XM(XM Trading)の評判・口コミ最新まとめ【悪質業者の噂は正しい?】

海外FXはレバレッジやゼロカットシステムが優れているため国内FXよりも人気が高いです。
しかし海外FXについて調べたとき、詐欺や危険などの文字が飛び交い不安になられているかもしれません。

そのような方のためにも、この記事では日本での海外FX業者としての地位を確立している、XMについて解説します。

  • XMは安全な業者
  • XMの良い評判メリットや良いところ
  • XMの悪い評判デメリットや悪いところ

この記事の内容を読むことで、XMについて正しく理解できるようになります。
良かったら読んでみてください。

目次

XMとは?信頼できる業者?

XM

xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆xmが人気の理由は?

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり

まずは、XMの特徴の安全性について2つ重要な要素があります。

  1. 高い信頼性を備えている
  2. NDD方式が採用され高い透明性を確保

XMの安全性について、解説していきます。

XMは高い信頼性を備えている

XMはTrading Point Limitedによって運営されているいわば、グループ会社の1つです。
XM(XMトレーディング)は、セーシェル諸島で金融ライセンスを取得していますが、セーシェルの金融ライセンスはそこまで厳格なものではありません。

しかし、XMグループでは、以下のようなライセンスを保有しています。

  • 英国FCA(The Financial Conduct Authority)
  • キプロス証券取引委員会CySec(Cyprus Securities and Exchange Commission)
  • オーストラリアASIC(Australian Securities and Investments Commission)

イギリスとキプロスでの金融ライセンスは、世界的にみても厳格な金融監督当局によって認可されたライセンスです。

このように、グループ全体では、高い信頼性のおけるライセンスを保有しています。
また、以下のような実績もあります。

XMの特徴
  • 口座開設数が100万口座を突破
  • 1.5憶回以上もの取引実績

これがどのくらいの数字かというと、日本国内で口座開設数第1位のDMMFXが約80万口座(2020/1)ですので、XMの口座利用者数がいかに多いかがわかると思います。

このように、多くの方がXMに口座開設をしているという事実が、信頼性を裏付けています。

出金拒否などの事例はない

海外FX業者について調べていて、よく目にするトラブルが、出金拒否などではないでしょうか。
結論から言うと、XMでは利用規約に反するようなことをしなければ、出金拒否されません。

反対に、利用規約に違反した場合には、出金拒否などの処分が下されるということです。
また、本来の仕組みなどを理解していないために、出金拒否と勘違いすることもあるようです。

例えば、取引をしてXMポイントを3,000ポイント獲得した場合

  • 取引ボーナスは 1,000ドル(3,000÷3)
  • 取引ボーナスを使って利益を1500ドル得た場合
  • 出金可能額は1500ドル、取引ボーナスは出金できません
  • 出金可能額の半分の750ドルを出金申請すると、取引ボーナスも半分の500ドル分が消滅

このように、ボーナスの仕組みは多少複雑ですので、出金拒否だと勘違いされるケースはあるようです。
しかしながら、規約通りに利用すれば出金できないということはありません。

NDD方式が採用され高い透明性を確保

FX取引を行っている方であれば、ストップ狩りのような経験をされた方もいらっしゃると思います。
なぜこのようなことがおこるのかは、トレーダーとFX業者の関係性から理解することができます。

その理由としてあげられるのが、注文方式の違いで、XMでは、NDD方式が採用されています。

注文方式には、DD方式とNDD方式があります。

DD方式(Dealing Disk)
トレーダーの注文がインターバンクへ流れる間にFX業者が介入します。この時に注文をインターバンクへ流さずFX業者が注文を呑むと、トレーダーの負けがFX業者の利益となり、双方の間に利益相反関係が生じてしまいます。

NDD方式(Non Dealing Disk)
NDD方式ではその言葉通り、トレーダーとインターバンクの間にFX業者が介入しないので、トレーダーの注文は直接インターバンクへと流されます。

つまり、NDD方式では、トレーダーとFX業者の間に利益相反関係が生じません。
また、NDD方式を採用しているFX業者は、トレーダーの手数料によって利益を確保するため、トレーダーが多く取引してくれるほど、利益が大きくなります。

ですので、NDD方式では、FX業者が積極的にトレーダーがトレードしやすい環境作りに力を注いでくれるのです。

数々の賞を受賞している

XMは国際舞台での15を超える賞の受賞歴があります。

中でも、イギリスの経済紙「World Finance」が提供するヨーロッパエリアでの、ベストFXブローカー賞を3回連続で受賞しています。
また、2019年にはオーストラリアでの、ベストFXブローカー賞も獲得しています。

それに加え、2016年には、World Finance 100にFX業者として唯一選出されました。

安心の日本語カスタマーサポート

海外FXを行う際に、一番の障害となるとなるものに、言語の壁があります。
また、緊急を要する場合のサポートも気になるところです。

XMのオンラインサポート、サポートデスクでは、市場が開いている時間帯の24時間をサポートします。

ですから、疑問点や「よくある質問」などを調べてもわからないことは、いつでもサポートサービスを利用することができます。

もちろん、日本語でのサポート体制も整っているので、早急に回答が欲しい場合は、日本語ライブチャットのご利用がおすすめです。

XMの安全性、信頼性は非常に高い。
詐欺や違法な出金拒否の危険性は低いで。

秒速のFXトレーダーでも、一番オススメできる海外FX業者はXMで間違いないな。

XMの良い評判や口コミ

以下のような、XMの良い評判メリット・良いところを7つご紹介していきます。

1つずつ解説していきます。

ボーナスキャンペーンが多い

XMは、海外FX業者のなかでもボーナスに力を入れています。
XMのボーナスは以下の4つです。

キャプション
  1. 入金不要の口座開設ボーナス3,000円
  2. 最大50万円の入金ボーナス
  3. 友達紹介ボーナス
  4. XMロイヤリティープログラム

入金不要の口座開設ボーナス3,000円

口座を解説するだけで、もらえるボーナスなので、入金の必要もありません。

一覧で見た通り、スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の全てで、口座開設ボーナスをもらうことができます。

あわせて読みたい
最短5分!XM(エックスエム)の口座開設方法【画像・日本語付き】 本記事では、XM(XM tradeing)のリアル口座の開設の流れや注意点について説明します。 XMは海外のFX業者のため、日本では見慣れないルールなどもあります。この記事を...
新規ユーザーは大チャンスや!
XMに口座開設で3000円の入金不要ボーナスが貰えるで!

最大50万円の入金ボーナス

入金ボーナスには2種類あります。

  1. 最大5万円までの100%入金ボーナス
    5万円までなら1回で入金しなくても、複数回にわたって入金するたびに、100%の入金ボーナスがもらえます。
  2. 5万円を超える入金には20%のボーナス(最大45万円まで)
    5万円を超える入金に関しては、ボーナス額が45万円に達するまで、20%の入金ボーナスが付与されます。つまり、225万円までの入金であれば、20%のボーナスがもらえます。

以上のボーナスを合計すると、最大で50万円までのボーナスがもらえることになります。

友達紹介ボーナス

友達を1名紹介するたびに最大3,500円がもらえます。

紹介数が多くなればなるほど、以下のようにボーナス額がアップします。

  • 1~15名の友達を紹介した場合、1人につき2,500円
  • 16~30名の友達を紹介した場合、1人につき3,000円
  • 30名を超える場合、1人につき3,500円

XMポイント

取引するたびに、換金できるXMポイントが貯まります。
XMポイントは、取引に利用可能なボーナスクレジットか、現金に換金可能です。

換金レートは「XMポイント÷3=ボーナスクレジット」で計算されます。

しかし、現金に換金する場合の換金レートは「XMポイント÷40=現金」とかなり悪くなります。
ですので、 ボーナスクレジットに換金したほうが、断然お得です。

XMポイントを貯めるには、口座さえ開設しておけば、ロイヤルティープログラムへの参加が可能です。
しかし、上記の口座一覧でも示したように、ゼロ口座では、ロイヤルティープラグラムへの参加はできません。

また、取引期間に応じてステータスがアップグレードされ、もらえるポイントも多くなっていきます。

口座のタイプは3種類から選べる

XMの口座タイプは3種類です。下の一覧表をご覧ください。

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
1lot 1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最低取引単位
10通貨 1,000通貨 10,000通貨
(0.01lot) (0.001lot) (0.01lot)
1回あたりの最大取引Lot 100Lot(100,000通貨) 50Lot(5,000,000通貨)
50Lot(5,000,000通貨)
入金額以上の損失 なし なし なし
最大保有可能ポジション 200ポジション(同一アカウント内)
取引手数料 なし なし
1.0pips(往復取引)
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
スプレッド 1pips~ 1pips~ 0pips~
注文方式 STP方式 STP方式 ECN方式
最低入金額 5米ドル(500円) 5米ドル(500円)
100米ドル(10,000円)
ボーナス(XMP含む) もらえる もらえる もらえない
口座開設ボーナス もらえる もらえる もらえる

取引に直接関わってくる注意すべきポイントは5つです。

  •  1Lotあたりの取引量が異なること
  • 取引手数料の有無
  • 最大レバレッジが異なること
  • ボーナスの有無
  • 最低入金額が異なること

基本的にスタンダード口座を選ぶ人が多いですが、スキャルピング用のゼロ口座、少資金でも取引しやすいマイクロ口座と口座タイプが選べるようになっています。

ユーザーのトレードスタイルに合わせて口座をカスタマイズできることも人気の理由です。

セミナーが充実している

XMでは、ウェブを通して行われるセミナー、通称ウェビナーを無料で開催しています。
XMのコンテンツの中でも、人気のあるセミナーで実戦的な内容になっています。

受講した方の満足度は高く、講師に対して質問する機会も用意されています。
トレードに行き詰まりを感じている方には、新たな視点からトレードを見直すためのチャンスとなるでしょう。

また、ウェビナーを受講するために、口座登録は不要なので、気軽に活用できるサービスとなっています。

約定力が高い

XMは高い約定力を誇ります。

約定力とは、注文を意図した通りに約定させる力のことで、FX業者には高い約定力が望まれます。

レートは常に変動しているので、約定スピードが遅ければ、その分だけ思った通りのレートで約定できなくなってしまいます。

XMでは、全注文中の99.35%が1秒以内に執行され、注文執行率は100%が保証されます。
また、リクオート(約定を拒否し、価格を再提示すること)や約定拒否がありません。

それに加え、XMでは複数のリクイディティプロバイダーと提携しているため、ボラティリティーの高い相場状況でも、大量の注文に対応することができます。

最大レバレッジは888倍

日本国内では、最大レバレッジが25倍までです。
ですので、もっと高いレバレッジでトレードをしたい方も、いらっしゃると思います。

XMでは、最大で888倍のレバレッジを使用して取引することが可能です。

ドル円を1ドル=100円とした場合、1万通貨で取引するための必要証拠金を日本のFX業者とXMとで比べてみましょう。

  •  日本国内では40,000円の証拠金が必要
  • XMでは、約1126円の証拠金が必要

レバレッジを使うことで、用意する資金にかなりの違いがあることがわかります。
せっかく海外FXをするのであれば、ハイレバレッジの取引をしたいという方のニーズも満たせるようになっています。

取引プラットフォームはMT4とMT5が使用可能

取引プラットフォームは、トレードをするにあたり重要な要素と言えます。
口座選びの際にも、重視すべきポイントでしょう。

XMの取引プラットフォームは、MT4とMT5の2種類が用意されています。

MT4は、MetaQuotes Software Corp.(メタクオーツ社)が開発した取引プラットフォームで、世界でも愛用しているトレーダーが多く、MT4のカスタマイズ性や分析機能は高く評価されています。

次に、MT5はMT4の後継プラットフォームとして開発されましたが、MT4が深く浸透してしまったため、MT4からMT5への移行は滞っている状態です。

しかし、MT4に比べてMT5は処理速度が早くなり、使いやすさも改善されているので、好みに応じて利用可能です。

多くの金融商品が取引対象

FX取引を行う上で、他の金融商品との相関関係を参考にしている方もいらっしゃると思います。
XMで取引できる金融商品は、FXに限らず以下のものが取引可能です。

  • FX通貨ペア57種類
  • 貴金属4種類
  • コモディティー8種類
  • 現物株価指数14種類
  • 先物株価指数10種類
  • エネルギー5種類

このように、数多くの金融商品を取引することができます。
相関関係の把握も行えますし、取引できる金融商品が多ければ、それだけチャンスも多くなります。

ただ、多すぎて迷ってしまうという場合は、FXのメジャー通貨のみに絞って取引することもおすすめです。

以上、XMの良い評判メリット・良いところを解説してきました。

しかし、XMには悪い評判やデメリットも存在しています。
次は、そんな悪い評判やデメリット・悪いところを見ていきましょう。

XMの悪評や悪い口コミ

以下のような、XMの悪い評判デメリット・悪いところを4つご紹介していきます。

  1. スプレッドが広い
  2. 詐欺と言われている?
  3. 高レバレッジによる過剰なリスク
  4. ゼロカットがされない?

1つずつ解説していきます。

スプレッドが広い

国内FX業者と比べると、XMのスプレッドは広く設定されています。
その理由として、あげられるのが前述した注文方式です。

日本国内のFX業者では、主にDD(ディーリング方式)が採用されています。
DD方式はインターバンクに注文を流さないため、トレーダーの利益がFX業者にとっての損失となり、利益相反関係ができてしまいます。

価格の変動が激しい状況では、FX業者が提示したレートでの約定を拒否し、レートを再提示してくる、というようなリクオートという現象もおこります。

つまり、FX業者の裁量が働く余地があるということです。

一方で、NDD方式(ノーディーリング方式)では、トレーダーの注文はインターバンクへ流されるので、業者の介在する余地がなく、FX業者の裁量が働きません。
ですので、取引の透明性が確保されるのです。

また、トータルコストを考えた場合、DD方式では、1回ごとのスプレッドが狭い一方で、リクオートなどで不利なレートで約定したり、もしくは約定できなかったりと、機会損失なども含めて考える必要があります。

このようにトータルコストとして考えた場合、NDD方式のような取引の透明性が確保されている注文方式でトレードした方が有利になる可能性も十分にあり得ます。
ですので、1回のトレードではなく、トータルコストとして考えてみることもおすすめします。

詐欺と言われている?

詐欺と言われる事例で多く見受けるのが以下の2点です。

  • 出金拒否
  • 価格操作

出金拒否

出金拒否に関しては、ボーナスの項目で解説したように、ボーナスシステムの理解不足からくるものが多く、それを理解していない人が勘違いしているケースがあります。
また、入出金方法にも、XM独自のルールがあります。

例えば、

  • 入金方法と同じ方法でしか出金できない
  • トレードで得た利益分については、銀行送金でしか出金できない

などのルールがあるので、理解していない場合は、出金を拒否されたと勘違いしてしまうでしょう。

価格操作

価格操作に関しては、注文方式の項目でも解説したように、NDD方式が採用されているため、FX業者の介在余地がありません。
また、NDD方式では、取引手数料がFX業者の利益となるので、顧客であるトレーダーには、多くのトレードをしてもらいたいはずです。

ですから、わざわざ顧客の利益に反するようなことをする理由が見当たりません。
以上を踏まえたうえで、以下のニュースをご覧ください。

XMを含めたFX業者が、為替取引における取引価格を共同で不正操作していた

このニュースに対し、XMでは、正式に公式サイトで事実無根との見解を発表しています。

高レバレッジによる過剰なリスク

XMのメリットでもある、最大888倍のレバレッジは無計画に使うと、大きなデメリットとなるリスクもあります。
なぜなら、過剰なリスクは無駄に損失を大きくしてしまうからです。

例えば、1ドル=100円の時、通常なら100万円の証拠金が必要です。
しかし、888倍のレバレッジを使うと、100万円÷888倍=約1126円となり、必要な証拠金は約1126円です。

価格推移と証拠金維持率などの推移を、表で見てみましょう。

レバレッジ 価格推移 取引額 必要証拠金 含み損 口座残高 証拠金維持率
888 100 1,000,000 1,126 1,126 100%
99.9 999,000 1,125 -1,000 126 11%
99.8 998,000 1,124 -2,000 -874 -78%
99.7 997,000 1,123 -3,000 -1,874 -167%

上の表からわかるように、10pips価格が動くだけで証拠金の約9割を失ってしまいます。
また、XMのロスカット水準は20%なので、もちろんロスカットが執行されます。

FXをやっている方であればご存じのように、10pips位はすぐに動くので、判断を間違えば一瞬で資金がなくなってしまいます。

ですので、大きすぎるレバレッジを使うことで、いたずらにリスクを増大させ、瞬時に資金を失ってしまうような状況を作り出してしまいかねません。

ゼロカットされない?

FXでは、レバレッジを使い、自分の資金以上の取引額で運用することができます。
そこで気になるのが追証です。
自己資金以上に損失が出てしまった時は、とても不安になってしまいます。

海外FX業者では、なおさら不安が大きくなってしまうでしょう。
さらに、XMではゼロカットがされなかった、などの噂も聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、XMではゼロカットシステムがしっかりと採用され、かつ実際に実行されています。

では、なぜゼロカットがされないという噂が立ったのでしょうか。
それは、ゼロカットのタイミングが一律ではないためです。

すぐにゼロカットされるものと思っていたのに、ゼロカットされるタイミングが遅れた場合、勘違いしてゼロカットされないと認識してしまう場合があります。

このようなタイミングの違いで、勘違いしてしまう方もいらっしゃいます。

そして、XMが実際にゼロカットを実行した例をご紹介いたします。

急激な値動きがあった、2015年のスイスショックをご存じの方も多いと思います。
この時に自己資金以上の損失が出てしまい、口座残高がマイナスになってしまった人が大量に発生しました。

しかし、XMでは上の画像のように、マイナス残高が発生してしまった顧客の口座残高をリセットしています。
このように、ゼロカットを確実に行っているという実績も存在しています。

ですので、XMではゼロカットシステムが、問題なく採用されていると言えるでしょう。
また、もし不安に感じたら、まずはサポートに問い合わせを行いましょう。

XMの評判・口コミまとめ

XMの特徴から、XMの評判やメリット・デメリットなどについて解説をしてきました。
XMではレバレッジ、取引プラットフォーム、ボーナスなどユーザー目線にたったサービスを提供しています。

なぜなら、ユーザーがトレードしてくれることによって、利益が生まれるからです。
ユーザーとのWINWINの関係を築いてきたからこそ、多くの口座開設数を獲得してきたのだと思います。

しかし、ボーナスの仕組みや出金方法のルールなど、理解がされにくいため、誤った悪評が伝わってしまうのも事実です。
良いものが提供されていても、理解できずに敬遠してしまうのは機会損失と言えます。

ですので、この機会に再度XMを見直して、理解をしてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次
閉じる