XMで仮想通貨取引が再開!?最新XMのビットコイン取引情報

FXで取引をしているトレーダーの中には仮想通貨での取引を考えているのではないでしょうか?

XMでは仮想通貨取引の再開の噂があります。

少額から始めることができて、下げ相場でも大きな利益を狙え、 少ない元手で24時間取引可能な暗号資産とも言われている仮想通貨取引。

今では聞き馴染みのあるビットコイン(BTC) 、リップル(XRP) 、など有名な銘柄を取り扱っていました。

そんな魅力的な仮想通貨取引をXMでできるのか詳しく説明します。

目次

2021年XMの仮想通貨取引が再開?

今では身近になってきている、ビットコイン、XRPUSD(リップル)などの仮想通貨
XMでは2019年10月に取引が停止されていました。

今、XMで仮想通貨取引は再開されているのでしょうか?

XMの仮想通貨取引は再開していない

現在では仮想通貨取引を停止しているXM。中には再開を待ち望みにするユーザーも。

XMの仮想通貨取引の概要

ビットコインやリップルの銘柄をすでにお持ちのトレーダーや、仮想通貨取引を始めようと思っている方へXMではどのようなサービスがあり、どのような取引になるのか簡単に説明します。

取り扱い銘柄は5種類

ビットコイン、イーサリアム、ダッシュコイン、ライトコイン、リップルの5種類の仮想通貨を取り扱っていました 。 

スクロールできます
通貨ペア再商取引単位最大保有量最低資金額
ビットコイン(BTC)0.01BTC16BTC約700円
イーサリアム(ETH)0.5ETH450ETH約1300円
リップル(XRP)300XRP357000XRP
約2000円
ビットコインキャッシュ(BCH)0.1BCH197BCH約1300円
ライトコイン(LTC)1LTC1785LTC約900円

ボーナス利用可能

XMでは3種類のボーナスが常備されています。
仮想通貨にもボーナスは適用されていました。

取引ボーナス¥3000
入金ボーナス最大$500+最大総額$4.500
ご友人を取引に招待最大$35

最低金額は500円で日本円の入金可能

XMの最低入出金額は500円からになります。FX未経験者でもレバレッジを利用すると仮想通貨では最大5倍の金額から取引が開始できるので、少ない金額からでも始めることができます。

最大レバレッジは5倍とかなり低い

最大レバレッジ888倍を扱っているXMではかなり低いレバレッジとなっています。

国内の最大レバレッジは25倍と決められている仮想通貨取引においては、国外FXの大きなメリットでありXMのレバレッジ888倍の魅力的なシステムを利用できなくなってしまいます。

平均スプレッドは広めで取引手数料は無料

取引ですべての通貨ペアでXMで取り扱っている仮想通貨はすべてスプレッドが広いのが特徴です。

ただ、取引手数料はすべての口座で発生しないので取引コストが平均スプリットが広いためトレーダーにとっては不利になります。

スワップポイントはすべてマイナス

XMで扱っていた仮想通貨はすべての通貨がマイナススワップでした。

スワップポイントは通貨間の金利差がプラスになれば収入になりますが、マイナスになればその通貨を持ち続ける限り支払うということになります。

長期的に取引を考えているトレーナーにとっては仮想通貨がマイナススワップになればマイナス分支払い続ける大きなデメリットになります。

土日は取引不可

「眠らない市場」と言われている仮想通貨ですがXMではFXに分類されるので基本的に土日は取引ができませんでした。

取引可能な時間帯は月曜:午前7時5分〜土曜:午前6時50分です。 日本時間でも季節によっても時間が変わることもありました。

夏時間月曜6:05~土曜5:50
冬時間月曜7:05~土曜6:50

なぜXMは仮想通貨取引を停止したのか

仮想通貨取引がなぜ停止になったのか、それはFX取引と比べトレーダーが気をつけなければいけないXM内の取引にかかるリスクや機能性にありました。その理由を5つあります。

理由①FX取引に比べ流動性が低くスプレッドが広い

仮想通貨には流動性のあるコイン、アルトコインはありましたが市場での変動が大きく価格が急上昇しやすく流動的ではない物もありました。

ビットコイン(BTC)は最小スプレットで取引するだけでも6.600円とかかるためトレーダーに不利なものになりました。

通貨ペア最小スプレッド
ビットコイン(BTC)60pips
イーサリアム(ETH)3.6pips
リップル(XRP)0.0038pips
ビットコインキャッシュ(BCH)5.0pips
ライトコイン(LTC)0.6pips

理由②最大レバレッジが5倍と国内FXレベル

国内FXサイトの最大レバレッジは25倍と定められています。

それに対しXMの仮想通貨取引の最大レバレッジは5倍となってます。

FXをはじめる際にハイリスクの心配がないのはとてもいいことですが、大きな取引ができなくなります。

理由③MT4を利用できない

XMの仮想通貨取引では取引を自動で行ってくれるMT5しか利用できないため、MT4は利用はできません。

これまで多くのトレーダーはMT4を使用していたため自動売買を使うトレーナーは仮想通貨以外の取引へと移行していきました。

理由④マイナススワップポイントがあり長期保有に不向き

トレード手法の中で最も長く、1年以上年単位でのトレードも視野に入れているポジショントレードスタイルや、長期保有型のトレーダーはマイナススワップになると大きなマイナスが生まれることがありました。

スクロールできます
通貨ペアロングスワップショートスワップ
ビットコイン(BTC)-25ドル-10ドル
イーサリアム(ETH)-25ドル-10ドル
リップル(XRP)-25ドル-10ドル
ビットコインキャッシュ(BCH)-25ドル-10ドル
ライトコイン(LTC)-25ドル-10ドル

理由⑤ハッキングリスクがある

仮想通貨には銀行がなくハッキングされ流出するリスクは通貨よりも高く前例もあります。

2019年に世間を騒がせた起きたビットコイン(BTC)約66億円がハッキングされた事件をきっかけにリスクの高さが広がり、FXでは仮想通貨取引に対する不安な傾向が強まりました。

XMで仮想通貨取引まとめ

仮想通貨取引が再開してもおすすめはできない

結論から言うとこの記事はXM内で仮想通貨取引が再開される事になってもおすすめはできない理由が4点ほどあります。

  • レバレッジの上限が5倍
  • スプレッドが広い
  • スワップポイントがマイナス
  • ハッキングで流出の前例がある

XMの強みでもあるレバレッジは国内レベル以下の5倍と上限が決められており、スプレッドは広く仮想通貨を持っているだけで生まれるマイナススワップ。

価格変動の激しい仮想通貨の取引はトレーダーにとってはリスクの高い取引となりXMでは取引の再開を待つほどのメリットはないため別の商品取引を行うことをおすすめしています。

XMの取引でおすすめするのが仮想通貨取引ではなくFXやゴールド、日経225の取引がおすすめです。

海外FXのXMの強みでもある最大888倍のレバレッジが国内の最大レバレッジと比べるととても魅力的です。XMでは仮想通貨取引の再開を待ち続けるよりも有益な取引ができると思います。

FXを始めようとこのサイトを覗いてくださったみなさんがこの記事をきっかけに自分にあったスタイルでの取引や、FXでプラスの利益を生み出せればうれしいです。

目次
閉じる