ口座はさらに少額取引が可能

XMは3種類の口座タイプを提供していますが、その中の1つであるマイクロ口座は、小さい取引数量に特化した口座タイプです。

マイクロ口座の最小取引数量は、なんと10通貨(MT4口座の場合)。
10通貨の場合は、1pipsの変動で0.1円ほどの損益になります。

儲けることは出来ませんが、たとえ大負けしてもランチ代程度の出費にしかならないでしょう。

ここまでは、XMが1万円からでも取引が出来る理由を見てきました。
次は、実際に1万円の自己資金からどのようにトレードに挑戦できるのか、例を挙げて見ていきましょう。

1万円の運用プラン

実際に1万円だけを入金したら、どのようなトレードが可能なのでしょうか?
今回は、1万円だけでトレードする場合と、1万円を入金してさらにボーナスも受け取った場合の2種類を考えて見たいと思います。

そして、シミュレーションもそれぞれで以下の2種類を行います。

  • 取引数量を想定し、ロスカットまで何pipsの値幅を耐えられるか
  • 取引数量と損切り幅(今回は20pipsで損切りとする)を想定し、何連敗まで耐えられるか

シミュレーションの条件は以下の通りです。

シミュレーション条件

  • 1ドル=100円と想定
  • ドル円での取引
  • レバレッジは888倍
  • ロスカット水準は20%

それでは、早速見ていきましょう。

スタンダード口座を開設し、1万円を入金してトレードする場合

まず最初の例として、1万円を入金し、入金額だけでトレードする場合をシミュレーションしてみます。結果は以下の表をご覧ください。

証拠金1万円で、ロスカットまで何pipsの値幅を耐えられるか

取引数量 ロスカットまでのpips
1,000通貨(0.01ロット) 998pips
3,000通貨(0.03ロット) 331pips
5,000通貨(0.05ロット) 198pips
1万通貨(0.1ロット) 98pips

証拠金1万円で、20pipsで損切りとし、何連敗まで耐えられるか

取引数量 1敗した時の損失 可能な連敗
1,000通貨(0.01ロット) 200円 49連敗
3,000通貨(0.03ロット) 600円 16連敗
5,000通貨(0.05ロット) 1,000円 9連敗
1万通貨(0.1ロット) 2,000円 4連敗

表を見て分かる通り、 1万円だけの入金でもそこそこのトレードが出来ることが分かりますね。

しかし、最小取引通貨量である1,000通貨付近であれば余裕がありますが、取引通貨量を増やすと、少しの負けが命取りになり、現実的には少々難しいかも知れません。

次は、1万円+ボーナスでトレードする場合も考えてみましょう。

スタンダード口座を開設し、1万円+ボーナスでトレードする場合

1万円だけでも、取引通貨量を増やさなければトレード可能と言うことが分かりましたね。

それでは続いて、1万円を入金し、口座開設ボーナス3,000円、100%入金ボーナス1万円を加えて、ボーナスフル装備の合計2万3,000円でトレードする場合をシミュレーションしてみましょう。

証拠金2万3,000円で、ロスカットまで何pipsの値幅を耐えられるか

取引数量 ロスカットまでのpips
1,000通貨(0.01ロット) 2,298pips
3,000通貨(0.03ロット) 764pips
5,000通貨(0.05ロット) 458pips
1万通貨(0.1ロット) 228pips
3万通貨(0.3ロット) 74pips

証拠金2万3,000円で、20pipsで損切りとし、何連敗まで耐えられるか

取引数量 1敗した時の損失 可能な連敗
1,000通貨(0.01ロット) 200円 114連敗
3,000通貨(0.03ロット) 600円 38連敗
5,000通貨(0.05ロット) 1,000円 22連敗
1万通貨(0.1ロット) 2,000円 11連敗
3万通貨(0.3ロット) 6,000円 3連敗

ボーナスで証拠金を強化している場合は、1万円だけと比べると安定感が大きいですね。
少し取引数量を上げても、現実的にトレード可能な範囲ではないでしょうか。ボーナスは積極的に活用していきたいですね。

今回は、「ロスカット」「連敗」など、勝負する上では聞きたくないような言葉ばかり出してしいました。「連勝すれば1万円が○○万円になります!」と言うような、景気の良い話を聞きたい方には申し訳ありませんでした。

しかし、トレードの世界はやさしいものではありません。勝つばかりではなく、負けることも当然あります。
もし負けた場合にどうなるのかと言うことを、あらかじめ考えておくことはとても重要なので、今回はリスクを重視したシミュレーションとさせていただきました。

まとめ

今回は、XMではたった1万円でもトレードすることが可能であると言うお話をさせていただきました。
888倍のレバレッジや、1,000通貨と言う小さい取引数量でも取引可能と言うことが、少額からでもトレード可能なことの理由としてご紹介できたのではないかと思います。

ここで少し注意していただきたいのは、口座レバレッジについてです。
XMでは口座開設の際に口座レバレッジを選べますが、その時には必ず「1:888(888倍)」を選びましょう。
レバレッジは大きなメリットになるので、888倍以外を選ぶ必要はありません。

もし今小さいレバレッジを選択されていたとしても、会員ページから変更することが可能です。レバレッジを生かした上で、安全なトレードを心がけたいですね。

xm

xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆xmが人気の理由は?

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり