XMのロスカットの仕組みを完全解説!他社と比べて有利なの?

ロスカットの画像

ロスカットは、顧客の資金を守るためにFX業者が行う最後の砦です。

XMでは、『高いレバレッジ』『証拠金維持率20%』という、低い水準でのロスカットという、ロスカットされにくい環境が提示されています。

今回は、そもそもロスカットとは何なのか、ということから始めましょう。そして、 XMと他の競合海外FXとのロスカットルールの比較や、XMでのロスカットのケーススタディを通して、XMのロスカットを完全解説します。

XMのロスカットのルール

最初に、XMではどんな時にロスカットになるのか、ロスカットされるとどうなるのかという、ロスカットの仕組みを見ていきましょう。そのためにまずは、そもそもロスカットとは何なのか、また証拠金とは何なのか、順を追ってご説明します。

3つの違いがわかりますか?

ロスカット以外にも、よく似た言葉がいくつかありますね。損失が出ている状態で使う言葉であり、すべて同じ意味のような気もしますが、実は厳密には違いがあります。

ロスカット

証拠金維持率が決められた基準以下に割り込んだ場合に、強制的にポジションが決済されることをいいます。「強制ロスカット」という言葉を度々目にすることがありますが、本来ロスカットとは、FX業者側で強制的に行われるものであり、「ロスカット」と「強制ロスカット」は同じ意味です。
今回話題にするロスカットは、すべて強制ロスカットのことを指します。

損切り

自分の判断で損失を確定させることをいいます。「ロスカット」と「損切り」を同じ意味で使っている方やサイトを見かけることがあります。表現方法の違いであり、間違いとはいえませんが、本来は意味が異なります。
今回ロスカットの解説をする間は「ロスカット」と「損切り」は、別の言葉として使い分けます。

ロスカットの画像

ストップロス

損切りと同じ意味です。メタトレーダーで損切りの設定をすると、「sl」という赤い点線ラインが表示されますが、「stop loss」の略であり、損切りラインを意味します。

証拠金について

ここまでロスカットの意味についてご説明しましたが、ロスカットと証拠金は切っても切れない関係にあります。順を追って、証拠金に関わることをおさらいしましょう。

証拠金とは

口座に入金する投資資金のことです。FXでは証拠金を担保として預け、レバレッジを効かせてトレードします。したがって、 実際に取引している金額すべてを現金で用意する必要がありません。少量で取引するなら、例えば数千円の証拠金でもトレードが可能です。

必要証拠金とは

ポジションを持つためにどれだけの証拠金が必要か、ということです。ロスカットを計算する際に、重要な考え方になります。以下の計算式から求めることができます。

〈取引サイズ÷レバレッジ×口座の通貨換算レート=必要証拠金〉

例えば、XMの日本円のスタンダード口座、口座レバレッジは888倍の時に、1ドル100円の時に0.01ロット(1000通貨)のポジションを持つと仮定します。すると、以下の計算式となります。

〈1000÷888×100=112.61〉

というように計算することができ、今回の場合は112.61円が必要証拠金となります。 証拠金の計算は、XMの公式サイトに「証拠金計算機」というページが用意されていて、簡単に計算することができます。

証拠金計算機(外部リンク)

有効証拠金とは

その時々での、取引に使える証拠金がどれくらいあるか、ということを示します。以下の計算式から求められます。

〈証拠金+含み損益=有効証拠金〉

例えば、50,000円の証拠金があり、取引中のポジションで1,000円の含み損が出ていたとします。

〈50,000+(-1,000)=49,000〉

上記の計算式となり、49,000円が有効証拠金となります。最初に、「その時々での」と書きましたが、理由は含み損益は刻々と変化するためです。したがって、有効証拠金は流動的なものとなります。

証拠金の計算の画像

余剰証拠金とは

有効証拠金から、現在取引中の必要証拠金を引いたものが、余剰証拠金です。
現在ポジションを持っていて、新たに別のポジションを持つ場合に、現在のポジションでかかっている証拠金を差し引いて、どれくらいの余剰があるかを確認するために見ます。

証拠金維持率とは

現在持っているポジションが、有効証拠金に対してどれくらいの割合かを見るためのものです。証拠金維持率の考え方は、ロスカットを考える上で最も重要になります。以下の計算式から求められます。

〈有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)〉

この割合がある一定以下になるとロスカットになります。

ここまで証拠金についてのおさらいをしてきました。計算式もご紹介しましたが、メタトレーダーのターミナルを開くと、取引タブの中で、レバレッジを含めてすべて計算済みのものが表示されます。実際には私たちトレーダー側が計算して考えるということはありません。しかし、 証拠金維持率については、ある程度以上の割合を保つようしないとロスカットとなってしまうため、注意が必要です。

計算の画像

XMではどんな時ロスカットになるのか

XMでは、証拠金維持率の割合が20%以下になるとロスカットになります。現在持っているポジションの含み損が、証拠金を下回ってしまわないための最後の砦です。しかしすぐにロスカットになるわけではなく、ロスカットになるまでに証拠金維持率の割合によって段階があります。

証拠金維持率が100%を下回る

この段階ではまだロスカットにはなりませんし、XMからの通知もありません。しかし、 証拠金維持率が100%を下回るということは余剰証拠金がマイナスになってくるような段階であり危険です。基本的には、証拠金維持率が100%を下回らないように、対策を取っていった方が良いでしょう。

マージンコール

証拠金維持率が50%を下回った段階です。XMからそろそろロスカットの水準に到達しそうであることの通知が来ます。

メタトレーダーのターミナルでは、取引画面の残高を示す部分が赤色に変わって警告を告げます。この通知はメール等で送られてきます。

警告の画像

ロスカット

証拠金維持率が20%を下回った段階で、その口座のポジションが強制的に決済されます。 XMでは、20%を下回った瞬間に全てのポジションが強制決済になるわけではなく、含み損の大きいポジションから順番に決済されます。

ロスカット水準をクリアした後もポジションが残った場合、残ったポジションはそのまま取引が続行されます。 XMでは複数の口座を開設することが可能ですが、ある口座がロスカットになった場合はその口座のみが対象であり、他の口座には影響しません。

XMではロスカットになったらどうなるのか

ロスカットは、トレーダー側ではなく、FX業者側が顧客の資金を守るために行う強制的な損切りといえます。したがって、 ロスカットになったからといって、基本的には口座が凍結されるということはありません。

通常であれば、全ての証拠金が失われた状態ではないので、ロットを落とせば再び証拠金の範囲での取引は可能になります。また、新たに入金した場合でも、ロスカットになる前と同じように、証拠金の範囲内での取引が可能です。

XMのロスカットは低めに設定されている

XMでは、証拠金維持率が20%を下回った段階でロスカットとなります。 証拠金維持率20%という割合は他業者と比較すると小さい方だと言えます。ロスカットの水準が低めであることの、メリットとデメリットは何でしょうか?

メリットとデメリットの画像

メリット

ロスカットの水準が低い最大のメリットは、ある程度の逆行であれば耐えられるということです。例えば、ロングポジションを持った後に、少しレートが下がってから思惑通りに上昇した、という経験は誰もがあるのではないでしょうか。

ロスカットの水準が高ければ、少しレートが下がっている段階でロスカットされて、次の上昇に乗れない、ということが起こる可能性があります。

デメリット

デメリットは何と言っても、もしもロスカットになった時に損失が大きくなることです。ロスカットは基本的に、証拠金が少ないとなりやすい、というものではありません。そうではなくて、証拠金に対するポジションサイズが大きい場合になりやすい、と考えるべきです。

そうなると、ロスカットになる場合はある程度多めの枚数で取引している場合が多く、必然的に証拠金に対して損失が大きくなりやすいと言えます。

証拠金以上の損失が出ることはあるの?

暴落や暴騰で、レートが急な動きを見せることが稀にあります。その場合はロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになることがあります。

他業者であれば、マイナス分は顧客が支払わなければいけないところがありますが、XMではその必要はありません。
XMには、いわゆるゼロカットシステムである「マイナス残高リセット」という制度があり、マイナス分の残高は顧客ではなく、XMが補填します。
したがってXMでは、証拠金(入金額)以上の損失が出ることはありません。

暴落の画像

競合海外FX業者と比較

ここまではXMのロスカットのルールについて見てきました。ここからは競合海外FX業者が、どのようなロスカットのルールを採用しているかを見ていきましょう。

XM

  • 最大レバレッジ:888倍
  • ロスカットになる証拠金維持率:20%
  • ゼロカットシステム:あり

まずはXMのおさらいです。最大レバレッジ888倍で、ロスカット水準は20%です。この環境なら、 証拠金に対して少なめのロット数でのトレードであれば、ロスカットになる心配は限りなく小さい、と言っても良いでしょう。
「マイナス残高リセット」の制度もある、優良海外FX業者です。

TitanFX

  • 最大レバレッジ:500倍
  • ロスカットになる証拠金維持率:20%
  • ゼロカットシステム:あり

TitanFXは、2014年からサービスを開始した、比較的新しい海外FX業者です。バヌアツ共和国金融庁の金融ライセンス‎を得ており、信頼感があります。

最大レバレッジはXMと比べるとやや低いものの500倍と高く、ロスカット水準は20%です。ゼロカットシステムもあり、安心して使える海外FX業者といえるでしょう。

AXIORY

  • 最大レバレッジ:400倍
  • ロスカットになる証拠金維持率:20%
  • ゼロカットシステム:あり

AXIORYもスプレッドの狭さや、最大400倍のレバレッジ、ゼロカットシステムなどを謳っている人気の海外FX業者です。
ロスカット水準は20%とXMと同水準ですが、最大レバレッジはやや低めの設定です。

Tradeview

  • 最大レバレッジ:200〜500倍(口座により異なる)
  • ロスカットになる証拠金維持率:100%
  • ゼロカットシステム:あり

Tradeviewは2004年からサービスを開始しており、ケイマン諸島金融庁のライセンスも取得しています。評価は高かったのですが、日本語対応していない時期があり、知る人ぞ知る老舗の海外FX業者です。

ロスカット水準は100%で、マージンコールはありません。XMでは50%でマージンコールとなることを考えると、比較的高めのロスカット水準といえます。

LANDFX

  • 最大レバレッジ:200〜500倍(口座により異なる)
  • ロスカットになる証拠金維持率:30%
  • ゼロカットシステム:あり

LANDFXは英国FCAライセンスを取得している、信頼性の高い海外FX業者です。証拠金維持率50%でマージンコール、30%でロスカットになります。

ゼロカットシステムはありますが、ウェブサイト上で、顧客のリスク管理不足による場合は追証の可能性があるとも記載されています。大きな価格変動の可能性が予想される場合は、トレードを避ける方が良いかもしれません。

GemForex

  • 最大レバレッジ:1000倍
  • ロスカットになる証拠金維持率:50%
  • ゼロカットシステム:あり

GemForexはド派手なプロモーションで最近人気を集めている新鋭海外FXです。

最大レバレッジも1000倍とド派手ですが、どの国の金融ライセンスも取得していないというリスクがあります。ロスカット水準は以前まで100%でしたが、50%へと引き下げられています。

ロスカットの計算方法

ロスカットを避けるためにも、どういう資金管理の状態ならロスカットが起こるかを知ることは重要です。ここからは、XMのロスカットの考え方や計算方法、ケーススタディを見ていきましょう。

レバレッジが高いとロスカットになりやすい?

XMが人気の理由の一つとして、レバレッジの高さが挙げられます。しかし「レバレッジが高いとロスカットになりやすい」という言葉を目にしたことがありませんか?この噂は本当に正しいのでしょうか?

ロスカットを計算する場合、証拠金維持率はとても重要です。証拠金維持率は、以下の式で求めることができます。

〈有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)〉

この式を見てわかるように、証拠金維持率を求める場合、まずは必要証拠金を求めないといけません。必要証拠金は、以下の式で求めることができます。

〈取引サイズ÷レバレッジ×口座の通貨換算レート=必要証拠金〉

必要証拠金を求める場合は、レバレッジも計算することになります。つまり、 レバレッジが大きい方が必要証拠金は少なくなります。
さらに、証拠金維持率は必要証拠金の影響を受けるため、レバレッジが高い方が、証拠金維持率を高くできます。

レバレッジが高い方がロスカットはされにくいということが、計算式からわかるのです。

レバレッジの画像

XMでのロスカットの計算方法とケーススタディ

ロスカットの計算方法は、基本的には証拠金維持率から求めます。しかし、証拠金維持率の計算は、その時々で変化する有効証拠金や、必要証拠金を含むため、複雑なものになります。

どうなったらロスカットになるかを知りたい、と漠然と考えるよりも、状況を設定してロスカットを考えた方が近道です。いくつか状況を見ながら、どうなったらロスカットになるのかを考えていきましょう。

全てのケースで、以下を共通事項とします。

★ドル円での取引を想定します。
★口座の通貨換算レートは、1ドル=100円として考えます。
★証拠金は10万円とします。
★便宜上、有効証拠金は証拠金と同じ10万円として考えます。

スタンダード口座(レバレッジ888倍)、0.1ロットで取引する場合

XMのスタンダード口座は、1ロット=10万通貨です。今回は0.1ロットなので、1万通貨での取引になります。国内業者は、1ロット=1万通貨であることが多いのでご注意ください。

この場合の証拠金維持率は、8880%となります。この段階でロスカットの心配はほとんどない、といえます。

マイクロ口座(レバレッジ888倍)、0.1ロットで取引する場合

XMのマイクロ口座は、1ロット=1000通貨です。今回は0.1ロットなので、100通貨での取引になります。マイクロ口座は、非常に少額からトレードできるメリットがあります。

この場合の証拠金維持率は、888000%となります。この段階でロスカットのリスクは無視できるレベルである、といえます。

XM Zero口座(レバレッジ500倍)、0.1ロットで取引する場合

XMのXM Zero口座は、1ロット=10万通貨です。今回は0.1ロットなので、1万通貨での取引になります。

この場合の証拠金維持率は、5000%となります。この段階でロスカットの心配はほとんどない、といえます。

スタンダード口座(レバレッジ888倍)、1ロットで取引する場合

この場合の証拠金維持率は、888%となります。証拠金維持率は少なくとも500%以上を保つと安全圏と言われているので、おおむね安全圏と言えます。

この状態で、およそ95pipsのマイナスでマージンコールがかかり、およそ98pipsのマイナスでロスカットとなります。

XM Zero口座(レバレッジ500倍)、1ロットで取引する場合

この場合の証拠金維持率は、500%となります。証拠金に対して、安全圏ギリギリのロット数です。

この状態で、およそ90pipsのマイナスでマージンコールがかかり、およそ96pipsのマイナスでロスカットとなります。

スタンダード口座(レバレッジ888倍)、3ロットで取引する場合

この場合の証拠金維持率は、296%となります。かなりのハイレバレッジです。証拠金に対してロット数が大きい、と言えます。

この状態で、およそ83pipsのマイナスでマージンコールがかかり、およそ93pipsのマイナスでロスカットとなります。

XM Zero口座(レバレッジ500倍)、3ロットで取引する場合

この場合の証拠金維持率は、166%となります。ハイレバレッジ過ぎるかもしれません。証拠金に対するロット数を見直した方が良い、と言えます。

この状態で、およそ70pipsのマイナスでマージンコールがかかり、およそ88pipsのマイナスでロスカットとなります。

スタンダード口座(レバレッジ888倍)、10ロットで取引する場合

この場合の証拠金維持率は、82%となります。
ポジションを持つ時点で証拠金維持率が100%を下回っており、ハイレバレッジを通り越して、そもそも約定できないロット数となります。

ロスカットを避ける方法

ここまでロスカットについてご説明をしてきましたが、とても大切なことがあります。
その大切なこととは、「ロスカットはされるものではなく、避けるもの」ということです。当たり前のことですが、基本的にはロスカットされてはいけません。

それでは、自分の資金を守るためには、どんなことをしたら良いのでしょうか?

証拠金に対するポジションサイズを考える

投資資金や証拠金は、無限にあるわけではありません。おそらく多くのトレーダーが、生活費をやりくりしながら、投資のための余剰資金を捻出していることでしょう。

相場の世界では「まずは生き残ること」が第一だといわれています。資金をリスクにさらして、一発逆転を狙うことが投資ではありません。

考えている男性の画像

そうなると、投資資金に対してどれくらいの枚数のポジションを持つのかを考えることが、ロスカットされないための行動の第一歩となります。

一般的には「1回のトレードにかけられるリスクは、投資資金の2%まで」といわれています。おおまかな具体例を挙げると、もし投資資金が10万円なら、1回のトレードでの負けは2000円程度にとどまるように、ロットを調整した方が良い、ということになります。

損切りをする

ポジションを持つと、どうしてもそのポジションが自分に利益をもたらしてくれることを夢見てしまいます。しかし現実では、レートが逆行して利益どころか含み損が出てしまう、ということが起こり得ます。

含み損の拡大を防いで資金を守るために、何がどうなったら損切りをするか、という計画を、ポジションを持つ前に立てておきましょう。

損切りの画像

両建て

資金管理の考え方の部分をお伝えしてきましたが、「両建て」はXMならではのロスカット回避法です。

XMでは同じ枚数の両建てをした場合、それぞれのポジションの必要証拠金を相殺して0になる、というシステムがあります。このシステムを利用すると、一時的にではありますが、ロスカットを防ぐことができます。

XMでのロスカットまとめ

XMは高いレバレッジに加え、ロスカットまでの証拠金維持率が20%と低く、ロスカットされにくい海外FXです。また同じ枚数の両建てをすると必要証拠金が0になるという独自のシステムがあるため、やり方次第ではロスカットのリスクは、より一層小さくすることができます。

しかしロスカットは、顧客の資金を守るための最終手段です。ロスカットされにくいから、資金管理をしなくて良い、というわけでは決してありません。まずは、ロスカットをされないために、丁寧な資金管理を心がけることが大切です。