スプレッドの狭い海外FX業者ランキング【スプレッドが広い業者も紹介】

ランキングFXをやる上で、スプレッドの狭さというのはとても重要です。
特に取引回数が多くなるスキャルピングは、デイトレードやスイングトレードに比べて、スプレッド分の損失が多くなりがちです。

海外FXは国内FXよりもレバレッジやボーナスが充実している反面、スプレッドが広いです。
そこで海外FXでもできるだけスプレッドの狭い業者を選ぶことが大事になってきます。

今回は海外FX業者を選ぶ上で重要な、『スプレッドの仕組み』の解説と『スプレッドの狭い海外FX業者5選』をまとめています。

スプレッドが狭い業者で、なるべく有利なトレードがしたいという方はぜひ参考にしてください。

目次

海外FXのスプレッドの仕組み

一般的に、海外FXは国内FXよりもスプレッドが広いです。
スプレッドが広い理由はスプレッドの仕組みが違うからです。

大きな違いは下記の2点です。

  • 固定スプレッドか変動スプレッド
  • 口座タイプによってスプレッドの仕様が変わる

この2点を知っておくだけで、海外FXを選ぶポイントが理解できるようになります。
それでは、詳しく解説していきます。

『固定スプレッド』と『変動スプレッド』とは

海外FXのスプレッドが国内に比べて広いのは、『スプレッドの仕組み』が違うからです。

まず、スプレッドには下記の2種類あります。

  • 固定スプレッド
  • 変動スプレッド

現在、国内FXはスプレッドが原則一定に固定されている『固定スプレッド』になっています。

それに対して海外FXは、スプレッドが相場によって変動する『変動スプレッド』が一般的です。

変動スプレッドは、相場の値動きによってスプレッドが変わるので、一定ではありません。
そのため、平均スプレッドがどれくらいなのかが重要になってきます。

たとえば業者Aと業者Bがあった場合、Aの方がBよりも最小スプレッドが狭かったとします。
しかし、実際の相場でスプレッドが変動しているときの平均スプレッドは、Bの方が安定していたらどうでしょうか。

最小スプレッドでは業者Aに負けていたとしても、平均スプレッドがより安定していたら業者Bの方が良いという場合もあるので、覚えておきましょう。

海外FXは基本的に変動スプレッドになっているので、平均スプレッドの狭さを重要視するようにしましょう。

口座タイプによってスプレッドの仕様が変わる

海外FXは、変動スプレッドが一般的ということを説明しました。
それ以外にも、口座タイプによって『スプレッドの仕様が変わる』という特徴があります。

国内FX業者は、1つの口座タイプしか提供されていないことが多いです。
対して、ほとんどの海外FX業者では、『一般向けのスタンダード口座』と、『中・上級者向けの口座』というように、複数の口座タイプが提供されています。

この口座タイプによって、スプレッド・レバレッジ・取引手数料などが違います。

口座タイプ 一般向け口座 中・上級者向け口座
スプレッド 普通・広い(変動) 狭い(固定)
レバレッジ 高い 低い
取引コスト スプレッドのみ 狭いスプレッド
+取引手数料
取引方式 STP方式が多い ECN方式が多い
最低入金額 少額OK 少し高いことが多い
ボーナスの有無 あり なし

このようになっていることが多いです。

口座タイプの名前は業者によっても変わってきますが、基本的には下記のようになっています。

  • 一般向け口座→『スタンダード口座』
  • 中・上級者向け口座→『ECN口座』または『ロースプレッド』

スタンダード口座とECN口座の主な違い

スタンダード口座とECN口座の違いは、主に『スプレッドの仕様』と『取引手数料』です。

先述したとおり、海外FXのスプレッドには固定スプレッドと変動スプレッドがあります。
海外FX業者のスタンダード口座では、変動スプレッドが主流です。

そしてECN口座では、固定スプレッドもしくはスプレッド0です。

ECN口座は、スタンダード口座に比べてスプレッドが狭いのでトレード回数が増えるほど有利になってきます。
業者によっては、スプレッドが0になるECN口座もあります。

スプレッドが狭い反面、取引手数料が発生することになります。
それでもスタンダード口座のスプレッド分よりも損失が小さいので、ECN口座の取引コストは非常に優れています。

ECN口座は良いことばかりのようにも見えますが、最大レバレッジが低くなったり、最低入金額が高いというデメリットもあります。

最大レバレッジが低くなると、同じ取引数量でもECN口座の方がより多くの証拠金が必要になるということになります。

さらに、ECN口座ではボーナスの対象にならない業者が多いです。
入金ボーナスなどが一切ないことに加えて、最低入金額も高いので資金が少ない方には合わない口座タイプです。

スプレッドが少しだけ広くなりますが、高いレバレッジやボーナスなどを活用したい方は、必ずスタンダード口座を開設しましょう。
特にFX初心者は、スタンダード口座をおすすめします。

スプレッドが狭い海外FXランキング

海外FXは固定スプレッドと変動スプレッドがあり、口座タイプによって仕様が変わるということを説明しました。
基本的に、スタンダード口座では変動スプレッド、ECN口座では固定スプレッドになっています。

今回は変動スプレッドになっている一般向け口座(スタンダード口座など)のスプレッドが狭い海外FXをランキング形式にまとめています。

固定スプレッドのランキングが見たいという方は、別記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
固定スプレッドの海外FX業者はどこ?変動性にないメリットとデメリット
固定スプレッドの海外FX業者はどこ?変動性にないメリットとデメリット国内FXはどの業者も固定スプレッドを提供しています。対して、海外FXでは変動スプレッドが基本になっています。海外FXで固定スプレッドを利用する場合、基本的にECN口座...
固定スプレッドにもメリットがあって、どちらを選ぶかはトレーダー次第や。
固定スプレッドの海外FX業者が知りたいなら、是非読んでみてや。

5位 HotForex

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
HotForex マイクロ口座 STP方式 なし 1.8〜2.1pips
平均1.9pips
1.1〜1.4pips
平均1.2pips
2.8〜3pips
平均2.9pips

HotForexは、全世界190ヵ国で高く評価されている大手の海外FXです。
スプレッドが0.1pipsからと小さく、最大レバレッジも1,000倍と優秀です。

スキャルピングも可能なので、高いレバレッジを利用して取引数量を大きくしたトレードを繰り返すことで、資金効率を高めることができます。

取引銘柄も多く、仮想通貨も取引できるので土日でも利益をあげることが可能です。

ロスカット水準10%ととても低いので、含み損を抱えても生存率が高まります。

基本的には優秀ですが一つだけ欠点があり、円建て口座に対応していません。
日本円での入金が出来るのはクレジットカードかbitwalletの2種類の方法しかありません。

この欠点を除けば、優秀な海外FXなので円建て口座がないことや入金方法で困らないという方はオススメです。

あわせて読みたい
HotForexの口座開設の手順を徹底解説!【2021年最新版】
HotForexの口座開設の手順を徹底解説!【2021年最新版】HotForexは2010年に運営を開始した、比較的新しいFX業者です。おもにヨーロッパや東南アジアでのシェアが大きいといわれています。ボーナスを受け取ることができる点や...

4位 LANDFX

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
LANDFX Restar LP Bonus口座 STP方式 なし 0.8〜1.2pips
平均0.9pips
0.7〜0.9pips
平均0.8pips
1.5〜1.8pips
平均1.7pips

LANDFXは、EUR/USDのスプレッドが0.7pipsとトップクラスの狭さです。

主要通貨は、USD/JPYが0.9pipsGBP/USDが1.1pipsEUR/JPYが1.4pipsというように平均スプレッドがとても優秀です。
さらに、約定力もとても高いのでスキャルピングでの短期勝負でオススメです。

貴金属ペアが8種類、オイルが3種類、株価指数15種類と為替通貨の他にもとても豊富です。
仮想通貨はありませんが、RUB(ロシアルーブル)など珍しい通貨もあります。

100%入金ボーナスなどもあるため、ボーナスを活用した少額からのトレードができます。
特にスキャルピングをする方で、高い約定力と狭いスプレッドを求めている方におすすめです。

あわせて読みたい
ランドFX(LANDFX)の口座開設方法【所要時間5分の最短手順】
ランドFX(LANDFX)の口座開設方法【所要時間5分の最短手順】 ランドFXは、口座開設が簡単に行うことができるので、すぐに取引を始めたい方におすすめの海外FX業者です。ランドFXの特徴は3つ。 取得が難しいとされる、英国金融行...

3位 GEMFOREX

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
GEMFOREX オールインワン口座 STP方式 なし 1.5〜1.8pips
平均1.6pips
1.6〜1.9pips
平均1.7pips
2.1〜2.5pips
平均2.3pips

新規口座開設でもらえる未入金ボーナスが豪華なことで有名なGEMFOREXです。

GEMFOREXは総合的なスペックが非常に高く、最大レバレッジ1,000倍で約定力やロスカット水準も良いです。
どの口座タイプでもオススメできます。

平均スプレッドも狭く安定しているので、相場による影響が少ないトレードができます。

実績・人気ともに良くて現在なんと、5年連続でベストブローカー賞を受賞しています。
FX初心者から上級者までオススメできる業者です。

注意としては、週末にポジションを持ち越している場合、スプレッドがかなり広くなっているのでロスカットされる可能性が高くなります。

これは他業者でも同様ですが、なるべく金曜日にはポジションを決済しておくと良いでしょう。

あわせて読みたい
ゲムフォレックスの口座開設の手順【新規登録ボーナスあり】
ゲムフォレックスの口座開設の手順【新規登録ボーナスあり】海外FXのゲムフォレックスの口座開設は、最短30秒で開設することができるので非常に簡単です。このページでは、 ゲムフォレックスの口座開設の手順と、口座開設後にすべ...

2位 XM

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
XM スタンダード
口座
STP方式 なし 1.5〜1.8pips
平均1.6pips
1.5〜1.9pips
平均1.7pips
3.3〜4.0pips
平均3.5pips

日本で認知されている海外FXの中でNo.1の人気を誇っているXM。

単純なスプレッド自体は普通ですが、XM特有のXMP(ロイヤルティプログラム)を考慮すると取引コストはとても優秀です。

これは、取引数量に応じたポイント還元システムです。
XMで取引すればするほどポイントを(XMP)を貯めることができます。

そして貯めたポイントを、クレジットボーナスに交換して証拠金を増やしたり、現金として出金することもできます。

取引量が多い方、ハイレバでガンガンとトレードしている方は、特にこのポイントを貯めやすいのでおすすめです。
また、XMは総合的なスペックも高いので、ぜひ利用してみることを検討してみてください。

ゼロロ口座以外の口座であれば、ロイヤルティプログラムの対象なので誰でも活用できます。
取引していれば、勝手にポイントで還元されていくので実際のスプレッドよりは損失を抑えることができます。

あわせて読みたい
XM(エックスエム)の口座開設手順【新規登録ボーナス付き】
XM(エックスエム)の口座開設手順【新規登録ボーナス付き】本記事では、XM(XM tradeing)のリアル口座の開設の流れや注意点について説明します。XMは海外のFX業者のため、日本では見慣れないルールなどもあります。この記事を参...

1位 AXIORY

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
AXIORY スタンダード
口座
STP方式 なし 0.2〜1.5pips
平均1.3pips
0.0〜1.5pips
平均1.2pips
0.3〜2.3pips
平均2.0pips

AXIORYは、通貨ペア全体の平均スプレッドが非常に狭いです。

業者によって、通貨ペアによるスプレッドの幅に大きな違いがあります。
例えばUSD/JPYはスプレッドが狭いけど、GBP/JPYはかなり広いなど。

その点を比較すると、AXIORYはどの通貨ペアも総合的にスプレッドが狭いです。
また約定スピード・約定率ともに高いので、スキャルピングでは最適なFX業者です。

取引ツールがMT4の他に、『cTrader』というものがあります。
cTraderは約定スピードが圧倒的に早く、複数同時決済などもできます。

MT4でも複数同時決済は可能ですが、ツールを導入する必要があり、少し手間が掛かります。
スキャルピングをするならcTraderを利用すると、より短期勝負で良い結果を出しやすくなる可能性が高いです。

スキャルピングをメインにしている方は、まず第一に検討してみてください。
分散管理の他に、信託保全もあるので万が一の場合を考えると、安心できる業者です。

あわせて読みたい
AXIORY(アキシオリー)の口座開設の方法【2021年】
AXIORY(アキシオリー)の口座開設の方法【2021年】AXIORYは海外FXの中でもスプレッドの狭さがトップクラスです。そのため、特に短期トレーダーの方に非常に人気がある業者です。 AXIORYの口座開設をしたい 口座開設の...

スプレッドが広い海外FX6選

上記では、スプレッドの狭い海外FXを紹介してきました。
次は、スプレッドが広い海外FXを紹介していきます。

なぜ?と思った方もいるかもしれません。
それは、スプレッドが広いけど他の部分が優秀というFX業者もあるからです。

もちろんスプレッドが広いことは、欠点でもありますが、デイトレードやスイングトレードをする方はそこまで気にする必要はありません。

なぜなら短時間勝負で小さな値幅の利益を積み重ねるスキャルピングと違い、『大きな値幅』を狙って利益を獲得していくからです。

値幅をしっかりと取るトレードになるため、長時間での勝負になりやすく1日のトレード回数も少ないです。
そのためスプレッドの損失分は、ほぼ気にしなくても大丈夫なのです。

それでは、見ていきましょう。

IS6FX

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
IS6FX スタンダード口座 NDD方式 なし 1.5〜1.8pips
平均1.6pips
15〜1.8pips
平均1.5pips
2.7〜3.8pips
平均3.1pips

IS6FX(旧:IS6com)は、スタンダード口座のスプレッドが広めですがそれ以外のスペックはおおむね良い方です。

またマイクロ口座などを選ぶことでスプレッドの広さは解決できます。
さらに、全ての口座タイプで取引手数料が無料です。

他社の場合、スプレッドの狭いECN口座などでは、取引手数料が発生しますがIS6FXは無いので取引コストが安くなります。

IS6FXは最大レバレッジ1,000倍と高く、ボーナスが頻繁に行われているので、資金が少ない方にオススメです。

入金100%ボーナスキャンペーンがかなりの頻度であるので、ぜひ活用してください。

あわせて読みたい
is6comの口座開設と本人確認の方法解説【2021年最新版】
is6comの口座開設と本人確認の方法解説【2021年最新版】is6comは、高額な口座開設ボーナスや入金ボーナスキャンペーンを連発しており、ボーナスハンターにとっては注目の海外FX業者です。興味を持って見ている方も多いのでは...

FBS

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
FBS スタンダード
口座
STP方式 なし 1.6〜2.0pips
平均1.8pips
1.0〜1.3pips
平均1.1pips
3.8〜4.3pips
平均4.0pips

FBSは最大レバレッジ3,000倍と非常に高いことに加えて、口座開設ボーナスも100ドルあります。

レバレッジの高さは海外FXトップの高さで、もちろんゼロカットシステムも採用されています。
仮想通貨や株式もトレードできるので、取引の幅を広げることができます。

高いレバレッジを利用して、少額からトレードをしたいという方はぜひ検討してみてください。
さらにFBSは、ロイヤルティプログラムがあります。

取引などでポイントを貯めることができ、そのポイントでVPSサーバーを無料で利用できたりします。
ポイントが高額になってくると、豪華賞品などもあるので気になる方は活用してください。

欠点としては、FBSの公式サイトの日本語に違和感があることですがサポートなどは特に問題ないようです。
また、サポートの対応時間が時差の関係で、日本時間の15時〜翌日12時と少し複雑になっています。

あわせて読みたい
海外FX業者【FBS】の口座開設の手順解説【2021年最新】
海外FX業者【FBS】の口座開設の手順解説【2021年最新】FBSとは2009年にFXサービスを始めた業者で、世界190ヵ国ほどでサービスを展開しています。本記事ではFBSでの口座開設を検討している方のために、口座開設の手順をわかり...

BigBoss

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
BigBoss スタンダード
口座
STP方式 なし 1.4〜1.7pips
平均1.5pips
1.5〜1.9pips
平均1.6pips
1.8〜3.3pips
平均2.3pips

BigBossは、どちらかというとスプレッドは狭い業者です。
BigBossは最近、どんどんサービスが改善されているので、とてもおすすめの業者です。

特筆すべきは、もともと最大レバレッジ555倍と微妙な高さでしたが、2021年4月1日より口座残高200万円未満であれば最大レバレッジ999倍に変更されたことです。

この最大レバレッジの引き上げにより、海外FXの中でもレバレッジが高めになりました。
少額からトレードがしやすくなっているので、資金の少ない方におすすめです。

BigBossは取引ボーナスで、1Lotの取引につき4ドル還元されます。
この取引ボーナスは、クレジットとして証拠金になります。

この環境によって、資金が少ない方でも、コツコツと増やしていきやすくなっています。
入金ボーナスもあるので、ボーナスを上手く利用して少額から挑戦してみてください。

あわせて読みたい
BIGBOSSの口座開設の手順をどこよりもわかりやすく徹底解説!
BIGBOSSの口座開設の手順をどこよりもわかりやすく徹底解説!BIGBOSSは2013年に設立されたFX業者で、日本市場に対するマーケティングが非常に強く確実にシェア率を高めてきているといわれています。 取引口座への入金方法の豊富さ...

