XMのスプレッドは広い?疑問に正直にお答えします【ユーザー必見】

2019年9月5日

タイトルについての画像

XMは海外FXの中で日本人が最も多く利用している業者です。
高い安全性や豊富なボーナスなど、トレーダーにとってメリットの大きい業者です。

しかし、トレードをするとなると非常に気になるのがスプレッドですよね。
このページでは、 XMのスプレッドについての説明や他社との比較をしていきます。

XMのスプレッド概要

トレードをする前にスプレッドを確認しておくのはとても大切です。トレードルールを作る時にはスプレッドの存在も考慮しなければならないので、見落とすわけにはいきません。

トレードの画像

XMにはいくつかの口座があるので、それぞれスプレッドを見ていきましょう。

なお、海外FXはスプレッドが原則固定ではなく絶えず動いているので、安いタイミングもあればそうでない時もあります。
紹介するスプレッドは目安として考えて下さい。

マイクロ口座とスタンダード口座

XMには1ロットが1000通貨単位のマイクロ口座と、1万通貨単位のスタンダード口座がありますが、どちらもスプレッドは同じなので、まとめて紹介します。
よくトレードされる通貨ペアに関しては次の通りです。

平均スプレッド 最小スプレッド
USDJPY 2.0 1.0
EURJPY 2.7 1.0
GBPJPY 4.0 1.8
AUDJPY 4.8 2.3
EURUSD 1.9 1.0
GBPUSD 2.6 1.0
AUDUSD 2.5 1.0

海外FX口座は原則固定ではないため平均と最小スプレッドがありますが、重視するべきは平均スプレッドの方です。

最小スプレッドはよほど条件が良い時でないと表示されないので、考慮する必要はありません。

このため、どのような通貨ペアのトレードをする場合でも、スプレッドは2pips以上であることが多いと考えて下さい。

なお、他の通貨に関しては更にスプレッドが広いのですが、トレードされること自体が少ないので考慮する必要はありません。

ZERO口座

ZERO口座は10万通貨単位からのトレードができ、手数料(10万通貨につき10ドル)がかかる口座です。
代わりに、 スプレッドは日本口座並みに安めです。

主要通貨ペアのスプレッドは次の通りです。

平均スプレッド 手数料込みの平均スプレッド
USDJPY 0.1pips 1.1pips
EURJPY 0.6pips 1.6pips
GBPJPY 1.1pips 2.1pips
AUDJPY 0.8pips 1.8pips
EURUSD 0.1pips 1.1pips
GBP/USD 0.4pips 1.4pips

スプレッド自体は大変狭いですし、手数料を合わせてもミニマム・スタンダード口座額を超えません。

上記の数値に10ドル(米ドル円のレートにもよりますが大体1pips)を足したものが実質的なスプレッドとなりますが、それを踏まえてもマイクロ、スタンダード口座よりもZERO口座のほうがが安いです。

通貨についての画像

マイクロ・スタンダード口座は大体が2pipsを超えますが、ZERO口座の場合は、英ポンド円しか2pipsを超えません。
ZERO口座は10万通貨単位からスタートしなければならない制約がある分スプレッドは優秀です。

XMのスプレッドは広い?狭い?

XMのスプレッドは他の海外FX会社と比較して広いのか?狭いのか?確認してみました。
XM以外の有名口座とスプレッドを比較します。

TitanFX

スタンダード口座の場合

平均スプレッド
EURUSD 1.2 pips
GBPUSD 1.57 pips
AUDUSD 1.52 pips
USDJPY 1.33 pips
USDCHF 1.92 pips

ブレード口座(XMのZero口座に相当)の場合

平均スプレッド 手数料込みの平均スプレッド
EURUSD 0.2 0.9
GBPUSD 0.57 1.27
AUDUSD 0.52 1.22
USDJPY 0.33 1.03
USDCHF 0.92 1.62

Axiory

スタンダード口座の場合

平均スプレッド
USDJPY 1.5
EURJPY 1.7
EURUSD 1.3
GBPUSD 1.9
AUDUSD 2.1

ナノスプレッド口座(XMのZero口座に相当)の場合

平均スプレッド 手数料込みの平均スプレッド
USDJPY 0.4 1.0
EURJPY 0.7 1.3
EURUSD 0.4 1.0
GBPUSD 0.9 1.5
AUDUSD 0.6 1.2

トレーディングビュー

スタンダード口座の場合

平均スプレッド
USDJPY 1.8
EURJPY 1.9
EURUSD 1.7
GBPUSD 2.0
AUDUSD 1.9

ILC口座(XMのZero口座に相当)の場合

平均スプレッド 手数料込みの平均スプレッド
USDJPY 0.1 0.6
EURJPY 0.4 0.9
EURUSD 0.2 0.7
GBPUSD 0.5 1.0
AUDUSD 0.2 0.7

LandFX

LPボーナス口座LIVE口座(XMにおけるミニマム・スタンダードに相当)の場合

平均スプレッド
USDJPY 0.9
EURJPY 1.5
EURUSD 0.8
AUDUSD 1.3

ECN口座(XMのZero口座に相当)の場合

平均スプレッド 手数料込みの平均スプレッド
USDJPY 0.2 0.9
EURJPY 0.4 1.1
EURUSD 0.1 0.8
AUDUSD 0.2 0.9

XMと競合他社のスプレッドを比較した結果

XMと競合他社のスプレッドを比較した結果、 XMは最もスプレッドが広いことがわかります。
このため、取引回数の多い短期取引には向いていないと考えられます。

取引の画像

短期取引が中心である海外FXでは致命的と思われるかもしれませんが、実はXMにはスプレッドを考慮してでも選ぶ理由があるのです。

スプレッドを考慮してもXMを選ぶべき理由

XMと競合他社のスプレッドを比較した結果、残念ながらスプレッドに関してはXMが一歩劣るというのが結論です。

一応、XMにはXMポイントがあり、1ロットトレードする毎に20ポイント以上付くので実質的なスプレッドは平均スプレッドよりも安くなります。
※付与されるポイントはランクによって異なる。証拠金とするなら÷3、現金として出金する場合÷40で換算

通貨の画像

しかし、競合他社もそれに匹敵するキャンペーンを行っています。
従って、 どうあがいてもXMスプレッドは広いと言えます。

しかし、それでは何故XMは日本人トレーダーに大変人気なのでしょうか?その理由は、 XMにはスプレッドの欠点を補って余りあるほどの利点が存在するからです。
スプレッドの広さを考慮してでもXMを選ぶべき理由を説明します。

入金ボーナスキャンペーンが魅力的

XMには2つのボーナスがあり、かなり力を入れています。 1つ目は口座開設をするだけで3000円が手に入るボーナスです。

特に何もしなくてもお金が手に入るので、入金しなくてもトレードすることが可能となります。この3000円を出金することはできませんが、これを資本金にして得たお金は普通に出金できます。
XMなら3000円でも十分にトレードできるので、いち早くリアルマネートレードをして利益を上げたい場合かなりおすすめです。

ボーナスの画像

もう1つのボーナスは、 5万円まで入金するとその額の2倍が口座に反映されるシステムです。これがあれば実質的には使えるお金はの2倍になりますし、口座にたくさんお金が入るので大きな相場変動があっても耐えることができるでしょう。

5万円よりも多く入金する場合は、20%が追加されます。
5万円以下の場合は2倍になるので、倍率自体は大きく下がりますが、20%も追加されれば十分大きなお金になります。

注意点はボーナスはあくまでもトレードにしか使えないので出金できない点と、ミニマム・スタンダード口座でしか使えない点です。

数百円からトレードが可能

XMは888倍ものレバレッジをかけることができるので、数百円からトレードすることが可能です。

競合他社も888倍には届かないまでも100倍単位のレバレッジをかけることができ、数百円からトレードすることは可能です。
しかし、証拠金維持率が100%を下回ると強制ロスカットされてしまう口座があるので、実質的にはもう少しお金が必要になります。

お金の画像

その点、 XMは証拠金維持率が20%になるまで強制ロスカットされません。このため、少ないお金でも逆行に耐えやすく、利益を出すことができます。

抜群の信頼性

XMは競合他社と比べて信頼性が高いです。

まず、XMの口コミを見てみるとわかるのですが、悪質な出金拒否や不正の噂は一切ありません。

XMはキプロス金融ライセンスを取得しており、 AIGという損害保険に加入しています。AIGは、返済不可能になったとしても1億円相当まで補償する保険です。

この保険への加入は義務ではないにも関わらず加入していることから、XMの信用度はかなり高いと見て良いでしょう。
これほどに信頼感のある海外FX口座は他にありません。

約定力が高い

XMは、決して約定拒否せず、1秒以内に99%以上の購入及び決済を約定させると謳っています。

XMのサーバーは非常に強く、ほぼ必ず狙った場所で取引が成立するようになっています。
短期トレーダーにとっては特に嬉しいシステムです。短期取引はほんの少しのズレが致命的になるので、約定力の高さは絶対に欠かせません。

トレードの画像

とはいえ、変動スプレッドを採用している関係上、特に大きなニュースが無い場合でもスプレッドが開くことがあることも覚えておきましょう。

MT4・MT5で直接取引ができる

XMなら大変優れたチャートであるMT4、もしくはその進化版であるMT5から注文を出すことができます。

仮にFX会社独自のチャートが使いにくかった場合、MT4やMT5を見てエントリーポイントを割り出した後にそのFX会社のページを開きエントリーしなければなりません。
タイムラグが発生し、せっかくのエントリーチャンスを逃しかねません。

トレードのイメージ画像

手っ取り早くこの利点を体感したい方はXMのデモトレードを使うと良いでしょう。

XMのサービスはスプレッドのおかげ

海外FXは国内FXと違って顧客の支払うスプレッドのみが会社の利益となります。
だからこそ、スプレッドを多く支払ってもらえる短期取引と相性の良いハイレバレッジにするなどで取引回数を増やしてもらう工夫をしています。

その甲斐あって、 XMでスキャルピングデイトレードをする環境はこの上なく整っています。
約定力が強いので予想外の出費が起こりにくく、あらかじめ立てたトレード計画を実行しやすいでしょう。

また、XMは本質的には顧客同士がお金を取り合う場を提供しており、利益を上げるためには顧客数が必要なので、顧客を呼び込むための努力は惜しみません。

オペレーターの画像

呼び込むためにはどうしてもお得なキャンペーンをしなければならず、コストがかかるのでスプレッドを広くしなければなりませんが、その分サービスにコストをかけることができるので、優れた待遇を受けることが可能です。

対して、国内FXはスプレッドだけでなく顧客の損失も会社の利益となり、顧客の利益は会社の損失となるので、実は顧客サービスをする必要性が乏しいのが現実です。

会社目線で見れば顧客サービスへのコストを出し惜しみするのが合理的なので、海外FXほど優れたサービスを展開しているところはほぼありません。
未だにチャートに線を引くことができない会社もある位です。

このような事情があるため、XMのスプレッドが広いことは悪いことではないと考えましょう。

まとめ

今回は、XMのスプレッドについて紹介しました。ミニマム・スタンダード口座は2pips~、ZERO口座は手数料込みで1pips~2pips程度であり、競合他社と比較したところ、いずれの口座もあまり芳しくない結果となりました。

しかし、 XMはスプレッドがあるからこそ顧客へのサービスが充実しており、大盤振る舞いと言っても良いようなサービスを与えています。
XMならではのメリットは色々ありますが、特に入金ボーナスが最も大きなポイントです。

このボーナスは出金こそできないものの、資本金として扱うことができるので競合他社よりも安くトレードできることが多いです。
従って、スプレッドでは負けていても競合他社よりもXMの方がお得ということは十分にあり得ます。

XM

xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆XMが人気の理由は?

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり
口座開設 口座開設の手順解説を見る