XMポイントって何?人気海外FX業者『XM』のポイントシステムを解説します

2019年8月21日

たくさんの海外FX会社がある中で、最もトレーダーに人気があるFX会社が【XM Trading】です。

多くのFX会社で採用されている、キャッシュバックボーナスももちろんありますが、他のFX会社にはない、 XMだけの人気のポイントとして、【XMポイント】があります。

XMポイントとは

還元率も高く、貯まりやすいことが人気のXMポイントについて、わかりやすく解説していきます。

XMポイントの仕組み

取引量に応じて、XMポイントが入る仕組みになっています。

例えば、10万通貨、ポジションをとったとき、10ポイント入ります。その3倍、30万通貨であれば30ポイント、100万通貨なら100ポイントです。

ポイントの画像

取引量が増えれば、それだけ1度に獲得するXMポイントも増えるということです。

※のちに説明するロイヤリティー・プログラムのステータスによって最大上記の2倍に変動します

貯めたXMポイントの使い道

Xmポイントの使いみちは豊富です。それぞれの使いみちについて解説します。

キャッシュバックボーナス(クレジット)として使う

1ポイント=35円のクレジットとして利用できます。

クレジットとして使用した場合、キャッシュバックボーナスと同様にクレジット自体を出金することはできません。

現金に換金する

1ポイント=3円の現金として換金できます。

こちらは先程のクレジットとは違い、現金化する方法です。指定の銀行口座に出金することも可能です。クレジットに換算するよりも約10分の1にはなってしまいますが、自分で入金したお金と同じ扱いとなります。

ロイヤリティー・プログラム

最初に説明した10万通貨=10ポイントというのは、XMの1番低いステータスでの獲得量になります。 ステータスには4種類あり、口座開設時からの取引日数によってランクアップしていきます。

  • EXECUTIVE(口座開設から最初のステータス):10万通貨=10ポイント
  • GOLD(30日以上):10万通貨=13ポイント
  • DIAMOND(60日以上):10万通貨=16ポイント
  • ELITE(100日以上):10万通貨=20ポイント

つまり、口座開設から100日以上取引した場合、最初に説明していたポイントの2倍獲得することができるようになります!

お金の画像

しかし、取引がランクアップ時と同じ日数されなければステータスはランクダウンしていきます。ポイントもリセットされてしまうので、他のFX会社と同時に利用している場合は要注意です。

また、先程ご説明したで説明したXMポイントの現金化はDIAMOND以上のステータスでないと、できません。

XMの口座は3種類!その違い

Xmの口座の3種類の違いをご説明します。まずは、スタンダード口座とマイクロ口座の違いから。

マイクロ口座

マイクロ口座はスタンダード口座に比べて取引量が10分の1となる口座です。

例えば、スタンダード口座で1ロット取引する場合、マイクロ口座では10ロット分となります。そのためXMポイントもスタンダード口座と比べてマイクロ口座は10分の1となります。

口座の画像

ゼロ口座(ノースプレッド口座)

ゼロ口座ではスタンダード口座ではあるスプレッド(手数料)がかかりません。そのためキャッシュバックやXMポイントなどのボーナス系は対象外となっています。

XMポイントは口座間共有

複数口座を持っている場合、それぞれの口座ごとにXMポイントがたまるわけではありません。全口座共有でXMポイントがたまります。

そのため、XMポイントだけで取引するための口座を作ることも可能になります!

XMポイントの貯め方

XMポイントをより効率的に貯めるにはどうしたらよいのか、いくつかの方法をみていきましょう!

レンジ相場で稼ぐ!

レンジ相場であればレンジの上限でショート、下限でロングをすることで取引回数が増えます。
そのため、ポイントもたくさん獲得できる相場です。

レンジブレイク、もしくはその押し戻りのタイミングで保有ポジションは決済し、この方法は終了しましょう。

両建て戦法

例えば下降トレンドでショートを打ちたいとき、普段であればショートを1ポジション持つところを、ショートを2ポジションとロングを1ポジション持ちます。

そうすることで、普段より3倍のポイントが獲得でき、ロングとショートを1セットに損益を相殺することになります。

その際にスプレッド分がかかりますが、もう1つのショートポジションを利確することでスプレッド分を補うことができます。

スキャルピングで大量ゲット!

XMポイントはあくまで取引量に応じて獲得できるポイントです。
そこにpips量は関係ありません。

つまりは、 スイングで数週間に1回ポジションをとる方よりも、スキャルピングで1日何度も取引をする方の方がXMポイントがたまりやすいことになります。

スキャルピングではスイングやデイトレよりも高ロット張ることが多いので、取引量に応じて入るXMポイントはスキャルピングが有利ですね。

XMポイントの賢い使い方

XMポイントは色々な使い方ができます!XMポイントの使い方をご紹介します。

追加入金の代わり

損切り間近、ぎりぎり切られてしまいそう・・・!
追加入金を考えた時に、XMポイントを代わりに使えるといいですよね。

入金した分をさらに狩られてしますと、相当メンタル的にも応えますし。
XMポイントであれば、もともと無料のものなので、追加入金しようと考えた分は損しなくて済むことになります。

ハイレバトレード、指標トレード

XMポイントでクレジット還金用の口座を作ります。
クレジットだけでもトレード可能ですので、それでハイレバレッジトレード、ハイリスクトレード、指標トレードなどしてみるのも手ですね!

もともとXMポイントは無料ですし、なくなっても諦めがつきます。ハイレバトレードであれば、利確した時にはハイリターンも望めます。

レバレッジの画像

クレジットを使って得た利益は出金可能ですから、出金できないクレジットで利益を生み出せるのは何よりいいですよね。

XMポイントは現金化するとクレジットより10分の1となり、換金率が格段に悪くなってしまいます。XMポイントはクレジットにし、そのクレジットを使って得た利益を出金するという方法が賢い方法です。

XMポイントの注意点

1番の注意点はポジションを持ってから10分以上経過しなければ、ポイントが獲得できないことです!特にスキャルピングをする方は、この10分に引っかかってくる可能性があるので、意識することが必要になります。

また、口座に現金が入っている場合、複数口座間で現金を移動させるとポイントも一緒に同率移動することになります。

同様に出金申請をすると、出金した分と同じだけのパーセンテージ、クレジットが消失します。

まとめ

XMポイントは常に意識するというよりも、普段トレードをしている中で、ふと思い出したとき「結構溜まっている!」とびっくりすることが多いです。

入金した分でトレードをする、そうするとXMポイントがたまります。
XMポイントが貯まってきたら、入金分、利益分を出金し、XMポイントをクレジットに換金します。

それを使ってトレードをする。利益が出れば出金できます。
その間またXMポイントは貯まっていくというサイクルをうまく使っていけば、入金せずともポイントだけでトレードができてしまうというすごい仕組みですよね!

まだ成果の出ていない段階であっても、入金して実際のお金でトレードするにはもったいない。

試してみたい手法がある。などという時にも、XMポイントはとても助かる存在です。

ポイントと聞くと、還元率があまり期待できないイメージがありますが、XMポイントは貯まりやすいため、ポイントシステムのあるXM Trading他会社から抜けて人気がある秘訣です!

xm

xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆xmのおすすめポイント

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
デモ取引 デモ口座開設
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり