XMのプラットフォームMT4・MT5どっちが良い?MT4からMT5へ移行する方法

XM(エックスエム)にはMT4(MetaTrade4)MT5(MetaTrade5)の2種類があり、マイクロ口座・スタンダード口座・ZERO口座とすべての口座タイプで利用できます。

今回はXMでMT4を利用するか、はたまたMT5を利用するか悩んでいる方にどちらが良いのか、また現在MT4やMT5を利用していて、プラットフォームを移行したいという方に、移行方法もご紹介しているのでぜひご参照下さい。

XMで口座開設するときは、とりあえずMT5を選択や。

目次

XMのプラットフォームはMT4・MT5どっちが良い?

まずMT4とMT5がわからない方のために簡単に特徴をご説明します。

MT4MT5
日本語対応対応している対応している
複数チャート表示対応対応
ライン等のオブジェクト自由に配置できる自由に配置できる
両建可能可能
板情報なしあり
ワンクリック注文可能可能
動作速度普通快適
時間足9種類21種類
標準機能のインジケーター30種類38種類
カスタムインジケーターの数とても多い普通
EAの数とても多い普通
ストラテジーテスターの利用可能可能
対応海外FX業者多い少ない

MT4は、2005年に発表されたトレードツールで、無料で使えて日本語対応もしているので、現在でも高い人気があります。

特徴としてはカスタムインジケーターの種類が豊富でテクニカル分析のためにすべきことでMT4にできないことはない、といっても過言ではないところです。本格的にテクニカル分析でのトレードをしたい、または自動売買に興味があるなら、使ってみて損はありません。

一方でMT5は、2011年に発表された、MT4の後継版です。

多くの点でMT4と共通していますが、改善点も多くあります。MT4と比べた時のMT5の特徴は、板情報が見られたり時間足がMT4にくらべ圧倒的に多いところです。

またMT5では、MT4ユーザーなら「こんなこともできるようになったんだ!」と思えるような、細かい改良がいろいろな所にあり、MT5は後継版だけあって、使いやすくなっています。

MT4とMT5の違いや共通点はこっちで紹介しとる。

MT4とMT5の違いがざっくりわかったらMT4とMT5どちらがおすすめか、利用目的に応じてご紹介します。

XMでMT4の利用がおすすめな人

MT4

XMでMT4を利用する価値のある方をご紹介します。

MT4を使い慣れている方

MT4は2005年から開始したサービスのため、世界中のトレーダーが利用している取引プラットフォームです。

長くFXをされている方は、MT4一本でトレードされている方も多いのでは無いでしょうか。MT4とMT5はおなじ会社で開発されているということもあって、フォーマットなどに大きな違いはありませんが、使い慣れたものが良いという方はMT4が良いでしょう。

システムトレードしかしない方

自動売買のみで裁量トレードをしない方はMT5を利用するメリットは特段無いでしょう。

MT5を利用するメリットは、動作スピードが改善されたことや、板情報が利用出来る点です。

しかし、自動売買の場合自分で注文を通す必要がないため、これらの機能は利用するタイミングが特にありません。

カスタムインジケーター・EAを利用したい

国内FX業者の多くは、トレードに利用するプラットフォームで利用できるテクニカル指標が数十種類に限定されていますが、MT4・MT5では標準機能で搭載されているインジケーターの他に、何千種類とある外部のインジケーターを入手したり、自分でインジケーターを作成するかたも多いです。(このインジケーターをカスタムインジケーターと呼びます。)

MT4・MT5はこのカスタマイズ性に優れていることから裁量トレーダーにもおすすめのツールです。

しかし、MT4とMT5では取り扱っているカスタムインジケーターやEAの種類が異なり、MT4のほうが圧倒的に多いのが現状です。

理由はMT4のほうが先にサービスを開始したからというのもありますが、根本的にMT4とMT5ではプログラム言語が異なるからです。

MT4のインジケーター・EAを開発する際、プログラム言語は「MQL4」を用いますが、MT5のプログラム言語は「MQL5 」のため、MT4で使用しているカスタムインジケーターやEAをMT5でも使用するにはプログラムを書き直す手間が発生します。

そのため、インジケーターで分析をしたい方や、EAを用いて自動売買をしたい方は、カスタマイズ性に優れているMT4の利用がおすすめです。

XMでMT5の利用がおすすめな人

MT5

XMでMT5を利用する価値のある方をご紹介します。

アップデート頻度が高く常に最新を利用したい方

MT4・MT5を開発した、会社は現在MT5の普及に力を入れていることから、MT5のアップデートの頻度が非常に高い傾向にあります。

アップデートされることでよりよい環境のプラットフォームを利用できるため、裁量トレーダーにとっては魅力的でしょう。

またこれからXMでFXを始める方もMT5から初め手慣れておくと後々、楽になるかと思います。

XMに限らず他のFX業者でもジワジワとMT5が普及しだしとるんや

XMのアプリを利用したい方

XMのアプリは現在MT5にしか対応していません。

そのためスマホで取引をする方はMT5一択といえます。スマホの場合、一々パソコンを立ち上げる必要もなく、仕事の合間や移動時間にトレードすることができるため、兼業トレーダーには特におすすめの機能です。

XMのアプリは使い勝手が良いと好評なのでインストールする価値は十分にあります

XMでMT4とMT5を両方利用する方法は?

ここまでXMでMT4とMT5どちらを利用するべきか開設していきましたが、それでもまだ迷っているかた、または既にインストールしてしまって後悔しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな悩みを解決する方法を紹介していくで!

1口座でMT4・MT5を両方利用することは出来ない

XMに限らずMT4とMT5は1口座に対してどちらかプラットフォームしか利用ができません

しかし、また新たに口座開設をすればMT4とMT5どちらも利用ができるため、ご安心下さい。

例えば、XMでスタンダード口座MT4を開設したあとに、その口座とは別にスタンダード口座MT5を開設しても問題ありません。

※XMではお一人様につき最大8口座を作ることができ、口座維持手数料も発生しないため、気軽に作ることが出来ます。また複数口座開設ではマイページから簡単に作成でき、身分証明などの提示も必要ありません。

XMで複数口座開設するのは簡単や!

MT4からMT5に移行する方法

前述の通り、MT4からMT5に移行するには、新たにMT5の口座を作成するしか方法はありません

ちなみにXMでは移行する場合、マイページから資金の移動も簡単に出来るのはもちろん、移動金額割合に応じてボーナスも移動するため、ご安心下さい。

XM以外のFX業者では、資金移動に応じてボーナスもその分消滅する業者も珍しくないため、ボーナスの融通が効きやすいところもXMのメリットでしょう。

XMのVPSはMT4・MT5どちらでも利用可能

すこし脱線しますが、XMで人気の無料VPSはMT4とMT5どちらでも利用可能です。

VPSの利用を検討している方はどちらでも利用ができるのでご安心下さい。

XMのVPS申請はマイページから簡単に出来るで。

XMのVPSとは、XMで申請して取引条件をクリアすれば利用できる自動売買ツールです。条件自体はメイン口座にしていれば、苦ではないロット数なのでぜひご検討下さい。

XMはMT5の利用がおすすめ

ここまで、MT4とMT5の違いや、XMのプラットフォームのおすすめの使い方を見てきました。

いろんな種類の包丁を揃えれば料理が上手くなる、というわけではないように、インジケーターをたくさん使えばトレードが上手くなるわけではありません。

しかし、よく切れる包丁を使えば、料理は上手くなるでしょう。

その意味では、MT4、MT5ともに優れたトレードアプリなので、どちらを選んでも、あなたのトレードに貢献するはずです。

MT4はリリースされてからの年数が長い分、MT4でしか使えないカスタムインジケーターやEAがあります。反対に、MT5は動作速度や使い勝手が改良されています。

もしあなたが「今からトレードを始める」のであれば、古いバージョンのMT4ではなく、MT5を選ぶ価値はあるでしょうし、「MT4でトレードをしてきた」方なら、慣れ親しんだMT4を使い続けることに問題はないでしょう。

裁量トレードをするほうが、確実にFXの実力はつく。やからワイはMT5を推すで!

ご自身のトレードにあったメタトレーダーを探してみてくださいね。

XM

xmのロゴ
xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆XMが人気の理由は?

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり
口座開設 口座開設の手順解説を見る

コメント

コメントする

目次
閉じる