XMの資金移動を完全解説!ボーナス消滅?手数料はかかる?

海外FX業者のXMでは、新規口座を開設すると、後から7つまでの追加口座を開設することができます。
最大で8個の口座を使い分けることが可能ですが、口座が増えた時に考えなければいけないのが、各口座の資金配分ですね。

XMの口座間の資金移動は、「資金振替」とも言われ、同一ユーザーがXM内で保有する口座間では、自由に資金移動をすることができます。
しかし、口座にボーナスがある場合や、ポジションを持っている場合などは、知っておくべきルールもあります。

XMの資金移動について、注意点や移動方法を、実際のスクリーンショットを交えつつ詳しく解説していきます。

XMは資金移動できる?

XMでは、 各種口座タイプやMT4口座/MT5口座など、口座の種類の制限なく資金移動ができます。
移動の処理は即時に行われ、基本的には土日の操作も可能。

資金移動の最低金額は500円となっており、それ以上の金額でリクエストする必要があります。

資金移動でできることは、XM内にある同一名義の口座間での資金の移動のみです。
例えば、XMユーザーの友人の口座へ資金移動することや、他業者の自分の口座へ資金移動することなどはできません。

それに加えて、移動先の口座タイプがボーナス対象外口座などの場合、気をつけるべき点があります。
注意点について、次から詳しく確認していきましょう。

資金移動時のボーナスの扱い

XMでトレードしている方の中には、ボーナスを活用している方も多いと思います。

ここからは、資金移動にボーナスの扱いについて見ていきます。

ボーナスだけを移動することはできない

XMの資金移動では、ボーナスがすでに口座に入っている場合、ボーナスクレジットだけを選択して、別の口座へ移動することはできません。
ボーナスは、移動する金額の割合に応じて自動的に移動する形になります。

移動する残高の割合に応じてボーナスも移動する

ボーナスが入っている口座から、ボーナス対象の口座への資金移動の場合は、資金移動の手続きをすると証拠金と同一割合のボーナスが自動的に移動します。

例えば、移動元の口座A(残高1万円+ボーナス1万円=証拠金2万円)から、残高がない新しい口座Bに、5,000円の資金移動をしたとします。

そうすると、残高と同一割合のボーナス(2,500円)も自動的に移動され、結果的には以下のような配分になります。

ボーナスの配分割当

  • 移動元の口座A(残高7,500円+ボーナス7,500万円=証拠金1万5,000円)
  • 移動先の口座B(残高2,500円+ボーナス2,500円=証拠金5,000円)

ボーナス対象外口座へ資金移動すると、同一割合のボーナスが消失する

XM Zero口座や、口座開設時にボーナスの受け取りを拒否した口座、さらにはキャッシュバックサイトから開設した口座など、ボーナス対象外となる口座タイプがいくつか存在します。
ボーナス対象外口座へ資金移動をした場合は、同一割合のボーナスが消失してしまいます。

資金移動をするとただ単にボーナスが失われる結果となり、失ったボーナスは戻すことはできません。
ボーナス対象外口座への資金移動は事前に十分に気をつけましょう。

口座移動で手数料は発生する?

XMの口座間の資金移動では、基本的には手数料無料で行えます。
しかし、口座の基本通貨が異なる場合のみ、両替手数料が発生します。

振替金額はECB(欧州中央銀行)の実勢レートに基づいて換算されますが、0.3%の追加手数料が加算されるので、ご注意ください。

ポジションはどうなるの?

ポジション保有中の資金移動は、以下の範囲を除く場合に可能です。

  • 移動元の口座の証拠金維持率が150%以下になる資金移動は、平日の市場が開場している時間は不可。
  • 移動元の口座の証拠金維持率が400%以下になる資金移動は、土日の市場が休場している時間は不可。

ポジションを保有中に資金移動をした場合、口座内の資金が減ることにより、相対的に証拠金維持率が下がります。

資金量に対してポジションのボリュームが小さい場合は問題ないかもしれませんが、ハイレバレッジトレードをしている場合は、ロスカットのリスクが高まり、大変危険です。

基本的には、ポジションを決済した上で資金移動をした方が安全ですね。

資金移動の方法

ここからは資金移動の方法を、実際の画像を見ながら確認していきましょう。

資金移動のためには、まずXM公式サイトから会員ページへログインします。

トップページ中程にある「マイアカウントの概要」から、移動元になる口座の「オプションを選択する」を選び、メニューの中の「資金振替」を選択します。

画面が切り替わり、注意書きの下に「口座間の資金移動」と言う項目がありますので、資金の移動先口座をプルダウンメニューから選択し、移動金額(入金額)を入力して、最後に「リクエスト送信」を選択します。

成功するとすぐに画面が切り替わり、確認メッセージが表示され、登録メールアドレスには確認メールが届きます。

移動元の口座にボーナスがあり、移動先の口座がボーナス対象口座の場合は、同一割合のボーナスとともに、指定した金額が移動することになります。

以上で資金移動は完了です。

まとめ

今回は、XMの資金移動について、注意点と実際の方法を見てきました。複数の口座を使い分ける場合は、口座間の資金移動は必須となってきます。手続き自体は簡単なので、ルールに注意しながら行ってみてくださいね。