XMで出金拒否が多い悪質業者?ルールを理解してトラブル回避

2019年8月23日

XM(XM trading)は、不当な出金拒否の噂を聞くことがない、優良FX業者の1つです。
しかし、もし出金拒否をされたら、以下のことを確認する必要があります。

  • 他口座間の両建てや、ボーナスの悪用など、規約違反をしている
  • XMの出金ルールをよく知らないために、本当は出金できるのにエラーがでてしまっている

このページでは、『XMで出金拒否になりうるルール違反のパターン』や、『出金拒否の噂があってもXMが安全面で優れているといわれる理由』を、わかりやすく解説します。

XMの出金拒否に関するルール

XMは国内外のFX業者全体で見ても、信頼とブランド力のある業者です。
しかしだからといって、どんなことをしていても出金に応じてくれるわけではありません。

XMで出金拒否が起こる場合、大きく分けて「規約違反」「出金ルールの理解不足」の2つ理由が考えられます。
出金拒否に関するルールをそれぞれを順番に見ていきましょう。

規約に反するトレードをしている場合

XMの規約違反をした場合、出金拒否や口座凍結になる可能性があります。
規約違反になる事例は以下のとおりです。

他口座間で両建てをしている

XMでは、同一口座内であれば両建てを認めています。しかし、 XM内で自分が保有する他の口座間での両建てや、他業者との両建ては、すべて禁止しています。

理由は、XMを含め多くの海外FX業者が採用している、ゼロカットシステムにあります。
ゼロカットとは、万一残高がマイナスに落ち込んでも、FX業者が負債を補填し、ユーザーには追証がないというありがたいシステムです。
しかし、他口座間での両建てをすると、ゼロカットを悪用したトレードができてしまうのです。

例えば、値動きが激しくなりやすい雇用統計の発表時に、2つの口座で両建てをする場合を考えてみましょう。

一気にレートが動いたために、一方の口座はロスカットが間に合わずゼロカットの対象になり、反対売買をしているもう一方の口座では、大きく利益を出すことができたとします。
トレーダーには追証がないので、入金額分のみのリスクで利益を得られますが、損失はXMが負担しなければいけません。
そのため、ゼロカットの悪用となるトレードは禁止されています。

指標発表や、いわゆる窓開けを利用したハイレバトレードをしている

雇用統計やFOMC、その他にも政治的や経済的な要因で、レートが急に大きく動くことがあります。また、土日の間の政治経済のイベントのために、月曜日の開場時に大きくレートが動いた状態で始まることがあります。(いわゆる窓開け)

急なレートの変動を利用した、ギャンブル的なハイレバレッジトレードでは、ゼロカットの濫用とみなされる危険があります。
悪意はなくても行ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

ボーナスの悪用をしている

ボーナスは、口座開設ボーナスであれば1回のみ、入金ボーナスであればボーナス残高のみが受け取り可能です。 他人になりすましてボーナスを受け取ることは禁止されています。

また、不正な両建てをして、ボーナス相当額を引き出そうとすることも、禁止されています。

裁定取引を行なっている

為替レートは、業者により微妙に異なる場合があります。
業者間のレートの違いを利用した取引を一般的に裁定取引(アービトラージ)と呼びます。XMでは裁定取引を禁止しています。

XMの出金ルールを正しく理解していない場合

XMには、出金のためのルールがいくつかあります。ルールを守っていない状態では、本当は出金できるのに、エラーが起こって出金拒否と勘違いするケースがあります。

スムーズな出金のために、基本的なルールを確認しましょう。

ボーナスは出金できない

XM以外の海外FX業者では、条件をクリアすればボーナスが引き出せるところがありますが、 XMのボーナスは、証拠金としてのみ使用可能で、出金することはできません。

ボーナスを元にトレードして利益が出た分は出金可能です。
また、出金する場合は、出金額に応じてボーナス分が証拠金から差し引かれますので、ご注意ください。

出金には、入金方法に応じた順序がある

XMでは、マネーロンダリングなどの防止のために、出金は入金方法に応じて順序が決められています。

XMの出金優先順位

  • VISAカードで入金した場合は、入金額までを出金するまで、他の出金方法は選べない
  • 続いてオンラインウォレット入金での出金順位が高く、入金額まで出金をする必要がある
  • 海外銀行送金の順位は最も低く、優先度上位の出金が終わった後で選択可能

VISAカードの優先順位がもっとも高く、海外銀行送金の順位は最後になります。

またJCBカードでも入金は可能ですが、同カードへの出金はできません。JCBカードで入金した場合は、海外銀行送金で出金しましょう。

海外銀行送金以外は、入金額までしか出金できない

現在のXMでは、基本的には入金した方法へ、入金額までの出金となっています。

例えば、VISAカードやビットウォレットへ入金額以上の出金はできません。利益を含めた入金額以上の出金ができるのは、海外銀行送金のみです。

海外送金や海外FXからの送金に対応していない銀行がある

以下の銀行は、海外送金に対応していない、または海外FXの送金に対応していないため、受け取り銀行口座としての指定ができません。

受け取り指定ができない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • 新生銀行
  • みずほ銀行(ネット支店では不可)

この他にも、地方銀行などでSWIFTコードを持っていない銀行では受け取りができないので、あらかじめ確認が必要です。

口座と同一名義の銀行口座へしか出金はできない

すべての入出金方法に共通しますが、XM口座と同名義のカードや口座でないと、入出金に使うことはできません。
他人名義の銀行口座への出金申請は通りませんので、ご注意ください。

以上が、出金拒否になる可能性のある規約違反や、出金に必要なルールです。
次は、出金拒否の噂があっても、XMの安全な業者である理由について見ていきましょう。

XMは出金拒否が多い悪質業者ではない理由

XMは透明度の高いトレード環境を提示しており、また信頼あるライセンスも取得して運営しています。
XMが安全面で優れているといわれる理由を見ていきましょう。

XMには出金拒否をする理由がない

XMは、NDD方式(ノンディーリングディスク方式)という取引方法をとっています。

NDD方式のFX業者の収入源は、ユーザーが取引する際に発生するスプレッドになり、カジノの胴元のように、ユーザーの損益がFX業者の損益に直結しているわけではありません。
むしろ、たくさん取引するユーザーは、その分たくさんのスプレッドを支払ってくれるので、勝ちすぎたからといって出入り禁止にする必要がないのです。

また、 NDD方式ではユーザーの注文はインターバンク市場で扱われ、FX業者がレートに介入する余地はありません。非常に透明性の高いトレード環境が用意されています。

反対に国内FX業者の多くは、DD方式(ディーリングディスク方式)を採用しています。DD方式はユーザーの注文を一旦FX業者内で決済する、いわゆるノミ行為になります。
そのため、国内FX業者ではユーザーの損益とFX業者の損益には関係性が生まれ、いわゆる「ストップ狩り」のような、不透明な価格操作が起こると言われています。

「稼ぎすぎると出金拒否されるのでは?」ということが心配な方も、XMはNDD方式なので心配ないということを覚えておきましょう。

信頼あるライセンスを取得している

XMは2009年にサービスを開始した、比較的運営年数の長い海外FX業者です。 XMはセーシェル諸島の金融庁によるライセンスを取得して運営しており、時間をかけて世界中のトレーダーの信頼を勝ち得てきました。

最近では、陸上のウサイン・ボルト選手をイメージキャラクターに起用していたこともあり、国際的な自社のブランド力を高めることに余念がありません。
FX業界のトップランナーであるXMが、出金拒否という形で目先の小銭を拾い、ユーザーの信頼を損ねることは、考えにくい話です。

現に、 XMが不当な出金拒否をしたという話は、ネットを探しても見つけられません。

以上がXMでトレード環境の透明性、そして安全性が高い理由です。
最後に、出金拒否が起きた場合の対処法を確認しましょう。

出金拒否された時の対処法

XMでは、勝ちすぎたから、というような理由での不当な出金拒否が起こることは、考えにくいです。
出金拒否をされた場合、ユーザーが何らかのルール違反をしている可能性がありますので、確認したいポイントを見ていきましょう。

規約違反をしていないか確認する

XMでは以下のことを規約違反としています。規約に触れている場合、出金拒否となる可能性があります。

出金拒否となりうる規約違反

  • 他口座間での両建て
  • 指標発表や、いわゆる窓開けを利用したハイレバトレード
  • ボーナスの悪用
  • 裁定取引(アービトラージ)

ボーナスの悪用は意図的なものですが、他口座間の両建てなどは、知らないうちに行なってしまう可能性があるので、十分注意しましょう。

出金ルールを守っているか確認する

XMではマネーロンダリングなどの防止のために、出金する順序や出金額の上限に、以下のような決まりがあります。

XMの出金ルール

  • VISAカードで入金した場合は、入金額までを出金するまで、他の出金方法は選べない
  • 続いてオンラインウォレット入金での出金順位が高く、入金額まで出金をする必要がある
  • 海外銀行送金の順位は最も低く、優先度上位の出金が終わった後で選択可能

例えば、VISAカードでの入金額を出金していない段階で、海外銀行送金で出金しようとしてもエラーメッセージが表示されてしまいます。
しかし、ルールを守れば出金可能ですので、出金の優先順位を知って、正しく対応しましょう。

わかなければサポートに連絡

以上の確認事項をチェックし、どうしてもなぜ出金拒否になるのかわからなければ、XMのサポートに連絡して見ましょう。

XMのサポートに問い合わせる

XMのオンラインサポートは週5日24時間対応となっております。

XMで出金拒否になる原因のまとめ

XMで悪質な出金拒否が起こる可能性は、現状では考えられないといっても良いでしょう。
それでも出金拒否が起こったなら、ユーザー側が何らかのルール違反をしている可能性があります。

スムーズな出金のためにも、XMが定めるルールを事前に確認しておくことが大切です。

XM

xm公式サイト

海外FXのNO.1業者!
3000円のボーナスで取引できる

◆XMが人気の理由は?

  • セーシェル金融ライセンス取得で資産分別管理
  • 豊富なインセンティブプログラムを用意
  • デモ口座開設でデモ取引が可能
会社名 XMTrading
ライセンス セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号 SD010
信託保全 バークレイズ銀行分別管理
注文方式 NDD(OTC)方式(カバー無し)
サポート 日本人による日本語サポートあり
口座開設 口座開設の手順解説を見る