XMは海外では使えない?海外在住者が利用できるか調べてみました

海外在住をされていてこれからXMを利用したいと考えた時、自分の居住国でXMの取引口座が開設可能なのかは、最初に気になるところですね。

XMを利用する日本人トレーダーの多くは、日本国内で口座開設しそして日本国内で取引を行っていると思います。
もし海外に移住することになった場合、XMで取引を続けることは可能なのでしょうか?

今回は、海外在住にまつわるXM利用のお悩みについて解説したいと思います。
利用ができる国の判断方法や、口座開設時の必要書類などを、詳しく見ていきましょう。

XMは海外在住者でも利用できる

結論から言うと、 XMは海外在住者でも利用できます。

XMの本社はキプロス共和国にあり、基本的には世界各国に向けたサービスを展開しています。
XMから見ると、ある意味では日本や他の外国の顧客は皆「海外在住者」になるのかもしれませんね。

ただし、すべての国で利用できるわけではありません。
国によっては利用できない場合がありますので、判断方法などを確認していきましょう。

利用できない国は?

XMが利用できない国として、有名なのがアメリカ合衆国ですね。

アメリカでは、リーマンショックなどを受けて施行されている「ドッド・フランク法」により、アメリカ在住者は同国で認可されたFX業者でしかFX口座を開設することができなくなっています。

その他では現在、カナダやニュージーランドなどがXMのサービス対象外。
口座開設は出来ないので注意が必要です。

利用ができる国の判断方法は?

利用ができる国の最も簡単な判断方法は、口座開設ページにある居住国のリストを確認することです。

口座開設時には、個人情報として登録者の名義などをまず入力しますが、その際にプルダウンメニューから選択する居住国のリストにある国が、XMで口座開設が可能な国となります。

殆どの国が口座開設できるので、基本的に心配しなくとも大丈夫です。

居住国のリストにない場合

口座開設時に選択する国のリストに在住国がない場合は、XMの英語版のサイトを確認してみると良いでしょう。

英語版のXMでも同じように口座開設ができますが、利用ができる国の対象には若干違いがあります。
英語版には日本語版には含まれていない国も含まれている場合があります。

「在住」の判断基準は?

「日本在住」や「海外在住」と言いますが、そもそも何を基準に「その国に在住している」と判断すべきなのでしょうか。

すでに海外でお住いの場合や、海外へ移住する場合は、その国の在住であることが明らかですが、仕事の都合で期間を限定し海外に住む等となった場合は、判断基準が難しいかもしれません。

XMでは「在住国」の基準として、「ユーザー本人の住民票や在留届が置かれている国=在住国」としているそうです。日本から海外へ移動する場合、在留届を提出する程度の期間になりそうなら、対応を考えた方が良いかもしれませんね。

書類の準備方法

続いて、海外在住となる場合の必要書類について確認したいと思います。
海外に在住している場合と、日本から海外へ移動する場合の2例を見ていきましょう。

海外在住者が新しく口座開設する場合

XMでの口座開設な可能な国で在住している方が新しく口座開設する場合の必要書類は、日本で口座開設する場合と同じく、以下の2種類です。

必要になる書類

  • 身分証明書類
  • 住所確認書類

ただし、居住国によって受付可能な具体的な書類には違いがあるため、その居住国ごとの確認が必要になります。

日本で口座開設をしており、後から海外に移動する場合

すでに日本で口座開設をしており、海外移住となる場合は、事前にXMのサポートまで連絡をしましょう。
継続して利用が可能な場合は、以下の2種類の情報の届出が必要です。

必要な届け出

  • 新しい住所の登録
  • 住所確認書類

新しい住所の登録に加え、6カ月以内に発行されたの公共料金(ガス、電気、水道、携帯電話、クレジットカードなど 銀行発行の残高証明書も可)の請求書が必要です。

住所確認書類では、登録された住所と名前、発行日が1枚の書面で確認できる書類である必要があります。

まとめ

今回は、海外在住の場合のXM利用について見てきました。一部の国を除いて、海外でも問題なくXMは利用できます。海外在住で口座開設する場合も、必要書類は日本で口座開設する場合と基本的には変わりません。

こちらでXMの必要書類について解説をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。