FXGT

FXGT公式サイトの画像

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
FXGT スタンダード
口座
STP方式 なし 1.2〜1.9pips
平均1.6pips
1.5〜2.0pips
平均1.7pips
3.1〜3.8pips
平均3.5pips

FXGTは、総合的なスプレッドで言うと広めになってしまいますが、仮想通貨のスプレッドはトップクラスの狭さです。

どちらかというと為替通貨よりも仮想通貨を頻繁にトレードする方に、特におすすめの業者です。

最大レバレッジ500倍、ゼロカットで追証なし、ロスカット水準は50%と平均的なスペックです。
しかし、入金ボーナスが常に開催されています。

株と仮想通貨の取引銘柄が多くて、仮想通貨は海外FXでトップの多さです。

仮想通貨をトレードするためだけに口座開設する方も多く、とにかく仮想通貨トレーダーからは人気がある業者です。

あわせて読みたい
FXGTの口座開設方法を解説【仮想通貨取引に最適】
FXGTの口座開設方法を解説【仮想通貨取引に最適】FXGTは海外FXの中で、仮想通貨の取引環境と銘柄数が優秀です。 FXGTの口座開設をしたい 仮想通貨も取引できるFX口座が欲しい上記のような方は、ぜひ本記事を参考にし...

TITANFX

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
TITANFX スタンダード
口座
STP方式 なし 1.1〜1.5pips
平均1.3pips
1.1〜1.4pips
平均1.2pips
2.2〜2.8pips
平均2.5pips

TITANFXのスプレッドは普通〜やや狭いといった感じです。

TITANFXの魅力は、取引銘柄によるレバレッジ制限がなく全て500倍という点です。
多くの海外FX業者であれば、為替通貨ペアは最大レバレッジが高くても、貴金属や原油や株価指数などの取引では最大レバレッジが制限されてしまいます。

例えばXMであれば、最大レバレッジ888倍です。
しかし株価指数の現物はレバレッジ10〜200倍、先物は100倍(JP225は200倍)というように取引銘柄によっては、レバレッジが制限されています。

TITANFXは、この銘柄によるレバレッジの制限がありません。これが大きな魅力です。

FXpro

対象口座 売買方式 取引手数料 ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/円
FXpro MT4
マーケット口座
STP方式 なし 1.6〜1.8pips
平均1.7pips
1.4〜1.7pips
平均1.6pips
2.8〜3.0pips
平均2.9pips

FXproは、173カ国にサービス展開していて、1,866,000以上の顧客アカウントがある老舗の海外FX業者です。

最大レバレッジ500倍、ゼロカット採用で追証なしのFX業者です。
ロスカット水準が20〜30%と低いことを除けば、ボーナス・キャンペーンが一切なく他社と比べて特に目立ったメリットはありません。

しかし、これまでの実績や信頼はトップクラスと言っても過言ではないです。
海外FXで、とにかく安心・信頼できる業者を利用したいという方はFXproがおすすめです。

短期取引はスプレッドの狭い海外FXを選ぼう

本記事はスプレッドという点を掘り上げて、スプレッドの種類や仕組みを解説し、スプレッドの狭い海外FX業者・スプレッドの広い業者をまとめました。

口座開設をする際の業者を選ぶポイントとして、スプレッドだけが重要というわけではありません。
自分の取引スタイルによって、重要な部分は変わってきます。

たとえばスキャルピングがメインの方は、スプレッドが重要です。
しかしデイトレード・スイングトレードがメインの方はそこまで関係ありません。

しかしスプレッドが狭い方がもちろん有利なので、スプレッドも考慮しつつ総合的な口座スペックが高い業者を選ぶようにしましょう。
本記事の内容を簡単にまとめます。

まず、海外FXには2種類のスプレッドがありました。

  • 固定スプレッド
  • 変動スプレッド

国内FXのほとんどは固定スプレッドになっています。
逆に海外FXは、変動スプレッドが基本です。

このスプレッドは、口座タイプによって仕様が変わります。

一般向け口座(スタンダード口座)であれば、変装スプレッドになります。中・上級者向け口座(ECN口座)では、固定スプレッドになる業者が多いです。

スプレッドの狭い海外FX業者5選

  1. AXIORY(総合的な平均スプレッドが優秀)
  2. XM(XMPを考慮するとスプレッド狭い)
  3. GAMFOREX(平均的に狭く安定している)
  4. LANDFX(EUR/USDが0.7pips、約定力も高い)
  5. HotForex(スプレッド狭く、基本的に優秀)

今回は、スプレッドなどの取引コストという部分で比較しています。

上記の業者は、安全性や信頼性も高いので、特にスキャルピングをする方で気になる業者があればぜひ検討してみてください。

別記事で今回は紹介していない『固定スプレッド』についての海外FX業者をまとめています。興味ある方は、こちらもご覧ください。

また、全て考慮した総合的な海外FXランキングもまとめています。こちらはデイトレード・スイングトレードがメインという方も、参考になると思います。

ぜひ自分にあったFX業者を探してみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる